• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年09月10日

無題

無題 ルイージチャン…ドコ…?

あろう事か、暇つぶしで始めたものが何だかんだで丸一年経ってしまいました。
…それどころか、むしろ最近こんな事しかブログに書いてない気すらしますが。


いやもうね、この1週間ずっとE6甲の空母おばさんマスに通い詰めているのに、お目当ての艦がさっぱり出てきてくれないのでさすがに心が折れそうです。
…それよりも遥かにドロップ率が低いはずの艦はあっさり出て来てるのに…

イベント完走までの総消費より、その一隻を探す為だけに使ってる資材の方が多い気がするし…もうだめだぁ…おしまいだぁ…



さてさて、そんな今回のイベント攻略中、ずっと出現に気づかずにいた任務の機種転換で、ある艦載機を手に入れました。

岩本さんの零戦五三型。
これと岩井さんの五二型丙、☆MAXだとホントに強くて、五二型熟練☆MAXまでしか無かった我が鎮守府には心強い限りなんですが…

ゲーム上での見た目の話、五三型のイラストが五二型の使い回しに近く、ほとんど見分けが付かなかったもので、「ぶっちゃけ何が違うのよ?」と思って調べてみた訳です。


するとWikipediaによれば、五三型という機種は確かに実在したらしく、どうやら五二型後期の丙をベースに栄三一型エンジンへの換装と、さらなる防弾強化を施した機種だったらしいとの事。


ただ、実際には五三型は量産されず開発中に終戦になったような記述がされているので、まともに作られていない?と思えるんですが…

…栄三一…
いや、そのエンジン、何か普通に最近見た気がするんだよな…

ここで。

…7月に見た瑞雲のフラップが気になるあまり本物が見たくなって、盆休み中、河口湖自動車博物館に行ってました。

そして、ここの五二型とされている機体に積まれていたのが栄三一だったんですよね。

この機体、パンフレットの写真とは違って、以前からエンジンカウルの下半分が分解された状態で展示されているようで、エンジンはもちろん、プロペラ手前の減速機ケースまで覗けて、そのケースに貼り付けられた銘板に

『榮發動機三一型第315012號(中島)』

との表記がありました。
当時物の銘板にしてはあまりにも綺麗だったので、板そのものは複製された物なんでしょうけど…
(館の意向として展示物の写真はネット掲載不可とされている為、画像は出せませんが)


あれ…?
じゃあこれ五三型なんじゃね?


と思ったら、エンジン回りのフレーム部にはテプラで「昭和19年5月製造」と貼ってあり、実際にその時期に作られていたのは五二型甲になるらしい…

そして何より五二型丙以降の機種は両翼の機銃が2挺ずつになるらしく、各1挺ずつの河口湖博物館の機体は、やはり五二型と称されている通り、少なくとも五三型として復元されている訳ではなかったんですね。
(と言うか、ゲーム内の五三型のイラストも機銃の数を間違えてる?)


モノがモノだけに機体とエンジンの年式が合ってない程度の事は仕方ない、というか70年以上経つ平成の世に残ってる事自体が十分凄いですからね。…もちろん、元の生産数がいくらもあるとは思えないようなエンジンの出所が何だったのかも気になりますけど。



また、この博物館はそれに輪を掛けて、零戦二一型に搭載されていた栄一二型エンジンに至っては実働機まで置いてあるもんで、形が残っている所の話ではないのには更にぶったまげるんですが…


いや、別に「栄何型が…」と言ったって、どれもスペックだけなら、半球型燃焼室を持つターンフロー2バルブ14気筒OHV、スーチャー付きの28,000ccでたったの1000~1300馬力そこらしか無い低効率エンジンに過ぎないんですが、現物の構造や各部品の質を目の当たりにすると、むしろ「70年も前にこんなエンジンで1000馬力も出して空飛んでたのか…」と思うくらいなんです。

例えばピストンは切削加工など無く鋳肌のまま、ピストントップや燃焼室内壁には平然と鋳巣が口を開けてしまっていたり、個人的に星型エンジンをよく知らないせいか、バルブプッシュロッドや吸排気管との位置関係と圧縮比の整合性をどう取っていたのかがよく分からないねじ込み式のシリンダーヘッド等、今時の自動車エンジンしか知らないと、正直「本当にこんなのでまともに動いてたの?」と不思議になる事ばかりです。

ただ、高出力化を求めて世代が下っていくにつれて徐々に大きくなっていくバルブ開度や、ブーストアップに燃料の要求オクタン価上昇等と、今日のエンジンチューンと何ら変わらない事をやっていて身近に感じる部分もあったりと、現物観察は丸一日居ても飽きません。


あ、そういえば、やっぱり本物のフラップは可動範囲のクリアランスを取った、堀の深い構造になってました。これでモヤモヤしていたものがスッキリしました。



さー…次の更新辺りではいい加減車の内容で書けるといいですねぇ…
ブログ一覧 | 雑記 | 日記
Posted at 2017/09/11 00:00:02

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

河口湖自動車博物館・飛行館再訪。
scroscioさん

三式戦 飛燕 二型改
和@白86さん

第二次世界大戦傑作機コレクションv ...
スズキセル坊さん

第二次世界大戦 傑作機コレクション ...
スズキセル坊さん

第二次世界大戦 傑作機コレクション ...
スズキセル坊さん

童友社 翼コレクション第1弾 零戦 ...
スズキセル坊さん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「無題 http://cvw.jp/b/204131/40388136/
何シテル?   09/11 00:00
第三次の頃にぱらぱらしていたおバカ。 今では小学生レベルの分数計算すら出来ない正真正銘の馬鹿+割と雑食な気分屋です。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

pixiv 
カテゴリ:絵置き場
2010/01/19 00:58:11
 
NINJA TOOLS 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2007/03/17 05:29:21
 

ファン

36 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
そもそもオープンカーなんて恥ずかしくて嫌いだった上、ビートに至っては学生時代に苦手だった ...
三菱 ミニカ 三菱 ミニカ
おふくろの愛車1号機。 …だったはずが、今は登記上だけの話らしい。 メンテ・改造費が当 ...
ホンダ ライフ ホンダ ライフ
おふくろの愛車2号機。 これ以前には前期のGF-JB1に乗っていましたが、もらい事故で ...
ホンダ フィット ホンダ フィット
タイプR売却以降マイカー無しだった親父のクルマ。 あくまで乗るのは親父なので、あんまり ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.