車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月11日 イイね!
マクラーレン・ホンダ、 大丈夫か!?2017年F1シーズン開幕前のバルセロナ合同テストが昨日終了しました。

今年はレギュレーションが大きく変わり、

マクラーレン・ホンダには昨年以上の結果を大いに期待してしまうシーズンインだったんですが・・・・・。


計8日間のテストで、ホンダ製パワーユニットに





トラブル続出・・・(悲)



その殆んどが電気系トラブルだそうで。。。


ベンチテストではトラブルが無くても、いざ実車に搭載して走れば予想外のトラブルもそりゃあるでしょう。

しかし、

過去2年の参戦経験で、その辺は「予想外」ではなく「予想内」に出来たはず!



ただでさえ少ない貴重なテスト日なのに、遭い継ぐトラブルによりまともに走る事が無く終わってしまいました。

おそらくフルパワーでの走行は1度も出来なかったと思われるのでタイムは仕方がないにしても、レースを走れる信頼性が確保できなかったのは痛かったですね。


開幕まであと10日少しありますが、

それまでに何とか、、、

ホンダには背水の陣のつもりで頑張ってもらい、トラブル克服を願うばかりであります。


メルボルン開幕戦では、良い意味で驚かせて下さい!





Posted at 2017/03/11 10:12:15 | コメント(1) | トラックバック(0) | F1 | 日記
2017年03月05日 イイね!
ポストホビー 1/18 NSX TYPE-R(NA2)先日、

ポストボビーから先々月に再販された
1/18 NSX タイプR (NA2)  を購入出来ました。



そうです、これ再販されたんですね!



実は4年位前に、長野市内の某店でこの同初販モデルが売られているのを発見しまして、

もう気持ち的には 「メチャ欲しいーーー!」

だったんですが、

如何せん、約4万円のプライスにはおいそれとは手が出ず・・・・・。




諦めつつも、オークションとか偶にチェックしてましたが、

これがもう殆んど見付からない状態が続き。。。



もう忘れかけていたつい先月、

ひょんな事から再販された事を知り、

しかも!

初販よりもかなりリーズナブルな値段で(と言っても高いんですが・・・)!

で、

この度、諏訪市内の某店で無事ゲットできました(^^






レジン製なので、1/18でもドアやボンネットが開きません。

ついでにタイヤも回りません。

ですが、

実車然とした佇まいが抜群に素晴らしいです!





ホイールナットもちゃんと黒いです。

良く見ると、エアバルブも別パーツ(金属製?)で再現されています!





ラジエターはエッチングパーツ使用です。

赤バッヂエンブレムはデカールではなくて、実車同様に立体的に盛り上がっています。





タイプR専用のメッシュエンジンルームリッドの奥に、赤ヘッドのエンジンが見えます。





小振りですが確実に効果が期待出来るリア・ディフューザーも忠実に再現されています。





外装に比べ、若干内装には手抜き感もありますが、それでも良く出来ています。





新型NSXが発売開始となりましたが、

このモデルカーを眺めていると、先代NSXへの憧れを再確認させられます。


本当に、値下げをして再販してくれた事に感謝感謝ですね。


定価: 23,760円 (税込)



Posted at 2017/03/05 09:48:20 | コメント(1) | トラックバック(0) | ミニカー | 日記
2017年02月25日 イイね!
2017年型F1マシン 続々発表今シーズンF1GPを戦うニューマシンが続々と発表になっています!


今年はレギュレーションが大きく変わり、
特にマシンの外観に関するレギュレーションが大きく変わったので、例年以上に盛り上がっている状況となっています。



大雑把に言えば、

フロントウイングが大きくなり、リアウイングが低く幅広になり、タイヤが太くなり、ディフューザーが大きくなり、

これでラップタイムを昨年よりも約5秒速くするが狙いとなっていますが、

ピレリのタイヤ次第では、超絶コーナリングマシンになりそうな予感大ですね。




発表されたニューマシン群の中で、個人的に1番の注目マシンはやはりマクラーレンでしょう!

ホンダユーザーとしては当然と言えば当然ですが~。





マクラーレン MCL32


伝統の車名MP4~が無くなってしまったのはちょっと残念ですが、マクラーレンの新たな出発と意気込みが車名からも伝わって来ます。

伝統のコーポレートカラーでもあるオレンジを配したカラーリングですが、

オレンジX黒の組み合わせは、
チーム消滅直前だった頃のアロウズのカラーリングをどうしても思い出しまして・・・・・(笑)。

それとルノーの黄X黒カラーリングとも似ているので、テレビ映りに疑念な部分も。

シーズンが進むにつれ、1番カッコ良く見える様な活躍を大いに期待したいです。






ウィリアムズ FW40


ウィリアムズチームF1参戦40周年を迎え、今年は変則的な車名に。

マルティニカラーは健在、他チームと比べてウィリアムズらしく無難な印象に見えます。





ザウバー C36


メタリックブルーのカラーリングにゴールドの配色が好印象。

インダクションポッドのデザインが個性的です。





ルノー RS17


昨年よりも黒の面積が増え精悍なイメージに。

やはりマクラーレンと見分けるにはちょっと時間がかかりそうな?(笑)。

ルノーワークス復活2年目、今年のルノーは上位に絡んできそうですね。





フォースインディア VJM10


搭載しているメルセデスのパワーユニットのせいか、シルバーの面積が増えた様子。

デザインからしても、ここのチームは今年も侮れない存在となりそうです。





メルセデス W08


ノーズ先端に「突起物」が無いのは今のところこのメルセデスのみ。

特にサイドポンツーン周辺の空力処理は新たな試みも見受けられ、細かい部分をみても洗練されている印象です。

今年もチャンピオン候補筆頭でしょうか。





フェラーリ SF70H


前評判の割には無難なデザインかなぁ~と。

ですが、サイドポンツーン・インテーク&周辺のデザインがとても個性的! とても新鮮です。

シャーク・フィン先端のウイング状の空力付加物にも注目です。




残るレッドブル、トロロッソ、ハースの3チームももう直ぐ発表になりますが、

これまでのところ、
昨年までのマシンデザインよりも明らかにカッコ良くなっている印象です。


マシン・パワーユニット・タイヤが大きく変わり、不確定要素が多いので戦力予想が難しい分、

例年以上に開幕が楽しみなシーズンとなっています。



あ~開幕が待ちきれません!


Posted at 2017/02/25 10:38:55 | コメント(2) | トラックバック(0) | F1 | 日記
2017年01月29日 イイね!
3年振りに白川氷柱群へ本日、

木曽町三岳にあります白川氷柱群を3年振りに観に行って来ました。



寒さがピークとなる今の時期が見頃となる氷柱群、



そして天気も良かったので、これは観に行かなければと!?




ここ2~3日前が割合と暖かかったので、

氷柱が溶けてしまったんじゃないかとちょっと心配していましたが・・・・・



まぁ行ってみたら取り越し苦労でした(^^;



しーんと静まり返った川辺で、


自然の造形美を堪能する事が出来ました。























途中歩きながら魅入っていたら、

足場の踏み固められた雪が凍っていまして、

えらい久し振りに豪快にスベってコケて腰を強打・・・(笑)。

慎重に歩いていたつもりだったんですけどねぇ。



見頃を迎えたと言ってもよい今日の白川氷柱群でしたが、

このまままだ寒い日が続けばもっと成長している姿を魅せてくれるんでしょうね。


自然って素晴らしいですね。



Posted at 2017/01/29 17:33:22 | コメント(3) | トラックバック(0) | 自然 | 日記
2017年01月11日 イイね!
デアゴスティーニ  F1マシンコレクション 創刊号  マクラーレン・ホンダ MP4/4昨日発売になりました、

デアゴスティーニのF1マシンコレクション


創刊号がマクラーレン・ホンダ MP4/4が999円(税込)ってのもあり、もう迷わず購入しました(笑)。



記念すべき創刊号にMP4/4をもってくる辺りは、デアゴスティーニ側の戦略がはっきりと読み取れますねぇ。


某書店に行きましたら山の様に積んで置いてありましたが、いくらお買い得創刊号999円でもあれだけの数を捌けるものなのか・・・・・要らぬ心配もしてしまいます(^^;



まぁそれはさておき、


肝心なミニカーの方ですが、




大きさは定番の1/43サイズで、こんな台座付のケースに入っています。




てっきりミニチャンプス製かと思いきや、どうも違う様です。  メーカーは不明。

マスキングがイマイチなのか、赤白の境界線がしっかり出ていない個所もありますが。




中でもタイヤの質感は良いかなぁと。

サイドのグッドイヤーの白文字は違和感なく印刷されています。




縦置きミッションケースは色分けされているのには関心です。 ランプもあります。

リアアーム部分のカウルは省略されていますが、まぁ仕方がありませんね。




シートベルトは残念ながらデカール処理です。 




フロントアームは上手く再現されていますが、実車では有り得ない「フロントのドライブシャフト」が・・・。




それでも全体的にはMP4/4の特徴はよく再現されていますし、解説冊子付で999円(税込)ならばまぁ納得の出来だとは思います。

ケタが2つ程違うハンドメイドモデルと比べてはいけません(^^;

因みに次号からは値上がりになり、2306円+税となります。



全90号の予定となっていまして、人気の定番F1マシンからかなりマニアックなF1マシンまで幅広いラインナップ展開となります。

中には今まで1度もモデル化されていないF1マシンもあるのでしょうか???

値段も割と手頃ですし、フルコンプリートを目指すF1マシン好きな方は案外多いのかもしれませんね。 



ライセンス等の関係でこれだけのラインナップを揃えのには相当な苦労があったんだろうと思われます。

まずは発売してくれたデアゴスティーニ・ジャパン様に感謝したいですね。



Posted at 2017/01/11 23:50:25 | コメント(2) | トラックバック(0) | ミニカー | 日記
プロフィール
「あれレプリカだったんだなぁ・・・・・。」
何シテル?   03/28 08:53
アルファロメオ147からシビックタイプRユーロに乗り換えました。 ノーマル+αで赤バッヂ車を楽しんでいこうと思います。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
ファン
26 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ シビックタイプRユーロ ホンダ シビックタイプRユーロ
輸入が開始された時から気になる存在だった、3ドアシビックのタイプR。 最後のK20A、 ...
三菱 ランサーエボリューション 三菱 ランサーエボリューション
平成12年式トミーマキネンエディションです。 新車で購入し、今年で10年目になります。 ...
アルファロメオ 147 アルファロメオ 147
アルファ147が発表になった時から気になっていましたが、私もついにアルファ147オーナー ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.