車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月10日 イイね!
久しぶりの雪で、会社までの坂を登りきれなかったみさわ@アクセラ22XDですこんばんわ( ゚Д゚)

今年は雪少ないのかなぁと思ってたんですけどね。
そりゃ一応冬ですから、ある程度は降りますよねぇww
こういう時はAWDが羨ましくなりますけど、一年に数えるほどしかこんな状況になりませんからね…
コストパフォーマンスを考えるとなかなかAWDは選べませんね。







さて本題(-´▽`-)







昨年末のブログを読んで頂いている方は覚えているかもしれませんが…
ブログの最後で

土壇場でアクセラ以外の車種に変わるということはほぼありえません。
何故かと言うと、もうすでにアクセラ用のブツを5万円ほど出して買ってしまいましたのでww


と、書きました。
覚えてらっしゃる方おられますかね?
ブログで書いたとおり、年末に某オークションにてアクセラの装備を落札していたんです。

ところがどっこい!




年末年始に全く連絡こないという緊急事態(;´Д`)




出品者は個人ではなく、どうやら業者だったようなのですが…
落札してすぐ入金したにも関わらず、まるっきり音沙汰がありません。

まぁ業者ですから、年末年始が休みであろう事はある程度想像できます。
しかし、それならばなぜオークション終了日を休みの日に設定したのかヽ(`Д´ )ノ
常識的に考えて、オークション終了日は営業終了日かその前日には設定しておくべきでしょう。
まぁ最悪発送が年明けになるにしても、連絡だけは年内に取れる状態にしておくのがマナーでは?
何にせよ、とりあえず届けば何でも良いですけどね…

というわけで…年明けからしばらく経ったつい先日、ようやくブツが届きましたσ(´∀`;)



















ホイールですヽ(゚ー゚ )ノ





現行アテンザの純正17インチですね♪

アクセラがマイナーチェンジしたあたりからみんカラで色々と調べていた頃…
アクセラオーナーの方でこのアテンザ純正17インチを履いてる方が何人かおられたんですよね。
そもそも近年のマツダの純正ホイールは、一昔前と違ってデザインもなかなか良い。
ですからわざわざ社外品買ってまで履くのもどうなんだろうなぁと思っていた矢先でした。

そんなわけで、昨年あたりからチェックしていたのですが、なかなか市場に出回らず…
年末になってようやく程度の良いものがオークションに出品されましたので、迷わず即決です。


写真で見た感じでも十分キレイな印象でしたが、実際に現物は更にキレイでしたね。
殆んど目立つ傷がありません、まぁ見えない小傷は多少はあるのでしょうけど。
これでおおよそ5万円ということで、そこそこ良い買い物が出来たのではないでしょうか♪




ちなみに、これはスタッドレス用のホイールです。


22XDは純正18インチですから、1インチダウンで丁度良いですね。
ちなみに、もし購入車両が 15S PROACTIVE だった場合は、このホイールがノーマルタイヤ用のホイールになる予定でした。
その場合は純正16インチをスタッドレス用として使用し、今現在装着されているノーマルタイヤはそのまま再利用という形になったでしょうね。
年末にホイールを落札した時点で、どちらの車両を購入しても問題ないようになっていたために迷わず落札する事ができたというわけです。
丁度良いタイミングで丁度良い品が出品されてよかったです♪連絡よこさないのはどうかと思いますがww


それにしても、17インチのスタッドレスなんて生まれて初めて買いましたよww
昔からスタッドレスはインチダウンが鉄則と言われてきましたから、私が買った最も大きいスタッドレスは15インチ止まりでした。
しかし今回はそれらをあっさり飛び越えて、17インチですからね…

そう考えると、近年はタイヤ&ホイールがいかに大径化しているかという事ですよね。
私がFDに乗っていた当時、17インチでもそこそこ大きくて、18インチを標準で履いている車なんてそうそうお目にかかれなかった記憶がありますが。
今やアクセラは18インチですし、アテンザに至っては19インチ履いてますもんね(;´Д`)

そんなわけで、アクセラ納車前から購入していた



フライングゲット装備 その1でした(-´▽`-)

これ以降はまた徐々に届くでしょう♪


Posted at 2017/01/10 19:46:55 | コメント(6) | トラックバック(0) | アクセラ | クルマ
2017年01月08日 イイね!
私が22XDを選んだ理由は ?(゚ー゚ )? その4久しぶりの雪に狼狽しているみさわ@アクセラ22XDです
こんばんわ( ゚Д゚)

いや、久しぶりにケツ振りました。
それほど滑りやすい雪質のように見えなかったので油断していたのですが、交差点で思いっきりドリフト状態になってしまいました(;´Д`)
慣れてるつもりでしたが、油断してはいけませんねw




さて、本題です( ゚Д゚)ノ






これまで3度に渡ってお送りして参りました
何故私が22XD L Packageを選んだのかシリーズ。
これまで長々と綴って参りましたが、いよいよ今回で最終回となります。



その1は私の家庭環境の理由ということもあり、これは環境要因。
その2その3は車自体の理由ですから、ハード的要因。


そして最後、今回のその4は私のメンタリティな理由、精神的要因ということになります。

正直今回の理由は今までの中で最もしょーもない理由です。
しかし一方で本能的なものであるとも言えますから、抗うのは難しい問題でもあります。












さて、メンタル、精神的要因とはどういうことか?

それはつまり…



『車の価値観』 について




『車』 という 『道具』 は、基本的に人を遠くへ運ぶ乗り物ですから、極端な話人を乗せて動く事ができればその存在意義は果たしている事になります。
それに対し、動力性能であったり、静粛性、快適性、スタイルなど、そういったものはあくまでも付加価値であり、それらは価格として金額に反映されています。


ですが、本来は付加価値であるはずのそれらの性能が、いわば車の価値として世間一般では認知されているのが現状ですね。強引な言い方をすれば

価格の大小が一般的な価値観の指標

と言えなくもないわけです。

ただ、価値観と一言で言っても自らが満足する面と同時に他人に対して誇示する面の両方の側面を持っていますね。
上で私が述べているところの一般的に車における価値観とは一種のステータスとしての側面を示していますから、これは他人に対して誇示する価値観であります。






それとは別に自らが満足する価値観というのが存在するのは皆さんご存知でしょう。


所謂 『自己満足』 というやつですね。


これは、自分が満足できるのであれば自動的にそこに価値が発生するものです。
つまり、仮に一般的には価値観がないと言われるものであっても、自分がそれに満足しているのであれば、自分にとっては無条件で価値が生まれるという極主観的なものです。











車に対しての価値観というのは、大別すればこの2つのうちのいずれかに属すると思います。

今回私が車を選ぶ際に決して無視できなかった感情というのは大別すればどちらかというと前者に属するものでした。
私が今回完全に排除できなかった感情を言語化するならば



『どうせだったら最上級グレードに乗りたい』


という非常に俗物的な一言に尽きます。
これは一種の 『見栄』 とも言えるのかもしれませんね。


『見栄』 と書いてしまうと本当にしょーもない理由ですが…

車のように露出が多く他者の目に留まることの多い道具というのは往々にしてこの 『見栄』 という要素を排除する事が難しい。
車の価値は価格が全てではありませんが、価格が価値を示す最も分かりやすいバロメーターであることも紛れも無い事実です。
誰しも価値ある物を所有したいと願うものですし、誰しもそれを人に認めて欲しいと願うもの。
人それぞれその欲求の大きさに差はあるでしょうが、大なり小なり誰もが心のどこかで少なからず感じていることだと思います。
これが全く無い人というのも存在しないとは言いませんが、それは極少数派でしょうね。
特に車に興味があり、またみんカラのようなSNSで自己表現をしている人間にとっては、尚の事この感情を完全に排除するのは難しい事だと思います。


今まで挙げてきた理由のうち、今回の理由が全体に占める割合は極僅かでしょう。
恐らく数%程度、多く見積もっても1割には満たないと思います。
しかしその一方で、頭の中から完全に切り離してしまう事も叶わなかった理由でもあります。

良い物を所有したいという欲求は本能みたいなものですから、まぁこれを理論的に排除するのは難しかろうという話でした(;´Д`)

車なんて乗れればいいやと思っていたほんの数年前の私だったら、こんな買い物はしなかったかもしれませんねw
そういう意味では、車に対して興味が蘇ったのも良し悪しという気がしないではないですが(;゚∀゚)



そんなわけで、これにて

何故私が22XD L Packageを選んだのかシリーズ。

終了となります( ゚Д゚)ノ
長い間お付き合いいただき、ありがとうございました(-´▽`-)


Posted at 2017/01/08 22:11:29 | コメント(5) | トラックバック(0) | アクセラ | クルマ
2017年01月06日 イイね!
私が22XDを選んだ理由は ?(゚ー゚ )? その3久しぶりの仕事で、体がバッキバキなみさわ@アクセラ22XDですこんばんわ(;´Д`)

正月寝すぎましたww
駄目ですね、適度に運動していないと…
ここ最近は少しサボるとすぐに体力が落ちるのがいただけませんね(´・ω・`)


さて本題ですが…


年明けから恒例となっている、私が22XD L Packageを選んだ理由の第3段です。




1つ目は我が家の家庭事情と、その為の快適性能が理由。
2つ目はサンルーフが理由。
という具合に紹介して参りました。

1つ目の理由はどちらかというと変化球というか、ちょっと思いもよらない特殊な理由でしたね。
元々車選びに動力性能を不問としてきた私ですが、結果として大人4人を快適に運べるという用途の為に、一定以上の動力性能を選択する結果となりました。

一方で2つ目の理由はど真ん中直球ですねww
まさかのサンルーフを名指しで指名ですからねσ(´∀`;)

あの後嫁に、実際のところサンルーフをどう思っていたのか聞いてみましたが…
予想通り、『欲しかった』 とのこと。
やはり反応を見て察した私の直感は正しかったわけですねww
結果的に私と嫁、双方の価値観が一致した選択肢であった事を裏付ける結果となりました。


そんなわけで、今日ご紹介するのは3つ目の理由となるわけですが…
まぁ冒頭の画像を見ればわかるかもしれませんね。













L Package だったから( ゚Д゚)b!!









これを詳しく説明するには、少々時を遡らなければなりません。
そもそも私が6月の時点で、一番最初に購入候補として挙げて興味を持った車両は、実は


デミオXD BLACK LEATHER LIMITED


だったんです。
BLACK LEATHER LIMITED は、MC前のデミオの限定車ですね。
年末のMCでTailored Brown に取って代わられて消滅してしまいましたが。
つまり何が言いたいかというと、私は車の買い替えにあたって、かなり当初から革内装の車両に目を付けていた事になります。

正直、何か特別な理由があるのかと問われればNOです。
極めて単純な理由として、ただ 『革シートに乗ってみたかった』という純粋な好奇心があったくらいのものでしょうか?
そもそも未だかつて一度も革シートの車に乗ったことがないのですから。

しかし、ここに一つの疑問が浮かび上がります。






もし15Sに L Package が存在していたら?


ご存知の方も多いかと思いますが、アクセラ15SにはL Package は存在しません。
もしも?の話ではありますが、実際存在していたとしたらもっと悩んだでしょうね…
そもそも15S検討中だった時ですら、革のシートカバーを色々調べたりしていたくらいですから。
そのくらい、内装を革、もしくは革風にしたかったという事です。

個人的には本革シートでなくとも、革風のシートカバーでも全く問題ないと思っていました。
ですから、クラッツィオなどのシートカバーメーカーの商品を片っ端から調べて回ったくらいです。
しかし、どこを調べてみても結果は一緒でした。

後期パワーシートには非対応

どこのシートカバーメーカーも、軒並み同じ文言を並べています。




しかし、何故同じ車種なのに取り付けが不可能なのか…
正直納得のいかなかった私は、クラッツィオに直接問い合わせしてみました。返答は以下。

シート座面の形状が異なる為、フィッティングを保障できない。
シートヒーター等の配線に干渉する可能性がある。

形状が違う??そんなバカな…
そう思って、ディーラーでパワーシート車両とノーマル車両を並べて比べてみると…


座面の厚さが違う(;゚∀゚)


本当に座面の形状が異なっていました…疑ってごめんなさい。

ディーラー担当にも相談してみましたが、ディーラーで取り付けは可能だけど、もしつかなかったり加工が必要な場合は自己責任でやってね、との事でした。
まぁ正直取り付けが全く不可能ということはないでしょう。
まるっきり形状が異なるわけではありませんので、多少の無理をすれば装着は出来るはずです。
しかしパワーシートの稼動部が制限されたり、あるいは機能不全に陥るようでは本末転倒ですから、まぁ装着は見送るのが妥当と判断しました。

そうなるとシートカバーをつけるにはノーマルシートを選択せねばなりませんが…
パワーシート&シートヒーターは嫁の必須条件となっていましたので外す事はできません。
というか私自身もパワーシート(特にランバーサポート)は非常に気に入っていましたので外す気はさらさらなかったわけですけど。
そうなると、私が15Sを選択する場合、必然的にファブリックシートでの使用ということになります。

つまり私にとって、最後に残った2グレードの検討比較は

革シート or 布シート

という図式でもあったというわけですね。
結果として私は当初の希望通りに、革シート車両である22XDを選択しました。






先ほど15SにL Package があれば大いに悩んだだろうと言いましたね。
逆に言えば、15SにL Package がなかったからこそ、悩む種が減ったということでもあります。

『革シート』 という限定した条件のみの話をした場合…
今回15S PROACTIVE を選択する事の明確なデメリットが存在します。


今後15Sに革シートの限定車が出たら?


今回15S PROACTIVE を選択するということは、同時に革シートを諦めるという意味も持ちます。
そんな状態で、いつかどこかのタイミングで革シートの限定車が万が一発売されたら、私は一体どんな心境になるでしょうか。
そもそも、今のところそんな限定車が出るような話は出ていませんから、完全に可能性の話です。
しかし可能性はゼロではないし、完全に否定できる材料もありません。
今後モデルチェンジの度に、『革シートの限定車でたら最悪だなぁ』 と思いながらカーライフを過ごす事になるのかと思うと非常に憂鬱な気分になります。

結果的に、 L Package の存在は二重の意味で22XDに味方したことになりますね。

正直何故ここまで 『革シート』 に固執したのか、自分でもあまりよくわかりません。
しかし、最初から革シートに興味を持っていた時点で、私の車選びの基準が

スポーティー&ユーティリティ

よりも

ラグジュアリー&コンフォート


に最初から傾倒していたのかもしれませんね。
そう考えると、15Sと22XDの勝負は、最初から15Sには分の悪い勝負だったと言えなくもないです。


私は昔から2ドアクーペが好きで、FDに乗ることでそれが更に極まったわけですが…
あれから10年。
時の流れと共に、車に求める性能も性格も、当時とは異なってきたんだなと実感します。
それは今回の革シート然り、ディーゼルを選択した事然り。

まぁ今回、私にとって22XD L Packageは、今私の求めるものに非常によく合致した、ということなのでしょうね。



そんなわけで、私が22XD L Package を選んだ理由の第3段でした(-´▽`-)


Posted at 2017/01/06 21:51:32 | コメント(3) | トラックバック(0) | アクセラ | クルマ
2017年01月04日 イイね!
 私が22XDを選んだ理由は ?(゚ー゚ )? その2今年の正月は、何だかんだでダラダラ過ごしてしまったみさわ@アクセラ22XDですこんばんわ(;´Д`)

当初の予定では1泊2日で山に登る予定だったんですが。
まぁ今年の正月は車のことで頭が一杯でしたし、この時期の山は決して安全ではありませんからね。
そんな状態ではやめておいて正解だったかもしれません。

まぁ現在長距離の足にしている嫁のデミオも老朽化してきましたし、アクセラを迎えるまでは大きな出費も控えたいところなので、今年は大人しいくらいで丁度良いのでしょう。






さて、本題です( ゚Д゚)ノ






本日のブログは、私が22XD L Packageを選ぶことになった理由の第2段です。

昨日のブログでは、その理由の一つを明らかにしました。
私と私の両親を取り巻く環境というのが昨日のブログの中身でしたが…
昨日も書きました通り、それひとつが決定的な理由というわけでなく、今回私が22XDを選択した背景には比較的細かい理由が積み重なって複数存在している状況です。
元々非常にに際どい選択でしたから、『こう』 だから絶対 『これ』 というような単純明快で絶対的な理由というのは存在しないんですよね。

ただ、数ある理由の中で、昨日のブログで書いた理由が最も重要であると同時に最もまともな理由のうちのひとつでしたww



今日触れる理由は、比較的しょーもない理由ですね(;゚∀゚)











しょーもない理由を語る前に、22XD固有の専用装備について語らねばなりませんね。


良し悪しは別として、22XDにはアクセラ唯一無二の装備が、専用装備として装着されています。
普通の人からは 『必要ない』 『要らないからその分値段を下げろ』 などと、大変不評なあの装備。
ここまで言えば分かるでしょうね。そう、アレです









サンルーフ ( ゚Д゚)ノ










サンルーフと言えばあれですね…
『サンルーフとBose要らないからもっと値段を下げろ』 は、MC前のアクセラXDを検討した事がある者なら一度は口にしたであろう常套句みたいなもんでしょうww
結果としてその声が反映されたことで、急遽今回のマイナーチェンジから 22XD PROACTIVE というグレードが追加されたであろうことは想像に難くない。


まぁ言いたい事はわからないではないですよ。

あんな高い位置にあんな重いものを乗せて走るという事が、少なからず燃費性能や走行性能に悪影響を与えるであろうことは、考えなくても分かる事です。
常識的に考えて、天井ににデケー穴が開いていることに何のメリットがありましょう?
天井高は低くなり、剛性も低下。空調の効率も悪くなり、また遮音性も低下した挙句、最悪の場合雨漏りの原因となり得るという、必要の無い人からしたらデメリットしかない素敵な装備です。

選択が可能というならまだしも、強制装備というのがより反発を強めている理由でしょう。
必要が無いのに勝手に付いてくる上に、他の装備のように外せば済むというレベルではないどうしようも無さが更に迷惑っぷりに拍車をかけています。
そもそも最上級グレードとはいえ、何でこれついてるのかさっぱり意味が分かりませんよね。





けどまぁ敢えて言わせてもらいましょう。





















それでも要るの!!ヽ(゚Д゚ ;)ノ








え~と、昔から公言してるんですが、私は老後オープンカー乗りますよ。
まぁ、老後と言える年齢まで生きていればの話ですがねw
これといった老後のビジョンというものがほとんど無い私の中で、唯一漠然と昔から心に抱いている数少ない夢のうちの一つですね。


何故オープンカーなのかといえば、開放感が大好きだから。


例えば夏、よほど暑い時はエアコン入れますが、そうでなければ基本的に窓全開です。
特に郊外の山間部を走っている時なんてたまんないですね。
とてもじゃないけどもったいなくて窓閉めてエアコン走行なんて無理な話です。

それは車に限った話ではなく、自宅でもです。
それこそ可能な限り開けまくります。
実家にいた頃、秋口になっても窓全開で過ごしていた為、遊びに来た友人が我が家に来たらまず窓を閉める事をルーティーンにしていたくらいww

つまり、基本的に私は開放感大好き人間なのです。



で、何でしたっけ?
サンルーフが何のためについているのか分からん、でしたっけ?



















全開にして走る為に決まってるだろうが( ゚Д゚)ドーン



























というような話を、まだ22XDが発売する前に嫁にしたわけなんですね。

そしたら最初に一言。
















『装備の中でサンルーフが一番意味わかんない』



































(;゚∀゚)アレェェェェ?




なんとも冷酷に、そして虫けらでも語るような口調で!はっきり言い捨てましたよ!

『存在する意味がイマイチわかんない』

と!!(;Д)゚゚マイガッ!!

私は打ちひしがれました。
私のことを十分理解してくれていると思っていた嫁ですら、サンルーフという謎極まる装備は理解しがたい代物だったようです。

『天井が空いてどうするの?冬寒いでしょ?』

ええ、ごもっともです…嫁よ、あなたが正しい。それはまさしく正論です。


というわけで、サンルーフに対して嫁の理解を得る事はできませんでした。
まぁそうは言っても、検討車両だったデミオ、アクセラの全グレードの中で、サンルーフが装着されているのは22XD L Package のみ。
そもそも22XDは当初購入候補にも引っかかっていなかった関係で、早い段階で我が家の車選びではサンルーフの有無は考慮の必要はなしと結論が出ました。

ですから、不意に訪れた22XDの試乗を前にしても、私の中ではサンルーフは選べない装備ということで、全くチェックもしていませんでした。
下手に触ってしまって欲しくなりでもしようものなら、後悔の種にしかなりません。
サンルーフには極力興味を持たないように22XDの試乗を終えたというのが正直なところでした。


しかし、22XDの試乗を終えてから暫くして、ある日嫁がポツリと言いました。




















『サンルーフ、ちょっと面白いねw』
































(;゚∀゚)アレェェェェ?



私は22XDの試乗をした時、サンルーフなんて殆んど弄ってませんけどww
言われてみれば、内側のシェードだけ空けて、ちょっとだけチルトの操作をした記憶はありますが…
あんな程度で興味持つものなんですか???


よくよく考えてみれば、そもそもうちの嫁はこれまで生きてきた中で一度もサンルーフ搭載車両というものに乗ったことがなかったんですよね。
つまり実際にサンルーフがどういうものか、根本的によくわかっていなかったようです。
そりゃそんな状態で

『天井がスライドして開放感がビャー』

とか私に熱弁されたところで意味分からんのも理解できますw



私の場合、昔兄貴が所有していた車両がサンルーフ搭載車だったのでよく知っています。
あの時代、サンルーフは比較的ポピュラーな装備でしたから、色々な車種でサンルーフを選択する事ができたんですよね。
子供心に天井の空くクルマは衝撃的でしたし楽しかったですよ。
そういう意味では今も昔も私は少年の心を忘れていないのかもしれません(成長していないとも言う)

というか、私はFC乗りだった上の兄貴からロータリーの影響を受け、下の兄貴のサンルーフ付きのプレリュードとMX-6からも影響を色濃く受けているんですよね。
うちは両親が車を持っていませんでしたから、兄貴達の車に抱いた憧れは決して小さくありません。
兄貴たちがクルマ道楽を卒業した今、それが私に引き継がれているというのも皮肉な話です。





そんなわけで、後々22XDを購入候補として念頭に置いた上で再度試乗に行った際、今度はちゃんとサンルーフ全開で走ってみました。
時期は既に冬真っ盛りでしたから、暖房全開で、ちゃんとシートヒーターを入れた上でね。


まぁ楽しそうでしたねww


最初は一番意味分からないと嫁に言わしめたサンルーフでしたが、やはりこうやって直に体験してみないことには、良し悪しの判断はできないということですね。
ちなみに、MTの感触を確かめる為に試乗したロードスターの時もそうでしたが、この時に体感したシートヒーターには嫁もいたく感動したようで、『シートヒーターは必須装備』 との厳命を受けたのは実のところこの時です。

結果的に、サンルーフに関しては 『あっても良いよ』 との返事をもらいました。

まぁこれは私の選択に影響を及ぼさないようにという嫁の配慮でしょう。
もしかしたらこの時点で、嫁にとってサンルーフは結構欲しい部類の装備になっていた可能性はありますが、それを声を大にして言ってしまうと選択の余地がなくなってしまいますからね。
要らない分には22XDにしても PROACTIVE という選択肢がありますが、サンルーフが欲しいと言ってしまえば必然的に22XD L Package に決定してしまいます。

既にハンコをついた今ならば、そのあたりの真意も聞いてみたいところですね。





というわけで、実はサンルーフが選択に及ぼした影響は少なくなかったという話ですね。

特に私の独りよがりの状態ならば諦めもつきましたが、試乗した後の嫁の反応を見るに、これは案外サンルーフ欲しいんじゃねぇの?と察した部分もあったからです。
この装備は後から外す事が出来ない一方で、後から同じものを取り付けることも事実上不可能。
無理やり天井に穴を開けたところで、同じクオリティと信頼性のあるサンルーフが取り付けられるわけではないですし、そこまでして欲しいなら最初からつけろって話ですね。
ですから、ある意味心底悩む部分ではありました。

前述したとおり、多くの人にとってサンルーフは不要な装備です。
しかし、欲しい人にとっては唯一無二の装備である事も紛れも無い事実です。

こんなご時勢に、アクセラにサンルーフを装備してくれた事、私はマツダには心から感謝します。
まさかこの歳になって、兄貴の背中を追いかけて憧れたサンルーフ車両に乗ることができるなど夢にも思っていませんでしたから。



納車、本当に楽しみです(*´∀`*)


Posted at 2017/01/04 22:25:18 | コメント(8) | トラックバック(0) | アクセラ | クルマ
2017年01月03日 イイね!
私が22XDを選んだ理由は ?(゚ー゚ )? その1昨日今日と箱根駅伝に釘付けのみさわ@アクセラ22XDですこんにちは(-´▽`-)

青学強いですねぇ…まさに磐石(;゚∀゚)
子供の頃は親父が新年早々ずっと駅伝を見ていたので、他の番組見れねぇじゃんと思っていたものですが。
私も歳をとったということでしょうかね…





さて、それでは本題。



昨日、22XD L Packageを契約してきたのは昨日のブログで触れた通り。


何度も繰り返すようで恐縮ですが、私の車選びが始まったのは今から半年以上前の昨年の6月。
色々な車種を調べて検討しましたが、最終的にアクセラ一本に絞ったのは年末でした。
最後はデミオとアクセラの一騎打ちだったわけですが、そのあたりの経緯はこちらのブログ。

当初予算が250万円だった関係上、15S PROACTIVE で決定のつもりだったのですが…

『予算は問わないから、欲しい車を買え』

との嫁のありがたいお言葉を受け、22XDが購入候補に急遽浮上してきたのが、タイムリミットギリギリの12月末でした。そのあたりの経緯はこちら。


そんなわけで、年末から昨日まで考えに考え抜いた結果、最終的に私が選んだのが

22XD L Packageだったというわけです。




では何が決め手だったのか??


ということになりますよね。
まぁ理由を挙げれば、結構重要な理由から、案外しょーもない理由まで様々あるわけですが、とりあえず納車までまだ1ヶ月以上ありますので、のんびり一つずつ紐解いていきましょうか。











理由の説明をする前に、ちょっと昔話をしなくてはなりません。


昨今の自動車社会には珍しく、私の親父とお袋は自動車免許を持っていません。
お袋は辛うじて自動二輪の免許を持っており、今もなおバイクを生活の足として暮らしておりますが、親父は今も昔も徒歩と自転車のみで生活しています。
そんな親父ですから、現役時代は起伏激しいこの長野の山間部において、20年以上もの間雨の日も雪の日も片道15キロの自転車通勤を貫き通した、ある意味ツワモノです。
ですから、親父にしてもお袋にしても、どこかへ旅行へ行こうと思っても自分の思うように出かける事がなかなか出来ない環境にあります。


そんな事情もあり、今回車を買い替えるにあたりせっかくだから


両親を乗せて旅行に連れて行ってやりたい


という気持ちがありました。
ですから、当初検討していたデミオから、コスト増を覚悟してでもアクセラを選択した大きな理由の一つに、居住性の高さを重視したという背景も大いにあります。
大人4人がフル乗車して長距離移動をするには、BセグメントのデミオとCセグメントのアクセラではやはり空間的な余裕が全然違いますからね。

とはいえ、仮に両親を旅行に連れて行くにしても年に1回、多くても2回が限界でしょう。
なので愛車を決める要因としてはまるっきり無視するわけにはいきませんが、決定打になるほど重視する項目でもなかったというのが正直なところでした。







しかし、実は昨年末お袋が癌を宣告されました


比較的早期発見であったこと、また切除が容易な箇所であったこともあり、余命を宣告されるほど深刻なレベルではなかった事は不幸中の幸いでした。
今月中旬には早速切除手術が行われる予定になっており、医者の話では入院も1ヶ月はかからないであろうという話でした。
そんな手術を控えた大晦日、少々弱気になったのかお袋がポツりとこぼした一言が


『全然旅行に連れて行ってやれなくて悪かった』


でした。
私が子供だった頃。免許がなくて車がなかった我が家は、確かに世間一般の家庭と比べれば家族旅行などで外に出かける機会は少なかったかもしれません。
しかし、私はそれに対して不満に思ったことなど一度もありませんでしたし、そんな中でも必ず年に一回夏休みには海に連れて行ってくれたことを感謝しているくらいです。
車のなかった両親に代わり、歳の離れた兄貴2人が私を連れて遊びに出かけてくれましたし、私は我が家に生まれて何一つ不便に思ったことなどなかったというのに…

公共交通機関でしか旅行に行けず、重い荷物を持って乗り換えや移動で歩き回らなければならなかった当時の私たちを不憫に思ったのかもしれません。
また、他の家族のように自由に出かけられない事を不甲斐なく思っていたのかもしれません。
しかし、その時与えられた環境の中で、私たちに良かれと精一杯子育てしてくれた事に対し、感謝こそすれ恨み言などあろうはずがないではありませんか。

それを言うならば、散々両親に迷惑をかけておきながら、ろくに親孝行もしていないのは私。
本当に謝らなければならないのは私のほうです。
特に最も出来の悪かった私は、兄貴たちに比べて両親に全く恩を返せていないでしょう。
そんな事を言わせてしまった一方で、私や兄貴たちを育てる為に、自分たちこそどこにも出かける事が出来なかったんじゃないでしょうか?


両親を乗せて、快適に旅行をする


これは当初、無視してはいないまでもそれほど重視していなかった条件でした。
しかし、目に見えて年老いていく親父やお袋を目の当たりにした時、こういった形で親孝行できる機会も時間も有限なんだと思い知らされました。
正直、お袋が癌を患ってしまった今になってこんな事を言っていても遅いかもしれません…
しかし、まだ命が失われてしまったわけではないのですから、恩を返す機会はあると信じます。

ちなみに、上の兄貴は既に子供が二人とも独立した関係で、所有車両を全て軽自動車にしてしまいましたし、下の兄貴もあと高校生一人ということで、最近ではいつ壊れても不思議の無い中古車を乗り継いでいる状況です。
ですから、こと車での旅行という点においては、両親を旅行に連れて行くことの出来る環境と選択肢を持っているのは、兄弟の仲で私だけです。
嫁もそれを理解しているからこそ、価格によって選択肢が狭められる事を避けたのだと思います。

私にできることは、せめて今私に与えられた選択肢の中で、上記の項目をより現実的に実現するにはどちらのグレードを選んだ方が良いか選択する事。
価格という枷は嫁が取っ払ってくれたのですから、あとは私の心次第で如何様にでも決定する事ができるのですから。
価格度外視で、どちらが快適で、どちらが楽で、どちらが同乗者に優しい車であるか。


そう考えた時、皆さんだったらどちらを選びましたか??






これはあくまでも私が22XDを選んだ要因の一つに過ぎません。
しかし、この一連の出来事が22XD L Packageの持つ快適性や静粛性、質感の高さに大きく傾倒する原因になったのもまぎれも無い事実です。

誤解のないように言っておきますが、大人4人で旅行するという今回の用途上、仮にこれが 15S PROACTIVE だったとしても、決して不足するわけではありません。
不足はしませんが、どちらがより快適で楽かは推して知るべしです。
同乗者は当然としても、運転する方も22XDの方が断然ラクですからね…しかもATだし。



まぁ、これを選ぶ以上は、お袋にはさっさと病気を治してもらってさっさと旅行に連れて行ってやらねばなりませんね(-´▽`-)
昨日契約をした帰り、実家によって両親に見積もりを見せてきました。


『高いの買ったなぁ』


と言われましたが、高いの買っちまったんだから早く治してどっかに旅行行くよ、と言って来ました。

同居でない家族を連れて旅行に行く。
そんなのは車の全体の用途からすれば1割にも満たない使用途です。
しかし、理屈ではなく感情的なものが時に決定打になり得る事も決して少なくないということですね。
そもそも好きか嫌いか、カッコ良いか悪いかなんてのは、感情論の最たるものですからねw
頭でっかちな部分だけでは車選びなんてできないということでしょう。



そんなわけで、22XDを選んだ理由その1でした(*´∀`*)


Posted at 2017/01/03 16:15:02 | コメント(5) | トラックバック(0) | アクセラ | クルマ
プロフィール
「@クラン さん
私も③に1票ですかね〜
わかりやすくて良いのでは?」
何シテル?   01/17 22:20
元RX-7 FD3S乗りのみさわ【♂】とデミオ乗りで嫁のゆっきー【♀】です(-▽-) 車種、年齢、性別問わず、幅広い層の皆さんと交流していきたいと思ってます(...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
お友達
7年間放置してました(;゚Д゚)
完全に浦島太郎です。

車好き、マツダ好き、写真、カメラ好き等々。
誰でも大歓迎(*´∀`*)
アウトドア、登山も大好物ですよろしく。

年齢、性別、車種、趣味問わずウェルカム♪
幅広い層と交流していきたいと思いますのでお気軽にお声をお掛けください☆
102 人のお友達がいます
アクセラメタルアクセラメタル * 【やさぐれ紳士】白兎【やさぐれ紳士】白兎 *
クランクラン * たくみっちぃたくみっちぃ *
KNIGHTSPORTSKNIGHTSPORTSみんカラ公認 ksjetksjet
ファン
21 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ デミオ マツダ デミオ
嫁のゆっきーの愛車で、元は家族所有の車のカテゴリに登録してありました。 FDを手放して以 ...
日産 マーチ 日産 マーチ
2011年年初、足車だったS14を手放して日常の足をリトルカブ(原付)でまかなってた頃、 ...
マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック) マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック)
2017年1月2日、正式に契約。 2016年6月頃より次期愛車候補を検討を開始。 半年 ...
マツダ RX-7 マツダ RX-7
2005年2月に、念願かなって購入したH12年式FD3S。 約半年近くFD買おうか、車 ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2006年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.