• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

SPEED GROOVE @ yoshiのブログ一覧

2017年11月19日 イイね!

自動車修理職人としてのスタイル「マイカーが必要ではない理由」



もし、仕事として、職人を選択し、
職人として、日々を過ごしていくのならば、
雇われているという意識を手放し、
いっそのこと極めてしまったほうがいいのかもしれない。

もし、事業として、職人を選択し、
経営者として、日々を過ごしていくのならば、
雇っているという意識を手放し、
いっそのこと極めてしまったほうがいいのかもしれない。
ひたすら、ただひたすらに、純粋にクルマを愉しむということを。


 職人として生きてきて、それなりにやっているうちに、
だんだんと不思議な感覚が自分の中で高まっていった。
それは強烈にといっていいほどに尖った感覚で、
こだわりを突き詰めているうちに気づいたものだった。
それを良いふうにいえば、達観。
悪いふうにいえば、どうでもいい、という感覚。
これが人間の心理構造というものなのかもしれないが、
心の構造は多層構造になっていて、
あるひとつの気持ちを感じ切ると、
さらにもう一層奥にある気持ちへと深まっていく。

こだわりを追い求めていく裏で、
光のあたっている影の部分には「どうでもいい」という気持ちが育っていた。
つまり、こだわって、こだわって、こだわり続けて・・・
そして、最後はどうでもいい、となる。
いまとなれば、笑い話としか思えないが、
もしかしたら、こうして人生というのは帳尻が合うものなのかもしれない。
プラス、マイナス、ゼロ。

だからなのだろう、仕事へのこだわりを求めていった先の気持ちとして、
しまいにはマイカーなんぞどうでもよくなっていた。
そして、職人を極めていくということは、こういうことなんだろうと思う。
 
お客のクルマが自分のクルマ。
そんなふざけた感覚。
究極のクルマ好き。

もちろん所有権は客名義。
自分のものではない。
しかし、納期、内容、金額、
ほぼすべてがお任せで依頼されるくらいになっていくと、
それは、クルマに対してもっている技術と感覚を全面的に買ってもらっているということを意味する。
自分の感覚への許可にもなる。
とすれば、究極的にいえば、
自分のクルマとして直していくということにも感覚としては成り得る。
そなると、こうなる。
自分の持っているすべてを出し切る。

出し切る。
そうなったとき、もう自分のクルマ、
マイカーなどというものは必要なものではなくなる。
なぜなら、いま作業しているクルマが自分のクルマだから。
クルマに注ぎたいと思うエネルギーのすべてをぶつけ、
情熱、熱意のすべてが注がれていき、燃え尽きるから。
マイカーがあってもいいが、必ずしも必要ではなくなる。
日常の足として、移動の手段として、必要を満たす1台があれば十分。
社用の軽トラでも、空いている代車でもなんでも。
そこに不足感はない。
クルマ趣味としての欲求は既に満たされ切っているから。

職人として極めていくにしても、経営者として極めていくにしても、
もし、日常用途以外の目的でマイカーを持つとしたならば、
それは使い倒すくらいに乗るか、触れるか、磨くか、眺めるものだろう。
愉しみ方の内容はそれぞれだろうが、
純粋にクルマを愉しむということは、ステータスや所有欲そのものは薄く、
愉しむほうに意識が強く向く。
まして、愉しむという観点からすれば、資産価値や投機目的は意味合いが違ってくる。
それはクルマそのものにではなく、お金儲けを楽しもうとしている。
歳をとって眺めるしかできなくなっているとしたら、それもいい。
ただ、所有欲からコレクションしているのだとしたら、
ほんとうは、その自覚をもっと持っておくといいのだろう。
これからの時代、ただ所有しているという形態は、
どうやら一目置かれるような流れではなくなっていくようだから。
ひっそりとした個人趣味に留めておくようにしておくほうが安全かもしれない。

逆に、これからは、純粋にクルマを愉しもうとしているひとたちが生きてくるのだろう。
それは車種にこだわらず、スタイルにこだわらず、
各々が思うように愉しんでいくという流れ。
クルマが効率的な家電へと変化していくからこそ、
逆に、こだわりを表現していくことへの価値が高まる。
それは、なにかとお金がかかり、なにかと手間と面倒がかかるもの。
壊れ、直し、壊れ、直しの繰り返し。
劣化、交換、劣化、交換の繰り返し。
それは嫌になるかもしれないが、循環という自然のありよう、
逆らいようのない法則。
つまりが、わたしたちが生きているということそのもの。
だから、「もう、どうでもいい」と無意味さを悟ることもできるし、
さらには「もう、どうでもいい」と極みの世界に生きようと
愉しむことに素直になることもできる。
クルマへの想い、躊躇なく。
素直に。
そのままに。
それが、職人にしろ、経営者にしろ、
クルマ修理業界のひとたちの基本的な気持ちであるならば、
もっと、ユーザーと共に愉しめる作業環境となるのだろう。

Speed Groove. yoshi

Posted at 2017/11/19 11:50:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | Speed Groove | 日記
2017年06月12日 イイね!

Inspired by HKS Zero-R



『クルマへ気持ちを映せるひと』

たのしいとか、うれしいとか、
そういった気分を映すばかりではなくて。
だからといって、
抱え続けてきた怒りや恨み、
トラウマみたいなものを映すのでもなくて。
ましてや、努力や根性をこめるのでもなくて。
オーナーたちから求められているものは、
もっと奥にある意識なんじゃないのかな。
ただ、それについてはオーナーも言葉にはできないんだろうね。
たとえ理路整然と説明されても、
気持ちとして、どこかひっかかってしまうばかりで。

向き合うということは、
たとえれば、表面的に見える傷と、見えない傷。
その両方の痛みを理解しようとするということ。
わからなければ、わかろうとすること。
マトが外れていたとしてもチャレンジしてみること。
それが、向き合うということの基本なんだと思う。
たいせつなことは、
観念的だけど、深い想いをどれだけクルマに映していくか。
それが求め、求められているものの扉を開く鍵となるんじゃないのかな。

クルマへ気持ちを映せるひとたちへ

speed groove. yoshi
Posted at 2017/06/12 16:58:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | Speed Groove | 日記
2017年05月08日 イイね!

映画『セッション』を観て思うこと



映画『セッション』を観ておもうこと。
悪く批評されていることが多い映画のようだけど、
確かに、それは見ている間中、ぼくもそう思った。
主人公をパワハラで心理的に追い込んでいく様子が描写されているから、
ある意味、見る人を選ぶ映画かもしれないね。
でも、ラストまで見て、理由はよくわからないけど、ぼくはいい感じに泣けた。
というのも、自分で感情を抑圧して記憶を消し、わかならなくしていた部分がフラッシュバックされたから。
そして、なにより一番タメになったのは、自分のしてきたこと、もちろん車の仕事を含めた過去の解釈が変わった感じがすることかな。
いい意味で衝撃を味わった。
とにかく、ぼくは観て良かった、と思う。
きっと、また月日をあけて観るであろう、思い出に残る一本。
要は、恥を承知であえて言ってしまえば、「これは、オレだ」と思った。
まあ、勝手な思い込みなんだけどもね。
かつての職人時代のリアルなぼくを知る人が観たら、
その意味もなんとなくはわかってもらえるような気がするかな。

ぼくは、クルマ系のなにか専門学校などで学んで職人になったわけではなくて、
いわゆる「小僧」って呼ばれる見習いからこの業界に入ったから、
体系的なレッスンや講義などは一切なく、
すべてが見様見真似の実践あるのみ、というところからスタートした。
だから、っていうのもヘンな話なんだけど、先輩や上司が口の悪いのはアタリマエの世界。
シメるだの、シメられるだの、とか、
まあ、そういうガラのわるい言葉のある世界だった。
でもね、いちおう言っておくけど、たぶん、いまは、もう時代が違うから。
これからやろうって思っているひとは特に心配することなく安心して働けると思うよ。
むかし話だからさ、ね。

で、話をもどすと、セッションを観て感じたのは、なんていうのかな。
愛と憎しみが裏表で存在するように、才能と狂気もまた裏表なんじゃないか、ということ。
なにか物事を極めていこうとすると、それも真に極めようとすればするほど、試練や苦難に出会うものなのかもしれないね。
であれば、大切なのは「もちろん、そこで潰れることもある」ということ。
それは精神的にかもしれないし、物心両方かもしれない。
潰れてもある意味当然なんだ、とまず受け入れることが大切なんだと思うんだよね。
「オレは平気だぜ」とか、「オレには関係ねえ」とかって思っているとしたら、
それは、上から目線でモノ言っててごめんね、まだまだだと思うから。
そのうち、じゃないかな。

で、なんで、こうやって、ぼくが技術以外のことをずっと書いているか?っていうと、
技術を極めていこうとすればするほど精神的なことのほうが大事になってくるから。
仕事で重きを置くポイントが変わってくるんだよね。
つまりは、見習いの頃はさ、早くいっちょまえな作業がしたくて仕方ないのよ。
で、それなりに経験積んでそれなりに稼げるようになってくると、そこで道がわかれる。
そのレベルで安住するか、それとも、さらに上のレベルを目指していくのか。
ぼくの ”みんカラ”を見てくれている同業の人たちはレベルの高い人ばかりだから、
だからこそ、小手先の技術どうこうよりも、どう仕事に対して向き合っていくか、その考え方をなにか参考にしたいとおもっているんじゃないかと思うんだよね。

で、もうひとつは、走りの世界にいるひとたちにも、それは、そのまま言えるんじゃないかな。
というのも、だって、トップレベルで走り続けていくには慢心が一番危ない、でしょ。
違うかな。
セッションで描かれている世界観は、かなり、それらに近いか同じなんだと思うんだよね。
走りも職人仕事も、才能と狂気、そういう面があって、
だからこそ魅入られるんだと思うし、お金もつぎ込むのだろうし、人生もかけるのかもしれない。
ぼくは、そういう情熱をもったひとが好きなんだけど、
だから、なにか関わりをもって応援しようとでもしているのかもしれない。

才能と狂気。
ポイントは、そのどちらか、という分離した考え方ではなくて、統合することなんだろうね。
で、その統合した世界観がセッションには描かれていると思った。
ただ、簡単には統合できないものなんだろうね、汗かき、べそかき、挫折し、ひとを傷つけ、また自分も傷つき・・。
そうやって、やっとこさ見えてくるものなのかもしれないね。
だとしたら、すくなくとも、いま、もし悩んでいたり壁にあたっているとしたら、まず、その境地・レベルまで到達していることを自覚することなんじゃないかな。
よく、やってきたよね。
ほんとにさ、こんなに悩むほど・・。
で、それを超えた先に、なにか、あなたにとっての光となるものがあるんだと、ぼくはそう思う。

気持ちが、つぶれてもいい。
挫折していい。
なんなら、もっと泣こうよ。
そのような気持ち、わかるから。
そして、この先に進むためには、むしろ、こういう経験が必要だったんだって、きっと後で気づくことができるのかもしれないね。
だとしたら、いまは、けして無駄な時間なんかじゃない。
この映画、セッションを観て、ぼくはそんなふうに思った。
yoshi


Posted at 2017/05/08 18:56:08 | コメント(1) | トラックバック(0) | Speed Groove | 日記
2016年10月24日 イイね!

SPEED GROOVE 「完璧さを目指す気持ちの奥にあるもの」

  
   

【完璧さを目指す気持ちの奥にあるもの 〜愛ある自分に気づくために〜】
もし、仲間を引っ張っていく責任感の強いリーダー的な立ち位置にあったとしたら、あえて厳しい局面に率先して自らを追い込んでいく、そんな犠牲的な姿勢を示さなければならないと考えることも、時にはあるのかもしれない。
そして、そんなストイックな生き方が身に馴染むのは、人へのやさしさや思いやりなどの気持ちのほかに、完璧な自分でありたいと思う気持ちがあるように思う。

完璧主義には、目指す完璧な世界へ向けて自らの心をも追い込んでいくことに、ある種の快感があるようだ。
そのためには揺れ続ける感情を排し、めまぐるしく沸き起こる思考を目的一本に絞ろうとしがちである。
もしそうなれたなら願いは叶い、生き甲斐を感じることができると、そう思ってのことかもしれないが、しかし、そうはなかなかなれないものだろう。
結論から言えば、そのために必要なことは皮肉なことにも排除し抑圧しようとしてきた心なくしては成し遂げられない。
完璧を目指している時、それは何か大きな法則や真理に反する行為であると、その矛盾に気づきながらも後戻りのできない自分がいたとしたら、その矛盾に気づいた時点で、たとえ自分の理想とする完璧には到達できていなかったとしても、少なくともトップレベルの実力は獲れていることだろう。
本人が気づけない、自分で自分を認めることができないだけであって、周りはもう十分に評価をしている。
そのくらい、自分を追い込むことで得られる快感は心と感覚を麻痺させるもののようだ。

完璧さを目ざす苦しみのループから抜け出したくても抜け出せない時、心の奥で強烈に欲しているもの。
それはきっと、愛だろう。
しかし、いくら大切な人からの愛があっても、愛されているとわかっていたとしても愛を受け取れない。
愛を受け取ってもらえないことにあなたは傷つくが、愛を受け取れない人にすれば、その愛を受け取ってしまったならば今の自分ではいられなくなってしまうかもしれないという恐れが出てくる。
だから、愛を拒絶すればするほど、その悪態の裏には、そのくらいあなたの愛がありがたく、価値あるものだと認識していることを示している。

人には、愛したくても愛せない時というのがあると思う。
わかりやすい愛だけが愛なのではなく、わかりにくい愛でもってでしか愛せないこともあるだろう。
それは、愛してくれていたあなたの気持ちに素直に応えることができないもどかしさ、そんな自分の心の弱さの一面を甘えという表現でもって、唯一あなたにだけは見せられたということだったのかもしれない。
そうであれば、意見がぶつかりあうたび、心の深いところではいったいどれほどの愛情を感じていたことだろうか。
後になってでしかわからないことは悲しいと思うかもしれないが、あなたとの絆を胸にそっと抱きしめ、あなたを思い、見守っていることだろう。

愛を、愛だとは気づかないふりをして受け取らないこと、それがその人なりの頑張り方だったのかもしれない。
愛を、愛としてはわからないように伝えようとすること、それがその人なりの愛し方だったのかもしれない。
偽善と矛盾で満ちたルールばかりの世の中で素直に愛を表すことは、真っ直ぐな気持ちを持つ人であればこそ難しい。
そのような状況の中で、その人なりの精一杯の愛を表すとすれば、それは偽悪をしたり悪態でもってでしか表せなかったのなのかもしれない。
その振る舞いの奥には計り知れないほどの深い愛と、あまりにもピュアで繊細な心があるということを表しているのだと思う。

きっと、見えないところに真実は隠れているものなのだろう。
疲れた体に鞭を打ち、無理を押してでもやり遂げようとしていたこと。
隠れた努力でもって、周囲に迷惑をかけないよう一生懸命に報いようとしていたこと。
絶望的な状況の中で、それでも諦めずに最善を尽くそうと必死になって立て直そうと努力していたこと。
それは隠れた思いやりであり、隠れた配慮であり、隠れた恩返しでもあったのだろう。
幾度となく切れそうになっても切れない関係であったということは、そんな心の深い部分からつながりあっていた二人だからこそ感じ合え、伝え合えると信頼していたからなのだと思う。

もしかしたら、今になって、そんなことをわかったところで「いまさら・・・」と、あなたは思うかもしれない。
確かに、昔の気持ちのままの延長として、やり直すことはできないかもしれない。
しかし、いま、あらためて愛を理解し、もう一度愛し始めてみようとすることはできるのではないだろうか。
そして、たぶん、その方がより深い気持ちから愛することができるのだと思う。

愛するとは、まず、あなたが幸せを感じること。
自分を責めることを手放し、大きな愛と幸せのある自分に気づいていくこと。
そして、ありのままを愛していくことによって、その人もまた、あなたを通じて自分の中にある愛に気づいていくことができるのだろう。
なぜならば、その人がほんとうに心の底から欲して望んでいたものは、自分が完璧になれば手に入れられると思い込んでいたもの、実は、それこそがありのままに愛してくれる愛だったのだから。
何よりも、あなたには幸せになってほしい。
それが、その人なりの生き様を通して伝えたかったメッセージなのだと、僕はそう思う。

Speed Groove. by yoshi



  

Posted at 2016/10/24 15:40:45 | コメント(2) | トラックバック(0) | Speed Groove | 日記
2015年05月27日 イイね!

成功の影に



信頼できる人っていうのは、少なくとも綺麗言ばかり言わない人なんだと思う。
理想を語るだけではなく、言い難い弱さも語れるかどうか。
それが、人間と人間の付き合いにおいての楽しさになるのだと思う。
たぶん、ほんとうは皆、なにかしらの傷や汚れをもっている。
成功や明るさや快活さの裏には、見えないかもしれないが影も闇もあるだろうし、幸せの裏側にたくさんの無自覚な痛みと悲しみと辛さを抱えて生きていることもあるだろう。
それは悲しいことだけど、でも、ぼくはそれでいいと思っている。
もっと泥臭くていいし、血の通った人間であり続けたい。
というのも、苦しさや辛さを抱えた人の姿にも愛おしさが見てとれるような気がするからだ。
表面的な表情や物言いにではなく、内面の心情とつながってみれば、愛を欲し与えたいと切望しているからだ。
また、そこを乗り越えた人でないと出せない雰囲気があり、その姿がまた誰かを癒したり、勇気付けたりしていくようになるのだとも思う。
きっと愛というものは、スマートなサクセスストーリーやファンタジー的な純真さや綺麗さの中にあるというよりも、もっと身近で日常的にある悲しみや弱さの中にこそわかりやすくあるのだろう。
yoshihisa

Model : R33GT-R. Special Thanks Garage Yoshida
Posted at 2015/05/27 14:12:02 | コメント(1) | トラックバック(0) | Speed Groove | 日記

プロフィール

「GT-R Magazine 2018年1月号 〜板金塗装店との付き合い方〜 http://cvw.jp/b/2033345/40846235/
何シテル?   12/13 17:25
元自動車修理職人 . . . . Speed Groove... speedに溶け込んでいった感情
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/1 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

facebook Blog. by yoshi 
カテゴリ:Blog
2015/11/26 09:22:07
 
Auto Repair Gallery 
カテゴリ:photo gallery
2014/09/05 20:26:36
 
Love is. Web gallery by yoshi 
カテゴリ:Home Page
2013/11/09 08:42:16
 

お友達

ファン

123 人のファンがいます

愛車一覧

日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
Auto Repair Gallery 撮影車輛
日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
Speed Groove 撮影協力車輛
日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
Speed Groove 撮影協力車輛

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.