• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ペンタゴン7のブログ一覧

2017年09月10日 イイね!

ボディとタイヤの相性と。

グレイスに乗り換えて感じていた違和感が、エコロジータイヤのブルーアースに履き替えて分かったような気がしますので走り書きを。
個人の感想であって、正しい保証はありません。


正直な話、グレイス純正の16インチタイヤがクルマに全然合っていません。
しかしダンロップSP2030は剛性高くウェットグリップもあり、インプレッサでは確実に良いタイヤと感じたはず。
これは何故だろう?と。

写真1

クルマの性能が悪い訳ではないという事は前回スタッドレスタイヤによるインチダウンで分かった事ですので、今回185/60R15サイズのエコロジータイヤ、ヨコハマ・ブルーアースにタイヤ交換しました。
コレは私が選んだ銘柄ではなく、ホイール買ったら2017年製造でトレッドのバリが残っているほぼ新品が付いてきたモノ。
実験には丁度良いです。
正直な話ヨコハマのエコロジータイヤはインプレッサとは大変に相性が悪く、グリップ無くインフォメーションもないダメタイヤと思っていました。
しかしグレイスに装着した所、ステアリングインフォメーションは適正でグリップもあり、ハンドリング特性も良い。
わだちに取られなくなって直進安定性も大幅に向上しています。
スポーツタイヤとエコロジータイヤの評価が、インプレッサと真逆になっているのですね。

これには思い当たる節がありまして、以前スタッドレスタイヤのグリップが低いために、対策としてストラットタワーバーを外してボディ剛性を落としたらグリップが改善したことがあります。
さらにスタッドレスタイヤを16インチにインチアップしたらグリップやハンドリングは相当に改善しました。
これから考えられる事…もしかするとボディが影響しているのでは?


グレイスはセダンボディということで剛性が高い事が売りですが、GHインプレッサの方が圧倒的にボディ剛性が上です。
さらに剛性の高いセダンボディのアネシスと比べると、かなり違う。
特にグレイスでの高速走行時はエアロパーツのお陰でかなり良い走りをしますが、ボディの収まりが全然違う。
正直、10万キロ走ったアネシスの方がボディ剛性は上です。
乱暴に言ってインプレッサと比較して130Kgもボディ剛性足りないので仕方無いのですが、同じ価格帯でここまでボディが違う。
グレイスはインプレッサにはないハイブリッドシステム乗っているのでその分価格の上乗せは仕方ないのですけど。

インプレッサは4L相当以上(トルク40Kgmオーバー)の出力を誇るEJ20エンジンを搭載し、18インチタイヤを装着し、サーキット走行する前提のボディ。
グレイスは1.5Lエンジンを前提として、一般道を走る事を前提としたボディ。
となれば、ボディ設計開始する時点で全く違う要求が出てきます。


何処かで聞いた話ですが、レースでもウェットコンディションになるとボディ剛性を下げたりするそうです。
ボディ剛性が高すぎることで、インプレッサにエコロジータイヤが合わなかったのでは。
そして、グレイスのボディ剛性はスポーツタイヤではなくエコロジータイヤに最適化されているのではないのかと。

ここに大変に重要なポイントが有りまして、クルマとタイヤの相性だけではなくもう一つ重要な要素があります。
それはドライバー。
ドライバーの運転が穏やかであれば、剛性の高いボディでも剛性の低いエコロジータイヤとの相性の悪さは感じないはず。
ドライバーの運転が活発であれば、剛性の高いボディには剛性の高いタイヤでなければ相性悪いのでは。
つまりクルマとタイヤ、そしてドライバーの三点が一致した時に相性の良いタイヤとなるはず。


正直エコロジータイヤはグリップしないしインフォメーションないダメタイヤで、何故売れているのか?と思っていました。
これはただ単にインプレッサのボディ剛性が高すぎてエコロジータイヤに合っていなかっただけなのではないでしょうか。
だって、ダメなタイヤが売れる訳無いじゃないですか。

実は適正なクルマに装着したエコロジータイヤやエコノミータイヤは、良い性能を持っているのかもしれません。
悪いのはボディと、オーナーと、タイヤ三点の相性なのかも。
自分のクルマの性格と、自分の運転の傾向と、タイヤの傾向が合致すれば最高のタイヤに出会えるかもしれませんね。


やはり、車が変わると評価視点が変わるようです。


写真2

ところで、ブルーアースはエコロジータイヤらしく素晴らしい燃費でした。
SP2030ではどう頑張ってもメーター表示30.0Km/Lを越えなかったのに、いきなり37.4Kmの表示。
(往復で平均すると35.45Km)
電気自動車モードで走る時間も増えました。
これはスコアアタッカーとして良い武器を手に入れる事ができたようです。
あとはエンジンオイル粘度をウルトラグリーンから下げてウルトラネクストにするともっと伸びそう。
でもノイズと振動がなァ…。
やっぱりウルトラグリーンか、それともペトロナスの0W-20か…。
Posted at 2017/09/10 08:03:40 | コメント(3) | トラックバック(0) | タイヤ・ホイール | 日記
2017年07月02日 イイね!

ミシュラン・エナジーセイバープラスのファーストインプレッション

ミシュラン・エナジーセイバープラスのファーストインプレッションフリードのタイヤ交換後の慣らし期間も終了し、思う存分走ってきましたのでファーストインプレッションを書いてみる事に。

タイヤのデータ
銘柄:ミシュラン・エナジーセイバープラス
サイズ:195/55R16 87V
タイヤ重量:8.1Kg/本
ホイール重量:9.3Kg/本
製造国︰イタリア

ドライバビリティ
今までピレリ・チントゥラートP1ヴェルデを履いていましたが、比較するとゆったりとした性格のタイヤです。
ハンドル切り初めのレスポンスやコーナリング中の挙動も穏やか。
全体的にコンフォート寄りの性格になっています。

16インチにインチアップしたと言うのに、15インチのピレリ・チントゥラートP1ヴェルデの方がハンドリング特性は上ですね。
初期レスポンスはピレリのほうが上で、中間レスポンスは同等か若干エナジーセイバープラスの方が上。
これはインチアップしたからこうなっているのであって、同じタイヤサイズであればエナジーセイバーのハンドリング特性は緩やかという事になります。

直進安定性についてはビシっと真っ直ぐ走りますが、ピレリに比べるとハンドル微調整時の初期レスポンスが若干穏やかなために直進安定性が低い印象を受けます。
しかしエコノミータイヤでここまでの直進安定性を比較できる銘柄はピレリくらいしか知りません。
エコノミータイヤと言い訳しない、しっかりとしたハンドリングと直進安定性ですね。


インフォメーション
路面状況がしっかりはっきり分かります。
濡れているのか、乾いているのか、砂など異物の上を走っているのか。
土砂降りの中でも路面状況がしっかり分かりるので、どんな路面でも安心してハンドルを握れます。
また、ドライでもウェットでもインフォメーションが変わらないのもイイ。


ドライグリップ
ドライグリップは大変に優秀。
時速100キロからのフルブレーキでもABSが作動しません。
チントゥラートP1ヴェルデは踏み込みに応じて制動力が発揮される印象でしたが、エナジーセイバープラスは最初にグッと制動力を発揮して、後は踏み込みで調節する感じ。
ブレーキパッドと同じく、好みが分かれそうな特性です。

チントゥラートP1ヴェルデもエナジーセイバープラスもエコノミータイヤなので限界は低いのですが、絶対グリップに関してはほんの僅かな差ではありますがチントゥラートP1ヴェルデの方が上。
またインチアップの弊害か、限界を超えると唐突にズリズリ流れ出します。
流れ出しても挙動が緩やかなので復帰は楽なのですが。


ウェットグリップ
ドライでもウェットでも、グリップ特性は変わりません。
土砂降りの中でもドライ路面と同じように走れ、雨のドライブで不安を感じる事はありません。


ハイドロ性能
深い水たまりに突っ込んでも特に抵抗を感じること無く通り抜けることができる、素晴らしい排水性を持ちます。
土砂降りの高速道路でもリラックスして走れる程にハイドロ性能とウェットグリップが良いですね。


快適性能
至極快適なドライビング体験ができます。
ロードノイズは極めて静かで、荒れた路面でも普通に会話ができます。
参考までに一般道走行時のオーディオボリュームは8。
チントゥラートP1ヴェルデが11でした。

またクッション性が大変に良く、段差などを優しくいなします。
路面のうねりなども車体に伝えること無く、まさに快適車内空間が出来上がり。

高速走行時の車体安定性は相当なもので、高速道路を時速100キロで走行していても時速60キロから時速80キロで走っているような感覚でスピードメーターを確認する頻度が増える程。
本当にリラックスしてドライブできるので、ドライバーと乗員の快適性が非常に高いタイヤです。


総評
このタイヤを選んで良かった。

エコノミータイヤなのに妥協している部分が一切見当たらない、欠点の無いタイヤ。
強いて言えばハンドリング特性の機敏さがピレリに負けているというところですが、使ってみた感じはコンフォート寄りのタイヤなので比較対象ではない感じ。

ピレリ・チントゥラートP1ヴェルデはスポーティなハンドリングが売りのエコノミータイヤ。
ミシュラン・エナジーセイバープラスは快適性が売りのエコノミータイヤと住み分けができているようです。

エコノミータイヤでも快適性を選びたいという方には非常に推奨できます。
「タイヤなんて何を選んでも同じ」と思っている方にこそ使ってもらいたいタイヤですね。

ライフに関しては想定ライフ5万キロのピレリ・チントゥラートP1ヴェルデがトレッドウェア(摩耗指数)420に対しエナジーセイバープラスはトレッドウェア400ですので、5万キロは走れないかもしれませんが4万5千キロくらいは余裕で走ってくれそうです。
何よりもミシュランの強みは耐摩耗性能の高さもそうですが、経年劣化耐性の高さもありますから、ロングライフに期待しちゃいますね。

フリードに関してはインチアップしたから当然なのですが、軽快さが売りのフリードの走りが重くなるという結果に。
フリードの良さがスポイルされた感じですね。
インプレッサのように重厚な走りが売りのクルマはインチアップしてもむしろ良い所が出てきますが、フリードには15インチのままの方が相性良かったかもしれません。
タイヤ交換時期になるとどのような判断をするかは分かりませんが、今のところはフリードの次期タイヤはインチダウン決定です。
Posted at 2017/07/02 17:21:17 | コメント(1) | トラックバック(0) | タイヤ・ホイール | 日記
2017年05月21日 イイね!

フリードのタイヤ実験結果

そろそろフリードのフロントタイヤが今シーズンを乗り切れなさそうなので、フリードのタイヤをローテーションしました。
って、タイヤの写真忘れてしまった。

今回のタイヤ、ピレリ・チントゥラートP1 ヴェルデは今まで意図的に前後ローテーションしないで走ってきました。
これはフリードのタイヤ摩耗傾向を調べるという私の実験。
最初のタイヤ、S76Aと次のタイヤ、オートバックス・マックスランの摩耗があまりにも綺麗でしたので、フリードのタイヤ磨耗状況を調べたくなったのです。

3シーズン23,747Kmをローテーションせずに走行した結果、フロントに履いていたタイヤは
内:3.8mm
中:4.7mm
外:3.8mm
と言う結果に。
リアに装着していたタイヤは
内:6.1mm
中:6.2mm
外:5.5mm
という結果に。

かなり綺麗に減っています。

リアタイヤは若干外減り傾向ですが、約2万キロ走行して1mm程度しか減っていないので摩耗を気にする必要もないでしょう。
その前に経年劣化を気にするべきです。

購入当初はミニバンだからミニバン専用タイヤ…と思っていましたが、フリードに関してはミニバン専用タイヤは不要なようですね。


フリードに装着したピレリ・チントゥラートP1ヴェルデの前後摩耗の平均は2.65mmですから、フロントとリヤの平均摩耗距離は8,961Km/1mmという結果に。
計算上スリップサインまで約5万キロを走れることになります。
私の自己交換基準3.0mmでも、38,500キロを走れる計算に。
…いくらロングライフが売りのピレリでも、持ちすぎでは?
いや、しかし記録はそうなっています。
まうんとすぎ殿のコンチネンタルタイヤの耐摩耗性が凄まじいと驚いていましたが、ピレリも負けていませんね。

しかしピレリらしく経年劣化耐性は低いみたいで、最近ではウェット路面での急発進時に軽くホイールスピンする事も。
もしくは摩耗によるものか分かりませんが。

前後ローテーションしたらロードノイズが随分と改善しました。
気にならない程度のロードノイズでしたが、溝が減る事によってロードノイズが増えていたようです。

ちなみにオートバックス・マックスランは22,000キロ走行時点でスリックタイヤ状態でした。
お値段重視ですから多少は仕方ありません。
それでもオートバックス・マックスランは好印象なタイヤでしたよ。


写真1

そして最近は振動とノイズが増えていたフリードのエンジンオイルも交換しました。
今回の銘柄はホンダディーラーにてペトロナス・シンティアム3000 5W-30。

相変わらずエンジンの存在が消えるような高い静粛性とほぼ無振動になる緩衝性能。
そして追い風のような軽い走りと大変に高性能なエンジンオイルです。


熱くなってきたので、強力なクーラー積んでいるフリードが快適です。
何でしょう、ミニバンだからと強力なクーラー搭載しているのでしょうかね?

それともインプレッサのエアコンガス交換を検討するべきなのかな。
Posted at 2017/05/21 19:44:49 | コメント(3) | トラックバック(0) | タイヤ・ホイール | 日記
2017年02月28日 イイね!

インプレッサ・アネシスのホイールコレクション

思えばインプレッサは色々ホイールを交換してきたな…。
という事で、ここで振り返ってみました。

写真1

インプレッサ・アネシス純正15インチホイール
軽いのは良いけれどオフセット48という外に出ている設定のため、直進安定性に乏しかった。


写真2

スバルオートアクセサリー15インチホイール
スタッドレスタイヤ用に購入。
軽くて、オフセット55のために直進安定性にも優れた、まさに純正ホイールのお手本のようなホイール。
しかしブレーキインチアップで装着不可能に。


写真3

ラリースパルコ16インチ。
重いけれど格好良いし、ローレット加工までやってある競技用ホイール。
オフセット48で直進安定性が悪く、整備性が悪いために手放した。


写真4

GF8型インプレッサWRX純正16インチホイール。
黒く塗って使っていたけれど、黒塗りセダンとの組み合わせでいかつさアップ。


写真5

レガシィGT純正17インチホイール
インチアップを試みて買ったホイール。
デザインが凄く良いけれど、試す機会ができる前に倉庫整理で手放した。


写真6

インプレッサ純正17インチホイール
これもインチアップを試みて買ってきたホイール。
しかし倉庫整理のため、一度も装着せずに手放した。


写真7

ブリヂストン BEO RESOLUTION LANCE
キヌ殿から譲っていただいたホイール。
しかし自動車専用道路でパンクし、歪みが発生したため手放した。


写真8

スバル純正 BBS 16インチホイール
一番のお気に入りホイール。
軽くてデザインが良くて、整備性が良くてオフセット55ゆえの直進安定性の高さ。
これ以上のホイールは中々無いんじゃないかな。
このホイールを手放す事は無さそう。


写真9

スピードライン・プレオR 16インチ、またの名を佐渡黄金車輪。
佐渡島で購入した黄金。
重いけれど競技用ホイールという事で剛性は恐ろしく高そうなので、競技用ホイールとして使う予定。


写真10

アルレガホイール 17インチ
ニューマウンテン殿から譲り受けた17インチホイール。
街乗りホイールにしようかなと考えています。


思えば色々ホイール買ってきました。
こうやって並べてみると、私の好みはメッシュホイールかゴールドスポークホイールのようです。
最後のワンセットは…アレか、アレかな。(まだ買う気w
Posted at 2017/02/28 19:24:43 | コメント(3) | トラックバック(0) | タイヤ・ホイール | 日記
2016年12月17日 イイね!

タイヤとホイール考察(レガシィ純正17インチホイール)

タイヤとホイール考察(レガシィ純正17インチホイール)今回は鍛造ホイールではなく、鋳造ホイールという前提で話を進めていきます。
あとホイールの話ですがドレスアップ要素無いです。


ニューマウンテン殿から譲っていただいたホイールについて考えていました。
まず重量。
レガシィ純正17インチホイールとZE912 215/45R17の合計重量は19.7Kg/本。
ZE912 215/45R17の参考重量は9.6Kg/本なのでレガシィ純正ホイールの重量は10.1Kg/本という事になり、意外と重いのですね。

鍛造ホイールの代名詞、BBSのRE-L2は6.2Kg/本(17インチ)との事なので、やろうと思えばそこまで軽量化できそうですが。

けれどホイールが重いという事は剛性と強度に期待ができる。
特に乗り心地の面ではホイールの下、つまりタイヤが良く仕事をしてくれるようになるので乗り心地が良くなる。
高級車のホイールが一様に重いのはそのため。
しかし、当然重いホイールに答えるだけのタイヤと自動車のボディが必要になってくる。
そういう意味でインプレッサはボディが少し軽いけれど、純正で17インチホイールも装着しているから大丈夫っぽい。
スバルなので見た目だけを重視した17インチではないでしょう。
どうせならGVFと同じ17インチブレーキ付けてくれれば嬉しいんだけどね(笑
今年は17インチタイヤで走っていましたが、ハンドリングの不満はありませんでした。



しかし重いホイールでは当然加速は落ちます。
こればかりは仕方ないのだけれど、同じホイールでもタイヤ銘柄を変えると走りが軽くなるのですね。
例えばエコロジータイヤとか。

でもエコロジータイヤはエコノミータイヤと同義な所もあり、重いホイールでは走りのクオリティが下がるものがある。
具体的にはタイヤが路面からの入力を受け止めきれずに跳ねたりする。
ホイールやボディの重量に負けて変形しすぎて、本来の接地形状を維持できない場合もある。
だからタイヤの選定がとても大事。

この観点から行くとホイールの外径(インチ数)が小さい方がホイール重量が軽くなる分、クオリティの低いタイヤでも走りのクオリティは落ちにくい事になります。


走行中のホイールって、割とグニャグニャ動いています。
(どこかに動画があったのですが…)
しかし剛性が高いホイールを使用する事によってホイールの動きが抑えられ、タイヤの変形が減り、地面にベッタリと接地できるようになるのですね。
この時、きちんと路面に追従できるタイヤの場合は最高のパフォーマンスを発揮してくれるのです。
重いホイールなら、さらに路面にベッタリとタイヤを接地させてくれます。


みん友さんからの又聞きですが、最近のスバルレーシングカーもホイールの軽さより剛性を重視するようになってきているそうです。
エンケイの記事にもありますが、ホイール剛性は走りに大きく影響するようですから。
エンケイ「スポーツホイールに求められる剛性って?」:http://www.enkei.co.jp/webmagazine/msn/msn_02.html
ですから、この17インチホイールは走ってみると意外と速いのかもしれません。


という事で、レガシィホイールに装着するのは「重量級車両に装着する事が想定されている、クオリティの高いエコロジータイヤ」にしようかなと仮決定したのでした。
Posted at 2016/12/17 09:02:19 | コメント(4) | トラックバック(0) | タイヤ・ホイール | 日記

プロフィール

「明日はゲームのお祭りへ。」
何シテル?   09/22 19:54
ドライブが好きで、ふらりふらりとあちこちに出かけています。 特にダムや道の駅といった単語に反応します。 最近はレトロ自販機もちらほらと。 ケー...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

お友達

色々とクルマの話をしましょう。
ただ、一度も交流が無いのにいきなりの申請はお断りします。
40 人のお友達がいます
坂道多すぎ坂道多すぎ * marumaru23marumaru23 *
ともすばともすば * ニューマウンテンニューマウンテン *
中2の夏休み中2の夏休み * カブ色(リーガルグリーン)カブ色(リーガルグリーン)

ファン

21 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ グレイスハイブリッド ホンダ グレイスハイブリッド
人生初のハイブリッドカー。 モーターアシストとデュアルクラッチ式オートマを絶滅危惧種の5 ...
ホンダ フリード フリードリヒ (ホンダ フリード)
家族用に購入したミニバン。 色々な競合と比較するまでもなく、先行カタログの時点で購入を半 ...
ホンダ ゼスト ホンダ ゼスト
完全に短距離のみを走るために導入。 軽乗用車なのにタコメーターが付いているとかヤル気満々 ...
スバル インプレッサ アネシス スバル インプレッサ アネシス
小細工に頼らず、基本性能をしっかりと作り込む事により安全性と運転の楽しみを追求する、今の ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.