• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ペンタゴン7のブログ一覧

2014年09月29日 イイね!

Valvoline SynProtection 5W-20(SN)

Valvoline SynProtection 5W-20(SN)何だか久しぶりにチャレンジャーなオイルを買った気がする。
って事で、今回はバルボリン・シンプロテクションSNとなります。
どうも表示を見る限り兼松ケミカルが製造してパルスターが流通させてるっぽいですが、真偽は不明。


フリードはどうも20番オイルのほうが相性良い模様。
CVTなので低回転でのフリクション低減が重要なのでしょう。
ホンダは今や規格外の低粘度オイルのウルトラグリーンを超えた低粘度オイル、ウルトラネクストが主流ですからね。
規格外の低粘度オイルでは保護性能に不安があるけど、知人のインサイトはずっとウルトラグリーンで10万キロ超えているから保護性能は問題なさそう。
そういえばアクア用には0W-16のトヨタ・キヤッスルが指定されていますね。

一回フリードにフルエステルの5W-30入れた事がありますが、それよりもフルPAOの0W-20オイルの方が相性良かった。
最近のホンダエンジンは、低粘度オイルが相性良いのですな。
一回ウルトラゴールドでブン回してみたい気持ちもありますが(笑


逆に高回転まで回すインプレッサでは、20番オイルでは高回転時にパワー出ないんですよね。
回ってるだけでかったるいというか、踏み込んでもパワー出ない。
5,000rpmからの「良し!来た来た!」って感じのパワーの盛り上がりが希薄。

かといって40番や50番のオイルは回せばパワー出るんだけど低回転がもっさりしているから、日常使用にはちょっと…。
という事で低回転と高回転のバランスを取って、インプレッサには現在30番を使用している次第です。


とりあえず、このオイルはフリード専用。
次はいつの交換になるのやら?
Posted at 2014/09/29 16:18:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | オイル | 日記
2014年09月28日 イイね!

インプレッサのスタッドレスタイヤ到着

インプレッサのスタッドレスタイヤ到着インプレッサのスタッドレスタイヤが到着しました。
相変わらずのピレリ・アイスコントロール195/65R15になります。
超を付けて良い程の一流メーカーですし、もうインプレッサセダンの頃からスタッドレスタイヤはずっとピレリ。
新潟の気候に合っているウインター性能に、抜群のドライ性能とウェット性能。
グニャグニャしていない、しっかりとしたハンドリングは特筆すべきポイント。

ピレリ・アイスアシンメトリコという選択肢もあったのですが、あちらはスノーよりもアイス寄りの模様。
新潟の雪ですぐスタックしそうなので、変わらずアイスコントロールを選択です。


これで何セット目のピレリタイヤなのか、そろそろ分からなくなってきた。
結局他銘柄が気になってもピレリを選ぶんですね。
Posted at 2014/09/28 18:54:24 | コメント(1) | トラックバック(0) | インプレッサ | 日記
2014年09月28日 イイね!

道の駅 朝日

道の駅 朝日今日は道の駅 朝日に行ってきました。
自宅から往復250キロ程度の小旅行。

最近パーキングエリアや道の駅が色々な営業努力をしているので、どの道の駅でも見所がありますね。



そう言えば、岐路でSorugan氏が先日発見したジェット機とスレ違いました!
思わず変な声が出ましたよ(笑
すれ違いだったので写真に取れず、残念!
Posted at 2014/09/28 18:50:58 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2014年09月20日 イイね!

隔壁の存在とその効果

私のインプレッサアネシス、セダンなのにリヤシートが倒れるので積載能力に不満がありません。
これこそGD型から乗り換えて良かったと思っている最大のポイント。

今日はフリードのタイヤが組み上がったのでアネシスで取りに行ったのですが、帰り道でちょっとした違いを感じました。
走っていて「あれ、窓開けてる?」と思うほど外部ノイズが入ってくるのですよ。
タイヤを積むためにリヤシートを倒しているからなのですが、思いの外トランクルームからノイズが入ってきているようです。
その後、タイヤを下ろしてリヤシートを起こすとノイズは元に戻りました。


元々エンジンが動いているかどうか良く分からないほど静粛性が高いクルマなのであまり気にしていなかったのですが、トランクルームって思いの外ノイズが入ってきているんですね。
もしかすると、ワゴンタイプのクルマの場合はこのトランクルームからのノイズが常時聞こえている事になるのか?

やっぱりセダンって一般的に言われるように、基本的にワゴンより静粛性が高いようで、インプレッサと比べるとフリードのロードノイズが大きいのは、このへんに要因がありそう。

とすると、ワゴンタイプのクルマのノイズ対策としてトノカバーは大いに効果がありそうだな~。
なんて事を考えながら走っていました。


ところで、平均燃費表示が13.1Km/Lと非常に良好です。
最近は12.0Kmを超えることが滅多に無かったので、ちょっとビックリ。
やっぱりエアコンの負荷が大きいのか…。
最初の燃費記録を見るとはそんな事無いのだけれど、エアコンも何か整備が必要なのかな?
Posted at 2014/09/20 19:33:32 | コメント(3) | トラックバック(0) | インプレッサ | 日記
2014年09月14日 イイね!

鉄ホイールも意外と凄い。

良く鉄ホイールはアルミホイールより重いと言われますが、一概にそうとも言えないのです。

-------------------------------------------------
ホンダ・お客様相談センター
ホイールの重量を教えて。

1本あたりの重量は以下の通りです。
・14インチ スチール:7.1kg
・15インチ スチール:7.9kg
・15インチ アルミ:8.3kg
http://customer.honda.co.jp/faq2/userqa.do?user=customer&faq=faq_auto&id=30236&parent=30026
-------------------------------------------------

これはフリードのアルミホイールが肉厚で面積も大きい、いかにも重そうなホイールだからですが、アルミホイールでも鉄ホイールより重い場合もあるんです。
もちろん鉄ホイールのほうが軽い場合ってのはレアケースで、基本的にアルミホイールのほうが軽く仕上がっている場合が多いです。
例えば私の使用しているスバル純正15インチアルミホイールは6.7Kg/本で、同じ15インチのフリード用鉄ホイールよりも軽量です。


鉄ホイールも生の鉄や鋼で作っているわけではなくてハイテン(高張力鋼板)などの先進素材を惜しみなく使っています。
トピー工業「世界初の980MPa級高張力鋼板を採用した軽量化スチールホイールを開発」
http://www.topy.co.jp/release/200911/entry364.html

この記事のスチールホイールは、従来のスチールホイールに対し約20%軽量化されているとの事で、10Kgのホイールが8Kgになれば相当な軽量化ですよね。
鉄は弾性がアルミに比べて非常に強いので、多少肉薄でも対衝撃強度を確保しやすい利点があります。


ホイールに限らず自動車部品で勘違いしやすい事ですが、軽ければ良いのかと言うとそうではなく、軽く作ると今度は耐久性が問題になってしまう事。
恐らくフリードのホイールはセダンやコンパクトカーに比べて大きな重量を運ぶ機会が多いことを想定して、頑丈に作ってあるのでしょう。
ですからフリードのホイールが重いので性能が低いかといえば、そんな事はないのです。

一つの性能だけ求めるわけにいかないのは、自動車部品の難しいところですね。
Posted at 2014/09/14 09:10:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | タイヤ・ホイール | 日記

プロフィール

「なんとなくグレイスのシフトチェンジ条件が分かってきた。こういう場合にはキックダウンするな…とか。自分の思い通りに走らせるのではなく、クルマに合わせてドライブすれば不満は少なくなるんだな。」
何シテル?   11/25 09:06
ドライブが好きで、ふらりふらりとあちこちに出かけています。 特にダムや道の駅といった単語に反応します。 最近はレトロ自販機もちらほらと。 ケー...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/9 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

お友達

色々とクルマの話をしましょう。
ただ、一度も交流が無いのにいきなりの申請はお断りします。
40 人のお友達がいます
ニューマウンテンニューマウンテン * ともすばともすば *
モモトトモモトト * 中2の夏休み中2の夏休み
nao0218nao0218 青黄@HC青黄@HC

ファン

22 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ グレイスハイブリッド ホンダ グレイスハイブリッド
人生初のハイブリッドカー。 モーターアシストとデュアルクラッチ式オートマを絶滅危惧種の5 ...
ホンダ フリード フリードリヒ (ホンダ フリード)
家族用に購入したミニバン。 色々な競合と比較するまでもなく、先行カタログの時点で購入を半 ...
ホンダ ゼスト ホンダ ゼスト
完全に短距離のみを走るために導入。 軽乗用車なのにタコメーターが付いているとかヤル気満々 ...
スバル インプレッサ アネシス スバル インプレッサ アネシス
小細工に頼らず、基本性能をしっかりと作り込む事により安全性と運転の楽しみを追求する、今の ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.