• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ootaのブログ一覧

2017年06月24日 イイね!

日光 男体山 縦走 2017.6.24 & PS250

日光 男体山 縦走 2017.6.24 & PS250









 今日は「曇り」の天気予報・・・雨が降らなければイイか・・・男体山へ出発 5時30分

 今回で4回目になる男体山・・・裏男体山林道から志津乗越駐車場を目指しましたが・・・今日来てみると・・・手前5キロ地点の梵字飯場跡駐車場で車両乗入禁止になってました・・・ 8時10分着



 これには予想外・・・日光白根山に変更しようかとも思ったが・・・取り敢えず男体山へGo・・・







 裏男体山林道を歩くこと1時間・・・バイクだったら5分もかからないところだが・・・
 水戸市内から来られた登山者と雑談しながら林道をしばし歩く・・・女峰山に行く予定だったそうですが・・・途中の太郎山へ分岐点を過ぎてから・・・予定変更して太郎山へ向かって行かれました。



 志津乗越駐車場跡地に到着 9時10分
 完全に大きい石により塞いでおり自動車は駐車できない状態でした。



 男体山 志津登山口 9時10分



 志津小屋の隣の石仏 9時20分



 一合目 9時25分



 二合目 9時32分



 三合目 9時40分



 六合目 10時30分





 八合目 11時





 九合目 11時20分



 まだ山桜を観ることができました・・・



 男体山 頂 11時30分
 参拝・・・













このままUターンしようかと迷いましたが・・・せっかく林道途中にバイクを止めて来たので、このままUターンしてはもったいないので・・・これは縦走すべく絶好の好機と思い直して・・・二荒神社方面へ向かって下山開始  11時50分



 七合目付近のガレ場等を下り・・・ 12時40分



 二合目付近 13時35分



 一合目 13時50分



 二荒神社 登拝門 13時55分
 参拝

 



 二荒神社中宮祠 バス停 14時



 光徳牧場入口 バス停 14時35分
 待ち時間も8分位でバスが来て、座れて快適でした。
 ここから梵字飯場跡駐車場まで3キロ位歩きます・・・

 

 梵字飯場跡駐車場着 15時15分
 ちょうど今朝雑談した水戸市内こら来られた登山者も、太郎山、小太郎山に登って帰ってこられたところでした。再会に喜び暫しの雑談・・・太郎山の頂の手前のお花畑は、まだ何も咲いていなかったそうですが、雲もなく眺望は良かったそうです。

 栃木県ナンバーのW650がありました・・・私同様にバイクで山登りですね・・・



 パトカーが来て何やら点検中・・・



 今回の男体山縦走1周コース




 天気予報では終日曇りかと思っていたが・・・清々しい日和でした・・・

 当初の予定は、男体山を登ってUターンしてから山王帽子山か温泉ヶ岳に登る予定でした。通行止めにより往復2時間位のタイムロスが発生してしまい・・・志津乗越駐車場まで車乗入が出来なくてメリットが半減して利用者も激減しているようで、志津乗越からの登りでは2名とすれ違っただけです。早く通常に再開して欲しいところですが・・・たぶんこのままの状態が続きそうな気がします。

 いろは坂の下りにて、混んでいたので車をすり抜けで追い越すと、前に出たのが気にいらずに、幅よせ等してきました・・・こういうドライバーが時々おられます(バイクを嫌っています)。直ぐに次の前の車を追い越して行くのに・・・この☝のドライバは相手にするだけ疲れるので完全無視・・・

 イザベラ・バード著「日本奥地紀行」(1878年当時。民俗学的にも貴重な資料)を最近読み返して、日光に来てしまいました・・・日光をベタ褒めている・・・あの当時・・・金谷善一郎氏が自宅を改造して、外国人向けの民宿として「金谷カッテージ・イン」(現 金谷ホテル)を開業していたところに宿泊。人気のある作家にて、関連書籍・ドキュメンタリー小説・コミックにもなっています。そのうちにテレビドラマ化されるかなと思ってます。


 
 18時帰宅

 走行距離 250キロ
Posted at 2017/06/24 21:48:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月10日 イイね!

那須岳 三本槍岳・須立山・鏡ヶ沼 2017.6.10 徘徊 & PS250

那須岳 三本槍岳・須立山・鏡ヶ沼 2017.6.10 徘徊 & PS250








 久しぶりの山歩き・・・GW期間中に行けなかった那須岳へ・・・

 嬉しさのあまり3時にパッチリと目覚めてしまう・・・4時に出発・・・

 本日の天気予報では「雷雲の予報」があります・・・次回いつ行けるか不明のため・・・11日には用事があるので無理して決行してみました。

 三本槍岳へ近い登山ルート 白河スキー場跡地からの出発しようかとも迷いましたが・・・天気が良いので・・・2番人気の登山口 那須 峠の茶屋 県営駐車場着 6時10分



 黙祷・・・
 (3月27日 吹雪 8:30 栃木県で過去最大規模の雪崩被害発生 1時積雪0センチ・その後9時には積雪33cm 記録的積雪。こんな日にラッセル訓練・・・不運は連鎖的に続く・・・山岳用無線機を忘れる・・・パニック状態とは言え・・・通報までに50分を要した・・・スキー場ですから携帯電話の電波は良好のはずです。雪山で説明する雪崩に対する対処法も説明していないようです。雪山の装備も不十分。その後のニュースで2010年3月にも同じ講習会で生徒数人が雪崩に巻き込まれていたことがわかりました。このとき雪崩があったのは、今回の雪崩が起きた場所の北側近くにある「郭公沢」という場所、けが人はいませんでしたが、複数の生徒が腰まで雪に埋まり、首まで雪に埋まった生徒も居たということです。そして、当時、生徒を引率していた教員の一部は、今回の講習会にも参加していたこともわかりました。警察は、業務上過失致死傷の疑いで捜査を進めています・・・この被害によって改めて雪崩の怖さ、雪崩に巻き込まれた時の対処法を知りました。)

登山開始 6時40分



予想外に天気も良好・・・7時







峠の茶屋 避難小屋 到着 7時10分
小腹が空いたので朝食・・・この常温で長持ちする味付け玉子を常備しています。





三本槍岳方面へ向けて出発 7時15分



朝日の肩 到着 7時50分



人気の朝日岳・・・帰りに寄ろうと思い三本槍岳へ向かう・・・



人気の茶臼岳



天気も良好・・・絶好のロケーション・・・ 8時7分



三本槍岳



清水平を見渡す・・・イイ風景・・・ 8時10分



三本槍岳 8時40分
少し雲が出てきましたが・・・



三本槍岳 頂 8時55分
残念ながら雲の中でした・・・撮影のみして須立山へ向けて出発
大半の登山者はここでUターンします・・・この先、鏡ヶ沼方面へは出会う人は少なくなります・・・







須立山・甲子温泉方面への分岐へ到着 9時10分
あっという間に天気回復・・・イイ・・・



今年は雪が多かったので、まだ雪渓の上を歩くことも出来ます・・・
予想外でしたが山桜を見ることも出来ました・・・





今日の目的地が見えてきました・・・ 鏡ヶ沼&須立山 9時25分

 

鏡ヶ沼への分岐 9時32分
最初に須立山へ向かいます・・・



須立山 頂 9時45分
イイ天気です・・・



三本槍岳方面



旭岳・・・通称:赤崩山(崩れやすい山なので、現在は登山道は無いです)方面
何度見ても・・・イイ・・・威風堂々としています。



那須が原方面





鏡ヶ沼分岐 10時5分
鏡ヶ沼へ向けて出発・・・登山道荒れてました・・・笹薮で登山道消失・・・ヤブ漕ぎ・・・熊が居ないことを祈る・・・





笹ヤブの先に・・・鏡ヶ沼着 10時25分



鏡ヶ沼&須立山



鏡ヶ沼分岐より三本槍岳方面 11時5分
Uターン開始・・・



振り返って観ると・・・須立山&旭岳 11時25分



シャクナゲも見頃でした・・・ 11時35分



三本槍岳手前から・・・あっという間に雨が降り出し・・・雨具を着る・・・ 11時50分
三本槍岳頂上は雨・・・早々に下山・・・

清水平 到着 12時40分
強い雨・・・遠雷(20回位鳴ってました・・・先ほど登った須立山付近で鳴っているような??)・・・大粒の雹まで降って来ました・・・
こんな時だからこそ・・・滑りやすいので焦らずにゆっくり歩く・・・





沸き立つ雲・・・雲の合間の稜線・・・ 13時





帰りに寄ろうと思っていた朝日岳は雷雲が近くにあるため断念・・・



無事駐車場に到着 14時35分



今回のコース



山の天気は、あっという間に変わる(今回は10分もしない内に晴天から急変しました)・・・風も強くなり体感温度も下がり、手も痺れ出します・・・持参した雨具はバイク用にて・・・この時期に着用して歩いてみると蒸れました・・・暑いだけならまだしも・・・着用して時間経過すると汗が冷えて低体温症になる可能性もあります。

通い慣れた那須岳・・・マップ無しでも隅々まで歩ける位まで徘徊しているつもりでしたが・・・想定外の事も考えて・・・自己中心的に甘く考えて過信してはいけないと痛感もしました・・・

17時帰宅

走行距離 250キロ
Posted at 2017/06/11 14:00:56 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月04日 イイね!

国産名車コレクション 5月16日号 BEAT 検証

国産名車コレクション 5月16日号 BEAT 検証










 昨日届いて、箱表紙を眺めると・・・オープンカーはオープン状態が標準ですが、クローズドの状態。ホイールは5穴。ヘッドライトは四灯と気付く・・・大人買いでもう1台買う意欲喪失して・・・未開封のままインテリアに決定!!・・・

Posted at 2017/05/04 12:28:53 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2017年04月30日 イイね!

赤城山 駒ヶ岳・黒檜山・地蔵岳 2017.4.30 徘徊 & PS250

赤城山 駒ヶ岳・黒檜山・地蔵岳 2017.4.30 徘徊 & PS250








今年は残雪が多いので、延び延びになっていた赤城山・・・やっと私にでも登れるようになました。

駒ヶ岳登山口駐車場着 7時15分
県道16号線の林道の残雪等が不安でしたが普通に到着できました。
カメラを忘れてきましたので・・・スマートホンとタブレットを使用・・・



駒ヶ岳登山口 7時30分



先週の頃のネット情報では、この階段が完全に雪で埋まっていていました・・・ 7時45分
今日は、念のためにアイゼンと簡易滑り止め両方を持参・・・



稜線到着するも・・・久しぶりの1000メートル越えの山でヘロヘロ~・・・



駒ヶ岳 頂 8時15分





けっこうな残雪ですが・・・皆さん登山靴のみで歩いてます・・・



地蔵岳と小沼



御黒檜大神着 9時10分
参拝



黒檜山頂 9時15分
下り坂になってきたので滑り止めを装着・・・アイゼンは終始使いませんでした。







見晴らし台へ向かいます・・・この残雪の下に笹薮が埋まっています・・・



見晴台到着 9時25分
小休憩・・・
威風堂々とした谷川岳等・・・まっ白です・・・



猫岩着 10時50分



黒檜山登山口着 11時



鳥居峠着 11時30分
覚満淵を見渡す・・・







地蔵岳登山口着 11時45分
木段をひたすら登ります・・・



神秘的な小沼が観えてきました・・・



山頂まであと僅か・・・



山頂到着 12時15分
多数の電波塔・・・



赤城山で最高峰の「黒檜山・駒ヶ岳」だけを登って終わりにする人が多数ですが・・・この地蔵岳からの眺めは格別です・・・大沼・黒檜山・駒ヶ岳









山頂外れにあるお地蔵様・・・雪に埋まっているかな?と思ったが・・・ありました・・・





地蔵岳登山口駐車場着  13時5分



今回のコース



本日は、晴れ、無風状態で清々しく楽しい山歩きができました。

走行距離 200キロ

佐野市内で渋滞・・・GWだから渋滞は覚悟していますが・・・バイクの特権のすり抜けでクリアー・・・16時帰宅
Posted at 2017/04/30 20:30:13 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年04月16日 イイね!

栃木百名山 №98 石尊山 2017.4.16 & PS250 徘徊

栃木百名山 №98 石尊山 2017.4.16 & PS250 徘徊













 天気が良いのに寝坊しました・・・どこへ行こうか迷いましたが・・・足利市方面へ出発・・・

 足利市 石尊不動尊駐車場に到着 9時50分
 6台位の駐車スペースしかありませんが、トイレ、水道あり
 関東に「石尊山」という名称は12ヶ所あるそうで、内4つは栃木県内にあるそうです。



 最初に案内板でコース確認



 石尊不動尊 参拝



 登山道入口
 古くからの修験道・・・踏み跡がしっかりしているので迷うことはありません・・・



 八丁目 不動明王? 10時



 13丁目 女人禁制塔 10時10分
 ここまで大きいのは初めて見ました・・・高さは3メートル以上・・・それにしてもデカイ・・・
 解禁になっているのだから・・・遺物ですね・・・



 釈迦岩展望台 10時30分





 岩場を乗り越えて・・・



 遠くにある山々は赤城山・・・ 10時37分
 月末頃には赤城山へ行きたいと思ってますが・・・今年は残雪多いです・・・



 石尊神社奥宮 到着・・・ 10時40分
 参拝・・・
 避難小屋として使えるように解放しているのでしょうか?







 奥宮の近くの広場・・・ 10時45分
 この広場で8月14日の催事をするのかな??






石尊山 頂 10時55分
小休憩・・・誰も居ませんでした。
広葉樹林に囲まれて眺望はよくありません









下山時に水場で給水・・・美味しい・・・ 11時40分



駐車場到着 ・・・ 11時50分



本日のコース





時間があるので佐野市内にある大鳥屋山(栃木百名山№90)へ向ってみます・・・

五丈ノ滝と大鳥屋山への分岐点に到着  14時

この先の五丈ノ滝方面で・・・悪路のため車が立往生して不動状態になり・・・レッカー車を呼んでいるとか・・・



 林道途中にて駐車 14時10分



 最初は余裕の林道・・・



 立ちはだかる倒木・・・ 14時20分
 それでも赤マーキングはあります・・・



 登山道も消え失せて・・・踏み跡も消える・・・マーキングもない急登・・・ここを登らなければならないのは分かるが(ナビでは山頂まで直線距離900メートル)・・・ 14時30分・・・
 30メートル位を登って撮影・・・先は長い・・・行きの登りでも滑る・・・帰りの下りではもっと滑るだろう~・・・この先は誰も居ないな~・・・手の爪が割れたので・・・手を観ると昆虫(マダニ??)が付いて採血中(吸われている痛みが全くない・・・)・・・帰りの時間を考えると余裕がなく遅いのもあり気力が消失して・・・ Uターン・・・





 ここまで来ると・・・次回もこの山に来るのは午前中にしておかないと・・・
 大鳥屋山への口コミもあまり評判よくなかったのですが・・・

 


 16時30分帰宅

 快晴・・・暑い位でした。

 今日は、バイクに乗るのには丁度良い日和・・・

 走行距離 180キロ
Posted at 2017/04/16 21:02:51 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「吾妻山(吾妻小富士.東吾妻山.一切経山) & PS250 紅葉ツーリング http://cvw.jp/b/2033832/38738450/
何シテル?   10/23 05:16
バイクとBEATで山々を徘徊しています。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

ファン

13 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
ホンダ ビートに乗っています。  邪道ですが・・・購入時に装着されていたのは、MOMO製 ...
マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
 Sスペシャル仕様。平成17年に購入した。邪道ですが、最初から色々豊富にカスタムしあるの ...
日産 フェアレディZ 日産 フェアレディZ
 スタイルに魅せられてノーマル車を購入した(スタイル重視の乗りづらい車でした)。しかし、 ...
ヤマハ GX250SP ヤマハ GX250SP
 中型免許を取得して、最初に新車を24回払いローンで購入した車両です。マイナーな車両でほ ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.