• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ヨシタカのブログ一覧

2007年02月20日 イイね!

[食]みんなで牡蠣採り。

[食]みんなで牡蠣採り。今日はちょっとゆっくりめだが、そろそろ出勤と言うタイミングでお義母さんから電話を貰う。
パートナーちゃんの妹Cちゃんが帰郷しているので、海に遊びに行こうと思うのだけどと言うので、ちょっと考えた後、差し支えなければ私の仕事場に遊びに来ませんか?と誘ってみた。

最近は釣りよりも旬の牡蠣採りのお客さんが多く、海岸での磯遊びの様に朝晩の送迎をしているので、それに連れて行こうと思ったのだ。
勿論、私の地元では海岸沿いのどこでも牡蠣は取れるのだが、人家が近い海岸では上下水道の整備の問題なのか?そのポイントは人気がないので、わざわざ船で近くに人家のない海岸へ行く訳だ。

牡蠣を採りませんか?と誘った所、お義母さんが俄然やる気になり、すぐに話はまとまった。

一時間後、二人を乗せて仕事場へ。
出勤が若干遅れたのでマズいな、と思いつつ国道を南下、道中どこかで見た様な車の後ろを走る。
…トロいなぁ…もうちょっと気持ち早く走ってくれないと、と自分勝手な都合でイライラしていると、見慣れた車は今日のお客様。
『あんた、私らの後ろを走って来よったろ??』
と船上でニヤニヤ嫌みを言われる(汗)
すみませんすみません。

ともあれ、母から牡蠣採りの道具をいくつか拝借し、今日は船頭よりも添乗員の気分で出発。

伯父の桟橋を借りて、乗り降りし易いポイントへ。
写真の白く見えているのは、全て牡蠣。
自然で繁殖した牡蠣なので、大きさは様々。この数多ある牡蠣の中で比較的大きな物を探し、殻を開け実だけを採取する訳だ。

初めての牡蠣採りで慣れない手つきながらも、牡蠣が採り放題と判りテンションが上がったのか!?お義母さんがやる気満々。
黙々と採り始めたので、Cちゃんと二人でアサリを掘りに違うポイントへと徒歩で移動する事に。
アサリと言えども貝、奴らは容易に移動する。
アサリが住んでいそうな場所を探して、見当で掘り進める。運良く当たりのポイントを見つけ、丸々と太ったアサリを二人で掘り出した。
写真を撮るのを忘れていたが、その貝をよく見ると、どうもアサリではなくどちらかしと言うとシラ貝か(地元で言う)エンガイの様であった。
が、少ないながらも大粒の貝がポロポロ出てくるのが楽しくなって、仕事で来ているのをすっかり忘れて掘りまくった。

…久々に掘ったりしたので、右腕が筋肉痛になったのは言うまでもない。
普段は仕事であるイタリア・レストランの厨房で忙殺されているCちゃんには、海を満喫して貰えるといいな、と思った。
近くにある釣り堀・なまこ池に活かしてあるタイが、群れで遊泳しているのを見られたので、喜んでもらった様子。
最近増え初めて不気味な、まるでオレンジの脳みそみたいなノウサンゴや、大きなケヤリムシを見つけるのも楽しかった。

と、ほったらかしになっていたお義母さんの所へ戻ると、一緒に来たお客さんの中に混ざって、牡蠣採りのレクチャーを受けたらしく、その腕は格段に上がっていて驚いた。
牡蠣を持ち帰る為に用意していた2~3L入るタッパーが満タン。
常連客のオバさんがニヤニヤしながら、
『あたしゃまだ、この人から授業料もろぅちょらんで~』
と言う。
お客さんと共に、お義母さんも随分楽しんでもらえた様で大変良かった。
と言うかむしろ、Cちゃんより楽しんでいたに違いない。

午後一時過ぎの干潮をピークに、後はまた潮が満ちて移動範囲が狭くなるので二時過ぎに撤収。
遅い昼食をマッタリと宿で取り、県道経由で帰宅。
途中立ち寄った、マリンカルチャーセンターでニシキエビを見たかったのだが、既に飼育されておらず残念無念。
あのイセエビの姿をした、巨大なエビをもう一度一目見たかった。

ともあれ、有意義な休日を過ごせて貰ったようで、提案した私としても満足だ。
Posted at 2007/02/26 18:17:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | 仕事絡みの話題。 | 日記
2007年02月17日 イイね!

[日常]ツンデレ旅館。

[日常]ツンデレ旅館。“常連さん”はありがたい存在だ。

うちは“愛想のない旅館”として極々一部の利用者さんから好評頂いている旅館だが、決して、決して私が愛想がないのではない。
一緒に働く母が、愛想がないのである。
自分の経営方針として、愛想を振りまく必要がないのだそうだ。
今風に言うならツンデレ。そう、ツンデレ旅館なのだ。(おいおい…)

私もお客様に対して媚び諂った対応は決してしないが、その愛想が無さ過ぎるのをフォローできるまでには随分時間がかかった。

以前、宿泊と釣りを兼ねていらしたお客様が大きなタイを上げた時、母は『もう大きいの釣ったんだから、(鮮度が落ちたら食べられないから)帰れば?』と平然として言う。
おかん、今日泊まる人やでこちらの人…。

ヒヤヒヤしていつもその対応を眺めているが、結果的に余計な気遣いなく気楽に利用出来るとかで、(幸いにも)お客さんには好評の様である。
勿論、中には“ここの宿、愛想が無さ過ぎる”とクレームを頂く事もある。

要するに、母の方針は“わかってる人に利用してもらえれば、それでイイ”訳だ。
少人数での運営と言う事情もあって、誰でも彼でも来てくれればイイのでは立ち行かないのも、長年働いていてよく解る。
と言う事は、客も宿を選ぶが宿も客を選ぶ、とんでもない旅館なのだ。
(それでもいいのだ)

今日のお客さんは釣りの方の常連さんで、宿泊は初めての人ばかり。
普段の対応そのままでの宿泊となったお客さんの方は、かなり驚かれていたが、しばらくしてその対応の訳を知り、納得してくれた様子。

なので、お互い遠慮なく言いたい放題で盛り上がり、夕食の時間がやたらと長くなってしまった。
遠慮なく話せるまでのお客様との距離の取り方は、無愛想なだけで出来るものではないが、打ち解けられる時は接客業をしていて良かったな、と思う。

いつもながら失礼で申し訳ないな、と思いつつも言いたい放題な今日この頃だ。

★☆★☆★


最近の写真を少し。

先日記事にした『レイトン教授と不思議な町』を金曜深夜に入手。
いやはや、謎解きが楽しいですね。自分の頭の固さに吃驚。


地元にある“道の駅 蒲江”の広告。
最初のオープンの年だけかと思っていた“伊勢えびソフト”が販売されているとは。
私はエビ・アレルギーなので食べられないが、食した人の感想を伺うと『カニクリームコロッケを甘くしたような感じ?』と言う。
是非、ご自分の舌で色んな人に確かめて頂きたいものだ。


深夜、スカパーのビデオミュージックチャンネルを見ていると、懐かしいティアーズ・フォー・フィアーズの“シャウト”が流れていた。
ティアーズ~を知らなくても、車好きならこの人らの曲を一度は聴いた事があるかもしれない。
“eye hunt SILVIA”のキャッチコピーでCMされていた、S14シルビアのCMソング『シーズ・オブ・ラブ』は彼らが歌っていたものだ。
当時、車よりもその曲に惹かれ、アルバム(シングルも)を買いに走った、懐かしい曲だ。今聴いても、カッコイイ。
…個人的には、車としてはデザインはS14よりS13の方が好きだったのだが。
Posted at 2007/02/26 18:11:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | 仕事絡みの話題。 | 日記
2006年09月21日 イイね!

いやいや、気づこうよそこワ。

夕食でしこたまお酒を召し上がったお客さんが二名、コンビニに買い物に行きたいと言うので、送迎する事に。

時間も遅いし普段の送迎とは異なるけど、仕事だし。仕方ない。

車内に充満するアルコール臭に閉口しつつ出発。

と、出て5分と立たぬ内にそのイイ感じにアルコールがキマッてるお客が車の話をし始めた。

ぶっちゃけ、大抵よからぬ方向に話題が進むので、私は車内で車の話を客とはしたくない。

そのお客はスカイラインを乗ってやって来たらしい。

『そのシフトいいねぇ』
等と、何故かシフトノブを褒める。どうイイのかリアクション取り辛いなー。
皮巻きシフトだから?ガングリップだから?それとも、インペックス2スポーツATだから?

適当に応対していると今度は、
『なんでここの宿は、みんな車が三菱なの?あの赤のエボは弟さんでしょー?で、黄色のワゴン?』
『あ、弟は1.5トンのキャンターですよ?』
『え!?』
『赤はギャランだし、弟のじゃないです』

ギャランとランサーの違いも判らないの?
絡み辛ぇーー(笑)

運転席だけがぼぉっとライトアップされる暗く酒臭い車内で、酔っ払いと二人、微妙な間とヌル~い話題でダル~い(笑)

『オレ、鶴見岳とか行ってたんだけどさぁ』
(そっちかよ)
『はぁ、ドリフトですか?』
『そうそうー、でも脱輪しちゃって(笑)センターポールできたじゃん?あれから行かなくなったよね』
(話題が唐突やなぁー、つか何時の話!?)
『うわぁそれは大変ですねー私は(公道じゃ)怖いことしたくないから、コースで練習程度なら…』
『じゃあーオートポリスとか行くの?来月10月』
『いえ、そーいう所には…。12月にラリーがあるんで、その打ち合わせとか顔出しとかな…今年は臼杵市役所がスタートなんで色々と』
『へぇー知らんかった』
『臼杵だから、近かったら観に行ってみたらいいんじゃないですか?』
『ふーん、そーなんだー。でもさー、今ならフェアレディZもいいよー』
(なんでまた急にZ!?日産車の話題がいいのかな)
『そうですか、Zの事は知らないんですけど、どの辺がオススメです?』

…そんな感じで、Zのオススメ点は聞けないまま、ブツ切りトークが行き帰りも続き、軽い罰ゲーム気分。

話題が展開し難いなぁ。

</object>
動画はラリージャパン2006。

Posted at 2006/09/23 21:38:16 | コメント(1) | トラックバック(0) | 仕事絡みの話題。 | 日記
2006年07月01日 イイね!

酔っ払いとボサノバ。

今夜は常連のお客さんが、友人家族を伴ってご宿泊。
いつもありがとうございます。

と、その常連さんが、他の宿泊客が夕食を終え立ち去った後に、今日はギターを持っているんだと、以前から話に聞いていたギターの演奏披露して下さった。
仕事場からの移動で、車に積んだままだったらしい。

ギターと言う楽器には詳しくないので、素直にどういった種類のギターか尋ねると、それはフラメンコ・ギターと言うものだった。
他のギターと、構え方が違う。
実際、そのフラメンコ・ギターを見るのは初めてだった。

手早く調音して後、演奏された曲調は耳覚えにあるもので、実際かなり感激した。
ボサノバやん!!
普段から、車での移動中などには、必ず一曲はチョイスするボサノバ。

本人はある程度酒が回っているせいもあってか、納得行かない様子で何曲も弾いていたが、十分にその音楽への熟練さが伝わってきた。

普段はちょっと口の悪いトゲのある会話をする、“弁護士のくず”の主人公みたいな感じのオッサンなのに、どうしてどうして、エラいカッコいいじゃないの。
そのギャップは、衝撃と言ってイイ(笑)
音楽が人をカッコよくさせるんじゃなくて、この人の30年に及ぶギター暦がそうさせてるんだなぁと久々に感心した。

いいなー、ボサノバ。
その後、“普段はどんなの弾いてるの?”と逆に尋ねられ、今は洋楽の伴奏みたいなポビュラーな簡単なものしか弾いてないと、久々に音楽の話をした。
私自身趣味の域を脱しなかったものの、四つか五つの頃からピアノを勉強していたので、全く知らない訳ではなかった。
私も挑戦してみようかなー、ボサノバ。

後で調べて知ったけど、フラメンコ・ギターって高価なのね。
Posted at 2006/07/08 16:34:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | 仕事絡みの話題。 | 日記
2006年06月19日 イイね!

慌しい午後~夜のドライブ~アイスまみれ。

慌しい午後~夜のドライブ~アイスまみれ。 今日は自宅で片付ける仕事・他で、家の中で慌しく作業をしていると、仕事場のある実家から電話。
急な仕事で呼び出される。
…もう午後四時ですよ。これからですか、勘弁してください。
と言った気持ちになるが、とにかく仕事場に急行。

予約と言うにはあまりに急すぎる連絡で、地元のお客さんが食事にやって来た。
常連さんなので、急な仕事も融通したらしい。

問題なく接客もこなしつつ、大声で会話するその客の否応無しに飛び込んでくる話の内容を吟味していると、どれも勢いのある常識をやや逸脱した内容で失笑。

その大声で話している本人は、齢70が近いバリバリの漁師。
その話のいきさつは省略するにしても、
『いいのー!50代じゃったら、まだ三日は寝らんで働けるぞ!』
…どんな50代だったんだ、このオッサンは(笑)

力仕事で大きく硬くゴム手袋の様になった手を振り回し、オーバーアクションでいつも、いかに働いて稼ぐか!有益に使うか!?といった内容の話を毎回しているが、何度聞いても勢いがある話し方に、その内容が例え下らなくても聞き入ってしまう。

ちなみに前回は、合席(と言うかすぐ隣の席)した他の女性客から、そのゴツゴツの手を物珍しいと触りまわされたので、かなりドキドキしたらしい。
と、言う話を奥さんを目の前にしてまた勢いだけで話しているので愉快だった。

勢いのある話を聞かせてくれる、と言う意味では、地元漁師からは目が離せない。

折角なので、仕事場から賄い代わりにと、新鮮な魚を頂戴して帰宅。
その魚で夕食を用意し、まだ深夜まで働く義弟の差し入れも作って持参した。

その帰り。
同行したSさんが突然アイスを食べると言い出し、帰路を遠回りをして深夜のドライブとなった。
確かに、今日は夏の走りらしく蒸し暑い。深夜にアイスが食べたくなっても仕方がないかと思っていたら、
『お前、この前竹田でアイス食べたいって言ってたやろ?しょうがないなー』
等と言う。
『この前って先月でしょ!?』
口実はともあれ、コンビニではなくわざわざ遠回りして、珍しくセブンティーン・アイスを久しぶりに食べた。
(ありがとうございます。)
先月のイベントで移動中に立ち寄ったドライブインの自販機は、既に撤去され食べ逃していたので嬉しいっちゃ嬉しいんだけど。
そのラインナップの中に、『季節限定・赤メロン』と言う物があったが、これはやめておいた。勇気がなかった。
(勇気で食うな)
結婚してからは忙しく、土曜のナイトで映画を観に行く事も、深夜に出掛ける事などもなかったので、ちょっと愉快だった。

アイスを食べて落ち着いて帰るのかと思ったら、今度は別のアイスを食べると言い出した。
確かに、今夜は蒸し暑かった。けど、まだ食べるの!?(笑)
聞くと、昔懐かしいオレンジのシャーベット状の安っぽいアイスが最近も値段は違っているが売っているので、と言う。
あー、あの舌に色が付いちゃう安いアイス!?食べた食べた。懐かしいー。
結局コンビニでまたアイスを買い求め、今、我が家の冷凍庫はアイスに占拠されている。

今後は買い食いせずに、自家製豆腐ジェラートと手動で作るカキ氷でこの夏を乗り切る予定だ。

月曜日と言えば、大抵休み明けで憂鬱だったりするのだけれど、こんな月曜日も悪くないなと思った。
Posted at 2006/06/21 18:23:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | 仕事絡みの話題。 | 日記

プロフィール

■通勤車のセディアワゴンRALLIARTと母上のギャランの面倒も見つつ、三菱尽くしなカーライフ。 ■後遺症治療の励みにと、2000年にライセンス取得以来、...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

ヨシタカの本棚。 
カテゴリ:Hobby&more...
2006/10/19 21:46:34
 
ローズ&マリーのMoriMori Cooking 
カテゴリ:Recommend&Blogs
2006/09/17 18:39:49
 
The World of GOLDEN EGGS 
カテゴリ:Hobby&more...
2006/09/17 18:38:16
 

お友達

★WARNING★
番組内で危ない事をしているのはスタントマンかただのバカです。
よい子やクソガキ、それから精神年齢の若い大人の皆さんは絶対にマネしないで下さいね。
3 人のお友達がいます
ター君@SOUL・POWERター君@SOUL・POWER キット335キット335
OYGOYG

愛車一覧

三菱 ミラージュアスティ 三菱 ミラージュアスティ
コテコテの競技車両。 後席を撤去して二名乗車登録済み。 ロールケージ、スパルコ製フルバケ ...
三菱 ランサーセディアワゴン 三菱 ランサーセディアワゴン
黄色いセディアワゴン。目立って仕方ない割には、コレに乗ってる時に限って災難が。 幸せの黄 ...
三菱 ギャラン 三菱 ギャラン
ランサーと一緒に写って、紅白で縁起が良いとかなんとか。'98撮影。 母の愛車。 時々、地 ...
三菱 レグナム 三菱 レグナム
従兄弟のVR-4(レグナム二代目)。 車高低過ぎ?。

過去のブログ

2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2006年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2005年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.