• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

リットマンのブログ一覧

2010年12月16日 イイね!

NSX HVで復活!

NSX HVで復活!NSXがHVで復活との報道が昨日ありました。

5年前に生産が終了し、次期型の開発もほぼ終わっていた矢先の今から丁度2年前の12月に開発を止めてお蔵入りになっていたNSX。

業績も上向いてきた背景もあり、環境を考慮したHVでの復活ではありますが、NSX復活はとにかく嬉しいニュースなのです。


そこで視点を変えると気になる事が。

この新たな次期型NSXはホンダのフラッグシップとなるので、当然ですが未来のスーパーGTマシンベース車輌になるはずです。 今のレギュレーションではGT500クラスはFRと決まっているので、次期型NSXはFRになるのは必然でしょう。 
3~4年後に次期型NSXを販売したい意向らしいので、それまでは現在のHSV-010GTで参戦継続して、次期型NSXが発売開始されたらそちらにベースマシンを変更するのでしょうか。

HSV-010GTからNSXーGTヘ!?



トヨタ(レクサス)のLF-A、日産のGTーR、ホンダのNSX。

3~4年後には3メーカーを代表するスーパースポーツカーが出揃いそうですね。
そしてそのままスーパーGTマシンにも同じ事が言え、サーキット内外で盛り上がりを見れそうな予感がしてきましたね。


とにかく



NSX復活バンザ~イ!!!


Posted at 2010/12/16 20:01:53 | コメント(2) | トラックバック(0) | 雑談 | 日記
2010年12月15日 イイね!

サークルK&サンクス フェラーリミニカーコレクション・リミテッドエディション

サークルK&サンクス フェラーリミニカーコレクション・リミテッドエディションすっかり忘れていましたが、お馴染みのサークルK&サンクス限定ミニカーシリーズにフェラーリミニカーコレクション・リミテッドエディションが発売になりました。

今回のは御覧の通り F40 F50 エンツォ の3台で1セットの販売になります。


色はこのパールホワイトのみとなります。
今まで発売になったスタンダードモデルとの違いは、台座が白くなり、シートが赤くなり、エンジンルームに少々彩色を施し、ドアミラーのミラー部分がシルバーに塗られ、まぁそれなりに差がある内容となっているのでスタンダードモデルとの違いは知っている人から見れば一目瞭然です。





しかし値段は・・・













1箱/3000円!




1台につき1000円とは!



確かに今回のは中身空けなくても最初からF40・F50・エンツォの人気フェラーリが入っているのは分かっているので有り難い面はありますが、490円のスタンダードモデルにちょこっと手を加えた程度のこの値段にはちょっと納得がいかない部分があります。



私ですか?

今回はさすがに買う気になりません。
例え色が白じゃなく赤だったとしても買わないでしょう。

京商のHP見ましたら、「完売御礼」となっていました。
3000円出してでも欲しいコレクターはやっぱりいるんですね、さすがはフェラーリ。

寄った某サークルKには4箱ありましたが、売れると見込んで仕入れたのでしょうが果たして売れるのだろうか。。。
Posted at 2010/12/15 17:46:39 | コメント(3) | トラックバック(0) | ミニカー | 日記
2010年12月11日 イイね!

アルファロメオ MiTo TCT 試乗

アルファロメオ MiTo TCT 試乗MiTo TCT の試乗案内があったので、本日試乗に行って来ました。

以前のMiToと比べると、見た目はマフラーの出口が2本デュアルから平たい1本出しへと変更になった位ですが、中身は大きく変わりましたよね。

エンジンは1.4Lターボなのは同じですが、マルチエアと言うBMWのバルブトロニックの様なスロットルを持たない環境対応型エンジンになり、それまでは3ペダルMTのみだったミッションにフィアット式のツインクラッチ(TCT)仕様が追加されました。 VWのDSGみたいなものですね。


担当Dラー営業マンから簡単な説明を受け、いざ試乗ヘ。

TCTにはクリープ現象があるのでブレーキから足を離すと前進します。
最初はノーマルモードのDレンジオートマ状態から試乗しましたが、アクセル踏んだ感じはモッサリしていて鈍い。。。 はっきり言って私の147の方がこの辺はイイです。 ターボとNAの差なんでしょうか。

しかしツインクラッチの恩恵なのか、ギアが切り替わるショックが殆んどありません。
継ぎ目の無い加速がスゥ~っと続いていきまして、まるで普通のトルコンATみたいです。


次にセレクターを左に倒してマニュアル操作ヘ。
ここでもツインクラッチの恩恵で、アクセルを踏んだままでもシフトアップが可能となっています。
147のセレスピードは、シフトアップの際は気持ちアクセルを緩めないとキクシャクしてしまい気持ち良く乗れませんが、これは大きな進化ですよね。
シフトダウンした際のブリッピングもモチロン気持ち良く決まります。


そしてノーマルモードからダイナミックモードヘ。
ブーストが上がりパワー&トルクが上がるのは分かりますが、それ以上にアクセルのツキが格段に良くなりかなりやる気にさせられます!  ノーマルモードのあのモッサリ感は何処へやら、ダイナミックモードとの差は大きいですね。 私なら常時ダイナミックモードにして乗りたいです。
連動してステアリングもそれなりに重くなりますが、あれはちょっと重過ぎやしませんか?


あと、マツダのアイストップの様なアイドリングストップ機能もあります。
状況にも因りますが、信号で止まると自動的にエンジンが止まります。
そしてブレーキペダルから足を離すかギアをセレクトするとエンジンがかかる仕組みなんですが、ブレーキを離した瞬間にエンジンがかかるのはかなり違和感がありましたね。

乗り心地は17インチ仕様ってのもありちょっと固いですが、車自体はボディもしっかりしているので嫌な固さではなかったですね。



試乗を終えた感想は




普通に乗れるアルファじゃないか!



これならAT限定免許でも普通に乗れるので、これまでMiToに乗りたくても3ペダルMTしかなくて諦めていた人や、アルファのエントリーモデルにTCTが装着されたのでMiToを本気で購入しようなんて人も増えてくるのではないでしょうか。  とにかく間口が広がったのは間違いないでしょうね!



話は変りますが、来年導入予定のジュリエッタはどうも夏以降に正規輸入販売が始るらしいですね。
1.4LマルチエアのTCTと、クアドリフォリオ・ヴェルデの3ペダルMTに決まったとか?
クアドリフォリオ・ヴェルデは左ハンドルと右ハンドルが選べるようです。
販売までまだまだ待たなくてはならない様です。

そうなると現在147、159、GT、ブレラ、スパイダーは基本的に国内在庫販売のみとなっているので、ジュリエッタが出るまでの間は継続販売は当面MiToの1車種だけとなってしまう状態となり、「売る車が無くて辛いです」とDラー担当者が嘆いていました・・・(爆)。
Posted at 2010/12/11 21:15:02 | コメント(2) | トラックバック(0) | 試乗 | 日記

プロフィール

「バトンは100号車! 山本と共にチャンピオン目指して頑張ってもらいたい。」
何シテル?   01/13 09:25
アルファロメオ147からシビックタイプRユーロに乗り換えました。 ノーマル+αで赤バッヂ車を楽しんでいこうと思います。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2010/12 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

ファン

25 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ シビックタイプRユーロ ホンダ シビックタイプRユーロ
輸入が開始された時から気になる存在だった、3ドアシビックのタイプR。 最後のK20A、 ...
三菱 ランサーエボリューション 三菱 ランサーエボリューション
平成12年式トミーマキネンエディションです。 新車で購入し、今年で10年目になります。 ...
アルファロメオ 147 アルファロメオ 147
アルファ147が発表になった時から気になっていましたが、私もついにアルファ147オーナー ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.