• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ペンタゴン7のブログ一覧

2017年04月29日 イイね!

インプレッサのハブボルト交換と排気消音装置交換

インプレッサのハブボルトをナメてから修理を依頼して結構経ちますが、ようやくピットインできました。
しかしハブボルト1本だけナメていたと思ったら、2本もナメている事が判明。
在庫問合せの間にマフラーやってしまおうという事になり、マフラー左右出し施工開始。
しかしフォレスター用マフラーはフランジのボルト位置が微妙に違うため施工できない!?
あれ・・・おかしいな。アネシスにフォレスターマフラーの施工例は結構あったはずだけど。
写真1

という事で、自宅待機のマフラー。


写真2

そこでショップからの提案で、GVBマフラーの取り付けをする事に。
しかしGVBマフラーはバンパーに干渉するので、現車合わせでバンパー切断して頂きました。


写真3

結果がコレ。
イイね。一気に迫力が出た。


そうこうしている間にハブボルトも到着。
インプレッサ、完全復活です。

コレでゴールデンウィークはどこへでも行ける!


エンジンを掛けると「ドゥルルン…」と太い音が。
しかし走行中は低回転で負担がかかると低い音で主張してくる程度で大変に静か。


そして、新しいパーツが入ったら試してみたくなるのが人の性。
さっそく踏んできました。

以前タイコだけGVBに変えた時はフン詰まりで6,000rpmが上限っぽい特性でしたが、今回センターパイプと左右タイコをGVB純正品に交換してあります。
結果は元々K&Nエアクリで細くなっていた低速トルクが、更に細くなりました。
という事は…。

高回転が大変に気持ち良いです。
4,000rpmを超えるとパワーが盛り上がってきて、5,000rpmでさらに加速します。
まさに給排気系チューンのお手本のような特性変化。
そのままレブに…行く前に、6,000rpmからノッキング多発。
いけない。まだ学習終わっていないのか。

という事でCPUが学習するまでハイオク指定ですねコレ。

燃料ハイオクでCPUの学習が終わったら、大変に楽しい事になりそうです。

今回のマフラーチューンは、今の所大成功かな?
何よりも、純正品流用チューンは安くてポン付け可能なのが良いですね。

ところで…フォレスターマフラーはどうしようかな。
Posted at 2017/04/29 18:59:37 | コメント(3) | トラックバック(0) | インプレッサ | 日記
2017年03月26日 イイね!

計算の時間(手動変速装置編 2)

計算の時間(手動変速装置編 2) ねんがんの じゅうでんしき インパクトドライバを てに いれたぞ!
自動車に関するボルトって結構な高トルクで締まっていますので正直手作業はきつい場面が多いです。
我が家には3台の乗用車があり、サマータイヤとスタッドレスタイヤの履き替えにタイヤローテーションと、これだけで年間6回以上タイヤ交換の機会がある訳で。
他にも排気管交換などの計画がありますので、欲しいと思っていた所ホームセンタームサシで9,800円。
5万円くらいを想像していたのであまりの安さに衝動買いです。
こんなに安いのか…。

流石に業務用のようにギュイーン!ガガガッ!とスピーディな作業にはならないでしょうけど、手でレンチ回すより楽なんじゃないかなと淡い期待をしています。

エアツール欲しいけど、コンプレッサーのお値段が鬼門なんですよね。
平気で4万円とか5万円とかするし。


さて、BM/BRレガシィの6MTもTY75との話を聞いたので調べてみると、BM/BRレガシィ2.5GTってトルク35.7kgmなのですね。
トルクに関してはGC8最終型のトルクが36.0kgmでしたので、TY75ミッションで容量は十分のようです。
レガシィに搭載されているEJ25エンジンの何が凄いって、このトルクを2,000rpmで出すっていう低回転型のエンジン特性ですよ。
これならどこまでも楽々巡航できそう。
あれ?レガシィターボって私の用途に合っているのでは?


それで、レガシィのTY75トランスミッションはどうなのよ?と計算してみました。
まずアネシスの純正状態(FF用TM75型マニュアルトランスミッション)。

1速 54.19Km/h
2速 96.02Km/h
3速 144.26Km/h
4速 192.34Km/h
5速 239.69Km/h
6速 無し

レガシィのTY75は…。
1速 54.13Km/h
2速 96.02Km/h
3速 144.26Km/h
4速 192.64Km/h
5速 239.69Km/h
6速 280.71Km/h

6速が随分とハイギヤになるというか、そのままインプレッサ用のTY75ミッションに6速追加しただけですね。
あれ、このミッションはまさに「あと1速欲しい」を追加したギヤ比じゃないですか。

100Km/h巡航回転数は6速2500rpm、60Km/h巡航回転数は6速1,500rpmと、巡航に最適なギヤ比に思えます。
インプレッサとほぼ同じエンジン特性を持つフリードは100Km/h時約2,000rpm、60Km/h巡航時約1,000rpmなので、割と1.5Lエンジンでも余裕がありそう。
でもフォレスターの4速から6速がクロスしているミッションも中々使い勝手良さそう。
Posted at 2017/03/26 21:29:11 | コメント(2) | トラックバック(0) | インプレッサ | 日記
2017年03月23日 イイね!

計算の時間(手動変速装置編)

調べていたら、フォレスターの6MTは形式TY75ということが判明。
TY75は6速になっていたのか…。

という事で、TY85よりも現実的なTY75型へのトランスミッション交換をやったらどうなるのか計算してみました。
まずアネシスの純正状態(FFはTM75型マニュアルトランスミッション)。

1速 54.19Km/h
2速 96.02Km/h
3速 144.26Km/h
4速 192.34Km/h
5速 239.69Km/h
6速 無し

これをフォレスターのTY75に換装すると?
1速 48.97Km/h
2速 96.02Km/h
3速 144.26Km/h
4速 181.69Km/h
5速 226.62Km/h
6速 253.33Km/h

1速はより加速重視に、6速はよりハイギヤになり、7,000rpmまで回し切ることが出来たら253.33Km/hまで伸びることになります。
…エンジンパワーがあれば(笑
現実的にはEL15エンジンは6,000rpm以上回りたがらないエンジンですので、6,000rpmで計算すると6速でトップスピード217Km/hってところかな。
現状のTM75ミッションでも5速のトップスピードは205キロ程度と思います。

時速100Km/h時のエンジン回転数はTM75ミッション2,941rpmに対し、TY75ミッションは2,771rpmみたい。
巡航回転数は少し下がりますね。
でもインプレッサのEL15エンジンってトルクが有るので、60キロくらいで走っていると6速にシフトアップしたくなります。
そういった普段使いで「あと1速…」とよく思うので、そのような場面では強力に威力を発揮してくれそうな予感がしますね。


インプレッサのエンジンがEJ15型の時はパワーバンドが恐ろしく狭い(4,400rpmから5,500rpmくらい)と感じていましたが、EL15型エンジンになってパワーバンドが広くなった(3,200rpmから6,500rpmくらい)おかげでクロスミッションへの憧れというものはなくなりました。
しかしこういった日常使いの面では、ギヤレシオが広くなって実用性も損なわない多段化も良いなと思いますね。
Posted at 2017/03/23 21:54:53 | コメント(3) | トラックバック(0) | インプレッサ | 日記
2017年02月22日 イイね!

良く出来たクルマ

良く出来たクルマAWDのインプレッサからの乗り換えだけど、常にガッチリ安定していたAWDと違いコーナリングは常にフラフラしている。
フラフラしているけれどリアが流れるとコントロール難しいので、結構限界域のコントロールがシビアだったりする。
NAなので出力コントロールしやすいのが救い。

やっぱりスバルはAWDの方がいいかも。

しかし普通のクルマとして評価すると、特に特徴がないのが特徴とも言える普通のクルマ。
電子制御とか邪魔なものがないので、運転を楽しむならイチオシ。

走りを楽しみたいけれど経済性と実用性を捨てたくないというワガママを叶えてくれるスポーツセダン。
Posted at 2017/02/22 19:06:56 | コメント(1) | インプレッサ | クルマレビュー
2016年11月20日 イイね!

ボンネットのカッティングシート施工

ボンネットのカッティングシート施工今日はボンネットを施工。
大体イメージ通りにできたんじゃないかなと。

あとはセンターに大きいカストロールステッカーを貼り付ければフロントセクションは完成。
いやに写真写りが良いですが、近くで見てはいけない仕様になっていますw

やっぱりプレスラインが鬼門で、細かく切り分けないと大きなシワになってしまいますね。
平坦なボンネットならあまり気にしなくて良いのかもしれませんが。
写真では一枚に見えますが、実際は複数枚の組み合わせになっています。


私のインプレッサ、ボンネットのクリアがやられていますので多少なりとも保護になってくれれば良いなと思いつつ、でもやっぱりボンネットは塗装しないといけないかな?
いっその事GVB or GRB純正のアルミボンネットも良いかも。


黒に赤に緑…どこかで見たようなカラーリング?
(インプレッサの右とか)


カッティングシート関係ないけど、スタッドレスタイヤに履き替えてインプレッサってフロント重心が低くてリア重心が高いと感じた。
このままFR化したら今以上に踏めなくなる気がする。
Posted at 2016/11/20 19:05:07 | コメント(2) | トラックバック(0) | インプレッサ | 日記

プロフィール

「@れんちょん@インプ乗り 既にタイヤの交換終わりました(笑」
何シテル?   10/19 22:07
ドライブが好きで、ふらりふらりとあちこちに出かけています。 特にダムや道の駅といった単語に反応します。 最近はレトロ自販機もちらほらと。 ケー...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

お友達

色々とクルマの話をしましょう。
ただ、一度も交流が無いのにいきなりの申請はお断りします。
40 人のお友達がいます
雪国の秋田犬雪国の秋田犬 * buttuki(ぶっきー)buttuki(ぶっきー)
marumaru23marumaru23 ともすばともすば
daytonaのAO木daytonaのAO木 ぱしぱし

ファン

22 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ グレイスハイブリッド ホンダ グレイスハイブリッド
人生初のハイブリッドカー。 モーターアシストとデュアルクラッチ式オートマを絶滅危惧種の5 ...
ホンダ フリード フリードリヒ (ホンダ フリード)
家族用に購入したミニバン。 色々な競合と比較するまでもなく、先行カタログの時点で購入を半 ...
ホンダ ゼスト ホンダ ゼスト
完全に短距離のみを走るために導入。 軽乗用車なのにタコメーターが付いているとかヤル気満々 ...
スバル インプレッサ アネシス スバル インプレッサ アネシス
小細工に頼らず、基本性能をしっかりと作り込む事により安全性と運転の楽しみを追求する、今の ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.