• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ペンタゴン7のブログ一覧

2018年02月11日 イイね!

厳寒時のハイブリッドカーの評価

先日は何台ものトラックがスタックしている影響でたった20キロの通勤に4時間もかかってしまいましたが、流石に翌日はチェーン巻いたのかスタックしているトラックは一台もいませんでした。
運送会社にクレームの電話が殺到した事は想像に難くありません…。
障害と言えば横転しているクルマが一台いたくらいですね。


私の住む地域の道路は除雪部隊仕事していないのかと思うくらいガタガタで、路面が氷結しているダブルコンボで滑りやすく走りにくい路面です。
まさに冬の新潟と言った風情ですが、そんな状況でハイブリッドカーの性能ってどうなのよ?と言う事は一番懸念していたことです。


結論としては、イイんじゃないかな。
氷結している路面ではアイスアシンメトリコのアイスグリップでギュッと止まる。
ドライ、ウェットグリップ過剰気味のタイヤですが、アイスでもグリップ過剰かな。
ただしピレリは3シーズン目には劣化が目立つので注意が必要ですが、私の使用パターンですと2年でスタッドレスタイヤとして使えなくなるほど摩耗するので一切問題無いのです。

デコボコになっている氷結路面では、持ち前の直進安定性で割と真っ直ぐ走ります。
突如タイヤを足元のワダチに取られてスピンしかけましたが、VSA(トラクションコントロール&横滑り防止装置)が一瞬で「ギュッ!」と立ち直らせてくれました。
今まで氷結路面では電子制御をカットするものと思っていましたが、氷結路面でもキチンと効くようで電子制御の進歩も日進月歩なんですねェ。
そう言えばサーキットでは電子制御オンのまま走っていましたし。


ヒーターについては今まで効かない思っていましたが、エンジンの熱を利用しているのでエンジン常時稼働するSモードで走ればヒーターから熱いくらいの熱風が出てきます。
また、微妙なアクセルコントロールが必要な上にトルクが必要な場面が多い雪道ではSモード(マニュアルシフトなし)が適しています。
電気自動車モードとハイブリッドモードを切り替えるDレンジは雪道では非常に扱いにくいです。
エンジンの熱を利用している関係上、通常モードではヒーター使用しているとエンジンの温度が下がりますが、エンジン温度が下がりすぎるとエンジン再始動します。
グレイスはエンジンが動いている間は燃費が落ちてゆくので、実燃費対策としても実温度対策としてもホンダには次のマイナーチェンジあたりで電気ヒーターの採用をお願いしたい。


一番モーターの恩恵を感じたのは完全氷結している上り坂。
0rpmから最大トルクを発生するモーターのおかげで、ジリジリと坂を登る場面ではホイールスピンを回避できます。
ただSモードではエンジンの動力も使うので、Dレンジで走る必要がありますが。
おかげで渋滞した氷結している上り坂という最悪の状況でも、VSAの出番はありませんでした。


ただし車高が低すぎるのでかなりカメノコになりやすいですしスタックしやすいです。
こればかりは何ともならない…。
Posted at 2018/02/11 11:04:15 | コメント(1) | トラックバック(0) | グレイス | 日記
2018年01月22日 イイね!

グレイスの映り込み対策

グレイスのエンジンオイルをMobil1 0W-20からウルトラネクストへオイル交換したわけですが、トルクがスカスカになっていて泣けます。
やけに後ろに煽られるな?と思ったら60キロ出しているつもりが50キロしか出ていなかったり下手するとそれ以下だったり。
街乗りでもいつも以上にアクセルの踏みこみが増えていて、割と疲れます。
やっぱり20番オイルくらいがドライバビリティ的に良いかな。
4,600キロ走ったMobil1より悪いフィーリングってのもどうなんだろう。


私としては問題点や不満点があれば、そこを解決するのがチューニングと思っています。
ですからタイヤは真っ先に変えましたし、ドライビングシートも変えました。
とりあえずエンジンオイル変えたい。

そしてグレイスに乗り換えてかなり危険と思う箇所。
それはフロントガラスへの映り込み。
曇天がデフォルトの新潟では気にならなかったのですが、太陽がさんさんと降り注ぐ群馬で前方が一切見えなくなるほど視界悪化し、窓を開けて顔を出して運転する場面がありました。


写真1
alt
調べてみると工業用の反射防止マットがあるようですが、書道用の下敷きで満足感を得られている方もいる様子。
まずは安い方からトライしようとダイソーの書道用下敷きからトライ。
効果がなかったり薄かったら、本格的に工業用マットにします。

既に書道用下敷きがテカテカで不安しかありませんが、やってみなくては分かりません。
駄目ならすぐに排除できるよう、簡易取り付けにしておきますし。


写真2
alt
地道に型紙を作り、書道用下敷きをカットします。


写真3
alt
両面テープ付きマジックテープで固定。
これで効果があると良いのだけれど?


映り込みくらい実走行テストすれば分かった項目だと思うんだけどなァ。
Posted at 2018/01/22 18:00:29 | コメント(2) | トラックバック(0) | グレイス | 日記
2018年01月12日 イイね!

杞憂に終わりそうな雪国での心配

杞憂に終わりそうな雪国での心配昨日、今日と大雪が降って全国ニュースにまでなっている新潟の積雪。
私は今日も雪かきで全身筋肉痛です。
雪かきしてもやっているそばから積もる雪…。
昨日は雪の中頑張って走ってくれたゼスト君のバンパー取れるし…。
ピンが外れただけだと思うけど、最悪バンパー交換か。
それならばゼストスパークのバンパーって付くのかな?
まだ調べていないけど。


そんな中、グレイスって雪の中ではどうなのよ?と。
いやね、昨日はガレージの前が雪没していてグレイス出せなかったのですよ。
雪上性能は乗り換えてから一番気になっていたトコロではありますが、ようやく性能試験が出来ました。
結果としては不満があるものの、とりあえずいいんじゃないかな。


まずVSA(電子制御)のおかげで発進時にホイールスピンしにくいです。
普通雪にハマってしまうとホイールスピンしてしまうものですが、VSAが良い感じにLSD的な動きをしてくれてFFなのにホイールスピンせずに前に出ていきます。
こう、ホイールスピンするかな?と思うような場面でも「ゴゴゴッ」と音がして、何事も無かったかのように前に進むのです。
ホイールスピンする時って普通片輪だけですので、VSAによる疑似LSD効果は効くようです。
またモーターならではの低回転での高トルクも効いていて、低回転のまま確実に前進していきます。
これは嬉しい。
という事で、多少の雪道や変にデコボコになってしまっている圧雪路での発進は問題なし。
FFだからと買おうと思っていたLSDも買わなくて良さそう。
LSDをオーダーメイドできるメーカーもあるらしいですが、期待していたのはスポーツ走行よりはこういった一般使用での利便性ですから正直LSDはやり過ぎなんですよ。


ただし不満点が一つ。
車高が低過ぎて、常に雪でガリガリこすっています。
これは4WD用の車高高いサスペンションに交換すれば解決する事だけど、サスペンションに恐らくVSA用と思われる変なセンサー入っているから実際のサスペンション交換はどうなんだろう?
やはり実用面ではインプレッサ程度の車高が欲しい所です。

まだ探していないけれど、グレイス4WD用のノーマルサスペンションって流通しているのかな。
そもそもフィットと共通じゃないのかな。
調べて見る価値はありそう。
もしそのまま使用可能なら冬用に4WD用サスペンションを導入するのもアリかな。


とりあえず除雪された後の道路であれば不満なく走れる事は分かりましたが、除雪されていない道路では以前雪でハマった時のようにSモードにしてVSAオフで走るしか無いかな…。
それとも扱い方によるものなのか…。
こちらは経過観察ということで。


とりあえず、2WDでも思っていた以上にグレイスの雪上性能は良いみたいです。
Posted at 2018/01/12 21:03:05 | コメント(1) | トラックバック(0) | グレイス | 日記
2017年12月09日 イイね!

ホンダ・グレイスの1万キロインプレッション

ホンダ・グレイスの1万キロインプレッション気が付けば今年納車されたグレイスも走行距離が約2万7千キロになりました。
納車時1万7千キロでしたので、約1万キロを走行した事になります。

ここで現時点でのグレイスのインプレッションでも書こうかなと。


一言で言うと、癖が強いけど良いクルマ。
普通に走るには何も考えずボケーっと乗れるけど、速く走ろうと思うと何となく乗れて何となく速いクルマじゃない。
ハイブリッドシステムではなく、むしろ7速DCTの癖が強い。
いや7速DCTもハイブリッドシステムの一つだから結局ハイブリッドシステムに癖があるのかな。
でも上手く乗れると非常に走りが気持ち良いし、大変に快適。


まず内装だけど、ホンダと言えばミニバンのホンダらしくあちこちに細かい収納が有る…と期待していたのに、物置は小さいコンソールボックスとシフトレバー前にあるふたつのドリンクホルダー、サイドブレーキレバー横の謎の小さいスペースだけ。
せめて格納式ドリンクホルダーくらい欲しかった。
でもUSBポートが標準で付いてくるからハイドラとナビアプリの同時起動ができるし、後部座席のシガーソケットも有るので長距離ドライブは快適に使える。

あと後部座席は私が頭を打つ。
私が後部座席に乗る時はフリード使うから良いと割り切ったけど、大人4人(5人)が快適に乗れないセダンは非常に評価が低くなってしまう。
もちろんインプレッサは後部座席に私が座っても頭を打つ事なんて無かった。

内装は以上。
肝心の走りについて。


グレイスはインプレッサと比べると速度感に乏しいクルマだから、気がつくと結構速度が乗っていたりする。
これは空力の良さと静粛性の高さ、乗り心地のソフトさに起因するものかな。
だから加速感が乏しく感じるのだけれど、実は信号発進などは後続車を引き離していることが多いので実際は速かったりする。
さらにスピードを感じにくいからドライバーも同乗者も疲労少なく走れる。
高速道路を長距離ダラダラ走っている時には、特に快適性を実感する。


サスペンションの初期当たりはソフトなんだけど、路面からの入力が大きくなるとギュっと踏ん張るので全然怖くない。
そしてとにかく安定しているのでアクセル踏める。
サーキットのコーナー出口では何の不安もなく、テールが滑る気配すら無くガンガン踏んで行けた。
とにかくフロントは逃げないし、リアもガッチリ路面に張り付く。
しかもハンドリングの中間からでもグイグイ曲がるようになっています。

乗り心地も大変に良く、フィットハイブリッドと比べると路面の凹凸などを柔らかくいなしているのが分かる。
セダンだから気を使っているとのことだけど、フィットハイブリッドとの大きな差を感じられます。
良い意味で路面状況に鈍感。
だから公道を走る限りはサスペンション変更する意味は無いかな。

特に高速走行時の直進安定性と車体安定性は素晴らしいの一言。
ロングホイールベースによる直進安定性もあってホンダらしくビシっと真っ直ぐ走るので、気がつくと速度が出ているからオートクルーズで走るのが懸命かな。
当初はインプレッサには遠く及ばないと思っていたけれど、今ではインプレッサの少し落ちくらいと感じるほどにクルマのレベルは高いです。


パワーは過不足ない丁度良い感じで、体感的には2Lの実用ユニットみたい。
アイドリング回転数からほぼ最大トルクを発生するし、5,000rpm付近までトルクが落ち込まない感じ。
ハイブリッドカーなのに何故か高回転型特性(最大トルク5,000rpm、最大出力6,000rpm)のエンジンを搭載していて、高回転でもパワーが鈍る事がないのでブン回すとかなり速い。
最近は最大トルク発生が5,000rpmなんて極端な特性のエンジンって中々見ません。
更にDCTは4速までクロスしているため、DCTの超高速シフトチェンジと合わさって加速が途切れない。
またクラッチ式オートマなのでCVTのような高回転域でのパワー抜け感は無い。
加速が途切れない上にフルフラットアンダーフロアなど空力特性が非常に良いため、超高速域でもグイグイ加速します。


実はグレイスで初めて電子制御VSA(Vehicle Stability Assist:車両挙動安定化制御システム)付きのクルマに乗った。
あ、いや、RX-8にもDSCが付いていたっけ。
一般的な道路では、例えば峠道を楽しんでいたりするとアンダーステアが強くなる。
これは恐らく速度を落とせという意味でアンダーステア特性を作る事により速度超過感を出そうとしているんだろう。
また一般的な走行ではアクセルを踏み込んだ際のレスポンスが緩慢になる。
他の方の試乗記でも老人向けレスポンスなどと言われるレベルで、ホンダらしいキビキビ感は一切無い。
おそらくホイールスピンを予測して動作しているのだろうけれど、あまりに緩慢。
しかしインプレッサでやっていたみたいにトルクで走るようにすると気にならなくなる。
グレイスはアイドリング回転数でほぼ最大トルクが出ているので、トルクでゆったり走るように心掛けると気にならなくなる。
だからドン!と発進させたい時にはVSAをOFFにしたほうが良いかもしれないが、安全装置をOFFにする危険性を考えると運転方法を変えたほうが良い。

ただし雪道ではVSCが誤作動して動かなくなったりするので、雪道などイレギュラーな路面ではVSAをOFFにしたほうが良い。


操作に関しては基本的にフィットセダンだから何も考えずボケーっと運転しても普通に走りますが、上手く走るとなると繊細な操作を求められます。
アクセル、ブレーキ、ステアリングのどれも繊細に操作しないといけない。
そして教科書的な走りを求められます。
つまりしっかり減速してターンイン、何も起きないと確信できるタイミングでアクセルを踏み込む。
まるでサーキットを走るかのように教科書的な走りをすると、大変に速く舞えます。

インプレッサはドライバーの思い通りに動くマシンだったけど、グレイスはマシンの特性通りに操作するマシンって感じかな。
噂に聞くホンダのドライバビリティとほぼ相違ない感じです。


気になるというか不満点は以下の三点。
プリウスと同じHシフトパターンは本当に意味不明。
しかもバックが前進方向にレバー操作するので、マニュアルミッション感覚で車庫入れしようとすると前後逆移動する事があって非常に焦る。
オートマならば上からPRNDと並んでいる一直線シフトパターンにして欲しい。
更に言うと、Dレンジの横にシフトレバーを移動してマニュアル操作でシフアップ、シフトダウンできるともっと良い。


最低なのがパドルシフト。
率直に言って付いている意味が無い。
Sモードならば比較的操作を受け付けるけれど、通常モードではシフトインジケーターが点滅するだけでほとんど操作を受け付けない。
機能しない機械ならば装備しないほうが良いし、シフト操作が効かない場合は警報音など視覚以外の方法でシフトチェンジ失敗を教えてほしい。
操作が効かないシフト操作は危険なので、Sモード以外では一切使う事はない。
せっかくエンジンブレーキなどに活用しようと楽しみにしていたのに、非常にがっかりした。

もっと言うと、シフトインジケーターは常時シフトポジションを表示して欲しい。


そしてシートが安物過ぎる。
サイズは小さいし、左右ホールドも乏しいし、特にショルダーのサポート部が無いのは手抜きとしか思えない。
しかも私の体に合っておらず、腰痛が酷い。
今時は軽乗用車のシートでももっと良いの積んでる。
クルマとしての性能が大変に良いのに、シートをケチって安物を採用しているので交換必須…なのだけれど、社外シートレールは出ていない。
正直シートに搭載されているサイドエアバッグなんていらないから、その分マトモなシートを装着して欲しかった。
純正シートがダメなら社外シートを入れれば良いと考えていたので、社外シート、シートレール使用不可能は大きな不満。


グレイスはスポーツセダン?と言われると、スポーツセダンではないと感じる。
確かに走りは良いけれど、五感に訴えるものは少ない。
速さ感も少ないし、官能的な走りを楽しむモデルじゃない。
もちろんサスセッティングも良いしパワーも有るしボディ剛性も有るから走ると速いけど、事務的な走りに徹するマシンって感じ。
インプレッサのように走っていて気分が高揚することは無いけれど、気がつくとギュンギュン走っていたりする。

という事で、グレイスは快適にツーリングするのが向いているクルマかな。
サスペンションの限界は恐ろしく高いし、シャシー性能も高いから、気兼ねなく元気に走るには最適なクルマと言える。
ドライバビリティの所にも書いたけど、ドライバーの思い通りに動くクルマではなくマシンの特性通りに動かすクルマ。
好みはハッキリ別れると思う。
Posted at 2017/12/09 18:23:20 | コメント(1) | トラックバック(0) | グレイス | 日記
2017年11月17日 イイね!

グレイスのシートに困る。

グレイスのシート交換をショップに依頼していますが、どんな感じなのかショップに確認しに行きました。
ところが、レカロなど大手4社に問い合わせたにも関わらず結果は全社不適合。
マジかよ…。
次の手はGKフィットのシートレールをイチかバチかで試してみる方法。
グレイスはフィットセダンなのでフロア形状まで変えないはず。


現状としては、ランバーフィットサポートも服装の違いからか効かなくなっており、結構腰痛がキツい状況で仕事に支障をきたすレベルです。
立ち仕事のほうが腰痛が少ないってどうなんだよ…。


・・・。
そもそも腰痛が発生したり、ショルダーサポートがないとかやる気のないシートを採用するグレイスってどうなんだろう。
ハイブリッドカーと言えば太いトルクにより長距離が得意な特性を持ちますので、長距離走行に適した装備を選択するはず。
確かにホンダらしくエンジンは凄くイイですし、モーターアシストもあってまるでターボエンジンのようなトルクがあります。
出たばかりの頃は不具合だらけだったらしいDCTも多段ATとして大変に優秀です。
乗り心地も良いし静粛性も高い。
直進安定性もホンダらしいビシっとしたハンドリングではないものの、タイヤ交換でまあまあ我慢できなくはないレベルになった。
あとはシートだけ。
正直サイドエアバッグいらないから、エアバッグのコストを良質なシートに回して欲しかった。
いや交換前提の安物シートなら、簡単に交換できる仕組みにして欲しかった。
何でオプションにレカロシート無いんだろうね。

正直、今回の手段でダメならグレイス降りようかと思います。
まだ査定も有るし、それなりの中古車に乗り換えできるはず。
これ以上は私の腰が持たない。
長距離走行が好きだから長距離走行に向いていそうなハイブリッドカーを選んだというのに、シートがダメとか信じられない。
いや、交換前提のシートでもイイけどシート交換できないとかありえない。


…最後の一つ前の手段、それはGKフィットのシートレールの成功を祈るだけです。
最後の手段はワンオフシートレールだけど、認証取ったりすると恐ろしくコストがかかる。
認証取らないと車検に通らないクルマに乗ることになるので完全アウト。
車検に通らない車に乗りたくないですし。
という事で事実上GKフィットのシートレールが最後の手段。
成功してくれ…。


パーツ交換で何とかなるのに、そのパーツが無いとかどうなんだろうね…。
ちなみに乗り換えるなら乗り換え先はもう半分決定しています。
上手く行かないのであれば、きっとBセグ車にダウングレードしたのが悪かったんです。
Cセグ車に戻そう。
高いのボディ剛性と良く動くサスペンション、ほぼ無音無振動を誇る程に静粛性に優れたエンジンを持つあのクルマに乗ろう。
もしくはアメリカで人気のあのセダンに乗ろう。
Cセグ車はクルマの出来が良いし良いシートを採用する傾向にあるから、ひどい腰痛ともサヨナラできるはずだ。


ホント、腰痛とか気にしない楽しいドライブをしたい…。
という事で明日はオートバックスで応急処置パーツ買ってこよう。
Posted at 2017/11/17 20:33:30 | コメント(8) | トラックバック(0) | グレイス | 日記

プロフィール

「機会があったのでスノコ・スヴェルトで踏んでみた。速いねコレ。ただブレーキの利かなさが際立つ…。」
何シテル?   02/21 18:07
ドライブが好きで、ふらりふらりとあちこちに出かけています。 特にダムや道の駅といった単語に反応します。 最近はレトロ自販機もちらほらと。 ケー...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

リンク・クリップ

バッテリー充電 (H29.12.20) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/20 18:51:56

お友達

色々とクルマの話をしましょう。
ただ、一度も交流が無いのにいきなりの申請はお断りします。
38 人のお友達がいます
カブ色(リーガルグリーン)カブ色(リーガルグリーン) * 坂道多すぎ坂道多すぎ
れありすれありす アティクアティク
波丸波丸 中2の夏休み中2の夏休み

ファン

24 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ グレイスハイブリッド ホンダ グレイスハイブリッド
人生初のハイブリッドカー。 電子制御?何それ美味しいの?変速だって手動変速だよ?というイ ...
ホンダ フリード フリードリヒ (ホンダ フリード)
家族用に購入したミニバン。 色々な競合と比較するまでもなく、先行カタログの時点で購入を半 ...
ホンダ ゼスト ホンダ ゼスト
完全に短距離のみを走るために導入。 軽乗用車なのにタコメーターが付いているとかヤル気満々 ...
スバル インプレッサ アネシス スバル インプレッサ アネシス
小細工に頼らず、基本性能をしっかりと作り込む事により安全性と運転の楽しみを追求する、今の ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.