• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

リットマンのブログ一覧

2009年05月21日 イイね!

揺れるF1

2010年のレギュレーションを巡り、今F1は大いに揺れています。

その原因がバジェットキャップ制の導入と、それに伴う二重レギュレーションの導入です。
まずバジェットキャップ制とは、1チームの年間予算額を約60億円(ドライバーの給与等は除く)にして開発・運営を行ないましょうという案です。額はまだ未定なので100億円位に上がるかもしれません。
しかし、現在のトップチームは年間400億~600億円の予算で賄っているので、それをいきなり1/4の100億円でやれと言われても無理がある訳です。

次に二重レギュレーションですが、そのバジェットキャップ制を導入したチームにはマシン開発にアドバンテージを与えるというものです。具体的にはエンジンの回転数無制限、レース毎のエンジン・トランスミッションの交換自由、運転中の前後ウイングのフラップ角可動可能等などが上げられます。逆にバジェットキャップ制を導入しないチームには今まで通りの厳しいレギュレーションが施行されます。

既存の殆んどのトップチームがこの2点のレギュレーション導入に反対を表し、来期のF1参戦をしない方向へと傾きつつあります。特に二重レギュレーションは同じカテゴリーなのにふたつレギュレーションに則ったマシンが混走する事になるので、これではF1の存在意義が無くなるというのが言い分です。

走らせているチーム側の意見をろくに聞き入れなく強行して決めようとするFIA側への不満が爆発寸前状態です。ここ数年のF1は本当に政治色が強くなり、本来なら話題の中心はドライバーやチームのはずなのに裏方でF1を支援するはずのFIAが表へ出て注目を集め過ぎています。

既にフェラーリ、ルノー、トヨタがこのままでは来年はF1に参戦しない意向を発表しています。

あのフェラーリもなんですよ? F1=フェラーリ、フェラーリ=F1。F1とは切っても切れない間柄のフェラーリが参戦60周年の今年でF1の歴史に幕を下ろす事になるのか、今後の成り行きに要注目のF1です。

5月29日が来期F1エントリーの受付最終日となっています。
私は何処のトップチームも来年もF1参戦継続してくれる事を望みます・・・。
Posted at 2009/05/21 20:24:50 | コメント(2) | トラックバック(0) | F1 | 日記
2009年05月20日 イイね!

甘い香りが

甘い香りがウチの周りにはアカシア(ニセアカシア)の木が群生していまして、今の時期窓を開けると風向きによってはアカシアの花の甘~い香りがしてきます。この花を天ぷらにする人もいますので、好んで食べる人には良い時期なんでしょう。

でも、その甘い香りと同時にアカシアの花粉も凄いです!
おかげ様で私は花粉症じゃないのでその心配は無いんですが、車の表面にはアカシアの黄色い花粉だらけになってしまいます。

車に乗らずに2週間程放ったらかしにしておけば、たんぽ○倶楽部に入会出来そうな勢いですよね(笑)。
Posted at 2009/05/20 18:05:58 | コメント(5) | トラックバック(0) | 自然 | 日記
2009年05月13日 イイね!

1/64だけどフェラーリしている!

1/64だけどフェラーリしている!コンビニのサークルK&サンクスで1:64スケール フェラーリミニカーシリーズⅥが昨日から発売になりました。
発売日は昨日だったんですが、昨日サークルKを3店行きましたが何処も売ってなく、今日行ったら売っていましたね。そこで早速2つGET!

今まで1/64サイズのミニカーってあまり興味が無かったんですが、某友人の影響で前回のポルシェシリーズから買い始めました。 その某友人は毎回「大人買い」している強者でもあります! 私はそこまではのめり込んでいませんが・・・。

1/64サイズでも京商製なので塗装とかプロポーションがなかなかの出来具合なんですよね。10車種X3色色違い+シークレットの内容で、箱の中身を開けるまで何が入っているのかは分かりませんが開ける楽しみもありますよね。

今回のシリーズⅥでは、F333SP、365GTB4(competizione)、430Scuderia、FXX Evoluzione、360Challenge Stradale、512BBi、F355 Challenge、550 Maranello、456GT、Dino 308 GT4 の10車種になります。狙いはやっぱり430Scuderia、360Challenge Stradale、FXX Evoluzioneの3車種ですね!
因みにシークレットは「あのフェラーリ」の色違いらしいです。シークレットだけあってかなり貴重なモデルとなっていまして、某オークションでは1万円位で取引されるのではないでしょうか!?

1箱490円と買い求め易い価格で、このフェラーリシリーズだけは組み立て式となっています(ポルシェやその他は完成品なんですが)。
皆さんもサークルK&サンクス行った際は是非買ってみて下さい。
Posted at 2009/05/13 18:05:34 | コメント(7) | トラックバック(0) | ミニカー | 日記
2009年05月05日 イイね!

スーパーGT 第3戦 富士

スーパーGT 第3戦 富士2年振りにスーパーGT観戦に行って来ました!

高速1000円乗り放題ってのと天気も良さそうな感じだったのでかなりの観客数が予想され、余裕持って早めに出発しました。途中の渋滞も無く7時半にはすんなりとサーキット入れましたが、駐車場は奥の「旧30°バンク」ヘ誘導されました。それだけ近くの駐車場はもう埋まっていたんですね。

それにしても凄い人人人!
あっと言う間に席が埋まっていきます。今回は2階席が「指定席」だったので1階席の競争率は上がっていたのかなぁと。 それにしてもスタンド脇に犬を連れて来ている人がいましたが何なんでしょうかね!?

やがてスーパーGTのフリー走行が始まり、久し振りの「サウンド」に痺れました!
爆音は日頃身近でも聴いていますが、本物のレーシングサウンドは違いますよね。マシンが通る度に体が震えます。
1番迫力がある音はGT-Rで、排気量が大きめな為なのか低く野太い大音量です。1番甲高い音はNSXで、昨年途中からマフラーを2本出しから1本出しに改めてから音が甲高くなりましたね。あの3ローター雨宮の7号車よりも甲高い音でした。

イベント会場に行ってみたらアドバンブースで24号車「マッチ監督」が喋っていましたね!ここのところアドバンタイヤの性能がいいのか成績も上向きで上機嫌のマッチ監督でしたね。

レースですが、GT500クラスは優勝が1号車:モチュール・GT-R、2位は36号車:ペトロナス・トムスSC430、3位が8号車:ARTA・NSXでした!
予選グリッド通りの上位3台フィニッシュとなりましたが、途中の3番手争いが白熱して見応えありましたね~。
オープニングラップで12号車:カルソニックGT-Rの単独スピンに巻き込まれた8号車ARTA・NSXでしたが、そこから追い上げて見事3位獲得ですからね。あのアクシデントが無ければ優勝できたかもしれない素晴らしいレース内容でしたね。 鈴木亜久里監督も納得だったのでは? 一方の星野一義監督は・・・想像しただけで恐ろしい・・・。

2年前の教訓を活かし東ゲート脇(?)から誘導されるがまま出て早い内にサーキット脱出に成功、途中渋滞もありましたが比較的早く山中湖まで来れました。
今度は富士ではなく違うサーキットでスーパーGTを観戦してみたいですね。
Posted at 2009/05/05 09:44:39 | コメント(3) | トラックバック(0) | スーパーGT | 日記
2009年05月01日 イイね!

あれから15年・・・

あれから15年・・・1994年5月1日F1第3戦サンマリノGP、高速タンブレロコーナーで衝撃的な激突死を遂げたアイルトン・セナが亡くなり今日で15年経ちます。

セナの事故死を機に衝突安全対策は年を重ねるごとに強化されていき、この15年の間にもかなりのインパクトのあるアクシデントがありましたが死亡事故は皆無で今に至っています。
マシンの姿形も大きく変わってきましたが、この衝突安全性が1番大きく変わったのではないでしょうか。
失った物は大きく、そこから学んで発展した結果ですよね。

セナが残した記録は殆んどシューマッハに塗り替えられてしまいましたが、今でも歴代№1のF1ドライバーとして称えられています。速さへの追求の姿勢、神がかり的なドライビング、人間性・・・。

そんなセナの命日に写真の本が発売されました。
今一度「セナ」を振り返ってみようと思います。

Posted at 2009/05/01 18:30:35 | コメント(3) | トラックバック(0) | F1 | 日記

プロフィール

「昨晩夢にあの人が出てきた。 今でも憧れているのかな・・・。」
何シテル?   11/21 19:25
アルファロメオ147からシビックタイプRユーロに乗り換えました。 ノーマル+αで赤バッヂ車を楽しんでいこうと思います。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2009/5 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

ファン

25 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ シビックタイプRユーロ ホンダ シビックタイプRユーロ
輸入が開始された時から気になる存在だった、3ドアシビックのタイプR。 最後のK20A、 ...
三菱 ランサーエボリューション 三菱 ランサーエボリューション
平成12年式トミーマキネンエディションです。 新車で購入し、今年で10年目になります。 ...
アルファロメオ 147 アルファロメオ 147
アルファ147が発表になった時から気になっていましたが、私もついにアルファ147オーナー ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.