車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年05月22日 イイね!
休日は車のボンネットを開けて・・・妄想に耽りましょう毎日使っているものほど、手入れを怠ってしまいがちです。
私にとっては通勤の足である車達がまさにそうで、時に気合を入れてチェックしないと知らないうちにエンジンオイルが減っていたりするので要注意なのです。オイル漏れなどあったら最悪ですし・・・。

走行距離はカクタスが11000キロ突破、NDは24000キロ、アバルトは37000キロ。

週末にあらためてチビエンジンのグルマを3台並べてボンネットを開けて点検しました。

この3台を比較することは一般的に意味がないと思いますが(笑)、
同時に開けると否が応でもいつも気づかないことに気づいたりします。

オーナーとしては作り手が何を思って作ったかを考えながら、
そして乗り味の違いを思うのも楽しいものです。



まず違うのはボンネットの重さです。

ボンネットが一番小さいのはアバルト595C。
しかし、一番重いのです・・それも圧倒的に・・・
フロントヘビーのFFなのですから軽量化してほしいものですが、
残念です。
逆にボンネット軽量化チューンがテキメン効果ありそうです!

エンジンオイルもアバルトだけが減っていました。
そこはイタ車の伝統でしょう(でもアルファよりは減らない・・笑)
この車をチューンするならまずはボンネット軽量化ですね

それに対して、3台のうち最もボンネットが軽いのが
カクタスでした!
それもかなりの差をつけて軽い。

アバルトよりずっと大きいボンネットで、価格もアバルトより安くスポーツ車ではないのに、自動車重量軽量化へのシトロエンのこだわりを感じます。
さらに1200NA3気筒の軽いエンジンですから、フロントの軽さがパワーがなくても走りを軽快になるわけです。

ちなみに我が家が新潮社のエンジン誌の3月号に乗った時に取材に来られた評論家のM氏も、最近カクタスを購入されたと聞きました。何となく嬉しいです。

ところで翌日の職場のハイキングで行ったマザー牧場にいたこの動物・・・

やっぱ、似てますな〜

さて、その中間がNDでした。
NDも軽量化にこだわった車として知られています。
ボンネットは一番大きいので、カクタスと同じレベルで作ったとしてもそこそこの重さになるのでしょう。
しかしカクタスとの差は歴然です。アバルトよりはしっかり軽いです・・・。

次にボンネットの中身3台並べて写真撮ると・・・

1400ターボのアバルトはぎゅうぎゅう。1200NAカクタスはスカスカ。1500NAのNDは少し余裕ありって感じです・・。

カクタスとNDは、もっと大きいエンジンを積むバージョンがあるので、我が家の最小エンジン車ではまだ余裕でしょう。特にカクタスのスカスカ感は昭和40年代の車のようです(よく知りませんが、何となく・・WW)
さらにこの二台は、エンジンが後方にオフセットしているのがわかります。ヨー慣性モーメントを減らそうという思いですね。軽さと重量バランスで走りを演出しようという設計者の心が見えます。

一方アバルトは、まずこの価格帯ではターボエンジンで馬力を出して、少々重くてもトルクでやんちゃに走らせてしまおうというスピリットでしょうか?当然排気音も圧倒的に大きく、耳からの演出も巧みです。ボンネットの中もサソリのマークで視覚的な演出もされています。この音や視覚的な演出はイタリア車ならではで大好きです。
そして軽量化とハイパワー化は、さらに上級バージョンで徹底的に行われています。ただしお値段もググッと上がりますが・・(笑)

ちなみにNDをベースにした124スパイダーも、重量が重くなってますがエンジンの出力を上げて対応していますね。そしてフロントオーバーハングもNDより長くなっている・・・。この辺にもアバルトのチューニングの考え方が垣間見れます。今後1750のエンジンが乗った124ラリーが販売されるかも興味あります。

また小さいエンジンをミッドに積んだフィアットX1/9みたいな車が出ないかなあ〜
アルピーヌはどんなかなあ〜
こんな独り言を心の中でつぶやきながら、オイルや空気圧チェックに3台の洗車と給油などで午前中は楽しめました。
Posted at 2017/05/22 23:45:30 | コメント(1) | トラックバック(0) | ライフ | クルマ
2017年05月06日 イイね!
今日は袖ヶ浦フォレストレースウェイで
パイロンを使った8の字とオーバルのいわゆる広場練習と
自分の車のサーキット同乗走行+チョットだけサーキット走行
というメニューのイベントに参加してきました



ドラサポ主催の"Let's circuit!"

参加費用1Mと思えない内容で、素晴らしいCPとおもます。
私的には勝手に広場練習してる感じがヨカッた。

座学もありました


最後にサーキットフリー走行が2枠くらいと、
マンツー的なアドバイスがあれば満足度は上がるでしょうが、
そうなると過去の他のレッスン参加の経験からは3Mは下らないはずです・・

1Mで参加できてこの内容はとても良いです
逆に、基本的にサーキットは走らないチームのオフ会として、
箱根で集まる代わりに使っても楽しいと思われる企画でした

講師の方々もフレンドリーで、聞けば何でも教えてくれそうです。

私としては、アルファ時代からの友人のKdrさん(S660)に誘っていただき、
みんとものパパシューさんとご挨拶できたことはとても嬉しかったです。
(残念ながら他の皆さんに自己紹介するタイミングを逸してしまいましたが、
どこかでお会いした時には宜しくお願いします)

そして、広場で自由に走れたことで・・・
そして先導があったとはいえサーキットを流せたことで、
公道でしか乗っていないNDをもっと知ることができました。

私はFFでしかスポーツ走行をした経験がないので、
広場走行でFDの挙動を知りたいとも思っていたのです。

NDは8の字走行などでは、ブレーキを踏んで少しハンドルを切っただけでよく曲がるし、
コーナーリング中も、四輪が滑っているような状態になっても挙動がつかみやすく
コントロールすることがすごい楽しい車でした。
今更何をと思われる方もいるかと思いますが、
公道では味わえない走行状態で、さらなる楽しさを知ることができ、嬉しいという意味です
NDロードスター・・惚れ直しました

こうなると
この癒し系スポーツカーNDを今よりもう少しスポーツ走行よりにカスタムしても良いかな〜?
と欲が湧いてきます

あまりバリバリ仕様はNDっぽくないし
と言ってカッコだけのためのモディファイで走行性能を落としたら本末転倒
目的を持って変化させたいものです

具体的には、
1、最も問題なのは椅子なのです。純正はサイドサポートが弱く、特に私のはラグジュアリー仕様のレザーなので滑ります。これをサポート性の良いレカロなどに変えると荷重移動がわかりやすくなり、横Gでも腰がずれなくて良さそうです。さらに着座位置を低めたい!
2、車高調整。これは、間違えると車が台無しになるので注意ですが、走行ステージに合わせてセッティングを変えて変化を楽しむのは私の趣味に合う(笑)結果として車高が下がればカッコもよろし
3、ロールゲージ・・たくさんサーキットに行くのなら必要でしょう
4、インテークをステンレスに変えて音を出したい

なんて・・

しかし、我に帰ればこの車は娘と嫁とシェアしている車でした。

考察するに
1、シートヒーターがなくなって、着座位置が下がるのを女性たちが許すはずがない
2、車高が下がれば、誰かがコンビニでスポイラーを割るだろう。
3、ロールゲージは”ファッション的に大反対”か”二度と乗らない!勝手にすれば〜”と見放されるの間違いなし
4、しかしインテークパイプはバレないだろう

うーん・・・考察ストップ!



Posted at 2017/05/06 17:38:05 | コメント(7) | トラックバック(0) | NDロードスター | クルマ
2017年04月26日 イイね!
シトロエンカクタスという車
今10000キロ近く乗ってみてとても魅力的で
愛すべき車なのです

しかし、”何が良いの?どんな車?”と聞かれると
ボキャブラリーの少ない私にはうまく説明できない。

例えば、早い とか 音がいい とか かっこいい とか ステータス とか 最新技術など 
一言で表現できる誉め言葉が全くない。
というか上にあげたすべてが無いじゃん(笑)

先日は、”個性的で牧歌的なフランス車”と言ったら不思議な顔をされました

だから、車にそれほど興味がない方に飲み会などで聞かれて、
説明する羽目になったときにスゴク難しい。

(⇒必殺の一言を知っている方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えてください!!!)

たとえば、アルファロメオやポルシェなどのようなわかりやすい記号性がないのです。

そんなもどかしいなか、その魅力をうまく書いてくれた記事がありました。
実は少し前のWeb CGの記事です。



そこまで遅くない気もしますが、
いや、きっと遅いのでしょう(笑)。。。

Posted at 2017/04/26 07:28:18 | コメント(5) | トラックバック(0) | シトロエン カクタス | クルマ
2017年04月19日 イイね!
夜の首都高・・ドライビング・フォトグラフとアルファロメオの思い出2002年
気がつけばもう15年前のこと・・・

仕事で疲れた帰り道、深夜の首都高を
アルファスパイダーの屋根を開けて走り回っていました

そして
日本初のデジタル一眼レフ ニコンD100を片手に
運転しながら流し撮りし

ドライビングフォトグラフ(ドラフォト)と称して
HPにアップしていました



仕事に疲れてボロボロになった夜
都心のネオンの中

エンジンの音と排気音に身を任せ
音量を上げたエレクトロニックビートを聞きながら

髪の毛は冷たい風に流され
たまに他の車と競り合い
東の空が白むまで走り続けた・・・・・

頭の中は空虚になり、現実と夢の境が消えていく・・・

病んでいましたね(笑)

そんな麻薬的な脳内のカオスな世界を、
手ブレと流れた不規則な光で表現したかったのでしょう

ふとしたことで15年前の写真を整理することになったので
一部アップします。よかったらみてください

The Driving Photographs


首都高速へ、深夜は車も少ない



夜の首都高はいろいろな色にあふれている

東京湾トンネル

高速で近づいてくるミラーの中のヘッドライト

シフトダウンしてアクセルを開ける

そして日が明ける頃・・視界は朦朧とし、光は交錯する


alfaromeo spider
Posted at 2017/04/19 23:53:12 | コメント(3) | トラックバック(0) | 写真 | 日記
2017年04月18日 イイね!
ガレージ塗り替え終了!と少しだけNDロードスターをチューン建築して10年近く経ったので、
傷んだ家の外装塗り直しをしました。

家全体は同じ白でも、寒色系から暖色系に変更

ついでにガレージのもこのように一面を青に塗りました



そんな中で、NDロードスターにプチモディファイ報告です。

我が家のNDは速度50キロ程度のワインディングの楽しさを追求したセッティング
一度は強化したリアスタビライザーを取り外し、タワーバー+ロアーバー装着+マフラー、エアクリ変更です。

その心は、以前ブログに書いた通りです



スタビライザー抜去によって、ショートコーナーの連続するワインディングはとても楽しくなり満足なのですが、
サーキットなどを走らせるとなると逆に不安なセッティングでもあります。

そこで今回は、
せめて少し早い速度からの繰り返すブレーキングに対応するためにこれを装着しました。
そして、ブレーキオイル入れ替えもついでにやったわけです
(メガーヌRSで経験したベーパーロックは肝が冷えましたので・・・安全のためです)



さらに、NDでの初サーキットでの対応様にこれを購入



みんな変えている足回りはまだ変えません。
もう少し走って、純正のスプリングとダンパーを吟味したいと思います・・・


Posted at 2017/04/18 23:30:58 | コメント(3) | トラックバック(0) | NDロードスター | クルマ
プロフィール
「休日は車のボンネットを開けて・・・妄想に耽りましょう http://cvw.jp/b/201131/39815281/
何シテル?   05/22 23:45
☆shinです カクタス、アバルト、NDに乗っています よろしくお願いします
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
リンク・クリップ
S660試乗して来ました(動画あり) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/04/05 01:31:16
DUNLOPへ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/02/27 20:40:46
お友達
車が好きな方、同じ車に乗っている方、お友達お願いします。
156 人のお友達がいます
番場琢番場琢 * すずきひ@023すずきひ@023 *
まつしたまつした * 東次東次 *
すぎBOWすぎBOW * vakky@NDvakky@ND *
ファン
31 人のファンがいます
愛車一覧
シトロエン C4 カクタス シトロエン C4 カクタス
発表当時からその World Car Design of the Yearを受賞したスタ ...
フィアット アバルト・595C (カブリオレ) フィアット アバルト・595C (カブリオレ)
2013年8月納車のアバルト595c. CはカブリオレのCで屋根だけ開くオープンカー。 ...
マツダ ロードスター マツダ ロードスター
山道や海沿いのワインディングを楽しむ ライトウェイトオープンカーとして購入。 小さいエ ...
アルファロメオ スパイダー アルファロメオ スパイダー
2.0TS16V 搭載1998年モデル (所有期間 1998~2004) 走行13万キ ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.