• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

リットマンのブログ一覧

2015年01月31日 イイね!

4Cを見てきました。

4Cを見てきました。今日明日とお世話になっているDラーさんに4Cの展示車があるとのDMがあったので見てきました~。


勿論、実車を見るのは初めてです!





展示車はスタンダードモデルにオプションを装着した4Cでした。

フロント18インチ、リア19インチはオプション装着に因るものなんですね。



4mにも満たない全長ですが、車幅が広い為なのかイメージしていたものよりも大きく感じました。







通常オープナーで開けるフロントフードですが、4Cは開け方がちょっと特殊(?)です。






ドリルドローター装着。 車重が軽いのでブレーキは効きそうですね。





左側インテークの奥にインタークーラーが見えました。

手前の網が大き目なので、インタークーラーに虫がよく付きそうです???





カバーの無い特徴的なヘッドライト。

これだけでもかなり個性的です!





分厚いドアですね~。





4Cリア。

MITOと同じテールレンズでしたっけ?





ディフューザーはそれなりに効きそうですね。

その上の網は、よくありがちなダミーではなくてちゃんと空いています。

エンジンルームからの放熱に気を配っていますね、さすが4C!





横置きエンジンなのもあり、トランクルームはリアに備わっています。

エンジンフードは意外と重かったのでアルミではなさそうです。





カバーだらけの内装でしたが、一応シートに座る事は出来ました。





ちょっと分かり辛いですが、とても小さなサンバイザーが付いていました。





ドライカーボンのモノコックタブが露出しております。

カーボンの模様が綺麗ですね!

この部分だけを見てもテンション上がりますね~。

その代り、乗り降りは大変ですね(^^;




いや~こうして実車を見てみると、

改めて4Cに惚れちゃいますねw





でも、、、










私にはとても買えませーん!(爆)



Posted at 2015/01/31 15:38:55 | コメント(4) | トラックバック(0) | 雑談 | 日記
2015年01月29日 イイね!

マクラーレン・ホンダ MP4-30 ついに発表!

マクラーレン・ホンダ MP4-30 ついに発表!つい数時間前になりますが、

マクラーレン・ホンダ復活元年を託す、世界中が注目していた新車MP4‐30が発表になりました!







昨年大不評だったノーズ先端の変な「突起物」が無くなり、これで何とか普通に見える様になったので安心しました(笑)。


カラーリングに関してですが、

ノーズ先端からモノコックへと流れる赤いラインが目立ちますが、基本的にはこれを見る限りでは97年から続くシルバーを基調としたカラーリングに見えます。

つまり、メルセデスエンジン搭載を意識したシルバーを引き継いだ様に見えてしまいます。。。



今年からホンダと組んで臨むのなら、カラーリングもメルセデスからの脱却を図って貰いたかったです!



とはいえ、これは暫定カラーリングとの噂もあるので、開幕戦にはまた違ったカラーリングで出てくる可能性も有り得ます。


かつての赤白マールボロカラーは流石にないでしょうけど、少しはホンダを意識したホワイトカラーの配色に期待したいですね。









いよいよ来月からテスト走行が始まります。


まずはこの新車MP4‐30の仕上がり具合が注目されます!


厳しい船出になるのか、、、または度肝を抜く隠し玉でもあるのか!?





頼んだぞ!  アロンソ&バトン!


Posted at 2015/01/29 23:10:39 | コメント(5) | トラックバック(0) | F1 | 日記
2015年01月13日 イイね!

新型NSX、ついに御披露目!

新型NSX、ついに御披露目!昨日から開催されているアメリカのデトロイド・モーターショー15にて、


ついに新型NSXの量産モデルが発表されました!



最初のコンセプトカーが発表されてから久しいのですが、こうして量産モデルが発表されると『いよいよかっ!』と、ホンダ渾身の車である新型NSXの今後が俄然楽しみになってきます。


この新型NSXはハイブリッドカーとなります。


ハイブリッドエンジンを搭載したスーパーカーといえば、ラ・フェラーリ、ポルシェ918スパイダー、マクラーレンP1が思い浮かびますが、それら超高額車とは違い新型NSXはグッとリーズナブルな1800万円位(それでも高い車ですが・・・)での販売になりそうなので、その点が新型NSXの立ち位置として注目ですね。

3つのモーターを駆使した走行性能は未だに未知数なので、競合他車とのパフォーマンス比較も非常に楽しみな車であります。


















デザインは賛否両論あるんでしょうが、


個人的にはやっぱりカッコいいと思います!


1つ残念なのは、この新型NSXはアメリカで作られる事。

初代NSXは栃木県高根沢に専用のレーンを設けたりでNSXのプレミアム度を加速させた感もありましたが、今回の新型NSXの製造はアメリカとの報で少し残念ですねぇ。

つまり、日本へは輸入される形となります。

その点で日本人の新型NSXに対する関心はどうなのか気になりますね。




ついに発表された新型NSX、



取り敢えずは、ニュルのラップタイムが楽しみですね~。


それを踏まえた上で、ホンダ製新世代ハイブリッド・スーパーカーとしての今後に期待したいですね。

Posted at 2015/01/13 20:02:41 | コメント(6) | トラックバック(0) | 雑談 | 日記

プロフィール

「東京オートサロンに、トヨタ「GRスーパースポーツコンセプト」 出品!」
何シテル?   12/15 18:36
アルファロメオ147からシビックタイプRユーロに乗り換えました。 ノーマル+αで赤バッヂ車を楽しんでいこうと思います。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/1 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ファン

25 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ シビックタイプRユーロ ホンダ シビックタイプRユーロ
輸入が開始された時から気になる存在だった、3ドアシビックのタイプR。 最後のK20A、 ...
三菱 ランサーエボリューション 三菱 ランサーエボリューション
平成12年式トミーマキネンエディションです。 新車で購入し、今年で10年目になります。 ...
アルファロメオ 147 アルファロメオ 147
アルファ147が発表になった時から気になっていましたが、私もついにアルファ147オーナー ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる