• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ヨシタカのブログ一覧

2007年02月21日 イイね!

[休日]憧れの照明。

[休日]憧れの照明。本日は休みを貰い、午前中は後遺症の治療、午後はゆっくりと片付けを進める等して過ごす。

日没後、以前から気になっていた照明を見に、市内の大手家電チェーン店へ足を運ぶ。

総決算セールだとかで、以前は6700円近くして購入を躊躇してしまったHITACHI フルーティースタンド RS3216EWが、約2000円引きになっていたので購入。

最近使わせてもらっているパートナーちゃんのMacBookに似合うに違いない。

帰りしなにゲームショップに立ち寄り、入庫されていないらしいPS2 デストロイ・オールヒューマンズ [SEGA]を注文して帰宅。
2007年02月20日 イイね!

[食]みんなで牡蠣採り。

[食]みんなで牡蠣採り。今日はちょっとゆっくりめだが、そろそろ出勤と言うタイミングでお義母さんから電話を貰う。
パートナーちゃんの妹Cちゃんが帰郷しているので、海に遊びに行こうと思うのだけどと言うので、ちょっと考えた後、差し支えなければ私の仕事場に遊びに来ませんか?と誘ってみた。

最近は釣りよりも旬の牡蠣採りのお客さんが多く、海岸での磯遊びの様に朝晩の送迎をしているので、それに連れて行こうと思ったのだ。
勿論、私の地元では海岸沿いのどこでも牡蠣は取れるのだが、人家が近い海岸では上下水道の整備の問題なのか?そのポイントは人気がないので、わざわざ船で近くに人家のない海岸へ行く訳だ。

牡蠣を採りませんか?と誘った所、お義母さんが俄然やる気になり、すぐに話はまとまった。

一時間後、二人を乗せて仕事場へ。
出勤が若干遅れたのでマズいな、と思いつつ国道を南下、道中どこかで見た様な車の後ろを走る。
…トロいなぁ…もうちょっと気持ち早く走ってくれないと、と自分勝手な都合でイライラしていると、見慣れた車は今日のお客様。
『あんた、私らの後ろを走って来よったろ??』
と船上でニヤニヤ嫌みを言われる(汗)
すみませんすみません。

ともあれ、母から牡蠣採りの道具をいくつか拝借し、今日は船頭よりも添乗員の気分で出発。

伯父の桟橋を借りて、乗り降りし易いポイントへ。
写真の白く見えているのは、全て牡蠣。
自然で繁殖した牡蠣なので、大きさは様々。この数多ある牡蠣の中で比較的大きな物を探し、殻を開け実だけを採取する訳だ。

初めての牡蠣採りで慣れない手つきながらも、牡蠣が採り放題と判りテンションが上がったのか!?お義母さんがやる気満々。
黙々と採り始めたので、Cちゃんと二人でアサリを掘りに違うポイントへと徒歩で移動する事に。
アサリと言えども貝、奴らは容易に移動する。
アサリが住んでいそうな場所を探して、見当で掘り進める。運良く当たりのポイントを見つけ、丸々と太ったアサリを二人で掘り出した。
写真を撮るのを忘れていたが、その貝をよく見ると、どうもアサリではなくどちらかしと言うとシラ貝か(地元で言う)エンガイの様であった。
が、少ないながらも大粒の貝がポロポロ出てくるのが楽しくなって、仕事で来ているのをすっかり忘れて掘りまくった。

…久々に掘ったりしたので、右腕が筋肉痛になったのは言うまでもない。
普段は仕事であるイタリア・レストランの厨房で忙殺されているCちゃんには、海を満喫して貰えるといいな、と思った。
近くにある釣り堀・なまこ池に活かしてあるタイが、群れで遊泳しているのを見られたので、喜んでもらった様子。
最近増え初めて不気味な、まるでオレンジの脳みそみたいなノウサンゴや、大きなケヤリムシを見つけるのも楽しかった。

と、ほったらかしになっていたお義母さんの所へ戻ると、一緒に来たお客さんの中に混ざって、牡蠣採りのレクチャーを受けたらしく、その腕は格段に上がっていて驚いた。
牡蠣を持ち帰る為に用意していた2~3L入るタッパーが満タン。
常連客のオバさんがニヤニヤしながら、
『あたしゃまだ、この人から授業料もろぅちょらんで~』
と言う。
お客さんと共に、お義母さんも随分楽しんでもらえた様で大変良かった。
と言うかむしろ、Cちゃんより楽しんでいたに違いない。

午後一時過ぎの干潮をピークに、後はまた潮が満ちて移動範囲が狭くなるので二時過ぎに撤収。
遅い昼食をマッタリと宿で取り、県道経由で帰宅。
途中立ち寄った、マリンカルチャーセンターでニシキエビを見たかったのだが、既に飼育されておらず残念無念。
あのイセエビの姿をした、巨大なエビをもう一度一目見たかった。

ともあれ、有意義な休日を過ごせて貰ったようで、提案した私としても満足だ。
Posted at 2007/02/26 18:17:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | 仕事絡みの話題。 | 日記
2007年02月19日 イイね!

[Podcast]ファミ通WaveDVD Podcasting 第57回配信分。

“ファミコン通信”時代から慣れ親しんで愛読している“週刊ファミ通”。
その兄弟誌、月刊ファミ通WaveDVDの販促目的で毎週末配信されているネットラジオの“ファミ通WaveDVD Podcasting”(無料配信)は、私の大切な娯楽の一つだ。

メインMCを現在フリーライターのポルノ鈴木氏、ゲストにWaveDVD副編集長のルパン小島氏を迎えてのトークは、ゲーム雑誌にあるまじき常識破りの内容で、毎回笑いを禁じ得ない。

先週末(に配信されるはず?だった)配信の57回配信分を、本日ようやく拝聴する。

今回は月に一度?のリスナーからのメールを読むコーナー。
本誌3月号のシュコタンへの反響の大きさに頷きながら放送を楽しく聞いていると、ちょっと前に私が書き送ったメールが突如読まれ、にわかに血圧が上がった。

その内容は、“最近CDにPodcastingを移して通勤中の車の中で聞いていると、燃費が向上しました”と言うもの。
毎回楽しくもグダグダのユル~いトークで、自ずと燃費走行が出来ていたのだろう事が理由と思われるのだが、その部分を読まれる前にルパン小島副編集長が、なんと、
『燃費って何?』
と言い始め、MCのポルノ鈴木さんが鋭くそれを追求し始めてくれたので、途中までしか読まれなかった(笑)
これじゃあ、謎な感想を寄せた、変なリスナーじゃないかあぁぁぁぁ(汗)

まぁいいや。

結果的には、腹がよじれるかと思う程笑わせてもらって楽しかったのだが、その後に続く
“おそらく、程良くグダグダな放送が、自然と燃費運転を促しているのではないでしょうか!?
地球にも優しいWaveDVDポッドキャスティングを、これからも応援しております!!”
が読まれなかったので、ここに書いてしまおう。

ちなみに。
メインのDUOBLOGサービス以外では、自分のメインサイトで使っているHN“ヨシタカ”を多用。
上記のポッドキャストをご存知の方は、一度聴いて頂けると私が何を言っているのか?判って頂けるかと思います。

いや~…今回も笑わせて頂きました、ファミ通WaveDVDポッドキャスティング。
素朴な感想として、自動車が必要ない様な都会に住んでいると燃費も関心ないのかなぁ…と思ったが、そんなはずはないだろう、と(笑)

いやもう本当に、スタッフの皆様の今後のご活躍を期待せずにはいられません。
2007年02月18日 イイね!

[車]“ケツと眼力”三菱デリカD:5、試乗。

かねてから希望していた新型デリカの試乗が本日出来る事になり、仕事も早々と切り上げて午後も少し過ぎた頃、営業所に伺った。

到着するや否や、担当Aさんとの歓談もそこそこに早速試乗させて頂く。

シートの位置を合わせていると、
『QUEENのPVを持って来たんですよ』
と、Aさん。
確かに、実際の走行中のサウンドシステム(ロックフォード社製)の良さも、試乗に含めて試してみたい所。信号等で停車中はモニタにPVも映し出されるので、ただ試乗するよりは実際の走行に近づける気がした。
QUEENのアルバムは私も二枚持っているもののPVは見た事がなかったし、有名な曲も多く“良いチョイスだな”と走り出すまでは思っていた。

試乗開始直後、営業所に面した国道へと注意深く乗り出し走りだすと、PVも再生し始め“やっぱ鮮明でイイ音だな”と思った、直後。
何を思ったのか、
『凄ぇケツ!!』
と助手席で吹き出すAさん。
どうやら、PVを見た事が無かったのは私だけではなかったらしい。
と、言うかいきなりケツって何!?と気になって気になって仕方が無い。
おかしいな?乗り心地を試しに来たのに。
助手席で爆笑するAさんを尻目に、営業所を出て三つ目の信号で停車、右折待ちで交差点中央へと出、対向車が多かったのでふと一瞬モニターに目をやると、丁度ボーカルがピックアップされたシーンで本当に凄いピチピチの衣装でお尻がプリプリだ。
全く何の先入観も持たず、ただハードロックとしての格好良さ等のイメージでいきなりPVを見ると、予想外のインパクトで思わず吹き出してしまったのだ。
おそらく1984年当時のライブ集であったらしく時代を感じさせるPVに、そのピチピチの革パン等の衣装を見ているとエディー・マーフィーが22歳の頃に行っていた人気のライブ『サタデー・ナイト・ライブ』を彷彿させる。
続いて更にボーカルの顔がアップされると、鋭い眼光に豊かな口ひげ。ダンディズムの一片を形にした様なシーンに、私も釣られて爆笑。
『眼力凄エーーー!!(笑)』
い、いかんいかん、運転に集中せねば。

かくして、満面の笑み(馬鹿笑い)をたたえた二人が乗り込む新型デリカが(異様な?雰囲気を醸しつつ)半ば渋滞気味の真昼の藤原バイパスを走る事となる。
まだ多くは見掛けない車だけに、通りすがりの何名かのドライバーは“あの車は何がそんなに楽しいのだろうか??”と思われていたかも知れないが、当人達は全く違う方向性で盛り上がっていた訳で。
新型をアピールする機会でもあったのに、一寸間違ったアピールをしてしまった気がしてならない。
方法はどうであれ、新型を周知出来れば幸いだ。

もうその後は信号が気になって仕方がなく、Aさんが気を利かせてくれたお陰で(?)愉快かつ快適なドライブが堪能出来た。
音響が素晴らしい事は、十分過ぎる程に確認出来た。

近くの峠道を頂上まで往復し、再び国道を別ルートで回って営業所の周囲を一周する形で試乗。
三菱の車らしく、足回りが硬めだったせいか?車高の高さから来る揺れで疲れを感じる事が少なく、カチっとした乗り心地。
シートも硬めで、私は好みだった。
操作感も素直で、ステアリングは今時のなのか?やや太めで握り易い。箱型だから車両感覚が違うと言う違和感はなく、むしろSUVのアウトランダーに近い気がした。
まんまアレで、目線だけ高い位置に来た様な。
折しも同じ2.4L、力強さも変わらず“え?それくらいなの?”と尋ねなければ判らない程だった。
とにかく運転し易い、後方視認も悪くないし扱い易いと感じた。死角を確認出来るカメラもあったのだが、実際に必要性をあまり感じなかった…と言うか試乗時には使わなくても問題はなかった。

一番身近な感覚として触感や音での感想では、レバー操作やドア開閉等のどこからも安っぽさはなく、購入した際の所有感はかなり得られるのではないかと思う。(妙な感想だが)

他にも沢山の感想が得られたと思うのだが、交通量の多い時間帯に試乗した為、法廷速度以下で走っている区間が長く、実際の普段の走行を想定した試乗にはちょっと遠かったかもしれない。

運転前は、“乗ったらこんなものか?と思うかも”とあまり期待しないようにしていたのだが、十分納得の乗り心地で快適。これで八人も乗れるなら購入したいかもと思った。

☆★☆★☆


その晩。
なんと、わざわざ出かけた先の書店で毎週楽しみにしている“週刊ファミ通”が売り切れていたので、地元に戻って購入。
その際、勢い余って、以前からちょっ読んでみたいなと思っていた本を3冊、ノリで2冊、買いそびれていた物を1冊、計7冊をまとめて購入してしまった。
・週刊ファミ通 2007年3/2号
・評伝シャア・アズナブル-《赤い彗星》の軌跡-(上)
・評伝シャア・アズナブル-《赤い彗星》の軌跡-(下)
・ゲームセンターCX(単行本1)
・ゲームセンターCX(単行本2)
・ゲームセンターCX(単行本3)
・新吼えろペン(6)


レジで精算していると、その大量の書籍を手提げ紙袋に入れていた店員さんが、
『ゲームお好きなんですか、“撃墜王”は読まれました?』
と珍しく言う。
『あ、いえ読んでませんね、普段はエンターブレインの雑誌ばかりなんで…面白いです?』
『購入されているお客さんも多いですし、面白いですよ』
『今度チェックしてみます、ありがとうございます』
と、言ったものの、私の求めている情報と違うものの本の様な気がするけど、ちょっと気になって来た。
普段の買い物で、こんな風に購入したものによって声をかけられる事は滅多にないので、ちょっと新鮮な1コマだった。
何がどう面白いのか聞きそびれたが、今度チェックしてみよう。
Posted at 2007/02/26 18:13:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2007年02月17日 イイね!

[日常]ツンデレ旅館。

[日常]ツンデレ旅館。“常連さん”はありがたい存在だ。

うちは“愛想のない旅館”として極々一部の利用者さんから好評頂いている旅館だが、決して、決して私が愛想がないのではない。
一緒に働く母が、愛想がないのである。
自分の経営方針として、愛想を振りまく必要がないのだそうだ。
今風に言うならツンデレ。そう、ツンデレ旅館なのだ。(おいおい…)

私もお客様に対して媚び諂った対応は決してしないが、その愛想が無さ過ぎるのをフォローできるまでには随分時間がかかった。

以前、宿泊と釣りを兼ねていらしたお客様が大きなタイを上げた時、母は『もう大きいの釣ったんだから、(鮮度が落ちたら食べられないから)帰れば?』と平然として言う。
おかん、今日泊まる人やでこちらの人…。

ヒヤヒヤしていつもその対応を眺めているが、結果的に余計な気遣いなく気楽に利用出来るとかで、(幸いにも)お客さんには好評の様である。
勿論、中には“ここの宿、愛想が無さ過ぎる”とクレームを頂く事もある。

要するに、母の方針は“わかってる人に利用してもらえれば、それでイイ”訳だ。
少人数での運営と言う事情もあって、誰でも彼でも来てくれればイイのでは立ち行かないのも、長年働いていてよく解る。
と言う事は、客も宿を選ぶが宿も客を選ぶ、とんでもない旅館なのだ。
(それでもいいのだ)

今日のお客さんは釣りの方の常連さんで、宿泊は初めての人ばかり。
普段の対応そのままでの宿泊となったお客さんの方は、かなり驚かれていたが、しばらくしてその対応の訳を知り、納得してくれた様子。

なので、お互い遠慮なく言いたい放題で盛り上がり、夕食の時間がやたらと長くなってしまった。
遠慮なく話せるまでのお客様との距離の取り方は、無愛想なだけで出来るものではないが、打ち解けられる時は接客業をしていて良かったな、と思う。

いつもながら失礼で申し訳ないな、と思いつつも言いたい放題な今日この頃だ。

★☆★☆★


最近の写真を少し。

先日記事にした『レイトン教授と不思議な町』を金曜深夜に入手。
いやはや、謎解きが楽しいですね。自分の頭の固さに吃驚。


地元にある“道の駅 蒲江”の広告。
最初のオープンの年だけかと思っていた“伊勢えびソフト”が販売されているとは。
私はエビ・アレルギーなので食べられないが、食した人の感想を伺うと『カニクリームコロッケを甘くしたような感じ?』と言う。
是非、ご自分の舌で色んな人に確かめて頂きたいものだ。


深夜、スカパーのビデオミュージックチャンネルを見ていると、懐かしいティアーズ・フォー・フィアーズの“シャウト”が流れていた。
ティアーズ~を知らなくても、車好きならこの人らの曲を一度は聴いた事があるかもしれない。
“eye hunt SILVIA”のキャッチコピーでCMされていた、S14シルビアのCMソング『シーズ・オブ・ラブ』は彼らが歌っていたものだ。
当時、車よりもその曲に惹かれ、アルバム(シングルも)を買いに走った、懐かしい曲だ。今聴いても、カッコイイ。
…個人的には、車としてはデザインはS14よりS13の方が好きだったのだが。
Posted at 2007/02/26 18:11:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | 仕事絡みの話題。 | 日記

プロフィール

■通勤車のセディアワゴンRALLIARTと母上のギャランの面倒も見つつ、三菱尽くしなカーライフ。 ■後遺症治療の励みにと、2000年にライセンス取得以来、...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

ヨシタカの本棚。 
カテゴリ:Hobby&more...
2006/10/19 21:46:34
 
ローズ&マリーのMoriMori Cooking 
カテゴリ:Recommend&Blogs
2006/09/17 18:39:49
 
The World of GOLDEN EGGS 
カテゴリ:Hobby&more...
2006/09/17 18:38:16
 

お友達

★WARNING★
番組内で危ない事をしているのはスタントマンかただのバカです。
よい子やクソガキ、それから精神年齢の若い大人の皆さんは絶対にマネしないで下さいね。
3 人のお友達がいます
ター君@SOUL・POWERター君@SOUL・POWER キット335キット335
OYGOYG

愛車一覧

三菱 ミラージュアスティ 三菱 ミラージュアスティ
コテコテの競技車両。 後席を撤去して二名乗車登録済み。 ロールケージ、スパルコ製フルバケ ...
三菱 ランサーセディアワゴン 三菱 ランサーセディアワゴン
黄色いセディアワゴン。目立って仕方ない割には、コレに乗ってる時に限って災難が。 幸せの黄 ...
三菱 ギャラン 三菱 ギャラン
ランサーと一緒に写って、紅白で縁起が良いとかなんとか。'98撮影。 母の愛車。 時々、地 ...
三菱 レグナム 三菱 レグナム
従兄弟のVR-4(レグナム二代目)。 車高低過ぎ?。

過去のブログ

2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2006年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2005年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.