車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年04月10日 イイね!




前回に引き続き、あらためて、 ”VR32GTR” には驚いた。
今号では、その作り込みの詳細と走行インプレッションが載っていて、
そこでわかったことは、
R35のメカを移植するにあたってボディをかなりカットしたりしたということ。
具体的にどこをどのくらいカットし、また形成していったのかまではわからないけど、
まあ、相当たいへんな作業だったんじゃないかと思う。

ただ、”たいへん” というのは苦労という意味もあるけど、
おそらく、それは ”たのしい苦労”。
作業者として充実した時間だったのではないかと思う。

 仕事というよりも、趣味。

 趣味を超えた、仕事。

というのも、革新的であればあるほど協力や情報は入ってくるものだと思うし、
独創的であればあるほど、インスピレーションはわきあがってくるものだから。
そして、どんな仕事であれ、そんな感覚を味わえるひとは幸せなんだろうね。

今号の記事本文とVR32GTRの写真を見ていると、
もはやオリジナルは手放していい段階に入っているのかもしれないとさえ思う。
「時代の変化への対応」というような言葉はよく聞くけど、
それは技術の革新や環境の変化も含めた、
そのベースとなる「人間の感覚の変化」への対応なんじゃないかと思う。

たとえば、R32のスタイルはいい。ただ、メカニズムは今の方がいい。
だとしたら、
もし、そのスタイルにあたらしいメカが入ったら、どんなだろうか・・?
VR32GTRは、そんな夢や理想をカタチにしたもの。
オリジナルにこだわっていたのでは、とてもじゃないけどできない。

そのためには、孤高であることを怖れないこと。
唯一無二であり続けることへの勇気をもつこと。
それが「独創的」であることへの誇りへとつながる。
ぼくはそんなふうに思う。





そのような感覚は、
ガレージヨシダさんのR32GTRの内部補強の記事にも同様のことが言えると思う。
あの作業で考えられる一番のリスクは、熱による歪み。
あれだけの溶接をボディ骨格に行えば、鉄系の素材ゆえに熱収縮がおきたりして、
ボディパネルのパーツが引っ張られたりもする。

最悪のケースは、
ドアが閉まらないとか、パネルに金属疲労のクラックが入ったりすること。
なので、実際に作業するにあたっては、溶接箇所の順番を考えることや、
仮溶接などによって、あらかじめ予防しておくこと、かな。

掲載の写真からして、溶接間隔がいい感じで過不足のない感じだね。
補強の効きはかなりあると思うから、
完成後のタイヤとサスのセッティングのほうは面白くなりそう。
ターゲットとするステージで実走しての課題になるんじゃないかな。
特にリヤ周りが強固になることによってリヤ側の荷重変化がどうなるか・・・。
いい意味でリヤからの安定感が増して、そのぶん直進性が高まると思うけども。





『オリジナルからオリジナリティの時代へ』

VR32GTRも骨格の補強も、そのどちらの作業をするにあたっても共通して言えることは、
たぶん、2〜3台は潰すくらいの覚悟をもっていないと、実験的にボディは切れないってことだろうね。
そんな覚悟をもてるかどうか。

いまのぼくの言い方からすれば、
それだけの自己信頼とチャレンジ精神へのコミット。
なによりも、自分の感覚への信頼をもてるかどうか。
それを、さもあたりまえのようにやってしまう両者は、さすが、というか、
すごい、というか。
もし、「すごいですね」と声をかけたら、きっと、こんなふうに答えるんじゃないかな。

「ただ、やりたいことをやってるだけだよ」

その意味することは・・・
いま、を生きているか。
いま、を楽しんでいるか。
いま、幸せか。
ということなんだと思う。

もしも、しあわせ、そのもにフォーカスして満たされていたなら、
オリジナルというのは、たぶん取り立てて問題にするポイントではなくなり、
オリジナルであり続けることよりも、とにかく、もっとしあわせを味わっていたくなる。
それが、ひととしての自然な気持ちなんじゃないかな。

正しくありたいのか、それとも、しあわせでありたいのか。
どちらなのか​​​?

もちろん正解はないけど。
もし、しあわせを選べないとしたら、
しあわせを遠くにおいておきたいような​​​​気持ちが隠れているのかもしれないね。

これからは、ますますオリジナリティを活かせる幅が広がり進んでいけるのだろう。​
そして、そのためにはオリジナリティとはなにか、
その理解と、独自の世界観に信頼をもつことへの許しが、
これからはもっと進んでいくことになるのだろう​​。
製廃時代の​GTR​を通じて、​ぼくは、そんなふうに思う​。

Posted at 2017/04/10 19:49:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | GT-R Magazine | 日記
2017年02月14日 イイね!


祝・VR32GTーR完成。
32のボディに35のメカニズム一式を詰め込んでしまうとは、快挙としか言いようがない。
いっぽうで、とはいうものの今号ほど、ぼくにとってキツイ号はなかったと思う。
カナザワさん特集よりも、ヨシダさん特集よりも。
はっきり言って、いま、嫉妬心が湧き上がってきている自分を感じ、その心に受けた衝撃から、どう立ち直っていこうか困っているほど。
まあ、今はそっちの方の専門なので、そんな嫉妬心のでてきた自分の心理をみていくのがおもしろいというか、
ここからの心のプロセスを楽しめるんだろうな、と思っている。

では、このVR32GT-Rの完成に、なぜも、そんなにも嫉妬するのか。
それはというと、かつてボディ職人だった頃に、ボディの改造プランにおいて似たような方向でのコンセプトを持っていたから。
32GTRを34GTRのボディ剛性に近づけるべく、さまざまな改造プランをあたためていたんだよね。
サイドシル強化や、アウトリガーなど、実際に実現したものは、あくまでもその一部。
他のプランは実現することなく、ふと、クルマの職人から転身してしまったので、そのままお蔵入り。
ごく少数の懇意にしていたオーナーたちだけが知っている未完のシークッレットプラン。
さらに今となっては、打ち切り部品のリストに該当するような部分ばかりだから、
おそらく今後も実現は不可能となってしまったことだろう。

今回、メカニズムとしてトップシークレットさんが夢のようなプランを実現させたが、ボディにはどこまで手を入れたのだろうか。
詳細は今号では不明だが、とりたてて記事になっていないということは、おそらく32のボディ補強プラスアルファかと思われるがどうだろう。
ボディ部門としては、Gマガを見ているかぎり、どこのファクトリーも実現していていないのではないか。
ぼくが狙いとしていたことは、今回のVR32のコンセプトのボディバージョンというのが、ほぼ当たり。
32ボディのネガティブな部分を根本から見直そうとしていたから。



にしても、こんなにも嫉妬心が高まってしまったということと、なんでこんなにも悔しさがでてきているのか。
おかしい、と自分でも思う。
自分なりに納得して身を引いたはずなのに。
まったくもって、おかしいとしか思えない。
この気持ちを心理的な観点からすこし深めてみれば、こう解釈できることになるのだろう。
願っていたものや世界観が現実に近づくと古い価値観や苦い過去の出来事が思い起こされてくることがある、ということ。
それは、まるで足を引っ張られたり、引き戻されたり、昔に戻されたりするかのような感覚。
つまりは、心理的な抵抗としての未来への恐れ。
いまの現状から前へ進むことへの恐れの感情のあらわれとして起きてくる。

いまのぼくは、GTRオーナーやクルマ好きな人たちとは真逆なライフスタイルを過ごしている。
長く身を置いてきた、ある意味で尖った世界からは対極に位置するかもしれない。
それは、尖った世界を嫌悪するようになっているからではなく、ひじょうに細やかで繊細なこころの世界に日々身を置いているから。
そうすると、逆に、このGTRの世界が、いまの時代、この環境下でどれだけまぶしいほどに輝きを放っている世界なのか、現役時代よりもよくわかるという不思議なおもしろさがある。
たぶん、おおくのGTRオーナーは自分たちがどれほど強烈な個性を持ち、GTRと共に過ごし生きているのか、
そのような自覚は薄いと思う。
なにしろ、身近にGTRというモンスターマシンを所有し、それが、あたりまえのように馴染んでいるだろうから。
でも、傍目からみれば、GTRオーナーというひとたちが、どれだけクルマにエネルギーを注いでいるか、
その桁違いな情熱に、自分たちとは違う別世界の人たちというような感じをもっていることだろう。
ヘンな話かもしれないが、それなりにGTRに携わってきたことのあるぼく自身が、いまはそう感じる。
それは、GTRオーナーがある意味、非合理な世界に生きているからだと思う。
その性能や維持費などなど、どの要素もが他の一般的なクルマに比べたら破格であり、別格な存在であるから。
以前、すべてのGTRオーナーは1000万円級のクルマに乗っているという自覚をもつように、と書いたことがあるが、それが冗談ではなくなってきている。
おふざけでも、ヘンに肩肘張らせようとして書いたわけではなく、かつてGTRに入れ込んだ者がGTRの世界を離れてみれば、そのくらい世間一般の感覚からかけ離れた世界にみえるのだ。

GTRマガジンの記事ひとつひとつも、人が介在している以上、ほんとうはものすごい情報量がある。
だけど、あまりにもその情報が多すぎて、メカに関するもの以上は伝えきれないし、書ききれないのだと思う。
また、読む側にしてもメカ以外の情報を伝えられたとしても、たぶん必要としていないか、意味不明に思えてしまうことだろう。
だから、スペックやオーナーの経緯を中心にした背景を伝えるのが、メジャーなメディアとしてちょうどよい落とし所なのだと思う。
たとえばチューナーの気持ちを掘り下げて解説をしていったところで、GTRを維持したり楽しむこととは直接関係のない方向になってしまうだろうから。
当然といえば当然なのだと思う。
そんなことに面白みを感じて、こうしてブログを書いているのは、たぶん、ぼくくらいなものだろう。
でも、みんカラのファンが現在120名と、お友達18人がついているから、それは、なんともありがたいことで、みんなには感謝しています。

話を戻すと、かけがえのないクルマなんだよね、GTRって。
車に対してとは限らないが、愛っていうのは、ほんとうに愛している人は自覚なく愛しているから。
自分自身に、いったいどれほどの愛があるのか、案外わかっていないもの。
で、別にそれはそれでいいのかもしれないけど、でも、自分にはこんなにも大きな愛があるってことを知ると、さらに心の幅が広がってくる。
結果として、人間関係が、特に夫婦関係やパートナーシップが、より良好な状態になっていくとおもう。
(ますます車と関係のない話になってきているが・・・)

ぼくは、いまも、そんなGTRの世界にそっと寄り添わせてもらっているけど、
でも、そうして見させてもらえているってことが、とっても幸せなことに思えてならない。
もうひとつ思うことは、もし必要とされているのならばの話だけど、後進の職人たちになにかメッセージを残すことができればいいのかもしれない。
とくに、職人としてのマインド面で。
部品のすくない時代に移ってきたいま、金銭面よりも、より一層ものごとの内容を重視する傾向になってきているように思う。
だからこそ、職人は、ますます技術のベースとなる「心」というものの重要性が、いつかもっと大切であると気づく日がくるのではないか。
さんざん技術をやってきて、山のようにたくさん悩んできたからこそ、伝えられるものがあるのかもしれない。

*おまけの情報・ぼくの見立て
フロントサイドメンバー(いわゆるフレーム)へのスポット増しの記事があった。
もし、ぼくならば、スポット溶接機が入る箇所なのは知っているけど、あえてブレージング MIGで対応すると思う。
なぜならば、パネル内部のサビが起きているケースが多い箇所なので、溶接不良になることも考えられるから。
(保管状況のいい個体ならば別かもしれないが)
強度優先ならば、なおのこと。
まして手が入り、シーリングがしっかり施せる箇所なので、その後の防錆処置はしやすい。
エンジン側はシーリング。
サス側はチッピング処理。
こんなスタンダードな処置ができる、ありがたい箇所。
だからこそ、強度アップに振ることができる。という発想。

なお、室内側からの補強溶接は、ぼくなら、行わない。
フレーム付け根は、補強するならば、エンジン側から同じくブレージングMIG。
ただし、ここは熱による歪みがでやすいので、そのへんは十分に注意。
場合によっては、合わせパネルの防音材が熱で焼ける。
最悪は火災。
なので、消火準備も必要。
なので、溶接のポイントとしてはビードを長くだそうと無理に引っ張らないほうがいいと思う。
デキる職人ならば、追加の鉄板をL字に立ち上げたりして、フレームとガセットふうにしてみるのも妙味あり。
もし、そこまでやれば、かなり強固なサイドメンバー構造になると思う。
そもそもが、34Rのアウトリガーを取り付けることで対応できるのだけども。
参考まで。
yoshi



Posted at 2017/02/14 22:26:02 | コメント(2) | トラックバック(0) | GT-R Magazine | 日記
2016年12月14日 イイね!


「一生モノのRを作る」
メカ系はさておき、ボディ関係の記事を読んでみて思ったこと。
骨格部品が無いという状況に、カナザワさんもヨシダさんも実のところは苦労しているのではないか。
もし、僕がインタビューされていたのなら、ある意味素直に、少しづつでも追いつめられてきている様子を伝えるかもしれない。
それを、各社のみなさんが工夫をして、メンテナンスの方向で凌ぐ提案をしたり、ドナーを確保して移植する方法、はたまたいつの日かのリプロに希望を託す、そんなセカンドベスト、サードベストな選択肢の提案がより現実的になってきているように思える。
セカンド、サード、などと、これは厳しい見方をしているように自分でも少しは思うが、でもそれは、僕が現役だった頃に今の状況を見越して先回りして対策に動いていた人(お客さん)への敬意の気持ちも含まれていると思ってほしい。
そう思うと、ぼくがまだ現役だったころは、まだかろうじて部品があったわけで、
あの頃が部品供給の最後だったことになるのだろう。(今後生産が復活しなければ)
とはいえ、当時でも、近い将来に部品の打ち切りは予想できていたから、その頃のお客さんたちには、できるかぎり優先度の高い部品から確保しておくことをお勧めしていた。
とはいえ、それなりに金額のかかることだし保管場所の問題もあることなので、実際に行動できたひとはそれほど多くはなかったのかもしれない。
しかし、確保できていたかどうかはともかく、その将来を見越してなにかしらの行動ができていたかどうか、その方が実は問題の核であると思う。
予想できる危機があるのならば、なにかしらの対策はしておいたほうがいいと、たぶん頭ではわかっていたことだろうが、でも、それを実行に移せないのが人間味であり、人間心理というものだろう。
どうしたって目先の利益や、いっときの快楽のほうをついつい優先しがちになるもの。
ぼくたちは、そのくらい長期で物事をみたり考えたり、計画をしていくことは苦手なようだ。
ただ、もしそれを実行していた人がいたのならば、たぶん、いま少なくとも絶望的には感じていないことと思う。
あとは、どこに作業の依頼をするか、その方向での検討をすることにはなるだろうが。



そして、このような部品の無い状況だからこそと、かえって熱意をたかめてやる気を見せているのがヨシダさんのように思えてくる。
まあ、ヨシダさんにしてみれば心外なことかもしれないが、どことなく、かつていた、どこかの誰かさんを見ているようにもおもえてきて、全体としてはその熱意になんとなく懐かしさを喚起されるとともに、微笑ましくも思えてきてしまう。
記事にある印象深い言葉をいくつか拾ってみれば、
「クルマ談義に華を咲かす」
「ダメ経営者」
「私を必要として来店」
「パーフェクトに仕上げたい」
「あまり儲からなくてもいい」
と、これだけをみても、どこかの誰かさんとオーバーラップするような感じがしてきて、
にやけている読者がいるかもしれない・・・
思い返せば、その誰かさんは、連日のように誰かしら熱心なお客さんが来店し、クルマ談義に華を咲かせ、どうしたらパーフェクトに仕上がるかを語りあっていた・・・・
ただ、その誰かさんとヨシダさんとが決定的に違うところはヨシダさんが経営者であるということで、
ヨシダさんほどまでには自由な采配ができなかったのかもしれない・・・
そんな経緯があるからこそ、そのぶんヨシダさんには活躍してほしいと夢を託しているのだろう・・・。

とまあ、どうでもいいような冗談はさておき、「一生モノのRを作る」とはどういう意味なのか?
それについて考えてみてみよう。
まず、ヨシダさんの言葉を要約すれば、こうなる。
「依頼者が愛情を注ぎ続け、施工者が継続してそれに応え続けられるか?
双方の気持ちが一生モノであれば、一生モノのRが存在すると思います」
まあ、これは心理学でいえば、コミットメントというものに該当する言葉になる。
それは、覚悟、腹を括るといった意味であり、それは、ヨシダさんが次に言っている強烈なメッセージにつながっている。
「いついかなる時もなんとかする」
おそらく、恋愛心理として女性にモテるような男は、このような言葉がわりと普通に言えることだろう。
つまりは、根拠はともかく自信を表していることであり、
これを一般論の恋愛心理として読み解けば、男性よりも女性のほうが自信をもちにくい傾向にあることを表している。(ほんとうは男も自信がないのだが・・)
さて、話をGTRに戻せば、
将来、売却や手放すことを選択肢にいれている人は問題ない。
しかし、そうではないユーザーの多くは自分のRを将来どうしていくか、その決断の迫られる日が近づくにつれ、現実的になるにつれ、不安な気持ちを潜在的に持つことだろう。
そんなときに、「いついかなる時もなんとかする」という言葉が目にとまったならばどうだろう?
ま、さきほどの恋愛心理とおなじく、そんな心強い自信あるところに頼りたくなるのが人間心理というものだろう。
そういう観点からみていくと、自信は強烈なモテ術、集客術につながることがみえてくると思う。



つぎに、水をさすわけではないが、集客イコール成功、か?という問題が起きてくることも、同時にみえてくる。
というのも、このブログ記事の裏のテーマとしては、「どうしたら自動車修理工場を成功させることができるのか?」でもあるので、次世代の修理工場経営者、幹部の方々に向けてここまで踏み込んでおこうと思う。
集客に成功するということは、そのぶんリスクも高まるということであって、そこで天狗になっていては、いずれ足元をすくわれることにもなりかねない。
そのため注意すべきは、限界を示す、ということ。
このあたりについては、カナザワさんが実にうまく対応をしていると思う。
カナザワさんの記事からいくつか言葉を拾ってみよう。
「修理にもレストアにも完璧はないのです」
「新車に戻すことは不可能です」
「悪い言い方をすれば、何をやっても中途半端」
「身の丈で修理して、あとは長く乗るためのメンテに回すべき」
まあ、これだけでみてもカナザワさんが、いったいどれほど権威を投影されてきたのかが垣間見える。
いわゆる”神の手”の持ち主のような扱いをされてきたということを示しているのだが、それはけして喜べることばかりではない。
なぜならば、カナザワさんとはいえ失敗をすることだってあるだろうし、いろいろな面において限界はあることだろう。
このさまざまな限界を示すことが実はとても大事なことであり、工場を安定的に発展できるかどうか、成功の軌道に載せられるかどうかの分かれ目ともいえると思う。
もし、ここで限界を示すことができず曖昧に進めていったならどうなるか・・・?
それは、おそらく、最終的には破綻へと進むことになるだろう、と思う。
たとえば、肉体的、体力的な限界かもしれない。
資金的な限界もあるだろう。
ひとり親方の工場でなければ、従業員とのさまざまな問題もおきやすくなってくるだろう。
そして、昨今のように、部品入手の限界もある。
これらを、まず、きちんと把握し、自分自身(経営幹部自身)に示しておくことが必要になってくる。
僕がみるかぎり、知る限りの狭い範囲ではあるが、ここが後回し、置き去り、見てみないふりをしている工場は結構多いように思う。
そうすると、その対比として、カナザワさんがどれほど、うまく対応しているかがわかってくる。
カナザワさんは今回のGTRミーティングで、ボディについてのトークショーを開催し、好評だったそうだが、
その内容は職人としての腕自慢的な方向ではなく、サビについての理解、メンテナンス、付き合い方という、どちらかというと守りの方向でのトークショーになっていたようだ。
ドンガラボディも、錆や劣化とどう付き合っていくかを知ってもらうため、ボディへの理解を深めてもらうために持ち込んだものであり、
そういう点をもってみても、カナザワさんが隠れた意味では作業の限界を示すとともに、ユーザーの意識や方向性を際限のないものから、自身のライフスタイルや身の丈にあったものへと、その選択肢の広がりを示そうとしているように僕には思えた。

これはぼくの勝手な想像だったが、「一生モノのRを作る」というタイトルと写真からして、
ボディ作りから始めてなにか根本的、革命的なGTR作り、僕の言葉で言えばEvolution的なモデルのプランが示されるのかと思った。
が、それは、まだ先のことなのかもしれないし、もう出来ないことなのかもしれない。
ただ、これだけグローバルにGTRが広まってきている時代なのだから、ここで終わってしまうのも、さみしい感じがする。
願わくば、世界的なスケールで知恵やアイデアが出て、それを実現できる日がくるといいと思う。
結局は将来のリプロに期待するという結論になっているが、それまでは、部品取り車(ドナー)の活用が主流になっていくのだろう。
かつての贅沢で究極的な修理方法ができる時代から、なにかあたらしい修理方法の時代へと、完全に踏み出したということになるのかもしれない。
もし、そんな時代を突き抜けていく職人がいるとすれば、それは既存の路線にはとらわれない、あたらしい感覚と勇気のある職人なのだろう。
そして、それはもはや職人とか板金屋という言葉には似つかわしくないくらいで、むしろアーティストと呼ぶにふさわしいようなスタイルである気がしている。
それというのも、Rを”作る”となれば、それだけの創造性と行動力を持っていることと、ある種のムーブメントを起こすくらいに人の心を動かす才能が要されると思うからだ。
ぼくは、そんな人が出てくるのを楽しみにしている。
yoshi


Posted at 2016/12/14 13:34:58 | コメント(1) | トラックバック(0) | GT-R Magazine | 日記
2016年10月24日 イイね!
  
   

【完璧さを目指す気持ちの奥にあるもの 〜愛ある自分に気づくために〜】
もし、仲間を引っ張っていく責任感の強いリーダー的な立ち位置にあったとしたら、あえて厳しい局面に率先して自らを追い込んでいく、そんな犠牲的な姿勢を示さなければならないと考えることも、時にはあるのかもしれない。
そして、そんなストイックな生き方が身に馴染むのは、人へのやさしさや思いやりなどの気持ちのほかに、完璧な自分でありたいと思う気持ちがあるように思う。

完璧主義には、目指す完璧な世界へ向けて自らの心をも追い込んでいくことに、ある種の快感があるようだ。
そのためには揺れ続ける感情を排し、めまぐるしく沸き起こる思考を目的一本に絞ろうとしがちである。
もしそうなれたなら願いは叶い、生き甲斐を感じることができると、そう思ってのことかもしれないが、しかし、そうはなかなかなれないものだろう。
結論から言えば、そのために必要なことは皮肉なことにも排除し抑圧しようとしてきた心なくしては成し遂げられない。
完璧を目指している時、それは何か大きな法則や真理に反する行為であると、その矛盾に気づきながらも後戻りのできない自分がいたとしたら、その矛盾に気づいた時点で、たとえ自分の理想とする完璧には到達できていなかったとしても、少なくともトップレベルの実力は獲れていることだろう。
本人が気づけない、自分で自分を認めることができないだけであって、周りはもう十分に評価をしている。
そのくらい、自分を追い込むことで得られる快感は心と感覚を麻痺させるもののようだ。

完璧さを目ざす苦しみのループから抜け出したくても抜け出せない時、心の奥で強烈に欲しているもの。
それはきっと、愛だろう。
しかし、いくら大切な人からの愛があっても、愛されているとわかっていたとしても愛を受け取れない。
愛を受け取ってもらえないことにあなたは傷つくが、愛を受け取れない人にすれば、その愛を受け取ってしまったならば今の自分ではいられなくなってしまうかもしれないという恐れが出てくる。
だから、愛を拒絶すればするほど、その悪態の裏には、そのくらいあなたの愛がありがたく、価値あるものだと認識していることを示している。

人には、愛したくても愛せない時というのがあると思う。
わかりやすい愛だけが愛なのではなく、わかりにくい愛でもってでしか愛せないこともあるだろう。
それは、愛してくれていたあなたの気持ちに素直に応えることができないもどかしさ、そんな自分の心の弱さの一面を甘えという表現でもって、唯一あなたにだけは見せられたということだったのかもしれない。
そうであれば、意見がぶつかりあうたび、心の深いところではいったいどれほどの愛情を感じていたことだろうか。
後になってでしかわからないことは悲しいと思うかもしれないが、あなたとの絆を胸にそっと抱きしめ、あなたを思い、見守っていることだろう。

愛を、愛だとは気づかないふりをして受け取らないこと、それがその人なりの頑張り方だったのかもしれない。
愛を、愛としてはわからないように伝えようとすること、それがその人なりの愛し方だったのかもしれない。
偽善と矛盾で満ちたルールばかりの世の中で素直に愛を表すことは、真っ直ぐな気持ちを持つ人であればこそ難しい。
そのような状況の中で、その人なりの精一杯の愛を表すとすれば、それは偽悪をしたり悪態でもってでしか表せなかったのなのかもしれない。
その振る舞いの奥には計り知れないほどの深い愛と、あまりにもピュアで繊細な心があるということを表しているのだと思う。

きっと、見えないところに真実は隠れているものなのだろう。
疲れた体に鞭を打ち、無理を押してでもやり遂げようとしていたこと。
隠れた努力でもって、周囲に迷惑をかけないよう一生懸命に報いようとしていたこと。
絶望的な状況の中で、それでも諦めずに最善を尽くそうと必死になって立て直そうと努力していたこと。
それは隠れた思いやりであり、隠れた配慮であり、隠れた恩返しでもあったのだろう。
幾度となく切れそうになっても切れない関係であったということは、そんな心の深い部分からつながりあっていた二人だからこそ感じ合え、伝え合えると信頼していたからなのだと思う。

もしかしたら、今になって、そんなことをわかったところで「いまさら・・・」と、あなたは思うかもしれない。
確かに、昔の気持ちのままの延長として、やり直すことはできないかもしれない。
しかし、いま、あらためて愛を理解し、もう一度愛し始めてみようとすることはできるのではないだろうか。
そして、たぶん、その方がより深い気持ちから愛することができるのだと思う。

愛するとは、まず、あなたが幸せを感じること。
自分を責めることを手放し、大きな愛と幸せのある自分に気づいていくこと。
そして、ありのままを愛していくことによって、その人もまた、あなたを通じて自分の中にある愛に気づいていくことができるのだろう。
なぜならば、その人がほんとうに心の底から欲して望んでいたものは、自分が完璧になれば手に入れられると思い込んでいたもの、実は、それこそがありのままに愛してくれる愛だったのだから。
何よりも、あなたには幸せになってほしい。
それが、その人なりの生き様を通して伝えたかったメッセージなのだと、僕はそう思う。

Speed Groove. by yoshi



  

Posted at 2016/10/24 15:40:45 | コメント(2) | トラックバック(0) | Speed Groove | 日記
2016年10月17日 イイね!


*Tuner's soul 限界に挑むチューナーの胸懐*

「チューナーとして当たり前に思うことを当たり前に挑戦しています」
84ページにあるサブライブさんの言葉がヒットした。
それは、人と同じことをやりたくないという独自性や自由な気持ちを表すものであると思う。
以前から不思議に思っていたことに、いつの頃からか自動車の修理や販売業界には「お客様のために・・」という意識が強く広まりすぎた感じがしていた。
それは、いい意味で、お客さんを大切に思い、大切に扱うこと、お客様主義に則っているというのは理解ができる。
しかし、自分自身でも経験してきたことなのだが、いささか行きすぎた感じもあり、どことなく犠牲的なスタンスを従業員に強いているかのようにも感じられていた。

よく通る道すがらにディーラーが2社あるのだが、そのどちらもが来店したお客さんを見送る時に店の前の信号が赤信号から青に変わるまで立って待っている。
そして信号が青になると、そのお客さんのクルマに向かって深々とお辞儀をして見送る。
(まあ、よく見かける風景だよね)
だから、たいして何も感じることはないのかもしれない。
ただ、あくまでも個人的な感じ方としては、どちらにも違和感を感じる。
というのも、A社のほうの従業員は、なんとなく上からの指示で仕方なくやらされている感じ。
いっぽうのB社の従業員は丁寧で完璧すぎるほどに礼儀正しいのだが、それがかえって気味が悪い。
おもてなしの精神でやっているのだと頭では理解できるが、あえてキツく言えば、マインドコントロールされているのか・・・?
そんなネガティブな印象さえ持ってしまう。
自動車業界の展望は苦しいと言われ続けている。
だから、そのくらいの丁寧な対応をしなければ生き残れないという危機に瀕しての必死の思いがあるからなのかもしれない。
しかし、それによってスポイルされている部分もあるような気がする。
話は少しそれるが、あるメジャーな整備工場では今までプラスアルファのサービスとして提供していたものがカットされていたり、あらかじめ担当者に釘を刺しておくかのように言っておかないと対応してくれないことが増えてきている気もする。
もちろん、サービスはタダではない。
きちんとした対価があってのサービスという考え方自体が悪いとは思わないが、それにしてもサービスの内容についての選択肢があるということへの説明が不足しているというようなケースも少なからずあるように思う。
そのようなこともあって今号において思ったことは、クルマ屋さんはクルマそのものへの技術やサービスではもはや成立しないと考えているのだろうか?
接客接遇はとっても大事なことではあると思う。
しかし、クルマそのものに対してすること以外の付加価値を高める方向への流れに偏りすぎてはいないだろうか?
そんな疑問についてのヒントが今号にあったように思う。



サブライブさんは製作中の1000馬力オーバーのデモカーについて、こう言っている。
「このマシンメイクは商売とは別のマスターベーションみたいなものです」
つまりは、デモカー作りというクルマそのものに対しての技術サービスが営業的な狙いではなく、結果としてお客さんに対してのプラスアルファのサービスになっているのだと思う。
まず、誰だって、欲求不満を抱えている人や鬱憤を解放できずに苦しんでいる人に好んで近寄りたくはないだろう。
だから、それだけやりたいことを明確にし前面に出しているスタンスというのは勇気があると思うし、素敵なことだと思う。
そのチャレンジ精神は会社を成長させるものになると思うし、社員の心を解放し自由にするものにもなるだろう。
だから、そんな自分の夢や欲求を感じることを否定する必要はなく、むしろ、そんなことをしたら会社を潰してしまう・・と思われるくらいの強い欲求があっていいのではないか。
(経営に影響のない範囲でだけどね)
なぜならば、そのくらい強い欲求を持つということは同時にそのくらいお客さんのクルマに対しても情熱を傾けられる能力があるということを示していると思うし、クルマのさらなる楽しみ方や可能性を見出すことは、これからの時代ますます必要なことになるだろう。
もし、ボディ屋さんであれば、それだけ修理するクルマ丁寧に扱いたいと思っていることでもあるだろし、作業の慎重さの表れにもなるだろう。

欲求とは自分の気持ちと向き合えた分だけ解放されていく。
そして、向き合った心には余裕が生まれ、お客さんの気持ちも理解できるようになっていく。
あらためて思うことは、自分の欲求というものは最終的にはお客さんに与えることへと変化していくことによって解消していくのだろう。
そうなった時、デモカー作りのようなイベントごとはマスターべション的な自己満足ではなくなると思う。
なぜなら、デモカーという素晴らしい見本となるものを作り、クルマの楽しみ方の一つを示すことによって、お客さんの心をも満たすものになるからだ。
素晴らしい技術と熱意を持つお店を応援したくなるのは、クルマ好きの素直な思いであるだろう。
デモカー作りのように自分の夢や熱意をぶつけるような仕事をした人はわかると思うが、お客さんが応援してくれるということ、これほどありがたい形となって自分の欲求が自分の元に帰ってくることはなかなかないと思う。
外見的に店の知名度の向上を図ることよりも、お客さんぐるみで盛り上がっていくこと。
そのほうが長い目で見て大事なこと(有効なこと)になるのではないだろうか。
お客さんをもてなすことの方向性と、そのバランスは実に大切なことのように思う。

自分の好きなことを見つけ、やりたいことを実行することは心を豊かにする。
そして、そこに人は魅力を感じ、やがて信頼へと繋がっていくのだろう。
対外的にはマスターベーションだと言いながらも、それが相手(お客さん)の為にもなるという好循環の流れをサブライブさんは体現されている。
それは犠牲的な精神を従業員に強いるスタンスでの運営よりも、よほど効果的な営業スタイルにもなっていると思う。
つまりは、クルマ屋であれば、それだけクルマが好きであるという自分をもっと認めていけばいいというこになるのだろう。
クルマ屋ならクルマで勝負する。
そんな熱意と勢いのある店は、いつの時代もカッコいい憧れの店であり続けると思う。
yoshi


Posted at 2016/10/17 20:00:07 | コメント(1) | トラックバック(0) | GT-R Magazine | 日記
プロフィール
「GTR Magazine vol.134 http://cvw.jp/b/2033345/39592826/
何シテル?   04/10 19:49
元自動車修理職人
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/4 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
リンク・クリップ
facebook Blog. by yoshi 
カテゴリ:Blog
2015/11/26 09:22:07
 
Auto Repair Gallery 
カテゴリ:photo gallery
2014/09/05 20:26:36
 
Love is. Web gallery by yoshi 
カテゴリ:Home Page
2013/11/09 08:42:16
 
お友達
SPEED GROOVE とは、走ることによって感じる心理的な気づきや精神性をイメージするもの。 GT-Rをメインに自動車修理についての経験談やコメントを書いています。
18 人のお友達がいます
てへバインてへバイン * ナベエナベエ
hirasawahirasawa T.reo.WT.reo.W
ゆうぞ~。ゆうぞ~。 ラックFDラックFD
ファン
124 人のファンがいます
愛車一覧
日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
Auto Repair Gallery 撮影車輛
日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
Speed Groove 撮影協力車輛
日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
Speed Groove 撮影協力車輛
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.