車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月27日 イイね!
民進党の玉木議員がわけのわからんツイートして各方面に拡散しつつ延焼中w

昨日の15:49 



今日の13:23




さらに1時間後の 14:16




・・・つまりまぁ

逃げも隠れもしません!(キリッ

逃げますし隠れますw

僕ちゃんのツイート信用してやんのばーかばーか!

と言う事らしいw

小学生かよ(^^;

こいつホントに大丈夫なんだろうか?どこか病気なのでは?(・_・;
それとも単にドMのド変態とかなんだろうか?(ーー;




高橋名人(古w)も真っ青の高速まばたきw





情報公開が必要ですよねぇ玉木さんwww
Posted at 2017/03/27 23:40:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | 国民の生活が第一(笑) | 日記
2017年03月26日 イイね!

よく燃えていますが、スクショ撮ろうにも枚数多すぎで撮りたくないので
燃えっぷりはご自身でご確認くださいw
https://twitter.com/tamakiyuichiro/status/845890464028880896

しかしこの男、クズすぎて笑えんわ(・_・;


さて、一体明日の記者会見で辻元はどんな言い訳をするんでしょうかね?







Posted at 2017/03/26 20:44:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | 国民の生活が第一(笑) | 日記
2017年03月25日 イイね!
公式HPのコラムを転載。
「左右陣営双方が絶対に譲らない構え 内乱とも言うべき切迫した韓国情勢」
『週刊ダイヤモンド』 2017年3月25日号
新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1175

韓国は革命前夜だと言ったら、韓国人の洪熒(ホン・ヒョン)氏が
「前夜ではありません。すでに内戦です」と反論した。
 
憲法裁判所が朴槿恵大統領弾劾訴追を承認して、罷免の決定を下したのが3月10日だった。
保守派はこの判断を合憲だとは認めず、「国民抵抗権」の旗印の下に「国民抵抗本部」を設置し、
街頭に出て弾劾を弾劾する
と気勢を上げる。
 
だが、憲法裁判所の判断を暴力によって覆すのは法治国家として許されるのか。
洪氏はこう説明する。

韓国憲法は、国家が正常に機能しない場合国民抵抗権で立ち上がることを認めています。
これは韓国が北朝鮮と対峙して生まれた国家だからこそ、憲法に保証された国民の権利です。
北朝鮮の支配下で、ルールだからといって従えば、韓国の自由や民主主義が死んでしまうからです。
そのときに立ち上がる権利を保証したのです」
 
いま国民抵抗本部に集まる人々がふえているという。組織の中心軸を構成するのが韓国の陸・海・空の退役軍人の会だ。現役の軍人を除く軍関係者が勢揃いしていることの意味は非常に大きい。
 
保守派の強い危機感は、5月9日の大統領選挙で文在寅(ムン・ジェイン)氏が選ばれる可能性が
高いことからも生まれている。文氏は現時点で最有力の候補者である。

文氏が大統領になれば、大韓民国は事実上、消滅し、北朝鮮が全半島を支配するようになります
と、洪氏。
 
重要政策に関する文氏の発言を辿ると、洪氏の警告が大袈裟ではないことがわかる。
 
まず文氏は北朝鮮と連邦統一政府を作ると述べている。
同構想は元々、北朝鮮の金日成主席の考えだ。
南北朝鮮が同等の立場で統一政府を樹立し、一定期間後に統合し、朝鮮民族はひとつの国家に
なるという内容だ。
 
かつて金正日総書記はこう語っていた──。
南北が同等の立場で連邦政府を樹立すれば、韓国側連邦議員の半分は親北朝鮮だ。
わが方は全員わが共和国支持だ。すべての政策は3対1でわれわれの思い通りになる
」。
 
連邦政府構想は、韓国を北朝鮮支配に差し出すことだと保守派が警戒するのは
尤(もっと)もであろう。
 
文氏の、韓国よりも北朝鮮を利することが明らかな政策提言は、連邦政府構想にとどまらない。
たとえば現在日米韓は、北朝鮮の弾道ミサイルを探知し追跡し撃ち落とすための協力を進めている。
その柱が戦域高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国配備であり、日韓の軍事情報包括保護協定
(GSOMIA)締結である。
 
前者は北朝鮮のミサイルに対する最新鋭の迎撃システムで、後者は日韓が安全保障分野の
機密情報を共有するための協定である。
目的は北朝鮮によるミサイル攻撃などへの効率よく素早い対処を可能にすることだ。
文氏はいずれに関しても「次期政権が決定すべきだ」「締結が適切か疑問だ」と述べて、
見直しを示唆している。
 
文氏は北朝鮮の主張を事実上受け入れるというわけだ。
氏が「北朝鮮の手先」だと批判されるのはこうした理由からであろうか。
 
保守陣営の主張する国民抵抗権、街に出て抵抗するという考えは、
平和が当たり前の日本から見れば、到底受け入れられない。
しかし、私たちが韓国の保守勢力を一方的に批判することも不公平であろう。
なぜなら、憲法裁判所の判断が示される前、文氏も
「憲法裁判所が朴大統領弾劾を破棄すれば、次は革命しかない」
と、語っていたからだ。
 
左右陣営双方が絶対に譲らない構えなのだ。韓国の政治は平穏におさまりそうもない。
まさに、洪氏の指摘するように内戦である。韓国情勢の切迫はわが国の危機だ。
そのことだけは、日本人は知っておくべきだ。
----------------------------------------
韓国憲法は、国家が正常に機能しない場合国民抵抗権で立ち上がることを認めています。

なんだその昭和のB級SF小説みたいな設定は(^^;

セォウル号事件他、大統領本人の自爆も多数ありますが親北系のメディアが叩きまくった結果、
親北系の政権が誕生しそうでそれに反対する勢力と内戦になる可能性がゼロではない、と。
しかもそれがネタとかではなくて実際にくすぶり始めてる、と。
こんな国がすぐ近くにある事は厄介&恐怖以外の何物でもないなぁ(・_・;
Posted at 2017/03/25 23:09:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 危険な特定アジア | 日記
2017年03月25日 イイね!
これも保守速報さんのネタ・・・
維新の松井代表「メディアの皆さんもね、なぜ辻元清美の名前は一切出さないのか。
それは悪い忖度だと思う」


まずは大阪府の松井府知事の今日の会見動画を見て下さい。
私は一通り通して見ましたが、森友学園問題は11:15からと24:00から。
辻元に関する発言は26:00から。


で、読売のこの記事のタイトルと中身
松井知事「首相は忖度あったと認めるべきだ」
2017年03月25日 15時11分
学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却問題を巡り、
日本維新の会の松井代表(大阪府知事)は25日の党常任役員会で、
「安倍首相は(財務省などの)忖度があったという事実を認めるべきだ」と指摘した。

松井氏は
「森友学園の件は早期に終結させ、国会で日本の課題を解決する建設的な議論を進めてほしい」
とした上で、
「国民が一番わからない点に首相は答えていない。忖度は社会通念上あり、
それをないと強弁するからメディアも取り上げる。
忖度はあるが、違法な忖度はないとはっきり言うべきだ」と主張した。

首相は24日の参院予算委員会で、学園側から陳情を受けた安倍昭恵・首相夫人付の政府職員が
財務省に問い合わせを行い、学園側にファクスで回答したことについて、
「ゼロ回答で、(財務省が)忖度していないことは明らかだ」と説明していた。
----------------------------------

松井府知事が言いたかったのは記事タイトルの
「首相は忖度あったと認めるべきだ」
ではなくて
「首相は違法な忖度はなかったと丁寧に説明すべきだ」
だと思うんですが違いますかね???


24分から再度「忖度」について読売新聞から質問されて
「この事で日本の総理大臣が代わる事が日本の国のためになるのかね?」
「総理も”忖度はなかった”という強弁はもう止めて、丁寧に説明するべきだと思います」
「メディアの皆さんもね、民進党の要請受けて忖度してるじゃないですか」
「今日の読売新聞も。辻元清美さんという名前は一切出さないのかね?他の人は名前出すのに。
そういうのを僕は”悪い忖度”だと思いますけどね」

と発言していますが「総理も”忖度はなかった”という強弁はもう止めて」の部分をタイトルにしています。
そして辻元の件はガン無視w


忖度イコール全て悪、というレッテル貼りをすることで政権をぐらつかせたいのが明々白々ですが
何でそんな恣意的な事を割と中道のはずの読売がするのか?
(まぁナベツネが靖国嫌いだから、だけではないでしょうがw)

それから昭恵夫人の証人喚問についての18:30から質問にも
「総理夫人といえども私人、民間人ですよ。隠れてもいないしメールも全て公開されてる。
これ以上何を聞くんですかね?ただ吊るし上げるだけじゃないですか。必要ないと思いますよ」
とも明言していますが記事では1ミリも触れられていません。



おいおい読売さんよ?
これは明らかに結論ありきの悪意ある編集だろう?
公平でも公正でもない。全くフェアじゃない。
2002年の日韓W杯以来15年の付き合いだったけど
民進党に、辻元みたいなヤカラに「忖度」して
購読者を情報弱者扱いするなら購読止めるぞ!(-_-メ


※日曜版の猫ピッチャーは惜しいけどまぁ単行本で読めばいいか(^^;

なんて話を橋本&松井に良いイメージを持っている親にポロッとしたら、
読売朝刊の籠池夫人メールが全文でなかった事に少なからず疑問を持っていたらしく、
私同様に怒って&読売に愛想が尽きて
「あれだけ連日騒いでるんだから全文じゃなきゃ意味が無いし辻元の件を伏せるのはおかしい」
「じゃ4月から産経にしよう」とあっさり決定w

※短歌欄には未練があるらしいので月曜日だけは近所のコンビにまで買いに行くとか言ってますがw

というわけで4月から産経新聞の読者になりますw


Posted at 2017/03/25 21:15:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | 大マスコミ様(笑) | 日記
2017年03月25日 イイね!
民進党の玉木議員はこんな事を言ってますが


自民党が公開に踏み切った昭恵さんのメール全文は
『野党の反対により』参院予算委員会に提出されませんでしたw

自民党が24日、籠池氏が23日の証人喚問で公表を否定せず、首相側も了承したとして
記者団に文面を配布した。当初は参院予算委員会に提出しようとしたが、野党が反対した。



で、配布されたものを編集せずに、そのまま公開しているのは産経と日刊スポーツなど
一部メディアだけw

読売も朝刊で(略)しまくって掲載してましたw

一気読みしたい方はここがお勧め。
ここも色つきで読みやすいですがブログ主さんの「感想」の
「森友学園の土地は交渉が偶然うまくいって若干安く購入はできたようですが、
隣接地と比較しても実質的には激安ということもなく、」がメールの中身から判る事
ではなく、ソースもなさそうなので私は疑問視しています(^^;)





・・・これってそんなに都合悪いのかなぁ?w



大手メディアの皆様方ならご自慢の「取材力」を駆使してさくっと裏取りすれば良いだけの話でしょ?
まして自社の記事じゃなくてただの他人のメール、しかも与党の自民党が公開してるんだから
メディア様にはその中身を真実と保証する責任もないんだしサw



やっぱこれが効いてるのかな?


さんざん籠池氏の主張を持ち上げておきながら辻元に関係する部分だけは「虚偽」ってwww
ご都合主義、我田引水ここに極まれりですねぇw




・・・はさて置いて「永田メール事件」は出所不明の捏造メールが発端だったけど
今回は与党発信なんだからメディアは民進党に「忖度」しないで全文公開して
辻元の「疑惑」について昼のワイドショーで飽きるほどリピートしてほしいですね~w
※絶対にやらないだろうけどw



ってかさ、スペースに限りのある紙面ならともかくwebですら全文公開しないっておかしいだろw
今まで散々、出所不明で真偽不明の「自分たちが広めたい”情報”」を垂れ流してたじゃないかw
パソコンでもスマホでもちょっと検索すればすぐに全文が出てきて読めるのに
何で今回だけ編集しまくって「報道」するのさ?w

Posted at 2017/03/25 09:20:45 | コメント(0) | トラックバック(0) | 大マスコミ様(笑) | 日記
プロフィール
「GRIM REAPER 復活作9月発売 http://cvw.jp/b/202453/38256724/
何シテル?   07/21 20:55
運転してて楽しいクルマと聴いてて楽しい音楽が好き。 (それがたまたまホンダ車・スバル車とHR/HMなわけですが・・・) ヒマ見つけて更新する意思だけは持ちた...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
お友達
スバル車やGC8の頃までのWRCが好きな方はもちろん、
元メタル/現メタルな方も募集!(笑)

あ、勝手ながら、コメントをやり取りさせて頂いたり、オフでお会いした方に限らせて頂きます。
38 人のお友達がいます
cuscocusco *みんカラ公認 ぺそ太郎ぺそ太郎 *
ニコニコせんべいニコニコせんべい Maa +Maa +
たいちょたいちょ きりん一番きりん一番
ファン
47 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ フィット ホンダ フィット
VIVIOで追求していた「通勤快速」をこちらでさらに充実しようと思います。
スバル インプレッサスポーツワゴン スバル インプレッサスポーツワゴン
グループAの(555と()))ばかり 5回貼って4回剥がしましたw
スバル インプレッサスポーツワゴン スバル インプレッサスポーツワゴン
AA5は15万キロでエンジン終了。GF8Bは新車購入後10年15万キロでドナドナ。 2. ...
スバル ヴィヴィオ スバル ヴィヴィオ
↑2008年7月5日オートランド作手ALTにて RX-Rなのにレギュラーしか飲まないA ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.