• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ペンタゴン7のブログ一覧

2015年04月30日 イイね!

リアグリップの大切さ

インプレッサのリアが頻繁にスライドするようになったのと、リアタイヤがロックしやすいので、リアタイヤをLS2000からCINTURATO P4 FSに変更して走っています。
現在のタイヤグリップバランスは、前<後。

この状態で数日走っている訳ですが、ずいぶん調子が良い。
ブレーキングでリアタイヤがロックしにくくなり、フロントからスキールが聞こえるようになりました。
むしろこれが普通じゃないのか。


インプレッサの標準ブレーキって、前輪に14インチベンチレーテッドディスク、リアに14インチドラムブレーキが搭載されてます。
だからリアブレーキが強力すぎてリアタイヤが先にロックするんじゃないのかな…。

これが前後ディスクなら同じサイズでいいと思うんだけど、リアが強力なドラムなんだからフロントブレーキは15インチでもいいんじゃないの?
車重を考えれば、フロントブレーキは16インチでも良い気がする。


とりあえず応急処置でタイヤ銘柄で対応しているけど、前後同じタイヤ銘柄で良いようにメカ的に対応しないと。
具体的にはフロントブレーキの強化。


あと、リアタイヤの剛性が上がった影響でコーナリングのホイールスピンも減りました。
リヤの剛性も大事だね。
Posted at 2015/04/30 18:42:41 | コメント(2) | トラックバック(0) | インプレッサ | 日記
2015年04月29日 イイね!

5月のオイルを物色

5月のオイルを物色フリードに入れたペトロナスオイルが非常に調子良く、ピレリタイヤの滑らかさと合わせてまるで道路の上を滑っているかのように滑らかに走ります。
実にイイ。
同じピレリタイヤでも、ピレリ・チントゥラートP1ヴェルデの直進安定性がウインタータイヤより良いのは、ホイールオフセットを+50から+53に変更して3mm内側に入れたのも効果があるはず。
今のフリードは実に調子が良いです。


今日はそんな調子の良いフリードでインプレッサに投入するオイルを物色しに、オートアールズに。
以前使用してフィーリングが良くロングライフだったアールズセレクトパーフェクトがセール価格でしたので、手に取ろうとすると…。
モリドライブオイルがセール中。

どれどれ?どんなん?
遠目ではモリドライブ・プラスっぽいが…。
モリドライブ・バリュープラスでした。
バリュープラスに5W-30なんてあったっけ。

と思いつつモリドライブのウェブサイトを見てみると…。
モリドライブ・バリュープラス 5W-30(SN):http://www.rootsangyo.co.jp/oil/valueplus.html
ちゃんとあるのね。


隣に置いてあったモリドライブ添加剤「モリドライブ・クリーン」もゲット。
バリュープラスと一緒に入れてみよう。
どうも、モリドライブ最初の商品らしい。


モリドライブのオイルは鉱物油でも滑らかで、ロングライフの中々良い商品が揃っています。
難点としては新潟ではペール缶を入手困難な事。
モリドライブ・スペシャル 10W-30(SL)のペール缶があるのは知っているのですが、どこに置いてあるのやら…。
置いてあったら買うんですけどね。
理想としてはモリドライブ・プラスのペール缶作ってくれないかなァ。


とりあえず、5月はこのモリドライブ・バリュープラスをインプレッサに使用しましょう。
Posted at 2015/04/29 17:31:25 | コメント(1) | トラックバック(0) | オイル | 日記
2015年04月26日 イイね!

フリードのエンジンオイル交換

この連休中はフリードで長距離を走る予定が多いので、ホンダディーラーでエンジンオイルを交換してきました。
銘柄はマレーシアの石油大手、ペトロナス・シンティアム5000 0W-20(SN)になります。
請求書を見ると6,600円…って、8,000円じゃないの?と思ったら、3.3L分の値段でした。納得。

写真1

ピットは適度に混んでいたので、オイル交換まで30分。
それならば、というかこれがホンダディーラーに来た本来の目的…。
写真2

S660試乗に繰り出しましょうか?
試乗車空いてる?と聞いたら、「今なら大丈夫ですよ」との事で、さっそく試乗!


写真3

走り最重視の内装がイイね。
飾りとか室内広さとかいらんのですよ。
走る車に余計なものは不要!

さっそく乗り込んd「ドスン」
落ちた!落ちたよ!
あまりに座席が低すぎて、尻もちつきました。

次にルーフを取り付けて座ってみる事にs「ゴッ」
後頭部ぶつけました。

ルーフに頭がぶつかって乗れません!(身長175cm)
姿勢を変えても乗れないとは、何という事だ…。
営業「常時オープンで乗るしかないですね」ってオイw
新潟の大雪っていうか吹雪の中、もっこもこに着込んだレディがオープンで走り去る姿を見ましたが、新潟で乗るという事はそこまでの覚悟をしなくてはいけないのかw


という事で物理的にS660には乗れませんでした…。
日本人らしい胴長短足だからね。仕方ないね。

営業は「噂のS1000ならばもう少し余裕あるかと…」と言ってましたが、S1000は出るのか?
でもS660が今日注文しても来年納車という人気っぷりだから、なんだかS1000も期待できそう?


写真4

仕方ないので展示車のステップワゴンを物色。
最大トルク発生回転数1,600rpmという夢のVTECターボを搭載。


写真5

噂のわくわくゲート。
リアドアをガバァ。
なるほど。テールゲートの中にドアがあるのね。
フラットな3列目と合わせて、6人乗車なら後ろから乗り込めるのか。


写真7

サンシェード装備。
これは地味にうれしい。

ウチのミニバンはフリードに20万キロ頑張ってもらったら普通のクルマにする予定だから、ミニバンはフリードだけで終わる予定。
けれど、相変わらずステップワゴンはミニバンとして良いクルマと思う。
何よりVTECターボという男のロマンを実装してくれたのは嬉しい。
1600rpmから最大トルクっていう、凄い特性のエンジンも一度体感してみたいね。




写真8

S660に乗れなかったので、セダン乗りとして非常に気になっていたグレイスの試乗。
まあフィットセダンなんですが。

内装は、パーキングブレーキがレバー式サイドブレーキってのが良く分かってる。
パドルシフトによるマニュアルモードもあるので、下り坂でブレーキランプをエンドレス点灯させる必要もなさそう。

結局内装には大して興味ないので、次!(笑


乗り味はまさにホンダ。
限界コーナリングとかは短い試乗では試せないけれど、ビシっと芯の通った乗り心地で、落ち着いたハンドリング。
スバルよりも段差などを「パシッパシッ」と感じる。
フリードの電動パワーステアリングにも不満はないけれど、グレイスのハンドリングもイイね。
逆に、トヨタセダンの終始ふわふわした落ち着かない乗り味が好きな方には一切向かない。

比較するとスバルはコシがあるというかもう少しソフトなのにきちんとスポーティで、ボディやサスペンションの煮詰めはスバルに分があるなと感じます。


パワーやフルブレーキ性能は片道数キロ程度の試乗じゃ分からないけど、加速も減速も割と思い通りで使いやすい。
フィットセダンという事でフィットのガックンガックンするブレーキを思い出してしまうけれど、ブレーキに関しては少し初期制動が強いながらもきちんとコントロールできる。
これはイイんじゃないかな。
もしかしてフィットのガックンガックンブレーキも少しはマトモになったのかな?

走ってみると凄く静かで、なおかつパワーもある。
やっぱりホンダエンジンは良い。


気になるハイブリッドシステムは、プリウスやフリードハイブリッドが意図的につけたんじゃないのと思えるほど不自然だったのに対して、とてもリニアで滑らか。
何だ、ちゃんとこういう制御できるんじゃないか。
最初からこうやってくれよ。

噂の7速DCTはCVTかと思うくらいに滑らか。
ハイブリッドシステムの相性もとても良くて、運転していて主導でシフトチェンジする必要性を感じなかった。
もっとガックンガックンする変速を期待していたので、あまりに滑らかな変速に拍子抜け(笑)

でもシフトレバーは謎の近未来スタイルを捨てて普通のL字もしくはI(アイ)字型にしてくれないかな。
この近未来シフトパターンは誰が得するの?
普通のシフトパターンにしてくれよ。
一目でサッと使えて、なおかつだれでも使いやすいのが工業デザインだと思うんだが。

しかし結局、シフトプログラムが凄く頭良いのでパドルシフトが必要だと思う場面はありませんでした。


ただ、リアシートの居住性がちょっと難有り。
頭をガラスにゴンゴンぶつけます。
スポーツセダンのインプレッサのほうが後部座席は広いから、人を乗せるときは要確認。


なんだかんだで良い印象を受けたグレイス。
何よりも5ナンバーっていう最大の魅力がそこにはある。
一日乗り回して、細かいポイントも試してみたい気分になりましたよ。
Posted at 2015/04/26 12:07:30 | コメント(3) | トラックバック(0) | 点検・整備 | 日記
2015年04月22日 イイね!

お山へ行ってきた

写真1

今日は天気も良いので、お山に行ってきました。


写真2

場所は新潟県の大谷ダム。
アピール情報館がリニューアルされたそうですので、ダム巡りの起点にイイかなと。


写真3

このダム、一度あふれかけているんですよ…。
ダムが無かったらもっと被害が拡大していたとか、恐ろしい話です。


写真4

そのダムも、平時はこんなに綺麗。
久しぶりに何もない自然の中をプラプラ歩いてきました。

良いリフレッシュになったので、また明日から頑張りましょうかね。



写真5

うん?家に帰るとこんなものが?
Posted at 2015/04/22 13:37:50 | コメント(2) | トラックバック(0) | 旅行 | 日記
2015年04月18日 イイね!

インプレッサのタイヤ交換

インプレッサのタイヤ交換インプレッサのタイヤを交換しました。
別にグッドイヤーLS2000HB2に不満があったわけでも不安がある訳でもなく、単純に比較するためです。
気分でエンジンオイルを交換するように、気分でタイヤを交換するのです。

旭テックホイールはブレーキが小さく見えるな…。


ピレリタイヤはサイドがムッチリしていますね。
私としてはサイドがシュッと切り立ったタイヤより、このようにむっちりしている方が好みです。
欲を言えば15インチタイヤが良いのですが、性能で16インチを選んでいるのですよ。
もしくはスポーツタイヤなら15インチでも大丈夫なのかも知れませんが。
NAインプレッサはエンジン出力によってタイヤサイズに制約があるので、無暗矢鱈にタイヤとブレーキをデカくできないのが悩みどころ。

いっそのことEJ20ターボ乗せるか?(ヤメレ
いや、正統派EL15メカチューン?(違
EL15にEJ25 STIのパーツ組込んで、バランス取りして、バルブ回りもEJ25移植してAVCSをデュアル化して、適切なロムを組むと面白い事になりそう。
特にクランクシャフトとコンロッドの強化は効きそうです。
うん?これってピストンヘッドとエンジンブロック以外総取り替えじゃないか?

ただし、コレやると中古のインプレッサWRX STIが余裕で買える金額になりますが。
NAインプレッサを強化しようと考えると、結局そうなっちゃうんですよね…。
インプレッサWRX STIはメーカー保証もついてくるし、そちらの方が賢い選択。
私は頭が悪いので賢い選択肢を取りませんけどね?(笑

そもそも、NAインプレッサに乗っている理由がいつでも踏み込めるからであって、結局ハイパワー車に乗ったらそれはそれで不満が出そう。
結局、私にとっては今のままNAインプレッサに乗るのが最良なのでしょう。


そんなことを考えながら朝のお使いしてきましたが、ブン回すとやっぱり楽しいね。
今のままのパワーでいいじゃないか。
むしろエンジンパワーよりも1速と2速が離れすぎている今のTM75ミッションをクロス化できればもっと楽しめそう。
そっちの方がエンジンメカチューンより安いしね。

タイヤはドッシリ感が増してイイ感じ。
やはり私にはピレリが合っているのかな?

ただ、やっぱり16インチ鋳造ホイールではノッキングする。
去年気が付いた事だけど、まさかタイヤホイール重量もノッキングの条件だったとはね…。
今となっては原因が分かっているので、ノッキングしたからどうという事はありませんが。
良し。ハイオク入れよう。


BBSホイールを洗っていたら既に鉄粉焼き付きが・・・。
結局落ちなかったけど、見なかった事にしよう。
Posted at 2015/04/18 09:12:26 | コメント(2) | トラックバック(0) | インプレッサ | 日記

プロフィール

「@中2の夏休み ども~、お久しぶりです。丸昇は明日立ち寄ります。ただすぐに新潟へ出発する事になります。」
何シテル?   09/23 17:46
ドライブが好きで、ふらりふらりとあちこちに出かけています。 特にダムや道の駅といった単語に反応します。 最近はレトロ自販機もちらほらと。 ケー...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/4 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

お友達

色々とクルマの話をしましょう。
ただ、一度も交流が無いのにいきなりの申請はお断りします。
40 人のお友達がいます
marumaru23marumaru23 * 中2の夏休み中2の夏休み *
坂道多すぎ坂道多すぎ * @kyo@@kyo@
ともすばともすば ニューマウンテンニューマウンテン

ファン

21 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ グレイスハイブリッド ホンダ グレイスハイブリッド
人生初のハイブリッドカー。 モーターアシストとデュアルクラッチ式オートマを絶滅危惧種の5 ...
ホンダ フリード フリードリヒ (ホンダ フリード)
家族用に購入したミニバン。 色々な競合と比較するまでもなく、先行カタログの時点で購入を半 ...
ホンダ ゼスト ホンダ ゼスト
完全に短距離のみを走るために導入。 軽乗用車なのにタコメーターが付いているとかヤル気満々 ...
スバル インプレッサ アネシス スバル インプレッサ アネシス
小細工に頼らず、基本性能をしっかりと作り込む事により安全性と運転の楽しみを追求する、今の ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.