• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

SPEED GROOVE @ yoshiのブログ一覧

2017年11月19日 イイね!

自動車修理職人としてのスタイル「マイカーが必要ではない理由」



もし、仕事として、職人を選択し、
職人として、日々を過ごしていくのならば、
雇われているという意識を手放し、
いっそのこと極めてしまったほうがいいのかもしれない。

もし、事業として、職人を選択し、
経営者として、日々を過ごしていくのならば、
雇っているという意識を手放し、
いっそのこと極めてしまったほうがいいのかもしれない。
ひたすら、ただひたすらに、純粋にクルマを愉しむということを。


 職人として生きてきて、それなりにやっているうちに、
だんだんと不思議な感覚が自分の中で高まっていった。
それは強烈にといっていいほどに尖った感覚で、
こだわりを突き詰めているうちに気づいたものだった。
それを良いふうにいえば、達観。
悪いふうにいえば、どうでもいい、という感覚。
これが人間の心理構造というものなのかもしれないが、
心の構造は多層構造になっていて、
あるひとつの気持ちを感じ切ると、
さらにもう一層奥にある気持ちへと深まっていく。

こだわりを追い求めていく裏で、
光のあたっている影の部分には「どうでもいい」という気持ちが育っていた。
つまり、こだわって、こだわって、こだわり続けて・・・
そして、最後はどうでもいい、となる。
いまとなれば、笑い話としか思えないが、
もしかしたら、こうして人生というのは帳尻が合うものなのかもしれない。
プラス、マイナス、ゼロ。

だからなのだろう、仕事へのこだわりを求めていった先の気持ちとして、
しまいにはマイカーなんぞどうでもよくなっていた。
そして、職人を極めていくということは、こういうことなんだろうと思う。
 
お客のクルマが自分のクルマ。
そんなふざけた感覚。
究極のクルマ好き。

もちろん所有権は客名義。
自分のものではない。
しかし、納期、内容、金額、
ほぼすべてがお任せで依頼されるくらいになっていくと、
それは、クルマに対してもっている技術と感覚を全面的に買ってもらっているということを意味する。
自分の感覚への許可にもなる。
とすれば、究極的にいえば、
自分のクルマとして直していくということにも感覚としては成り得る。
そなると、こうなる。
自分の持っているすべてを出し切る。

出し切る。
そうなったとき、もう自分のクルマ、
マイカーなどというものは必要なものではなくなる。
なぜなら、いま作業しているクルマが自分のクルマだから。
クルマに注ぎたいと思うエネルギーのすべてをぶつけ、
情熱、熱意のすべてが注がれていき、燃え尽きるから。
マイカーがあってもいいが、必ずしも必要ではなくなる。
日常の足として、移動の手段として、必要を満たす1台があれば十分。
社用の軽トラでも、空いている代車でもなんでも。
そこに不足感はない。
クルマ趣味としての欲求は既に満たされ切っているから。

職人として極めていくにしても、経営者として極めていくにしても、
もし、日常用途以外の目的でマイカーを持つとしたならば、
それは使い倒すくらいに乗るか、触れるか、磨くか、眺めるものだろう。
愉しみ方の内容はそれぞれだろうが、
純粋にクルマを愉しむということは、ステータスや所有欲そのものは薄く、
愉しむほうに意識が強く向く。
まして、愉しむという観点からすれば、資産価値や投機目的は意味合いが違ってくる。
それはクルマそのものにではなく、お金儲けを楽しもうとしている。
歳をとって眺めるしかできなくなっているとしたら、それもいい。
ただ、所有欲からコレクションしているのだとしたら、
ほんとうは、その自覚をもっと持っておくといいのだろう。
これからの時代、ただ所有しているという形態は、
どうやら一目置かれるような流れではなくなっていくようだから。
ひっそりとした個人趣味に留めておくようにしておくほうが安全かもしれない。

逆に、これからは、純粋にクルマを愉しもうとしているひとたちが生きてくるのだろう。
それは車種にこだわらず、スタイルにこだわらず、
各々が思うように愉しんでいくという流れ。
クルマが効率的な家電へと変化していくからこそ、
逆に、こだわりを表現していくことへの価値が高まる。
それは、なにかとお金がかかり、なにかと手間と面倒がかかるもの。
壊れ、直し、壊れ、直しの繰り返し。
劣化、交換、劣化、交換の繰り返し。
それは嫌になるかもしれないが、循環という自然のありよう、
逆らいようのない法則。
つまりが、わたしたちが生きているということそのもの。
だから、「もう、どうでもいい」と無意味さを悟ることもできるし、
さらには「もう、どうでもいい」と極みの世界に生きようと
愉しむことに素直になることもできる。
クルマへの想い、躊躇なく。
素直に。
そのままに。
それが、職人にしろ、経営者にしろ、
クルマ修理業界のひとたちの基本的な気持ちであるならば、
もっと、ユーザーと共に愉しめる作業環境となるのだろう。

Speed Groove. yoshi

Posted at 2017/11/19 11:50:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | Speed Groove | 日記
2017年10月13日 イイね!

GT-R Magazine 11月号「スカイラインの記憶」



【成功と記憶、さらに、その先にあるもの・・】

仕事がうまくいったり、稼いだり、有名になれば、
それはその人なりの成功となるのだろう。

とすれば・・・

成功とはゴール。
抱いて来た意志、目標を達成した感じがするもの。

成功とは満足。
達成したことによる開放感や喜びがあることだろう。

成功とは幸せ。
つまり、単純に、ひとは喜びを幸せと感じるものだから。

そして、成功には、もうひとつの側面があることにも気づく。

成功とは過去。
達成し、ひとつの区切りが付く感じがするもの。

成功とは記憶。
それまで成し遂げてきたことは記録として記憶に残る。

成功とは死。
良くも悪くもなく、ひとつのことの終わりを意味する。

思うに、成功のさらにその先を見ることができるかどうか、
それが大切なような気がする。
何か目指してきたことが、うまくいき、有名になり、稼ぎ、財をなせば、
それで人生終わりになれるのか、どうか。
後は遊んで暮らすとか、生きがいに生きるとか、やりたいことだけをやる、
などということを、よく聞くが、ほんとうにそれができるものか、どうか。
一見すれば、理想的で自由で、こんなにいいことはないと思うもの。
おそらく僕だけではなく、目指し、夢に描き、日々努力をしてきた人もいることだろう。
でも、試しに実際にやってみればわかる。

遊んで暮らせるようで暮らせない。
生きがいだけに生きられない。
やりたいことだけはできない。

いや、言い直そう。
真実は、たぶんこんな感じだと思うから。

遊んで暮らしたくなどない。
生きがいだけに生きたくはない。
やりたいことだけをしたいわけではない。

というのも、自由は意外と辛いのだ。
正確には、そう感じるのだ。
自由とは縛るものがなく、背負うものがなく、恐れを恐れなくなる。
自由で無敵。
それは強さを極めたから無敵なのではなく、その真逆。
強さを手放すことによって無敵になる。
争うものがなく、平和。
否定するものがなく、自由。
しかし、変な話、最初はその究極の解放感に歓喜していたとしても、
落ち着いて一巡すると気持ちが変化してくるものなのかもしれない。
暇、退屈、辛い・・・と。

さらには、否定しなければ否定されない。
もしそれでも否定されたら、それは理解するから、いずれは赦しとなる。
ただ、怒りたいと、それほど思わないけど、怒ることもできる。
嫌いだと、それほど思わないけど、嫌がることもできる。
競いたいとは、それほど思わないけど、競うこともできる。
とはいえ、期せずして気持ちが熱くなるときもある。
それも良し。
期せずして気持ちが引っ張られるときもある。
それもまた良し。

それは、ひとことでいえば「無」を感じているからなのかもしれない。
見るもの、体験するもの、あらゆるものに無意味さを感じたりもする。
積極的に死にたいという気持ちではないが、心が静かすぎて、穏やかすぎて、
なにごともが、特に問題とは思わなくなる。
かと言って、虚しさや投げやりな気持ちではなく、
分離感で、ひとを避けるわけでもなく、
むしろ、人のつながりを感じるレベルはあがっているように思う。
以前に比べたら、心は愛で満たされ、静かな湖面のように穏やかのよう。
でも、それが、感覚としては無意味さを感じるという不思議。

それは、もしかしたら、過去の記憶が原因なのかもしれない。
あまりにも、つらかった。
苦しかった、から。
でも、当時、そのようにまともに認識したら、おそらく心は壊れていただろう。
だから、心をどうにか保つために感情と感覚を感じないようにしてきたのかもしれない。
仕事や目標に不都合な部分はカットしようとしてきたわけ。
ただ、それは、僕の場合には貫くことができなかった。
そして、そんな過去の挫折の記憶が、この感覚へと偶然にも辿り着いたような気もする。
いま思うのは、こうなって、こういう経緯を辿って、
なにか次があるのかもしれないということ。
もちろん具体的には見えてはいないし、実感ベースに落とし込めていないけども、
ただ、いまが、なにかしらの地点ではあるような気はする。

クルマの業界でも、成功者と言われるひと。
成し遂げたひと、いることだろう。
そこで何をするか。
生き様を見せるひと。
クルマとの付き合い、ありようを説くひと。
若手を応援する側にまわるひと。
変わらずにチャレンジし続けるひと。
みんな素晴らしい。
なぜなら、愛が土台にあるから。

そして、なかには、
若手を批判しまくるひと。
蹴落とすひと。
カモにするひともいるかもしれない。
みんな素晴らしい。
なぜなら、わかりにくいけど、それも愛の一面ではあるから。
倒されるマトになるのも、深いレベルでは愛。
敵になるというのも、愛なんだ。
だから、若手は遠慮なく挑み、倒せばいい。
倒してあげるのも愛だし、負けてあげるのも愛。
ただし、表面的には必死と必死の闘いにはなるだろうけども。
仮に、そこで敗れても大丈夫だから。
むしろ、負けたほうが得るものは大きいのかもしれない。
傷を負っても、命さえあれば。
心は折れても、魂さえ腐らなければ。
帰還兵のような生き残り証人の見本は、ちゃんといるから。
だから、思うがままに、やれるだけやってみな。
悔いなくやるつもりで。
本気の情熱を相手を通じて自分にぶつけるんだ。
じゃないと、マトになってくれている相手に、かえって失礼だ。
だから、自分の思いが燃え尽きるくらいのつもりで。
じゃないと、ほんとうには気づけないから。
自分のなかにある大きな愛に。

GTRの記憶。
歴史が記憶。
速さが記憶。
それは、いつだって、歓び。
それは、いつだって、爽快。
それは、いつだって、輝いていた。
それは、いつだって、生きていた。
なぜならば、いつだって、つながっていたから。

GTR。
だから、いつだって、さようなら。
いつだって、いつだって・・・。
記憶のある限り。
心の中では、いつだって、全開で疾り抜けている。
その姿を、いつだって、愛している。

speed groove. by yoshi




Posted at 2017/10/13 19:10:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | GT-R Magazine | 日記
2017年08月07日 イイね!

GT-R Magazine 2017年9月号 





◇トップに立つということ◇


なにか一線を超えて上に立とうとするならば、
きっと、なにかしらの障害や突き当たるものがあるのだろう。
有名になればなるほど、ついてまわるもの。
たとえば・・・

賞賛。
期待。

それらが、いい意味で効いていて、
表されたイメージが心地よく感じられているうちはまだいいが、
しかし、いずれ、それらは重くなってくるものなのかもしれない。
なぜならば、賞賛と期待の裏側にあるものもセットで存在しているから。

そして、その裏側にあるものとはなにかというと、
おそらくこのようなものなのだろう。

批判。
そして、もうひとつ。
落胆。


「飛ぶ鳥落とす勢い」という言葉があるが、
それを少し皮肉って書くとしたら、こんな感じになるだろう。
飛ぶ鳥もいつかは落ちる。
現実的にも、適当には休まなければ飛び続けられないもの。
それは、勢いよく飛べば飛ぶほどで、
もし、それでも飛び続けていこうとしたならば、
自分の感覚というものを感じないようにしないと続けられない。
なにかしらの無理や我慢と引き換えに・・・。


そして、自分の感覚とはなにか。
それは真実の自分。
ほんとうに思っていること。
ありのままに感じていること。
それが、たとえば、
『面白いと思うことをやっているだけ』とするならば、
その思いに忠実であるということ。


もし、期待されるイメージとのギャップを埋めていこうとするのならば、
道はふたつか、みっつ。
金になるからとわりきっていくか、
それとも、植え付けられたイメージを手放していくか。
その場を離れていくか。

ただ、金を選べば、真実はもう語れなくなる。
もし、それでも期待にこたえるべく語るとしたら、
それは世間うけのいい真実っぽいことと、
口当たりのいいポリシーっぽいことを話せるくらいのものだろう。
期待にこたえるということは、ざっくりいえば、そういうことを意味する。

そして、期待というものの結末は、いつもだいたいきまっている。
それは、裏切られる、ということ。
さらにいえば、裏切りとは、ひとが離れていくというよりも、
じつは、ひとに裏切られる前に自分の気持ちが自分から離れていたことによって起こる。

だから、トップに立つひとは、ひとと関われば関わるほど、
上に立てば立つほど、自分の内面を見ないではいられなくなっていくもの。
そうでないと自分自身がどんどん苦しくなっていくから。
遅かれ早かれ、なにかしらの形で限界を悟るのが物事の道理。

しかし、それにもかかわらず、もし、苦しくないフリをしていたとしたら、
その反応として、周りのひとが離れていくことになるのだろう。
ただ、それもまた、いい意味での気づきとなり、
そこからチャンスは広がっていく可能性はあると思う。

裏切りはメッセージ。
期待をかけすぎているか、
期待を背負いすぎているよ、と。

誰かからの期待。
誰かへの期待。
それと、自分で自分に課している期待。
その両方から。








『死んでしまうまでに何台もクルマを作れないから、
ほんとうに認めてくれるひとのクルマを手掛けたい。
精一杯のクルマ作りをするのが今の当社のポリシーです』


思うに、「精一杯さ」とは、
それは、必死の思いであるとか、一生懸命であるとか、
そのような重そうな感覚よりも、もっとシンプルに捉えることもできると思う。
そして、それもまた、この言葉でもって示せるのだろう。

『面白いと思うことをやっているだけ』

シンプルだけど、この意味は深い。
つまりは、「精一杯のクルマ作り・・・」とは、
面白さを追求する自分自身でありつづけたいという、
自分に対しての素直な意欲であると同時に、
つながりからの信頼を望むものともいえるのではないか。

信頼。

信用ではなくて。

心を頼り、自分の心を委ねる。

その結果として、精一杯面白いものができる、のだと。








期待やイメージは壊れるもの。

守り続けようとしているほうが不自然なのかもしれない。

だったら、いっそのこと手放してしまったほうが真実に近づく。

トップに立ち、そして、本質を伝えるというためには、

自分の真実に向き合っていくことなくして得られないのだから。



Speed Groove. yoshi

Posted at 2017/08/07 20:33:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | GT-R Magazine | 日記
2017年06月12日 イイね!

Inspired by HKS Zero-R



『クルマへ気持ちを映せるひと』

たのしいとか、うれしいとか、
そういった気分を映すばかりではなくて。
だからといって、
抱え続けてきた怒りや恨み、
トラウマみたいなものを映すのでもなくて。
ましてや、努力や根性をこめるのでもなくて。
オーナーたちから求められているものは、
もっと奥にある意識なんじゃないのかな。
ただ、それについてはオーナーも言葉にはできないんだろうね。
たとえ理路整然と説明されても、
気持ちとして、どこかひっかかってしまうばかりで。

向き合うということは、
たとえれば、表面的に見える傷と、見えない傷。
その両方の痛みを理解しようとするということ。
わからなければ、わかろうとすること。
マトが外れていたとしてもチャレンジしてみること。
それが、向き合うということの基本なんだと思う。
たいせつなことは、
観念的だけど、深い想いをどれだけクルマに映していくか。
それが求め、求められているものの扉を開く鍵となるんじゃないのかな。

クルマへ気持ちを映せるひとたちへ

speed groove. yoshi
Posted at 2017/06/12 16:58:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | Speed Groove | 日記
2017年06月08日 イイね!

GT-R Magazine 2017/Jul 愛あるメンテでRを護る



Inspired by GT-R Magazine

『五感を研ぎ澄ませてRの声を聞く』

Rの声を聞く。
もしもRからなにか声が発せられているのだとすれば、
その声を「聴く」としたい。
身体を近づけ、そっと触れ、心を寄せて・・・。

ぼくが触れてきたRたちは、気性激しく、時にせつなかった。
そりゃあ、そうだ。
クラッシュとは、いつだって突然で、しかも激しい。
クルマとしての終わりを告げられ、潰され溶けていくのか、
それとも、生き還る道に賭けられるのかの俎上にのせられていたのだから。

もしもRに声があるのだとしたら、
心からの叫びという、そんな見えない心の傷があることを感じられるかどうか。
言葉なき言葉、その真意とはたいていが言外に語られる。
それは、簡単にはわかられたくないという気持ちのほかに、
知られてしまう怖さというものもある。
処遇がどうなるのか、そんな不安が募ったとしてもおかしくないし、
誰だって胸襟を開くのに時間がかかることもあるだろう。
であれば、発せられるひとつひとつの言葉を、
こちらも心でもって聴くしかないだろう。
そうでなければ、その発する声からの真意は掴めない。

アタマでわかったとおもうこと。
思考してわかったとおもうこと。
情報を得たり、アドバイスされてわかったとおもうこと。
愛するための、とっかかりとは、そういうものかもしれない。
でも、永い時を共に歩んでいくためには、
わかったとおもう以上の理解が必要なことだろう。
なぜなら、愛するとは、思いを広げ、そして深めていくものだから。
わかったつもりになっているようじゃ、
それはいずれ満足できなくなる。

当然、愛される側にしても、それは同じことであって、
相手にわかったつもりでいられることほど嫌なことはない。
だとしたら、いっそのこと「よくわからないんだけど・・」
とカッコつけることなく打ち明けてくれたほうが嬉しいものだろう。

機械とはいえ、多少なりとも違いがあるわけであって、
それをアタリとかハズレとか言ったりもする。
それを人に置き換えて表せば、それは個性という感じなのだろう。
とすれば、その個性に合わせた対応を
自分なりに見出していけばいいと思う。
たいせつなことは、その前提を、まずしっかりしておくことだろう。

「オレのRってやつは、こういうところがあるんだよな」

そんなふうにまで感じられるようになれたら、
それは最高にしっくりきていることだろう。
「相棒だ」って言っても、おかしくはない。

逆に、一般論も大切で役立つけど、それとの比較ばかりじゃ、
特別な機械としてのRの本質をみていないことになる。
たとえば・・・

息づく機械としてのR。
闇夜に悶え、振り絞る呻きを発するR。

そんな感情めいた声を発するRにたいして、
いったいどれほどの時間と金をつかって、
その結びつきを固めようと向き合ってきたのか。
もしも、そんな原点となるような思いを見失ってはRにも失礼であるし、
なによりも自分自身をもないがしろにすることになる。

Rを護るとは、自分を護ることと同じなのだ。
愛をもって護る。
そのためには、ある意味、もっと体感覚で感じること、
左脳的な知識を超えて、右脳的に直感で感じてみようとすること。
そんな感覚的であることが、愛をもって向き合う基本姿勢。
それは、マニュアル的な対応で満足する女性が誰一人としていないように、
Rもまたそのように扱い・・、いや、向き合っていきたいものだ。

Rと共に歩む。
いつまでも。
Rと向き合い、
結びつきを確かなものへと深めていく。
そのためにこそ、
心からの声を心でもって聴く。

Speed Groove by yoshi

Posted at 2017/06/08 19:00:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | GT-R Magazine | 日記

プロフィール

「自動車修理職人としてのスタイル「マイカーが必要ではない理由」 http://cvw.jp/b/2033345/40731598/
何シテル?   11/19 11:50
元自動車修理職人 . . . . Speed Groove... speedに溶け込んでいった感情
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

facebook Blog. by yoshi 
カテゴリ:Blog
2015/11/26 09:22:07
 
Auto Repair Gallery 
カテゴリ:photo gallery
2014/09/05 20:26:36
 
Love is. Web gallery by yoshi 
カテゴリ:Home Page
2013/11/09 08:42:16
 

ファン

123 人のファンがいます

愛車一覧

日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
Auto Repair Gallery 撮影車輛
日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
Speed Groove 撮影協力車輛
日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
Speed Groove 撮影協力車輛

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.