• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ペンタゴン7のブログ一覧

2017年10月15日 イイね!

思いつきで行く福島ドライブ20171015

思い返してみれば、グレイスを買ったにも関わらずフリードの出番が多くて中々グレイスで走りに行けていません。
やはり後部座席がリクライニングするというのはかなり重要ですから、家族で出かける時はフリードの出番になってしまいますね。
しかし今日は夫婦でのドライブなので、グレイスの出番です。

グレイスも短距離では気が付かないのですが、長距離を走ると気が付く事があります。

それはアクセルレスポンスと謎の失速。
普通に走っていても、アクセルの踏みこみと加速が一致しないことがあります。
アクセルを踏んでも加速しないのでアクセルをグッ!と踏み込みますが、結局加速せず。
いろいろ試していくうち、原因が判明しました。
トラクションコントロールです。

グレイスには横滑り防止装置が付いていますが、どうやらそれが過剰反応している様子。
確かにGTでトラクションコントロール最大にした挙動に似ています。
という事で今日はトラクションコントロールOFFで走りましたが、アクセルを踏み込むときちんと加速するんです。
当たり前過ぎる事ですが、素晴らしいですね。

発進時に突然失速する謎の現象も無くなりました。
割と多頻度に信号発進で起こりますが、失速する瞬間は物凄く怖いです。

Sモードではトラクションコントロロール弱くなっているのか気にならないのですが、Sモードでは出来の悪いCVTみたいに回転を上げてから加速しようとします。
もちろん俊敏に走る分にはこちらのほうが都合が良いのですが、ダラダラ走りたい時にこの挙動は疲れるだけ。
エンジン回転数を低めにして、トルクで走りたい場面は多いのです。
フリードはそうでもないのですが、グレイスはエンジンを信用していないのかすぐにギヤを下げたがります。
ですから低いギヤでエンジンとモーターのトルクで走ろうとするエコモードが私の性格に合っているのです。
恐らくエコモードではトラクションコントロールが強いのでしょうね…。
インプレッサと違ってグレイスはエンジンが大変にうるさいのでエンジン回転数を上げたくありませんし。

そもそもトラクションに優れるFFでトラクションコントロールいるの?とは思いますが、どんな人間でも安全に走れる機械にする以上は仕方がないのでしょう。
ON-OFFスイッチのような走りをする御仁は多いですから、そういった方には役立っているはずです。


そんな訳で、マトモに走るようになったグレイスのテストドライブ。
今日は福島県へ。
ハイドラ上でニューマウンテン殿と雪国の秋田犬殿を補足しましたがハイタッチならず。

何だかロードスターの大規模オフ会も開かれていたようで、ロードスターと大量にスレ違いました。
嫁もロードスターに興味を持ったようで、上手く説得できれば次はロードスター買えるかな?

写真1

さて、最初の目的地は喜多方ラーメン一平。
会津の方々が度々呟くものですから、気になっていました。
一平のラーメンをようやく口にできましたが、これはリピートするかもしれません。
やはり地元民のブログやつぶやきは有力ですね。

しかし背脂トッピングを「じとじと」って言うんですね…。
ギトギトがなまったのかな?


写真2

次の目的地は東方Project八雲藍の元ネタ、九尾の狐の一部「殺生石」が祀られている殺生石稲荷神社。
昔は水害が多く、その水害は殺生石の祟ではないかと恐れた地元民によって建てられた神社だそうです。

しかし殺生石らしき石はあるものの説明文はなく、随分とあっさりとした神社でした。


写真3

最後はチーズケーキを食べに猪苗代湖畔のTaroカフェへ。
大人気で相当に並びました。
こういうオサレなお店に中々縁がありませんので、少々緊張しましたね。
でもお目当てのチーズケーキも食べれましたし、目的は達成できました。


グレイスに腰痛対策に導入したランバーサポートについて。
これは思っていた以上に効果があります。
硬化したランバーサポートは私の腰骨を持ち上げて支えるような感じで、常に違和感はあります。
でも今回約300キロのドライブで腰痛が発生しませんでした。
今までは100キロ程度のドライブでも腰がじわ~と痛くなる腰痛が発生していたので、確実に効果はあるようです。

1万円近くもしますが、かなり良い買い物でした。
しかしこういった健康グッズは人によって効果がまるで違うので、たまたま私に合っていましたが他の方に合うかは分かりません。
ディーラーでもそう説明されましたし。


そろそろグレイスに乗って5,000Kmになります。
インプレッサから乗り換えてしばらくはクルマをあまり信用することが出来ず、中々上手く操ることが出来ませんでした。
しかしサーキットを走ってからと言うもの、グレイスを信用できるようになり今まで以上に自在に操れるように。
今ではインプレッサとほぼ同等に操れているのではないかなと思います。

やはり、公道では絶対に使えない領域を体験できるサーキット走行で得られるものは大きいですね。
まだまだグレイスを使いこなせている実感は無いので、今後も精進したいです。

新しいスポーツタイヤも買いたいですし。
何だかSタイヤの誘惑が聞こえてきていますが、ひとまずはリアルスポーツタイヤから始めようかなと思います。

まだまだグレイスには色々と足りない部分がありますので、少しずつでも好みの姿に変えていきたいですね。
Posted at 2017/10/15 20:32:31 | コメント(2) | トラックバック(0) | 旅行 | 日記
2017年10月09日 イイね!

越後三十三観音巡り完了

写真1

三連休という事で羽根を伸ばして、道の駅胎内併設の樽ヶ橋遊園に遊びに行ってきたり、色々走り回ってきました。
アルパカの毛はいつでもふわっふわ。


写真2

今日は久しぶりに越後三十三観音巡りへ。
ここは32番礼所宝塔院。
幼稚園併設の、面白いレイアウト。



写真3

そして最後は三条市下田地区にある西明寺。
恐ろしく入り組んだところにありました。

今回で越後三十三観音巡りはおしまいになります。
越後はかなり広いので、南は上越北は胎内市まであちこち走り回りました。
RPGの勇者になった気分ですね。

巡礼の旅と言いつつ、距離的に相当の難易度なので一気巡りする場合には気合が必要です。


写真4


ところでこのお犬様は…。
狛犬?
にしては阿吽の吽しかいないようですが。


写真5

そして西明寺の近所にある八木神社。
大谷ダム建造に伴い、水に埋まった神社をここに集めているそうです。

八木鼻と呼ばれる高さ200メートルの巨石に、ここから登ることも出来ます。


写真6

お昼は長岡市にあるラーメン屋 祥気へ。
新潟では希少な塩ラーメンという事で期待していきましたが、これ旨いですね。
行列ができるのも納得。



越後三十三観音巡りが無事に終わりましたが、次の巡り旅の標的は何にしようかな?と悩んでいます。
ダム湖百選巡りは日帰りで攻め込める場所が限られてきていますし、そこまで行くなら宿を取って攻める気合が必要。
本州はともかく、北海道が難所なんだよなァ…。


レトロ自販機はグンマー帝国を攻め落とせば随分と標的が減りますが、最南端の鹿児島、そして徳島のボンカレー自販機。
鹿児島までは最短で3泊4日はかかるので、本気で行かねば。
北の方は雪の影響か残存数少なく、秋田の男鹿水産が最北端かな?
港という立地的に海風にさらされ機械としての寿命もあまり期待できないため、優先的に攻めたい所。
セリオンリスタと一緒に攻めるのが良いかな。

そもそもグンマー帝国落としが数的に相当に難易度高いのですが。


東方聖地巡りは結構南に集中していますので、宿を取って京都観光しながら攻めるのが良いかな。
最新作東方天空璋の摩多羅神も参拝したいし、京都といえば仕事柄外せないのが電電宮。
電気やコンピュータ、電波の神様が祀ってあるそうです。


三十三観音と言えば山形の最上三十三観音、福島の会津三十三観音も有るな。
残る殺生石も追いかけたいし。


道の駅もどんどん攻めたいね。


何だ、まだまだ目的地は多いじゃないか。
Posted at 2017/10/09 19:34:09 | コメント(5) | トラックバック(0) | 旅行 | 日記
2017年09月24日 イイね!

千葉へ足を伸ばしてみる。(東京ゲームショウ2017)

千葉へ足を伸ばしてみる。(東京ゲームショウ2017)この土曜日は東京ゲームショウへ行ってきました。
グランツーリスモスポーツ欲しいけど、まずプレステ4買わないとな…。

色々な新作ゲームが展示されていて、中々面白い展示会でした。
新しいゲームを見ながら、常に前を向いて突っ走ってきたつもりでも気がついたら歩みが遅くなっているなと気が付きます。
ガンガン前に突き進まなければ、私の思い描く夢までは程遠いのです。
ちょっと、気合い入れ直さないとね。
そんな感じで良い刺激になりました。


なお、本日は24丸昇に少しだけ顔出ししてきました。
フリーならカメダコーヒーまでご一緒したかったのですけどね…。
今回は事情があったので、またの機会ということで。


途中フリードの走行距離が111,111Kmのキリ番でしたが、高速道路走行中なので撮影できず。
こればかりは安全最優先なので仕方ありません。


来週はヒーローしのいサーキットファイナルランという事で、競技用周回路走行してきます。
そのためには最低限ケミカルくらい変えないとな…。
という事で、エンジンオイルとブレーキフルード交換のためにオートバックスへ。
まだDIY整備の準備ができていないため、オートバックスにてエンジンオイルも選択できる一番硬い0W-20に変更。
EDGEだから耐えてくれるはず。

ただ、肝心のブレーキフルードは「ウチでは整備できません」との返事が。
正確には、ハイブリッド用のブレーキシステムになっているために整備手順書を取り寄せなければ作業できないと。
確かにグレイスの名前を何度も確認していたし、グレイスの入庫は珍しいのかもしれない。
一応フィットと同じブレーキ系統だろうけど、万が一違うと色々大変な事になるからこのような返事なのでしょう。

確かに普通ブレーキフルード交換って車検でしかやらないし、経験が少ないのも仕方ないのかな。
とりあえずグレイスには回生システムという補助ブレーキがあるからブレーキの負担が少ないと信じたい。
しかし、インプレッサもそうだけどグレイスのような大衆車でも整備できない場合があるのですね…。

タイヤは純正スポーツタイヤを装着。
ダンロップSP2030は街乗りには適さないけれど剛性とグリップ有るので良い働きをしてくれそうな予感。

まあ、とりあえずコレだけでも走る分には問題ないでしょう。
インプレッサより27馬力もパワーアップしたマシンですので、インプレッサのタイムは超えたい所です。
前回エコタイヤでしたので、タイヤの差で余裕で勝っているはず…と思いたい。
Posted at 2017/09/24 20:11:30 | コメント(3) | トラックバック(0) | 旅行 | 日記
2017年09月17日 イイね!

日本一の芋煮会29

東名高速道路の最高速度を110キロに引き上げるらしいですが、基本的に高速道路は時速90キロで走行車線をダラダラ走る私にはほとんど縁のないお話です。
しかし超長距離移動を行おうと考えた場合には時速10キロの違いがかなりの時間差となりますので、高速道路の上限速を引き上げには大いに賛成です。


今日は台風が来るらしいですが、それでも山形に行きます。
山形では日本一の芋煮会があるので、台風が来たくらいでキャンセルする訳にはいきません。
台風の影響により強風ですのでグレイス出そうと思っていましたが、強風だからこそ子供のドアパンチが怖いのでフリードで出撃です。



山形県内をダラダラと走り、会場付近に有る県庁にクルマを停め、数分歩いて会場へ。
いやね、シャトルバスが県庁から出ているのですが、あまりに大繁盛すぎて乗る気が起きなかったのです。
写真1

会場に到着するとパワーショベルにクレーン…。
工事現場かな?

と思いますが、芋煮用にスペシャルチューニングを施したバックホーでかき混ぜているのだそうで。


写真2

とりあえず整理券を受け取りましたが、しばらく時間がかかるだろうと芋煮会の隣でやっている肉フェスに突撃。
二杯も食べた牛すじ煮込み。
これはうまい。


写真3

他にもカレーパンとか…。


写真4

牛串とか。
全部食べたいところでしたが、芋煮のためにハラをセーブしてあまり食べれませんでした。
お会いした事のある方は私の体格からは想像できないでしょうが、割と少食なのです。


写真5

台風の影響が出始めて雨が降り始めた辺りで芋煮をゲット。
これは…うまい。
新潟から行った甲斐があります。


実はこのイベント知ったのはハイドラで「山形芋煮会」とつぶやいている方々とすれ違ったのがきっかけ。
何のことだ?と調べてみるとこんなイベントが…。
ハイドラ恐るべし。



写真6

エンジンオイルをカストロール・エッジに交換したフリードは大変に静かに滑らかにエンジン回ってくれました。
フリードはもう11万キロのご老体ですし、良いオイルを使ってやりたいです。
EDGEのおかげで無音無振動のエンジンと、大変滑らかで静かな走りのミシュランタイヤ、そして構造上変速ショックのないCVTの組み合わせは最上の移動空間です。
特にCVTとクルーズコントロールの相性は最高ですね。
フリードならばどこまででも行けます。

ところで、16インチタイヤにインチアップしたと言うのにフリードの表示燃費は17.5Km/Lでした。
もしかするとインチアップしているのにカタログ燃費超過しているかもしれません。
ペトロナス・シンティアムでは頑張ってもカタログ燃費超過できなかったので、もしかするとペトロナス・シンティアムよりカストロール・エッジの方がフリードと相性良いのかも?


しかしフリードも来年2月に車検。
あれ?もう9年目?
今回の車検を通過すると10年目突入で、そろそろ13年という数字が具体的になってきました。
10万キロまではピシっとしていたボディも最近はゆるくなってきたと感じますが、エンジンはさすがホンダ。
全然衰えを感じません。
ただ13年超過すると自動車税が上がりますね。
具体的にはフリードは1.5Lなので現在34,500円から、39,600円になるそうです。
本来は道具を長く使う事こそエコロジーのはずなのですが、その真逆の事が発生するとは何ともおかしな事ですね。
と言ってもたかだか5,100円程度の値上げなんですけど。

ただひとつ確信していることがありまして、クルマ好きにとって好きなクルマに乗る事こそが幸せと思うのですよ。
ですから税金では車の乗り換えを考える切っ掛けには弱いですね。
ただライフスタイルも変わるだろうし、その時にはミニバンじゃなくても良くなってるかも。
その時にフリードに代わるチョウドイイ車があったら、乗り換えているかもしれませんが…今のところ、フリードに代わるクルマって新型フリードくらいしか無いですね。
Posted at 2017/09/17 20:26:24 | コメント(0) | トラックバック(0) | 旅行 | 日記
2017年09月03日 イイね!

交通安全フェア 糸魚川クラシックカーレビューへ。

先日の700キロ程度のドライブで腰痛が発生しましたので、グレイスにインプレッサのレガシーであるレカロシートを取り付けようとした所…。
レカロのウェブサイトには適合がありませんでした。
マジか…。
実際の所はどうなのか、問い合わせてみるしかありませんね。
ウェブ上では非正規品で取り付けている方がおられるようですが、できるだけ正規品で取り付けたい所。
無限にフィット用レカロシートが有るけれど、フィットとグレイスはシートレール別なのかな?
インプレッサみたいに共通設計ならイケそうだけど。


今日はフリードにて糸魚川市で行われたイベント「交通安全フェア クラシックカーレビュー」に行ってきました。
毎度盛況で、今回は4万3千人もの観客が来たそうです。
凄いな…。
こういうクラシックカー系のイベントって、やるたびに規模が大きくなるのでガンガン開催してほしいものですが。
とりあえず西会津のクラシックカーショウの話はどうなっているのだろう…。


ともあれ、みんカラの容量では全部を紹介できませんので今回気になったクルマだけ紹介していきます。

写真1

今回の警察車両。
三菱GTO…にしてはスリムに?
いやいや、新潟県警の切り札FD型RX-7になります。
こんなクルマに追いかけられたら逃げ切れません。


写真2

ザ・アメ車。
フォード・マスタング。
でかい。
一度はこういったアメ車に乗ってみたい。


写真3

みんな大好きシトロエンDS。
ハイテク満載。


写真4

フィアット500。
排気音の「ペペペペペ…」という音が大好き。

一度イタリア車に乗ってみたい。


写真5

パワーなら彼にお任せ。
シェルビー・コブラ427。
427って事は約7Lのエンジンかな?


写真6

今回の展示車もこれまた豪華。
ランチア・ストラトスラリーカー。
日産R86V。
カストロールスカイライン。
今回はエンジンサウンドを聞くことも出来ました。


正直な話フィアットでさえ故障が怖くて手が出せなかったのですが、いつかはこういった妥協のないクルマ選びをしたいなと思うのでした。

何度か来ているうちに車の名前が何となく分かるようになってきました。
進歩かな?
しかし人生の目標であるロールスロイス・シルヴァーゴーストは残念ながら不参加のようでした。

来年もまた行きたいですね。
Posted at 2017/09/03 21:39:41 | コメント(1) | トラックバック(0) | 旅行 | 日記

プロフィール

「@Sorugan 山岳走行もしますので、早めの交換で損は無いいかなと。元々減りにくいですし、減ったら新しい銘柄試せますし。」
何シテル?   10/19 07:04
ドライブが好きで、ふらりふらりとあちこちに出かけています。 特にダムや道の駅といった単語に反応します。 最近はレトロ自販機もちらほらと。 ケー...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

お友達

色々とクルマの話をしましょう。
ただ、一度も交流が無いのにいきなりの申請はお断りします。
40 人のお友達がいます
buttuki(ぶっきー)buttuki(ぶっきー) * marumaru23marumaru23 *
ともすばともすば * daytonaのAO木daytonaのAO木
ぱしぱし まうんとすぎ(通称すぎさん)まうんとすぎ(通称すぎさん)

ファン

22 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ グレイスハイブリッド ホンダ グレイスハイブリッド
人生初のハイブリッドカー。 モーターアシストとデュアルクラッチ式オートマを絶滅危惧種の5 ...
ホンダ フリード フリードリヒ (ホンダ フリード)
家族用に購入したミニバン。 色々な競合と比較するまでもなく、先行カタログの時点で購入を半 ...
ホンダ ゼスト ホンダ ゼスト
完全に短距離のみを走るために導入。 軽乗用車なのにタコメーターが付いているとかヤル気満々 ...
スバル インプレッサ アネシス スバル インプレッサ アネシス
小細工に頼らず、基本性能をしっかりと作り込む事により安全性と運転の楽しみを追求する、今の ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.