• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ペンタゴン7のブログ一覧

2016年04月30日 イイね!

山形県道の駅巡り

写真1

聞く所によると山形県にトルコアイスを売っている道の駅があるらしい。
実は実物を食べたことが無いのでドライブの目的に丁度良いよね!という事で今回は山形県へ突撃。
目的地は道の駅寒河江!


写真2

新潟から山形県に行くには高速道路はほとんど使えません。
一般道でダラダラ走ります。

国道113は整備されていて走りやすく、流れも良いですね。
流れが良いというかみなさん速い。
そんなに急いでどこ行くんですかね。

無事に道の駅寒河江に着いたというのにトルコアイスの写真撮り忘れるっていうね。
チャイ味選びましたが、中々おいしい。


写真3

帰路に立ち寄った道の駅あさひまち。
面白い形しているな?と思いながら買い物をして、二階にギャラリーがあるらしいので登ってみると…。


写真4

不思議な形はこういう意味か!
なるほど、リンゴが売りだから上から見ると建屋がリンゴに見えるのか。


写真5

そのままR287を走っていると、コイノボリを発見。
そこは道の駅・最上川あゆとぴあでした。


写真6

たくさんのコイノボリ。
どうもここは日本最大のやな場らしい。


写真7

焼いているのが美味そうだった豆腐田楽。
豆腐に味噌をつけて焼いただけなんですが、これはうまい。


写真8

ハラが減ったので適当に立ち寄ったラーメン屋で出てきたのは…。
・・・!?
泡立っていたりロースト肉が乗っていたりケイオス極まりない、いかにもゲテモノの気配がするラーメンでしたが、中身は普通の魚粉系ラーメンでした。
うまいけど、脳が混乱しますねw



このドライブ、エンジンオイルのバルボリン・プレミアムが黒子として大変に頑張ってくれました。
オイルの存在を意識しないというか、エンジンの存在が頭の中から消えるというか、不思議な感じのオイルです。
今回は大型連休中だけあってノロノロ運転で我が道を行く方や日頃運転などしていないであろう方が混在するケイオスな道路で、60キロキープが無理な場面が多く5速が使えず4速に入れたり3速に入れたり。
でもエンジンが静かで滑らかだからギヤ落としていてもそのまま走っていいかと思えたりする。
まるでトヨタ・キヤッスルみたい…と思ったら、バルボリン・プレミアムはフォード、クライスラー、GMの純正オイルなんですね。
アメリカビッグスリー版のキヤッスルかと思うと、妙に納得しました。
やはりアメリカのビッグスリーも良いオイル使ってるんですね~。



そしてインプレッサが17インチタイヤに履き替えてから一番の燃費、リッター16.74Kmを達成しました。
私は燃費を気にしてますが、何も絶対燃費を気にしているわけではありません。
絶対燃費を気にするのであればハイブリッドカー買いますから。

何と言うのでしょう、燃費ってスコアを競うゲームみたいだなと思うんですよ。
よりハイスコアが出せれば嬉しいじゃないですか。
もちろん通常の運転のように周囲を警戒したり気遣ったりして運転するのは当たり前ですし、そこにシビアなアクセルワークが加わるので、燃費運転って難しいです。
だからこそスコアが良いと嬉しいんですね(笑


山形の道の駅巡り、なかなか楽しいドライブでした。
Posted at 2016/04/30 22:37:12 | コメント(4) | トラックバック(0) | 旅行 | 日記
2016年04月29日 イイね!

予定変更につき。

予定変更につき。先週はせっかくの休みの半分が消滅して半日しか休めなかったので体力的にヤバかったのですが、なんとか乗り切りました。
しかしまだ疲れが残っているので無理は禁物。
予定が一つ消えますが、安全のために仕方ありません。


そこで今日は物資補給のために近所をうろうろ。
とりあえず今月の買い物をして、日常点検をして今日の所はおしまい。
明日に備えるとします。

新しくスマホホルダーも装備して、ハイドラの準備も万端。


フリードで走りながら思ったのが、やっぱり同じピレリでもCINTURATO P1の方が静かって事。
むしろノイズの大きいパワジーの方が本来のピレリらしく、静かなCINTURATO P1がピレリらしくないのですが。

あとインプレッサが私の望む方向と外れてきているという事。
フリードはブレーキもアクセルもなるべく踏まず、流れるように走ると大変にスムーズでヒラリヒラリと走れます。
インプレッサにも似たような特性を求めているのですが、今のインプレッサは高い剛性でグイグイ走る方向に向かっています。
これは私の望む方向とは反対の方向。
17インチは挙動がシャープで、少し神経を使うようになってしまっています。
リラックスして走るには多少のタイヤのたわみが必要なのかな。
という事でインプレッサの17インチタイヤは今のパワジーでおしまい。
インプレッサのタイヤは16インチに落としましょう。
本当は14インチくらいにしたいけど、195/70R14なんてバンタイヤしかないです。
今は軽乗用車ですら純正で16インチ履く時代ですからね…。
そもそも私のインプレッサに16インチ以下のホイール、ブレーキに干渉して履けないし。

という事で鍛造ホイールを探していますが、新しく発見した中古自動車用品店で上物のホイールを2セットも発見。
危なく買ってしまうところでしたが、改造よりも整備が先なので今回は見逃します。


フリードももしかしたら16インチにアップする事で私の望む方向からズレるかもしれないので、そうなったら再び15インチに戻しましょう。
インプレッサと違ってブレーキ純正のままだから14インチまで履けるし。
乗り手の感性に合うかどうかは、本当にやってみなければわかりません。
だからこそ改造、チューニングは面白いのですけどね。

フリードの改造と言えばサスペンションのリフレッシュとかエアロパーツとか課題山積みなんですが。


とりあえず心置きなくホイールを買えるように、フリードのサスペンションパーツを発注してきました。
安心して走るには改造よりも整備が大事。
しっかりメンテナンスしていきます。
Posted at 2016/04/29 20:59:27 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2016年04月24日 イイね!

ようやくの弥彦登山

今日はせっかくの休みなのに業者の不手際で午前中からお仕事が…。
勘弁してくれ…。

写真1

しかし用事まで時間があるので黄色くなってきているインプレッサを、アストラルイエローにペイントするのも良いかもしれないなと思いつつ洗車。


写真2

黄色くなってきているフリードも洗車。
農繁期に差し掛かるので道路の泥でも汚れます。
これからは毎週洗車ですな。


写真3

用事が終わったのは予定よりも3時間も遅く、田子倉ダムへ行く時間は無いものの弥彦スカイラインなら何とか…?
という事で弥彦スカイラインヒルクライム。

と言っても、全然攻めて走りません。
速く走ったところですぐつっかえて面白くないのは火を見るより明らかですので、ゆっくりとカーブを楽しみながらヒルクライム。
インプレッサとハイグリップタイヤの組み合わせは速く走らなくても楽しい。

道中水温がぐんぐん上昇していきましたが、97度で打ち止め。
スローペースなので水温上昇が抑えられたか?

その後オイルの劣化は感じられませんので、やはりインプレッサでオイルが致命的な劣化を始めるボーダーラインは水温100度なのかもしれません。


写真4

その後は弥彦パノラマタワーで景色を楽しみます。
新潟に30年近く住むけど、パノラマタワーは初体験だったりする。

でも何だか間瀬側の道路は通行止めでした。
何かあったのかな?
弥彦スカイラインの間瀬側はキツいヘアピンが続く難所で、時折ハードラックとダンスっちまった方やタイヤ痕が見受けられるので、安全のために閉鎖されたのかも。


しかし写真3と写真4は新しいケータイで撮った写真なのですが、画質悪い。
しかも画質が悪いだけじゃなくて勝手に明るさ補正とかするからマトモな写真が撮れやしない。
やっぱりカメラは忘れてはいけませんね…。
Posted at 2016/04/24 21:10:29 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2016年04月17日 イイね!

赤城山クローネンベルクへ

写真1

今日はお隣の群馬県へ。
道中国道353を利用するので、レトロ自販機スポットのオレンジ353で休憩。
今日は自販機うどんを一杯。


写真2

今日の目的地は赤城山のふもとにあるクローネンベルク。
前回の道の駅川場田園プラザのウインナーが家族に好評だったので、家族をウインナーで釣る作戦です。


写真3

こういう郷土色を出した施設って割と過疎っている場合が多いのですが、ここはずいぶんと繁盛していました。
大型バスが何台も来るし、人が多い。
この時計台だって雰囲気出ていますし、良い感じ。


写真4

ドイツの街をイメージしているのでビールとウインナーには事欠きません。
屋台が何個もあり、何回かウインナーを買ってモグモグしていました。



写真5

そしてゴーカートも。
息子がやりたいというので乗らせてみましたが、ずいぶんとインを攻めるドライビングでした。

その後、奥にある動物コーナーでヤギやアヒルたちに餌やり。
動物たちはもう慣れたもので、自販機の前に立つとアヒルやヤギが寄ってきます。
アヒルに囲まれるのも悪くない…かな。


写真6

その後はせっかく赤城山のふもとまで来たので赤城山を登る事に。
このタイヤ跡は私じゃないですw


写真7

前回20番オイルで100度越えたので慎重に登りましたが…やっぱり水温100度越えたよ!
ただ流石モチュールオイルと言うか、これでもフィーリング変わらず。
前回20番で今回30番という事もあるけれど、やっぱり本物の化学合成オイルは違う。

しかし私のローカルルール発動で結局オイル交換なのですが。


写真8

群馬と言えば焼きまんじゅう。
このボリュームで400円。
実際安い。


今日は高速道路を使用しましたが、新潟に入ると暴風でみんなフラフラ。
時速80キロよりもう少し速度を載せたほうが強い横風の中でも安定しているあたり、ウイングのダウンフォースは効いているのかもしれない。
強風と赤城山のおかげでリッター13しか走らなかったけど、お天道様には勝てません。
こうなるとフロントダウンフォースが欲しいな…。


家族の評判は大変に良く「また行きたい」との事でしたので、川場田園プラザとともにまた行くかもしれません。
新潟抜けるまでに100キロ以上走るけどね!
Posted at 2016/04/17 19:12:49 | コメント(5) | トラックバック(0) | 旅行 | 日記
2016年04月10日 イイね!

改造もいいけど整備もね。

改造もいいけど整備もね。フリード君にも発生している低温時のカチカチ音対策でプレストン・ガストリートメントを投入しました。
フリードもカーボンが原因のノイズなら改善してくれるはず。


フリード君の直進安定性を改善しようと色々と目論んでいると根本的な所に気が付きました。
最近なブーツの破れなどが発生しているフリード君ですが、ゴム部品の劣化が始まっているんじゃないのか?
もう8年目になるしゴム部品のブッシュが劣化しているはず。
最初のころは直進安定性良かったしピレリタイヤにしてからビシッとまっすぐ走っていた。
サスペンションノーマルのフリード乗りの方から直進安定性に関しての不満もあまり聞かない。
という事は、ブッシュの劣化で直進安定性が落ちているのでは?

という事でホンダで作戦会議。
結果、まずはフロントロアアームからリフレッシュしようと。
しかしここで問題発生。
いや問題と言うほどの問題でもないのですが、なんとロアアームのブッシュは単品で存在しません。
ロアアームASSYという形で、ブッシュとロアアームが一体化した部品として存在しているんですね。
マジですか…。
ここでスバルに慣れた身としてはアルミロアアーム無い?と思いますがホンダには無い模様。
こればかりは運動性能求めるクルマじゃないんで仕方ありません。
ついでにトーも調整するので、トーインにしてもらおう。

フロントの対応が終わったら次はリアのリフレッシュを計画中。
最終的には来年にでもサスペンションダンパーとスプリングのリフレッシュをしようかなと。
7年も頑張ってくれたんだし、多少の整備は必要ですよね。


しかしまさかのロアアーム本体追加で当初予定していた予算をちょっとオーバーしたので、しばし延期になってしまいました…。
Posted at 2016/04/10 19:12:02 | コメント(1) | トラックバック(0) | フリード | 日記

プロフィール

ドライブが好きで、ふらりふらりとあちこちに出かけています。 特にダムや道の駅といった単語に反応します。 最近はレトロ自販機もちらほらと。 ケー...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/4 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

お友達

色々とクルマの話をしましょう。
ただ、一度も交流が無いのにいきなりの申請はお断りします。
39 人のお友達がいます
カブ色(リーガルグリーン)カブ色(リーガルグリーン) * 中2の夏休み中2の夏休み
坂道多すぎ坂道多すぎ あかせんあかせん
波丸波丸 アティクアティク

ファン

21 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ グレイスハイブリッド ホンダ グレイスハイブリッド
人生初のハイブリッドカー。 モーターアシストとデュアルクラッチ式オートマを絶滅危惧種の5 ...
ホンダ フリード フリードリヒ (ホンダ フリード)
家族用に購入したミニバン。 色々な競合と比較するまでもなく、先行カタログの時点で購入を半 ...
ホンダ ゼスト ホンダ ゼスト
完全に短距離のみを走るために導入。 軽乗用車なのにタコメーターが付いているとかヤル気満々 ...
スバル インプレッサ アネシス スバル インプレッサ アネシス
小細工に頼らず、基本性能をしっかりと作り込む事により安全性と運転の楽しみを追求する、今の ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる