• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

黒エコのブログ一覧

2017年08月18日 イイね!

鹿島 「多久の湯」 の巻

鹿島 「多久の湯」 の巻2017年8月18日 金曜日 晴れ 所により雨

今回は、JAF PLUS 7月号の懸賞に当選した 「島根県立美術館の招待券(小茂田青樹 企画展)」を鑑賞するのが目的
島根県立美術館(島根県松江市袖師町)まで200㎞弱、
何とか下道で行ける距離です。
当然、日帰り温泉を絡めて有意義に一日過ごすつもり。
その美術館は宍道湖の夕日スポットでもあり、温泉で寛いだ後に訪れる事にします。

島根県は良質な温泉の宝庫、美術館近くの日帰り入浴施設を探すと
“松江市温泉施設 鹿島 多久の湯”(島根県松江市鹿島町北講武)の
HPに “こんこんと湧く湯に浸かり、心癒される” と
それならば “こんこんと湧く湯で癒されてきましょう” そこに決定。

ルートは国道180号線→国道181号線→国道9号線(山陰道無料区間:
米子南IC→米子西IC、松江道路 東出雲IC→松江だんだん道路 川津IC)
県道21号線→県道264号線→県道175号線でまずは“鹿島 多久の湯”へ


7時30分 自宅出発 

通勤渋滞、総社を抜けるまで約1時間
その後、R180はそれなりに順調

10時15分 鳥取県に

R180→R181、途中で集中豪雨

米子の街を久々に通ってみたくなり
山陰道の米子南IC→米子西IC無料区間は使わず
R181→R9、新たな発見は特に無し
R9は渋滞ではないが、スローペース

11時10分 島根県に

R9は相変らずのスローペース
やっと山陰道無料区間(松江道路 東出雲IC→松江だんだん道路 川津IC)
島根県は有料区間と無料区間があるのでややこしい、
ナビを100%信じていいのか不安

県21→県264→県175と順調に


12時15分 多久の湯 到着 走行距離196㎞


入浴料は410円、安いです。
食事付のお得なセットはなし

再入浴可、無料休憩室ありなので
お腹が減ってますが先に風呂に浸かります。

今日の男湯は、檜風呂

昼時ですが、地元のご年配方が4,5人入浴中


内湯


無色透明、普通の湯温、プールの臭いがしますが
ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉の湯は、このブログを始めて初めてですが
塩素の臭いだと思います。

島根県なのに残念・・・






サウナもあります。


露天風呂


無色透明、普通の湯温、塩素臭あり

露天に

サウナ用水風呂


13時10分 お腹が減っているので施設内にある

まつえ市場御飯処 多久食堂に

海鮮炊き込みご飯定食 880円を注文


私が食べたものは

赤字で「内容は日替りです」とあるが、海鮮炊き込みご飯が白ご飯
こんなのあり

無料休憩室

嬉しいタタミ敷き、他の部屋に椅子方式もあります。

13時55分 気を取り直して、再入浴

入浴客の増えが想像以上。

サウナ、水風呂、露天風呂、露天の椅子は大賑わい。
水風呂に関しては、のんびり寛げません。

14時30分 上がります。



泉質など





ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉(低張性アルカリ性高温泉)
湧出量/分泉 温加 温循環ろ過塩素系薬剤塩素臭加 水入浴剤飲 泉
265ℓ/分43.1℃ ありありあり
あり
ありなし不可





時間があるので宍道湖北岸にある“道の駅 秋鹿 なぎさ公園”経由で

14時50分出発
県264→R431
道の駅 秋鹿 なぎさ公園
R431→県37(宍道湖大橋)

15時55分 島根県立美術館 到着 走行距離 223㎞


企画・コレクション展セット(当日券1,150円、前売券900円)

小茂田青樹の企画展

その方面に疎いのですが、ここまで細かく描けるのか・・・
素晴らしい作品が拝見出来ました。
写真撮影はNG


2階ではコレクション展

展示室1(日本画、洋画、西洋絵画)
展示室2(版画)
展示室3(工芸)
展示室4(写真)
展示室5(彫刻)

写真はOKでしたがブログにUP出来ません。
浮世絵(版画)は好き、良かったです。

エントランスロビーや野外彫刻等は観覧券がなくても入れる公園の一部みたいな感覚


12羽のうさぎの中で、このうさぎだけが輝いています。

これも厳密に言えば「画像利用申請」が・・・



17時45分頃



18時45分頃


今日の日没時間は18時54分

雲が・・・

小雨も・・・

日没後のマジックアワーは断念


美術館の駐車料金は3時間まで無料
100円の出費(裏技は使いません)



帰りは、国道9号線(山陰道無料区間含む:松江中央IC→東出雲IC、米子西IC→米子南IC)
国道181号線→国道180号線の平凡なルート


19時10分 自宅へ出発

R9→山陰道無料区間:松江中央IC→東出雲IC、順調
安来道路は有料、乗りません
(おかしな道路、R9のバイパスの変わりで良いのでは?、役所の思考回路は一般人には理解不能)
R9で約20㎞ノロノロ運転

19時55分 鳥取県へ

無料区間(米子西IC→米子南IC)→R181、順調
お腹が空いたのでコンビニで弁当
R180、順調

21時10分 岡山県へ

制限速度以上だが遅いペース、それなりに順調

23時 自宅到着 本日の走行距離 405㎞でした。


本日の感想
多久の湯
 施設はキレイ
 島根県で塩素臭ありはガッカリ
 従業員の方は感じが良いが・・・
島根県立美術館
 フリーゾーンが多く公園の一部みたい
 おばさん3人組乱入、皆さん困惑
 3人寄ればかしましい、言葉のとおり“姦しい”

本日の支出
 スーパー...................生茶2ℓ........................................138円
 多久の湯..................入浴料........................................410円
 多久食堂..................海鮮炊き込みご飯定食.......880円
 コンビニ....................弁当..............................................498円
 島根県立美術館.....観覧料............................................0円 (当日券1,150円)
 島根県立美術館.....駐車料金..................................100円
 ...小...計..........................................................................2,026円
 ガソリン代...15.11ℓ×@123.....................................1,859円 (燃費 26.8㎞/ℓ)
 ...合...計..........................................................................3,885円


いつものことながら、若干の修正ありです。
Posted at 2017/08/20 10:25:22 | トラックバック(0) | 温泉(島根) | 旅行/地域
2017年08月05日 イイね!

鷲羽山(瀬戸大橋)散策

鷲羽山(瀬戸大橋)散策
鷲羽山は、岡山県南の観光名所。

風光明媚な瀬戸内海の島々を

一望すことが出来ます。





以前は「瀬戸内海国立公園・鷲羽山」で人を呼んでいましたが、
今では「瀬戸大橋」(瀬戸中央自動車道)が幅を利かせ、
影が薄くなっています。


夏の昼下がり、鷲羽山からの瀬戸大橋がどんなものか
ライトアップの下見を兼ねて散策、やはり橋が主体に・・・
※JB本四高速のHPに瀬戸大橋ライトアップカレンダーあり





遊歩道は整備され、下津井瀬戸大橋を真正面から捉えることも出来る様です。





第二展望台から



第一展望台から


遊歩道は整備され、歩きやすいです。
(もちろん夜はライトが必要)

山頂までは行きましたが、東屋展望台は熱さの為、断念。

樹木が成長しすぎて、残念な場所も・・・


下津井漁港近辺




下津井祇園神社

石碑の横に物騒なものが
「陸奥、長門級戦艦主砲弾」


下津井祇園神社からの眺め



むかし下津井回船問屋

見学自由、食事処、土産屋などあり



おまけ

下津井のタコ

これは観光用、晩秋から初冬が最盛期




写真は難しい。
マジックアワーやブルーアワー、ライトアップの力を借りないと
悲しいかな相変わらずのスナップ写真。

本当は“お蔵入りブログ”ですが今後の(記憶)為にUP。
2017年07月31日 イイね!

懸賞当選(2017年7月分)

懸賞当選(2017年7月分)同じ日に

茶封筒が

2通届きました。







どちらもJAF、永年継続会員の特典の冊子かな?


裏を見ると、どちらもJAF島根支部


一通目
JAF PLUS 7月号

『島根県立美術館 企画展 「小茂田青樹」 招待券』の当選

同封のパンプレットを見ると、学がない私でも楽しめそうな日本画です。

島根県立美術館は、松江市にあるので意外と近い、
日帰り温泉を兼ねて、お邪魔させていただきます。


二通目もJAF PLUS 7月号

『島根県立石見美術館 「北野恒富 展」 招待券』の当選

こちらは美人画、より一層 目の保養になりそうです。

石見美術館は益田市、かなり遠い、下道ルートでは厳しそう。
せっかくの機会、こっちは高速料金を浮かして温泉に泊まるかな?


8月は島根月間になりそう

日本画観賞と温泉でリフレッシュ
段取りしなければ・・・


JAFさんありがとうございました。
Posted at 2017/07/31 19:21:11 | トラックバック(0) | 懸賞 | 日記
2017年07月25日 イイね!

あば交流館「あば温泉」の巻

あば交流館「あば温泉」の巻2017年7月25日 火曜日 曇りのち雨

癒しを求めて、のどかな山村にある
あば温泉(岡山県津山市阿波)に行きます。

時間は十分あるので
“あば散歩”で自然を満喫して
帰りに温泉で汗を流すことにします。


ルートは、国道180号線→国道53号線→県道6号線→県道118号で
阿波森林公園(渓流茶屋)を目指します。

8時30分 自宅出発

R180、R53 順調
県6、初めて踏み入る道、景色を味わいながら県118、
看板があったので阿波森林公園(渓流茶屋)方面へ

10時55分 渓流茶屋 到着 走行距離97㎞

渓流茶屋付近を散策
感動する景色に遭遇せず、このまま歩いて落合渓谷の
黒岩高原遊歩道(約2.5㎞)から布滝(のんだき)を目指そうとしますが・・・
“熊注意の看板” 一人歩きで音の出る物は持ってません。
無事に生還することが?
遊歩道を歩いて行くのは止め、駐車場に戻る途中
地元の昔娘さんに遭遇、布滝までのことをリサーチ
「舗装されていて近くまで車で簡単に行ける、熊が出た話も聞いたことがある・・・」
車で行くことにします。

布滝までは細い道ですが舗装され、

あっと言う間に到着、駐車場も整備され 心配無用

私一人と思っていましたが
年配者のトレッキンググループや他にも観光客がちらほらと



 あいにくの


 天気ですが、


 滝の水量は 


 丁度良い。





 

写真の腕は、イマイチ


車で帰る途中にある「白髪滝」と「大滝」も見たいが、
雨が降りだしたので止めに

happening
大型観光バス(トレッキンググループの迎え)が、急こう配のT字路で立ち往生
大型観光バスなどが曲がれる大きなスペースはありますが、勾配を全く考慮していない。
ピンポイントで行かないと、フロントとリアが路面に当たります。
(いつも思いますが役所は図面を引くだけ、利用者のことは考えない)
雨の中、何回も切り返し、最後まで付き合いました。


次は、大高下ふるさと村(おおこうげふるさとむら)
岡山県指定「ふるさと村」の一つです。
茅葺の「阿波民具展示館」で休憩しようとしましたが
肝心の茅葺にシートを掛けて修理中、残念。

その目の前に
茅葺き旅館 おおすぎ(のあっく自然学校)

小学生の夏休みキャンプ中、道路から


この先に「深山渓谷」がありますが、雨がひどくなってきたので、
あば温泉に向かいます。



14時 あば交流館 到着 走行距離 114㎞ 

腹ペコ、あば食堂で昼食を
悲しいことに、昼食は11時から14時まで
時間厳守、食べれませんでした。


気を取り直し、本題の

あば温泉、やすらぎの館


発券機で入浴券を


風呂の日で260円  ※通常500円

今日は25日、明日26日が定休日なので前倒し、
悪い事もあれば良い事もある、ラッキー

このクラスの温泉にしては入浴客が多め、風呂の日の影響でしょうか?



内湯は二つ

主浴槽

無色透明、普通の湯温、塩素臭あり


小さめのジャグジー

無色透明、普通の湯温、塩素臭あり


フィンランドサウナ


 3人用、狭いです。
 寝ころんで利用すると
 他の方が入れません。
 (以前は、パスしてたが
 利用することもあります)

 サウナとセットの
 水風呂は
 ありません。

 












露天風呂

無色透明、普通の湯温、塩素臭あり





梁や柱が贅沢仕様               景色は

                     



露天風呂(小)

加温されていません。
微かに塩素臭あり。


源泉の温度、低めでこの季節は気持ちイイ

小さいですがここが一番



15時10分 汗も流しサッパリ、疲れも取れたので上がります。



泉質など





単純温泉(低張性 弱アルカリ性 低温泉)
湧出量/分泉 温加 温循環ろ過塩素系薬剤塩素臭加 水入浴剤飲 泉
40ℓ/分(動力)31.4℃ ありありあり
あり
なしなし不可



おまけ


であいの湯(温泉自販機)

50ℓ 50円、100ℓ 100円、200ℓ 200円



帰りのルートは、来た道を帰るだけ
県118→県6→R53→R180

15時25分 自宅へ出発

県118→県6、順調

さすがに腹ペコ、コンビニで菓子パンを

R53、17時前に津山市街地を抜けたので順調
R180それなりに順調

18時 自宅到着 本日の走行距離 210㎞でした。



本日の感想
 施設はキレイ
 塩素臭が気になる
 散策後の汗を流すには良い施設、休憩室あり
 あば地区の散策は天気の良い日に改めて・・
 その時は、百々温泉に浸かろうかな

本日の支出
 あば温泉.......................入浴料(風呂の日).....................260円(通常500円)
 コンビニ.........................菓子パン..........................................110円
 ガソリン代.....................8.33ℓ×@116..................................966円(燃費 25.2㎞/ℓ)
 ...合...計...................................................................................1,336円

毎度毎度で申し訳ありませんが、添削前です。
後日若干の修正あります。
Posted at 2017/07/27 10:11:46 | トラックバック(0) | 温泉(岡山) | 旅行/地域
2017年07月18日 イイね!

ななならび

ななならび“日本最大級のクルマSNSサイト”で

クルマ ブログ書くのは久し振り。







アルト エコ

2017年7月18日

走行距離 77,777㎞



100,000㎞に近くなってきたので交換部品を思い浮かべると

1)一般に言われているタイミングベルト
   アルトエコは“タイミングチェーン方式”なので交換不要

2)オートマチック・トランスミッション・オイル(CVTオイル)
 ’06年以降のCVT車は“無交換でOK”

3)点火プラグ
 イリジウムプラグも交換不要かと思いきや
 R型エンジン車、4年または60,000㎞の早い方、過ぎていました。

その他メンテナンスノートの定期交換部品一覧に交換時期の記載がありますが、
自家用乗用車(・普通乗用車・小型乗用車・軽乗用車)で兼用しています。
行きつけの車屋は、ディーラーみたいに無闇矢鱈と部品交換しないので、
たまに目を通すと、まとめて書いてあるので素人にはややこしい。

取説のサービスデータに交換時期も記載してたら優しいのに・・・




絶好調のアルトエコ、大事に使ってます。
Posted at 2017/07/21 13:16:03 | トラックバック(0) | その他 | 日記

プロフィール

最近は “車いじり” より岡山市内から一般道路で行ける “ お一人様日帰り温泉 ” の方が好きになっています。 年間 12湯以上 (月1湯以上)が目標です。 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お友達

ファン

7 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ アルトエコ スズキ アルトエコ
通勤用 スズキ アルトエコ ですが、お一人様日帰り温泉でも重宝するようになりました。

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.