• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

SPEED GROOVE @ yoshiのブログ一覧

2014年04月15日 イイね!

DIY ジャッキアップ時の安全確保について



フェイスブックでつながりのある、 I さんのページを拝見していまして思い出したこと。
自動車修理の仕事をしていたときのことですが、過去の悲惨な出来事が思い出されてきたことがありましたので、それを書いてみます。

クルマの下に潜ってオイル交換などの整備作業をするときは、ジャッキで持ち上げた後、万一の事態に備えてリジットラック(ウマ)をかけることは、もはや常識であると、みんカラに登録されていらっしゃるクルマ好きな方なら、そう思っていることでしょう。
しかし、自動車修理を職業にしているプロの間で見られがちな光景。
それが油圧ジャッキだけで車輛の下に潜って整備することです。
わたしの地域の同業者の方でしたが、ジャッキで持ち上げて作業をしていた際、何かの拍子でクルマがバランスを崩し、ジャッキが外れ下敷きとなって亡くなられたということがあります。
このようなことは特殊な事例ではなく、おそらくメディアに大きく取り上げられていないだけで毎年どこかで起きている事かと思います。
そして、意外にもプロの方のほうがその危険への配慮、安全軽視の傾向が高いように思えてくるものです。
それは、プロゆえの慣れというものがあるからでしょうか。
明確な根拠はなく、「そんなの面倒くさいね、いちいちセットしなくても大丈夫だよ。オレは十年以上もこの道でやってきているんだから、オレは平気さ・・・」というような意見を何度なく聞いてきたものです。
ベテラン意識の行き過ぎと言えるようなものかもしれません。
そういう人にかつての事例を話し、リジット(ウマ)をかますよう諭しますと、かえって反発、嫌がられることになることも、また心理的な側面からは色々と見えてくるものがあるのですが、それは今回さておきまして、業として長く続けていく意志あるベテランであるならばこそ、基本中の基本である安全確保に気を配ることが大事なのではないでしょうか。
作業時間の短縮のため急ぎたくなる気持はよくわかりますが、自動車修理、特にクルマの下に潜る作業には危険が伴います。
長く仕事に携われるよう、または、好きな愛車のメンテだからこそ、基本となる安全を常に意識していただければと思うものです。
繰り返しになりますが、油圧なり機械式のジャッキを使用して車輛を持ち上げたときには、念のためにひと手間かけてリジットラックをジャッキアップポイントなりメンバーに入れておくことを、あらためてお薦めしたいと思います。yoshi

画像提供:GT-R Owner I
Posted at 2014/04/15 11:11:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | Auto Repair Gallery | 日記
2014年04月13日 イイね!

GT-Rとの日々 My life with GT-R.



【桜の季節に】 ~Inspired by Y's Blog.~
毎年、桜の季節になると思う。
子供たちの学年が、それぞれまたひとつ上がり育っていく姿。
だんだんと生意気さが増してもくるようだが、
それがまた逞しくもあり、かつての幼き自分の姿ともどこか重なる。
傍らには、いつもの不規則な仕事にあわせてくれつつ、子供のことも見てくれている妻。
言葉にはできないけれど、まあ、ざっくばらんに言ってしまえば、ありがたい。
酔っているから今日は言ってみるけどさ。
・・・いいと思っている。
せめて、そのくらいで勘弁してもらいたい、今日のところは。
また来年、うららかな日に桜の下で・・・。


【SPEED GROOVE 参考リンク】
みん友さんでもある、YさんのGT-Rを撮影モデルとして以前書いたものです。
http://speedgroove.blogspot.jp/2013/06/blog-post_18.html
Posted at 2014/04/13 13:23:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | Photo Diary | 日記
2014年04月07日 イイね!

GT-R Magazine Vol.116



 GT-R Magazine 116号をご恵贈いただきました。
前号からの続きとなりますが、まずは「NISMO大森ファクトリーの第二世代GT-R誕生25周年プロジェクト」の車体蘇生から見ていくことにしましょう。
 当ブログでも掲載してありますとおり、「R32はリヤ廻りが弱い構造になっていると思う、その測定をNISMOが行っているが結果が楽しみである」と、概略このようなことを記しました。
そして、そのボディねじり剛性の測定の結果といいましょうか、所感が今号で記されていました。
いろいろと意見はあったようですが、剛性アップに効果的な箇所であり、かつ「製品として市販化できる」ものは、リヤの隔壁と結論が出たようです。
カッコ書きしましたとおり、NISMOとして一般ユーザーに提案できるものとなれば、やはりボルト止めの製品とのことで、わたしとしては読みどおりであったとひとり頷いているところです。
といいますのも、当該部分、リヤスピーカーのある周辺パネルの構造は強くなく、ざっくばらんに申せば、はっきり言って弱い。
34GTRのように、もっと鉄板を重ねるなり、箱型の構造とするなりすれば、いいと思っていたものです。
もうひとつは、リヤクオーターパネル内のインナーパネルのレインフォース。
ここの部分の溶接見直しも考慮するといいのですが、それを行うにはクオーターパネルを交換する必要がありますから、「製品として市販化」できレベルのものでは、もはやなくなってきますから論外と言われても仕方ないものでしょう。
しかし、ボディ屋からすれば、溶接追加、パネル追加の手が打てるならば、つまり、ボルトオンレベルを超えてもいいと条件を緩和して貰えるならば、より効果的な強化の方法は他にもあるといいたくもなってもくるでしょう。
隔壁の穴を一枚モノの板でボルト止めする製品を開発するようですが、標準装備のパネル以上の大きさのもの、どれだけ大面積で当該部分を覆うことができるのか、そこがポイントとなってくるものと思います。
ただ単に穴を覆う程度にものでしたら、いくらその板の厚みが厚かろうと、ハニカム構造で強度があろうと、取付け部自体がそもそも、それほど強くないのですから、ストレスが逃げていく結果となるでしょう。
もちろん、そのあたりの対処も考慮のうえ、可能な限りの大きなもの、さらには取付けのブラケット類も同時に開発、シートベルト穴周辺を含めて車体の左右をつなぐ役目をもたすことも考えているかもしれません。
いずれにしましても、どのような魅力ある製品がリリースされてくるのかファンとして楽しみであります。

 今号で目を惹いたものを、もうひとつ追加で書きましょう。
タイムアタックで素晴らしいタイムをたたき出されたATTKDさんのR32GT-R。
公道を完全に捨てたサーキットスペシャルな仕様でありますが、
そこまで割り切るとできることのひとつとして、巨大なエアロ以外で注目したことは、左のヘッドライトからフレッシュエアを導入するという手立てがあるということです。
ライトを無くした、その穴からダイレクトに、エア吸入口(エアクリーナ)まで外気を送り込む。
この「送り込む」というのがミソでして、エンジンの負圧で吸い込むだけでなく、速度とともに空気の流入速度があがり圧力が高まるイメージ。
バイクやアメ車などのNAエンジンでラムエアー効果というのがありますが、それを狙い、結果としてプラスアルファのレスポンス、パワーアップが実現できるというもの。
ゼロヨンの世界でも、以前どこかのショップさんが製品化していたような記憶があります。
ただ、公道ではライト無しでは走行できませんから、完全にパワー重視の割り切り仕様となります。
前置きはこのあたりにしまして、かつてこのATTKDような仕様にできないかという話をあるバリバリのGT-Rオーナーさんから相談されました事例を紹介してみましょう。
 ゼロヨン専用車と同じコンセプトで、ライトはそのまま
 車検OK、公道走行できるもの・・・・・
 速度があがればあがるほど空気が入ってくるもの・・・・
 外気をダイレクトにエアクリの直前まで導く構造で・・・・
そのような要望から、手がけてみたのが、Auto Repair Galleryに掲載した32GT-Rのインテークの改造です。
画像でわかると思いますが、75パイのダクトを2本通し、ファンネルでエアクリの直前まで導きました。
もちろん、ボディ骨格の穴あけと、その周辺の補強板金は必須と考えます。
単なる穴あけでは強度に不安が残ると思いますので、DIY派には念のため。
外気は純正バンパーに取り付けたダクトで集められ、そのままフェンダー内を通ってエアクリまで。
ダクトが2本あわさるとかなり太くなり、ギリギリのクリアランス。
ダクトの取り回し角度もなるべく緩やかに。
と、こんな感じだったでしょうか。
完成後のインプレッションでは、オーナーの興奮した様子がいまでも思い起こされてきます。
アクセルのツキ、コーナー立ち上がりのレスポンスに大きな変化があったようです。
「マジでヤバイよ、これは・・・」
うれしくも、そのように伝えてくださったものです。

 ATTKDさんの場合は超割り切り仕様ですから、最高に自由度の高いものが実現できたと思いますが、その裏では自由度が高いがゆえの悩みといいましょうか、アイデアを形にする閃きが訪れるのに、ずいぶんともどかしい思いをしたのではないでしょうか。
私自身を振り返ってみますと、造作に制限ある公道仕様であっても、ああでもない、こうでもないと、ずいぶん悩んだことが思い起こされてきたものです。
それにしましても、富士タイムアタック1分40秒切りの目標と、いったいどこまで32GT-Rは速くなるのでしょうか。  yoshi

Posted at 2014/04/07 22:49:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | GT-R Magazine | 日記
2014年04月02日 イイね!

SPEED GROOVE 2014. Beautiful World



 夜の高速道路を走るGT-Rの美しさ。
そして、わかる人にはわかる、リアリティのあるエネルギー感。
発せられるドライバーのオーラがクルマを通じて漂う・・・・。
ご協力いただいた方達の思いの総和として、読者の方々にも何か伝わるものがあれば最高に嬉しいものです。
感じるところは人それぞれ異なるものですから、どうぞご自由にイメージの世界を広げてお楽しみください。
なお、本文は筆者の空想上の思い、イメージから作りあげています。
モデルとしてご協力いただいた方達とは関係ありませんので、ご理解のほど宜しくお願いします。

http://www.yoshihisa-style.com/

Posted at 2014/04/02 18:48:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | Speed Groove | 日記

プロフィール

「GT-R Magazine 2018年1月号 〜板金塗装店との付き合い方〜 http://cvw.jp/b/2033345/40846235/
何シテル?   12/13 17:25
元自動車修理職人 . . . . Speed Groove... speedに溶け込んでいった感情
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/4 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

リンク・クリップ

facebook Blog. by yoshi 
カテゴリ:Blog
2015/11/26 09:22:07
 
Auto Repair Gallery 
カテゴリ:photo gallery
2014/09/05 20:26:36
 
Love is. Web gallery by yoshi 
カテゴリ:Home Page
2013/11/09 08:42:16
 

お友達

ファン

123 人のファンがいます

愛車一覧

日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
Auto Repair Gallery 撮影車輛
日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
Speed Groove 撮影協力車輛
日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
Speed Groove 撮影協力車輛

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.