• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

☆shinのブログ一覧

2016年12月30日 イイね!

なんと我が家に自動車雑誌が取材に来ました

なんと我が家に自動車雑誌が取材に来ました某有名外車系の自動車雑誌さんが取材に来られました

来られたのは、編集のUさん、有名な自動車評論家のMさん、そしてフォトグラファーのAさんです

果たして、我が家で雑誌のネタになるもか???と
こちらが不安でしたが、取材はどんどん進みました


撮影は昼から日没まで続き
Aさんの良い絵を求めて妥協しないスタンスには、一人の写真ファンとして感動しました

評論家のMさんの質問に、気の利いた話ができない自分が残念でしたが
一方で編集のUさんが段取りを手順良く進めていきます

車は場所や順序を次々入れ替えて撮影します

最後は家族写真まで撮っていただきました



終了後は自宅は宴会場と化し(笑)
MさんやUさんの豊富な車やバイク話に聞き入りました

アルファロメオに乗っていた時代に出会った友人でデザイナーのYさんが来てくれましたし、
家を設計してくれた建築家のIさんも駆けつけてくれました。
色々な話をしましたが、酔った勢いで忘れました〜

この取材を通して新ためて思ったことは、
人のつながりの偶然性と大切さです

フォトグラファーのAさんとは以前のスマートロードスターの取材が311大震災で壊れて以来、5年の時を経て遂にお会いすることができたました

編集のUさんとAさんも昔カーショップ(だったかな?)で出会って、Aさんはカーフォトグラフィーの世界に入ったとのことでした。

YさんとAさんの出会いも旧車のオープンカーにのるAさんに街で声をかけたのがきっかけだったと・・・



家庭内に目をやれば、この一年でも

NDを決めるまでは娘と半年間、D通い。最後は娘が色を決めました。カクタスの抽選申し込みの色は、家族五人でLINE上での投票して決定するなど、常に巻き込んで来ました。

もちろん嫁は一番近くにいる車友達なので、乗った車の数だけ複雑な(笑)ストーリーがあるわけです

まあ、要は俺が死んだ時に、娘たちにこんな事をちょっと思い出してもらえれば嬉しいかなあ〜
なんて・・(笑)^_^

このように小さなつながりやストーリーが重なっていくこと
・・それもこの世界の魅力の一つなのだと再認識しました

そんな出会いを演出してくれそうな個性を大切に、モノ選びをしたいと思ったのです。

そして何より、出会いは大切にしたいものですね
Posted at 2016/12/30 01:03:01 | コメント(2) | トラックバック(0) | ライフ | クルマ
2016年12月19日 イイね!

カクタスのエアバンプを押してみたら・・・

カクタスのエアバンプを押してみたら・・・シトロエン カクタスの特徴
世界初のエアバンプを押してみたら・・・
(動画です!)



ギコギコする音がしますが
いつも押すものではないので良しとしましょう(笑)

Posted at 2016/12/19 23:14:22 | コメント(3) | トラックバック(0) | シトロエン カクタス | クルマ
2016年12月14日 イイね!

カクタス 使い出しインプレッション

カクタスの初期感想です

実は、この手の車の何を評価したらよいかよくわからないのです。
たぶん走り味やコーナリングのフィールなどをとやかく言う車ではないのだと思います。


(納車プレゼントの模型 色は青。そのほかにシャンパン🍾いただきました)

でも、

意外や運転楽しいですよ!

1)ハンドリングはNDロードスターと同じような楽しさと言ったら言い過ぎかもしれませんが、
街中で軽い車をヒラヒラ走らせる楽しさがきちんと演出されています。

その楽しさの質は、昔乗った8バルブの4気筒NAを積んだナローボディーの155に似た感じです。
(ちなみに同じ155でもV6と8V4気筒はまったく違う走り味です)

けっこう街中スポーティー!私には嬉しい。

車体とフロントエンジンが軽いことで回頭性が良いのだと思います

重いけどトルクのあるディーゼルなどを積むとまた違う楽しさになるのだろうなあ~

2)小回りが利きます
はっきり言って我が家のアバルトチンクよりボディーは長いのに小回り効きます(笑)
路地でも日本車と同程度の取り回しがあります。

3)エンジンの鼓動に味がある
1200ccの3気筒エンジン・・
全く想像がつかなく軽自動車みたいな感じかな?と思っていましたが、
特有の鼓動、振動をかすかに響かせながら加速していきます。

タコメーターがない車なので(人生初!)、何回転かわかりませんが、高速でもけっこういい感じです。

排気音は聞こえません(笑)

エンジン音などが気になるタイプですので、まったく期待していなかっただけに、嬉しい誤算でした。
少なくても苦しげに必死に回るような感じは全くありませんし、出足も良好です。
性格的にマフラー変えてみたくなります(w)



ボンネットスカスカですね

4)高速道路でも困らないくらいの加速。
当然早くないですが、100キロ以下で追い越しも掛けられますし、後ろから煽ってくる車を振り切ろうなどと思わなければストレスなく走れます。

5)シングルクラッチのシーケンシャルミッションとアイドリングストップは発進時に一癖あり。

一瞬、ずるっとした感触があってから唐突に走り出します。これは違和感ありますね。

気にしないで乗るしかないって感じ。心配した通りです。

6)パドルシフトがついています。シフトダウンもいい感じで決まります。

走り出してしまうとアバルトのシーケンシャルミッションよりシフトのショックは気にならない感じです。

走行モードは1種類だけで、アバルトやルノースポールなどの車にあるようなスポーツモードの類は当然ありません。
前進、後退、Nの3つのボタン切り替えのみです

でも個人的には完全マニュアルモードは欲しかったです。

総じて発進がややストレスですが走り出してしまえば気になりません。

写真は異様に大きいサイドブレーキで、一旦手前に引きながら解除します。結構硬いので女性には力が入ります。



7)オーディオやエアコン、その他の設定や車の各種情報をインパネの大きな液晶パネル上ですべて行います。





メガーヌRS(2011)での経験から、同じフランス車なのでオーディオはまったく期待していませんでしたが、ラジオはよく入ります(笑)。

ハンドルスイッチも含めて使い勝手もよいので、値段を考えたらよくできています。
音質もメガーヌRS純正(2011年当時)に比べるとかなりマシですね(メガーヌごめん)。
アイフォンとの接続もブルートゥースでよくつながります。これも期待以上。

8)シートはもっとフカフカかと思いました。やわらかい奥に芯がある感じで、見た目よりしっかりとしています。不快な感じは全くありません。よくできた普通のシートっていう感じです。

フロントの、ぱっと見ベンチシートのようにも見えるレイアウトは、助手席との一体感も出てファミリーカーやデートカーとしていいもんですね。




どうやら恋人同士にはバケットシートの車よりベンチシートの車の方が良いですね。若いころに気づけばよかった~(笑)

9)後部座席はリクライニングしません。180くらいある男性だと狭さを感じるでしょう。日本的な小柄な女性や子供なら3人座れます。

10)後部の窓はスライドするだけで開きません。トランクスルーもありません。後部座席は一体となって倒れます。これを含めて、車重を軽くするために色々と工夫しています。フロントワイパーもワイパーブレードから水が出っるように作ってあります(下から吹きさしません)。

11)ダッシュボードは低く平らです。助手席には結構大きいグローブボックスもあります。

このあたりのデザインはこの車の特徴でしょう!そのため助手席は広々としています。エアバックを天井に入れたりした工夫によるものだとのことです。

いろいろ見ていくと
この車の明らかな設計思想が見えてきて好感が持てます。

必要なところに工夫したり新しいアイディアを組み込む代わりに、いくつかの一般的機能は切り捨てています。便利な機能を全部組み込んだ車とは発想が違う感じです。

こういう感覚は、私はエコな中にも思想性とこだわりを感じて好きですね。

次はデザインに関してチェックしたいと思います
Posted at 2016/12/14 23:53:22 | コメント(1) | トラックバック(0) | シトロエン カクタス | クルマ
2016年12月11日 イイね!

黒いシトロエン カクタス 納車

黒いシトロエン カクタス 納車カクタス 来ました

黒です。
日本に正規輸入15台のうち1台が当たりました。
(全色で200台、黒は15台とのことです)

いよいよ緩いフランス車のある生活の始まりです

我が家は歴史的に武闘系、走り系の車が多かったので、
都会から長閑な田舎に引っ越したみたいな気分です




2015年 世界カーデザイン オブ ザ イヤー受賞車です



ちなみに2016年の同賞はNDロードスターでした



その2台がガレージに並ぶという予期せぬことに・・

エンジンは1200NAで、どう見ても軽そうです。ドライバー側に寄せて搭載されています。



車重もNDとタメ張れるくらい軽い事と、軽いエンジンが功をそうしたか、
ノーズの入りが良く、意外とロールは少ないので、結構楽しいコーナリングが可能です

この点も含めて
今月号のカーグラフィックに詳しくレポートされていますが、乗って見てその通りと頷ける内容です



内装はシンプルで、機能的。
椅子はソファーのようでくつろげます。



ベーシックカーのベースモデルですが
ピアノブラック塗装とメッキ様塗装を使っていて、意外と安っぽくはありません。



スポーツカーと対極にある癒し系フランス車です。

どこまでもトコトコと走っていけそうです。
そこに競争とか他人との比較といった人間社会のヒエラルキーは反対にいます。

シングルクラッチのシーケンシャルミッションはアバルト同様に個性的。

このミッションを個性として愛せるか、または癖を嫌うかで、好み(評価)は真っ二つに割れそうですね。



フランスのベーシックカーは以前から所有してみたかったので良い出会いでした

しばらくはトリセツ片手に操作方法勉強します。






Posted at 2016/12/11 22:37:24 | コメント(2) | トラックバック(0) | シトロエン カクタス | クルマ

プロフィール

「イタリアンフェスタ  veicolo veicolo http://cvw.jp/b/201131/40548192/
何シテル?   10/08 22:11
☆shinです 写真とドライブが好きです。 愛犬は白いシェルティー、 愛車は黒カクタス、白黒アバルト、青ND、 狭い路地裏に住む年間4万キロの長...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/12 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

6月4日はFrench French Makuhari !! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/04 07:39:32
S660試乗して来ました(動画あり) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/04/05 01:31:16
DUNLOPへ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/02/27 20:40:46

お友達

車が好きな方、同じ車に乗っている方、お友達お願いします。
156 人のお友達がいます
UIUI_AUAUIUI_AUA * 魅|衣|呼魅|衣|呼 *
東次東次 * CIPHER@FD3SCIPHER@FD3S *
パパシューパパシュー * ばると。ばると。 *

ファン

33 人のファンがいます

愛車一覧

シトロエン C4 カクタス シトロエン C4 カクタス
発表当時からその World Car Design of the Yearを受賞したスタ ...
フィアット アバルト・595C (カブリオレ) フィアット アバルト・595C (カブリオレ)
2013年8月納車のアバルト595c. CはカブリオレのCで屋根だけ開くオープンカー。 ...
マツダ ロードスター マツダ ロードスター
山道や海沿いのワインディングを楽しむ ライトウェイトオープンカーとして購入。 小さいエ ...
アルファロメオ スパイダー アルファロメオ スパイダー
2.0TS16V 搭載1998年モデル (所有期間 1998~2004) 走行13万キ ...

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.