• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2015年07月16日

さよなら NSX typeS


【さよなら NSX typeS 】
とってもいいクルマだったよ。
強固なボディと、しっかりとしたサス。
高回転NA、3.2L、V6、VTECのシャープな切れ味。
どんな操作にもダイレクトに反応してくれるハンドリングとMRパッケージ。
GT-Rでは許してもらえていたぼくのヘタなコーナーリングがNSXでは許してもらえそうにもなくて、
最初の頃は何度もビビッたし、手間どったけね・・・。



ドライビングプレジャーという言葉が、よく聞かれるけどさ、
NSX typeS は、単に走ることが楽しくなるクルマというものじゃないね。
もっとフォーミュラーっぽい感じ。
そう言ったほうがいいんじゃないかな。
公道レベルであっても、マジメに、真剣に走ることの楽しさっていうのはあるんだ・・・
そんなふうに NSX typeS は、非日常な世界の楽しみを日常的に堪能させてくれた。
とってもありがたいクルマだったよね。



NSX typeSは、長いあいだ、ぼくにとって現実感のある憧れだった。
実際に体感できたそのドライビング経験は貴重だったなあ。
そのときのことは、今でもよく覚えているよ。
ぼくはGT-Rをメインにして仕事をやってきたけど、
じつはNSX typeSで経験した感覚が、ひとつの基準でもあったからね。

そして、きょう、ぼくの心の中でだけど、ひとつの区切りをつけることにしたんだ。
それっていうのは、行き過ぎた憧れ、っていうのかなあ。
どうも自分の領域とは違う感覚があるということに気がついてきたからなんだ。
心理学でいえば、執着からの解放っていうものになるんだけどね。
かんたんに言ってしまえば、手放す、だよね。
手放すっていうのは、見方を変えてみて、こういうふうに言ったらわかりやすいかなあ・・・
”手に入らなくてもいい”ってことを自分に許すこと、ってね。
それは、初志貫徹するという、ある意味で男らしい生き方の思想の対極になるのかもしれないけど、
でも、夢を持つ自由があるのとおなじだけ、手放す自由っていうのも、またあっていいと思うんだ。
それでね、手放す自由っていうのを自分に認めていってはじめて、夢をもつことがもっと自由で楽しいものになると思うし、なによりも、もっと現実的に描くことができるんじゃないかな。
なぜなら、執着っていう力みが抜けていって、心がかるくなっていくんだからさ。
きっと、出てくる発想も感じる意識も違ってくるよね。
いま、ぼくはそんなふうに思っているんだ。

NSX typeS
いままで、ありがとう。
さよなら。
 yoshihisa


ブログ一覧 | Photo Diary | 日記
Posted at 2015/07/16 18:03:31

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

金沢クラシックカーミーティング
総二さん

朝だけど。。。がまんできない!!
わかな@weisseさん

私のNSXが運転しずらい!?【NS ...
総二さん

こういう愚行は許されるのだろうか・ ...
荒野のうさぎさん

こんなかんじでどうでしょう?
わん々さん

ヴィーナスラインTRGお疲れ様でし ...
もりもり☆N5Vさん

この記事へのコメント

2015/07/16 18:43:57
こんばんはです。

初コメです。

「基準」ってありますよね~
随分イイクルマですね!
うらやましいですよ!

コメ入れられるようになったんで
ちょこちょこおじゃまさせてくださいね!(^^)!

失礼しました。
コメントへの返答
2015/07/16 18:48:52
Speed Grooveのコメント投稿者の第一号になってくださいましたね。
ありがとねー (^^)
yoshi
2015/07/16 22:28:56
こんばんは。

初コメで失礼致します。

NSX、こだわりの1台ですよね。

HONDAにしか作れない車ではないかと思います。

TypeSでは、ありませんが少しだけ3Lの標準車を、運転させてもらったことがありますが、
トータルバランスに優れた車だと感じました。

良くも悪くも、あの素晴らしい時代の1台です。

区切りと執着、今の小生とGT-Rが、まさに、その状態なのかと思いました。

まだまだ、小生、GT-Rに執着し続けたいと考えております。

でも、いつかは区切りは必要なのでしょうね。

コメントへの返答
2015/07/17 09:23:45
GT-Rがとっても好きなんですね(^^)

たぶん、悔いのない区切りというのは、期日をあらかじめ決めておくようなスケジュールというよりも、なにか偶然のタイミングで感じられてくるものなのでしょうね。

であれば、その日がくるまで、いま愛しているものを全力投球で愛していきたいですね。

たとえ、いつか区切りをする日がくるにしても後悔はなく、愛したという愛おしいありがたみが感じられてくるのでしょうね。
ぼくは、そんなふうに思っています(^^)

コメントありがとー! yoshi
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「自動車修理職人としてのスタイル「マイカーが必要ではない理由」 http://cvw.jp/b/2033345/40731598/
何シテル?   11/19 11:50
元自動車修理職人 . . . . Speed Groove... speedに溶け込んでいった感情
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

facebook Blog. by yoshi 
カテゴリ:Blog
2015/11/26 09:22:07
 
Auto Repair Gallery 
カテゴリ:photo gallery
2014/09/05 20:26:36
 
Love is. Web gallery by yoshi 
カテゴリ:Home Page
2013/11/09 08:42:16
 

ファン

123 人のファンがいます

愛車一覧

日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
Auto Repair Gallery 撮影車輛
日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
Speed Groove 撮影協力車輛
日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
Speed Groove 撮影協力車輛

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.