• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

SPEED GROOVE @ yoshiのブログ一覧

2017年08月07日 イイね!

GT-R Magazine 2017年9月号 





◇トップに立つということ◇


なにか一線を超えて上に立とうとするならば、
きっと、なにかしらの障害や突き当たるものがあるのだろう。
有名になればなるほど、ついてまわるもの。
たとえば・・・

賞賛。
期待。

それらが、いい意味で効いていて、
表されたイメージが心地よく感じられているうちはまだいいが、
しかし、いずれ、それらは重くなってくるものなのかもしれない。
なぜならば、賞賛と期待の裏側にあるものもセットで存在しているから。

そして、その裏側にあるものとはなにかというと、
おそらくこのようなものなのだろう。

批判。
そして、もうひとつ。
落胆。


「飛ぶ鳥落とす勢い」という言葉があるが、
それを少し皮肉って書くとしたら、こんな感じになるだろう。
飛ぶ鳥もいつかは落ちる。
現実的にも、適当には休まなければ飛び続けられないもの。
それは、勢いよく飛べば飛ぶほどで、
もし、それでも飛び続けていこうとしたならば、
自分の感覚というものを感じないようにしないと続けられない。
なにかしらの無理や我慢と引き換えに・・・。


そして、自分の感覚とはなにか。
それは真実の自分。
ほんとうに思っていること。
ありのままに感じていること。
それが、たとえば、
『面白いと思うことをやっているだけ』とするならば、
その思いに忠実であるということ。


もし、期待されるイメージとのギャップを埋めていこうとするのならば、
道はふたつか、みっつ。
金になるからとわりきっていくか、
それとも、植え付けられたイメージを手放していくか。
その場を離れていくか。

ただ、金を選べば、真実はもう語れなくなる。
もし、それでも期待にこたえるべく語るとしたら、
それは世間うけのいい真実っぽいことと、
口当たりのいいポリシーっぽいことを話せるくらいのものだろう。
期待にこたえるということは、ざっくりいえば、そういうことを意味する。

そして、期待というものの結末は、いつもだいたいきまっている。
それは、裏切られる、ということ。
さらにいえば、裏切りとは、ひとが離れていくというよりも、
じつは、ひとに裏切られる前に自分の気持ちが自分から離れていたことによって起こる。

だから、トップに立つひとは、ひとと関われば関わるほど、
上に立てば立つほど、自分の内面を見ないではいられなくなっていくもの。
そうでないと自分自身がどんどん苦しくなっていくから。
遅かれ早かれ、なにかしらの形で限界を悟るのが物事の道理。

しかし、それにもかかわらず、もし、苦しくないフリをしていたとしたら、
その反応として、周りのひとが離れていくことになるのだろう。
ただ、それもまた、いい意味での気づきとなり、
そこからチャンスは広がっていく可能性はあると思う。

裏切りはメッセージ。
期待をかけすぎているか、
期待を背負いすぎているよ、と。

誰かからの期待。
誰かへの期待。
それと、自分で自分に課している期待。
その両方から。








『死んでしまうまでに何台もクルマを作れないから、
ほんとうに認めてくれるひとのクルマを手掛けたい。
精一杯のクルマ作りをするのが今の当社のポリシーです』


思うに、「精一杯さ」とは、
それは、必死の思いであるとか、一生懸命であるとか、
そのような重そうな感覚よりも、もっとシンプルに捉えることもできると思う。
そして、それもまた、この言葉でもって示せるのだろう。

『面白いと思うことをやっているだけ』

シンプルだけど、この意味は深い。
つまりは、「精一杯のクルマ作り・・・」とは、
面白さを追求する自分自身でありつづけたいという、
自分に対しての素直な意欲であると同時に、
つながりからの信頼を望むものともいえるのではないか。

信頼。

信用ではなくて。

心を頼り、自分の心を委ねる。

その結果として、精一杯面白いものができる、のだと。








期待やイメージは壊れるもの。

守り続けようとしているほうが不自然なのかもしれない。

だったら、いっそのこと手放してしまったほうが真実に近づく。

トップに立ち、そして、本質を伝えるというためには、

自分の真実に向き合っていくことなくして得られないのだから。



Speed Groove. yoshi

Posted at 2017/08/07 20:33:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | GT-R Magazine | 日記
2017年06月12日 イイね!

Inspired by HKS Zero-R



『クルマへ気持ちを映せるひと』

たのしいとか、うれしいとか、
そういった気分を映すばかりではなくて。
だからといって、
抱え続けてきた怒りや恨み、
トラウマみたいなものを映すのでもなくて。
ましてや、努力や根性をこめるのでもなくて。
オーナーたちから求められているものは、
もっと奥にある意識なんじゃないのかな。
ただ、それについてはオーナーも言葉にはできないんだろうね。
たとえ理路整然と説明されても、
気持ちとして、どこかひっかかってしまうばかりで。

向き合うということは、
たとえれば、表面的に見える傷と、見えない傷。
その両方の痛みを理解しようとするということ。
わからなければ、わかろうとすること。
マトが外れていたとしてもチャレンジしてみること。
それが、向き合うということの基本なんだと思う。
たいせつなことは、
観念的だけど、深い想いをどれだけクルマに映していくか。
それが求め、求められているものの扉を開く鍵となるんじゃないのかな。

クルマへ気持ちを映せるひとたちへ

speed groove. yoshi
Posted at 2017/06/12 16:58:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | Speed Groove | 日記
2017年06月08日 イイね!

GT-R Magazine 2017/Jul 愛あるメンテでRを護る



Inspired by GT-R Magazine

『五感を研ぎ澄ませてRの声を聞く』

Rの声を聞く。
もしもRからなにか声が発せられているのだとすれば、
その声を「聴く」としたい。
身体を近づけ、そっと触れ、心を寄せて・・・。

ぼくが触れてきたRたちは、気性激しく、時にせつなかった。
そりゃあ、そうだ。
クラッシュとは、いつだって突然で、しかも激しい。
クルマとしての終わりを告げられ、潰され溶けていくのか、
それとも、生き還る道に賭けられるのかの俎上にのせられていたのだから。

もしもRに声があるのだとしたら、
心からの叫びという、そんな見えない心の傷があることを感じられるかどうか。
言葉なき言葉、その真意とはたいていが言外に語られる。
それは、簡単にはわかられたくないという気持ちのほかに、
知られてしまう怖さというものもある。
処遇がどうなるのか、そんな不安が募ったとしてもおかしくないし、
誰だって胸襟を開くのに時間がかかることもあるだろう。
であれば、発せられるひとつひとつの言葉を、
こちらも心でもって聴くしかないだろう。
そうでなければ、その発する声からの真意は掴めない。

アタマでわかったとおもうこと。
思考してわかったとおもうこと。
情報を得たり、アドバイスされてわかったとおもうこと。
愛するための、とっかかりとは、そういうものかもしれない。
でも、永い時を共に歩んでいくためには、
わかったとおもう以上の理解が必要なことだろう。
なぜなら、愛するとは、思いを広げ、そして深めていくものだから。
わかったつもりになっているようじゃ、
それはいずれ満足できなくなる。

当然、愛される側にしても、それは同じことであって、
相手にわかったつもりでいられることほど嫌なことはない。
だとしたら、いっそのこと「よくわからないんだけど・・」
とカッコつけることなく打ち明けてくれたほうが嬉しいものだろう。

機械とはいえ、多少なりとも違いがあるわけであって、
それをアタリとかハズレとか言ったりもする。
それを人に置き換えて表せば、それは個性という感じなのだろう。
とすれば、その個性に合わせた対応を
自分なりに見出していけばいいと思う。
たいせつなことは、その前提を、まずしっかりしておくことだろう。

「オレのRってやつは、こういうところがあるんだよな」

そんなふうにまで感じられるようになれたら、
それは最高にしっくりきていることだろう。
「相棒だ」って言っても、おかしくはない。

逆に、一般論も大切で役立つけど、それとの比較ばかりじゃ、
特別な機械としてのRの本質をみていないことになる。
たとえば・・・

息づく機械としてのR。
闇夜に悶え、振り絞る呻きを発するR。

そんな感情めいた声を発するRにたいして、
いったいどれほどの時間と金をつかって、
その結びつきを固めようと向き合ってきたのか。
もしも、そんな原点となるような思いを見失ってはRにも失礼であるし、
なによりも自分自身をもないがしろにすることになる。

Rを護るとは、自分を護ることと同じなのだ。
愛をもって護る。
そのためには、ある意味、もっと体感覚で感じること、
左脳的な知識を超えて、右脳的に直感で感じてみようとすること。
そんな感覚的であることが、愛をもって向き合う基本姿勢。
それは、マニュアル的な対応で満足する女性が誰一人としていないように、
Rもまたそのように扱い・・、いや、向き合っていきたいものだ。

Rと共に歩む。
いつまでも。
Rと向き合い、
結びつきを確かなものへと深めていく。
そのためにこそ、
心からの声を心でもって聴く。

Speed Groove by yoshi

Posted at 2017/06/08 19:00:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | GT-R Magazine | 日記
2017年05月08日 イイね!

映画『セッション』を観て思うこと



映画『セッション』を観ておもうこと。
悪く批評されていることが多い映画のようだけど、
確かに、それは見ている間中、ぼくもそう思った。
主人公をパワハラで心理的に追い込んでいく様子が描写されているから、
ある意味、見る人を選ぶ映画かもしれないね。
でも、ラストまで見て、理由はよくわからないけど、ぼくはいい感じに泣けた。
というのも、自分で感情を抑圧して記憶を消し、わかならなくしていた部分がフラッシュバックされたから。
そして、なにより一番タメになったのは、自分のしてきたこと、もちろん車の仕事を含めた過去の解釈が変わった感じがすることかな。
いい意味で衝撃を味わった。
とにかく、ぼくは観て良かった、と思う。
きっと、また月日をあけて観るであろう、思い出に残る一本。
要は、恥を承知であえて言ってしまえば、「これは、オレだ」と思った。
まあ、勝手な思い込みなんだけどもね。
かつての職人時代のリアルなぼくを知る人が観たら、
その意味もなんとなくはわかってもらえるような気がするかな。

ぼくは、クルマ系のなにか専門学校などで学んで職人になったわけではなくて、
いわゆる「小僧」って呼ばれる見習いからこの業界に入ったから、
体系的なレッスンや講義などは一切なく、
すべてが見様見真似の実践あるのみ、というところからスタートした。
だから、っていうのもヘンな話なんだけど、先輩や上司が口の悪いのはアタリマエの世界。
シメるだの、シメられるだの、とか、
まあ、そういうガラのわるい言葉のある世界だった。
でもね、いちおう言っておくけど、たぶん、いまは、もう時代が違うから。
これからやろうって思っているひとは特に心配することなく安心して働けると思うよ。
むかし話だからさ、ね。

で、話をもどすと、セッションを観て感じたのは、なんていうのかな。
愛と憎しみが裏表で存在するように、才能と狂気もまた裏表なんじゃないか、ということ。
なにか物事を極めていこうとすると、それも真に極めようとすればするほど、試練や苦難に出会うものなのかもしれないね。
であれば、大切なのは「もちろん、そこで潰れることもある」ということ。
それは精神的にかもしれないし、物心両方かもしれない。
潰れてもある意味当然なんだ、とまず受け入れることが大切なんだと思うんだよね。
「オレは平気だぜ」とか、「オレには関係ねえ」とかって思っているとしたら、
それは、上から目線でモノ言っててごめんね、まだまだだと思うから。
そのうち、じゃないかな。

で、なんで、こうやって、ぼくが技術以外のことをずっと書いているか?っていうと、
技術を極めていこうとすればするほど精神的なことのほうが大事になってくるから。
仕事で重きを置くポイントが変わってくるんだよね。
つまりは、見習いの頃はさ、早くいっちょまえな作業がしたくて仕方ないのよ。
で、それなりに経験積んでそれなりに稼げるようになってくると、そこで道がわかれる。
そのレベルで安住するか、それとも、さらに上のレベルを目指していくのか。
ぼくの ”みんカラ”を見てくれている同業の人たちはレベルの高い人ばかりだから、
だからこそ、小手先の技術どうこうよりも、どう仕事に対して向き合っていくか、その考え方をなにか参考にしたいとおもっているんじゃないかと思うんだよね。

で、もうひとつは、走りの世界にいるひとたちにも、それは、そのまま言えるんじゃないかな。
というのも、だって、トップレベルで走り続けていくには慢心が一番危ない、でしょ。
違うかな。
セッションで描かれている世界観は、かなり、それらに近いか同じなんだと思うんだよね。
走りも職人仕事も、才能と狂気、そういう面があって、
だからこそ魅入られるんだと思うし、お金もつぎ込むのだろうし、人生もかけるのかもしれない。
ぼくは、そういう情熱をもったひとが好きなんだけど、
だから、なにか関わりをもって応援しようとでもしているのかもしれない。

才能と狂気。
ポイントは、そのどちらか、という分離した考え方ではなくて、統合することなんだろうね。
で、その統合した世界観がセッションには描かれていると思った。
ただ、簡単には統合できないものなんだろうね、汗かき、べそかき、挫折し、ひとを傷つけ、また自分も傷つき・・。
そうやって、やっとこさ見えてくるものなのかもしれないね。
だとしたら、すくなくとも、いま、もし悩んでいたり壁にあたっているとしたら、まず、その境地・レベルまで到達していることを自覚することなんじゃないかな。
よく、やってきたよね。
ほんとにさ、こんなに悩むほど・・。
で、それを超えた先に、なにか、あなたにとっての光となるものがあるんだと、ぼくはそう思う。

気持ちが、つぶれてもいい。
挫折していい。
なんなら、もっと泣こうよ。
そのような気持ち、わかるから。
そして、この先に進むためには、むしろ、こういう経験が必要だったんだって、きっと後で気づくことができるのかもしれないね。
だとしたら、いまは、けして無駄な時間なんかじゃない。
この映画、セッションを観て、ぼくはそんなふうに思った。
yoshi


Posted at 2017/05/08 18:56:08 | コメント(1) | トラックバック(0) | Speed Groove | 日記
2017年04月10日 イイね!

GTR Magazine 『オリジナルからオリジナリティの時代へ』





前回に引き続き、あらためて、 ”VR32GTR” には驚いた。
今号では、その作り込みの詳細と走行インプレッションが載っていて、
そこでわかったことは、
R35のメカを移植するにあたってボディをかなりカットしたりしたということ。
具体的にどこをどのくらいカットし、また形成していったのかまではわからないけど、
まあ、相当たいへんな作業だったんじゃないかと思う。

ただ、”たいへん” というのは苦労という意味もあるけど、
おそらく、それは ”たのしい苦労”。
作業者として充実した時間だったのではないかと思う。

 仕事というよりも、趣味。

 趣味を超えた、仕事。

というのも、革新的であればあるほど協力や情報は入ってくるものだと思うし、
独創的であればあるほど、インスピレーションはわきあがってくるものだから。
そして、どんな仕事であれ、そんな感覚を味わえるひとは幸せなんだろうね。

今号の記事本文とVR32GTRの写真を見ていると、
もはやオリジナルは手放していい段階に入っているのかもしれないとさえ思う。
「時代の変化への対応」というような言葉はよく聞くけど、
それは技術の革新や環境の変化も含めた、
そのベースとなる「人間の感覚の変化」への対応なんじゃないかと思う。

たとえば、R32のスタイルはいい。ただ、メカニズムは今の方がいい。
だとしたら、
もし、そのスタイルにあたらしいメカが入ったら、どんなだろうか・・?
VR32GTRは、そんな夢や理想をカタチにしたもの。
オリジナルにこだわっていたのでは、とてもじゃないけどできない。

そのためには、孤高であることを怖れないこと。
唯一無二であり続けることへの勇気をもつこと。
それが「独創的」であることへの誇りへとつながる。
ぼくはそんなふうに思う。





そのような感覚は、
ガレージヨシダさんのR32GTRの内部補強の記事にも同様のことが言えると思う。
あの作業で考えられる一番のリスクは、熱による歪み。
あれだけの溶接をボディ骨格に行えば、鉄系の素材ゆえに熱収縮がおきたりして、
ボディパネルのパーツが引っ張られたりもする。

最悪のケースは、
ドアが閉まらないとか、パネルに金属疲労のクラックが入ったりすること。
なので、実際に作業するにあたっては、溶接箇所の順番を考えることや、
仮溶接などによって、あらかじめ予防しておくこと、かな。

掲載の写真からして、溶接間隔がいい感じで過不足のない感じだね。
補強の効きはかなりあると思うから、
完成後のタイヤとサスのセッティングのほうは面白くなりそう。
ターゲットとするステージで実走しての課題になるんじゃないかな。
特にリヤ周りが強固になることによってリヤ側の荷重変化がどうなるか・・・。
いい意味でリヤからの安定感が増して、そのぶん直進性が高まると思うけども。





『オリジナルからオリジナリティの時代へ』

VR32GTRも骨格の補強も、そのどちらの作業をするにあたっても共通して言えることは、
たぶん、2〜3台は潰すくらいの覚悟をもっていないと、実験的にボディは切れないってことだろうね。
そんな覚悟をもてるかどうか。

いまのぼくの言い方からすれば、
それだけの自己信頼とチャレンジ精神へのコミット。
なによりも、自分の感覚への信頼をもてるかどうか。
それを、さもあたりまえのようにやってしまう両者は、さすが、というか、
すごい、というか。
もし、「すごいですね」と声をかけたら、きっと、こんなふうに答えるんじゃないかな。

「ただ、やりたいことをやってるだけだよ」

その意味することは・・・
いま、を生きているか。
いま、を楽しんでいるか。
いま、幸せか。
ということなんだと思う。

もしも、しあわせ、そのもにフォーカスして満たされていたなら、
オリジナルというのは、たぶん取り立てて問題にするポイントではなくなり、
オリジナルであり続けることよりも、とにかく、もっとしあわせを味わっていたくなる。
それが、ひととしての自然な気持ちなんじゃないかな。

正しくありたいのか、それとも、しあわせでありたいのか。
どちらなのか​​​?

もちろん正解はないけど。
もし、しあわせを選べないとしたら、
しあわせを遠くにおいておきたいような​​​​気持ちが隠れているのかもしれないね。

これからは、ますますオリジナリティを活かせる幅が広がり進んでいけるのだろう。​
そして、そのためにはオリジナリティとはなにか、
その理解と、独自の世界観に信頼をもつことへの許しが、
これからはもっと進んでいくことになるのだろう​​。
製廃時代の​GTR​を通じて、​ぼくは、そんなふうに思う​。

Posted at 2017/04/10 19:49:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | GT-R Magazine | 日記

プロフィール

「GT-R Magazine 2017年9月号  http://cvw.jp/b/2033345/40207773/
何シテル?   08/07 20:33
元自動車修理職人 . . . . Speed Groove... speedに溶け込んでいった感情
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

facebook Blog. by yoshi 
カテゴリ:Blog
2015/11/26 09:22:07
 
Auto Repair Gallery 
カテゴリ:photo gallery
2014/09/05 20:26:36
 
Love is. Web gallery by yoshi 
カテゴリ:Home Page
2013/11/09 08:42:16
 

お友達

ファン

123 人のファンがいます

愛車一覧

日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
Auto Repair Gallery 撮影車輛
日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
Speed Groove 撮影協力車輛
日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
Speed Groove 撮影協力車輛

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.