車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年10月09日
無題
無題 昨年のダンガン純正ステアリングに続き、またミニカの純正部品を加工ついでにレストアしてみます。

これまで運転のしやすさの為に、オフセット量の大きいステアリングにボススペーサー、あるいはクイックリリース装着でノーマルから大幅に位置を変えていたステアリング周りですが、その流れに完全に取り残されていたのがシフトレバー。

運転席周りの設計がかなり小柄なドライバーを想定していると思われるこの車の事、計130㎜オフセットのステアリングに対するシフトレバーの遠さと言ったら、1速に入れようものなら腕が完全に伸び切ってしまい、3速ですら遠さを感じる程。

しかし、下手に市販のエクステンションを付けると慣性の増加とてこの原理でミッションを傷めかねない上、ギアチェンジの感覚が手に伝わって来なくなるのが何とも言えず恐いので付けたくありません。

そして手元には、やはりレストア目的で7年前に新品交換した後捨てずに持っていた新車装着品のレバーがあったので、「どうせ使い道も無く取っておくくらいならこれを加工してみてはどうだろう?」という訳です。

この新車装着品は交換時の7年前でさえ丸19年を経ていた物で、フロア下のピボット部分は錆でグズグズ、またイモねじ固定式ノブを取り付けていたせいで手元側も傷だらけと、加工するにも遠慮無く行けて都合が良い…


…という事で、まずは錆と塗装を落とし、溶接と研磨でイモねじの傷を消して…


バーナーで炙って、こう、くいっ、とやりゃあっという間に…


\デデーン♪/

こりゃニュートラルの時点でノーマルの4速より後ろまで行きますね。やってしまいましたなあ。


という事で曲げ直し。

1回目よりかなり控えめになりました。レバー先端で3~4cm後ろに下がった程度でしょうか。
もう気持ち後ろでも良い気はしますが…あまりにも簡単に曲がってしまうのでかえって力加減が難しく、後工程に金を掛けるつもりもあったので無難な所で止めておく事にしました。…やや本末転倒気味ではありますが。

そしてここまでは、2015年11月末頃の話。


その後、表面処理に出すタイミングを窺っている内に随分な時間が経ってしまいましたが…

つい先日、クロームメッキ化してみました。
お願いしたのは以前にアルマイトでもお世話になったアイワークスさんで、同社では全7層トリプルクロームメッキと呼ばれる、自動車メーカー純正品同様の3層ニッケルメッキを下地に用いる、耐蝕性や美観に優れたかなり値の張る装飾クロームメッキです。

しかし、高いだけあってきっちり手間が掛けられていて、錆取り後もただれたように荒れていたピボット側を含め、シフトブーツに隠れてしまうからと放置した傷まで修復されてホントにツルッツルになって帰ってきたのには驚きました。

事情を知らない人には「新品」と言ってもまず疑われないであろうレベルです。


余談ですが、ちょうど先日行ったインドネシアでも日系自動車メーカー純正品のクロームメッキ処理等を請け負っている業者さんに出入りして話を伺う機会がありましたが、そこで扱われていたのも正しく今回のレバーと同じ3層ニッケル6価クロームメッキで、現地人工場長には
「ニッケルは1層よりも2層、そして2層よりも3層のトリニッケルがバグースだぜ!!」
と熱く語られましたし、日本人GMの方からは
「6価クロムでないとメーカーの要求品質はなかなか満たせないんだよねぇ…」
とも伺ったので、やはり自動車メーカーの純正クロームは相当厳しいレベルを求める物なのでしょうし、そんな処理を26年落ちのオンボロシフトレバーに施すってのもなかなかオツではないかと。
(もちろん素材の傷みがあるので、完全に新品同様の耐久性は求められないのでしょうけど。)

…それにしても、趣味で聞きかじった程度の事が、どこでどんな形で役立つか分からないものです。


さて、帰国しましたのでいよいよ交換と行きましょう。

こう見るとボチボチ変化がありそうですが…

メッキのひょろいレバーに何となく旧車っぽい雰囲気が出てるでしょうか。

そしてブーツを被せると…

…これは!


間違い探しか…?

…いや、シフトノブの位置は確実に後ろに下がってるし、1速投入の腕にも余裕が出たのは間違い無いですが、明確に「近くなった!」と感じるにはやや変化が足りなかったようです。

また、2・4速はかなり良い位置に来るので、シフトストロークの長さも1・3速が遠くなる原因なんでしょう。…もう一度レバー比を弄ってやり直す気はありませんけど。

外観はシフトブーツが大きく、レバーはワンポイント程度に見えているだけなので、良くも悪くもこれ見よがしな存在感もありません。

総じて「これがノーマルでいいんじゃない?」と思うくらいの普通さなので、いつもの事ながら費用対効果の割は合ってませんね。

部屋に投げうってあるだけだったゴミ同然の鉄パイプが、新品と見紛うばかりにピカピカになってまた車に取り付いている様は結構感慨深いですが。
ブログ一覧 | ミニカ | 日記
Posted at 2016/10/16 08:04:24

イイね!0件



この記事へのコメント
コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 
プロフィール
「無題 http://cvw.jp/b/204131/38703882/
何シテル?   10/16 08:04
第三次の頃にぱらぱらしていたおバカ。 今では小学生レベルの分数計算すら出来ない正真正銘の馬鹿+割と雑食な気分屋です。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
掲示板
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
pixiv 
カテゴリ:絵置き場
2010/01/19 00:58:11
 
NINJA TOOLS 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2007/03/17 05:29:21
 
ファン
37 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ ビート ホンダ ビート
そもそもオープンカーなんて恥ずかしくて嫌いだった上、ビートに至っては学生時代に苦手だった ...
三菱 ミニカ 三菱 ミニカ
おふくろの愛車1号機。 …だったはずが、今は登記上だけの話らしい。 メンテ・改造費が当 ...
ホンダ ライフ ホンダ ライフ
おふくろの愛車2号機。 これ以前には前期のGF-JB1に乗っていましたが、もらい事故で ...
ホンダ フィット ホンダ フィット
タイプR売却以降マイカー無しだった親父のクルマ。 あくまで乗るのは親父なので、あんまり ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.