車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月25日 イイね!
うーーーーーーん・・・久々のMid Night です。
ここんところ、忙しくて帰りが遅いため
PCを開くことがなかった・・・
メールを見ると400通over・・・
消去が大変でした・・・
Windowsのアップデート・・・
2時間かかりました・・・



ていうことで、ガレージ

ありがたいことです。


Mid Nightでも籠ることができ、
音楽を聴きながら、
ウイスキーのボトルとグラスを持っていき、
満足するまで眺めるBIG1・・・

いつもの如く気になるのがヘッドライト廻り・・・

今はバイザーですが、もともとカウルが好きなのです。

溶接機も買ったことだし?高ナット溶接して、フレームにポップナット打って
カウルステーなんて簡単に付くことと思います。

悩みどころなのが

BIG1のタンクに合ったカウルっていうのがあるのか?
っていう事なのです。

ENGは隠したくないし、カウルが威張ってるのも嫌だ・・・
バイザー以上に効かない、暴れるなら要らない・・・

カウルっていうのは高速では楽そうに見えますが
ブッ飛んでいくなら丸目なのに、「アイツ、がんばってんなー」って思われるほうがアレかなと・・・

昔々、NSRが2灯だったので、片目クリア、片目黄色っていう風にしてたのが
ああいうの良いなと常々・・・
今や、片目バルブ、片目プロジェクターとかもありますから・・・
やってみたいなあ・・・と、思うのです(思うだけです?かもしれん)


1000にカウル付けてる人のを見ると、


うーーーーーーーーん


っていう感じなのです、
自分のイメージと合わせてみると・・・


そもそもBIG1のデザインていうのは
丸目なのか、カウル付きなのか

良くわからなくなるのは
ウイスキーのせいでしょうか?


まあ


ゆっくりと


悩んでみようと思います。






でわ~


























Posted at 2017/03/25 01:46:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月26日 イイね!
ママ号のマフラー修理ウチのモビリオスパイクですが今年の5月に車検。
前回音量で、本当ならば落ちてますが合格させていただいた・・・
今年はその対策をしないとな、ということで
出口にフタを付けようと画策・・・

がしかし

タイコとパイプのところ、クラック入ってました、周長で2/3くらい・・・

よくもまあ、落ちなかったことっていう感じです。


ノーマルは新車のとき捨てちゃったので無いです。
色々考えた結果、「クラックは溶接、音量は出口にフタ」となったわけです。
アークもガスも資格もってますからココで活きるってわけです。

では溶接機、近所のジョイフルでありました。
100Vでステンレスが溶接できるヤツ。
本当はね、TIGが欲しいんですよ。現実的に言うとムリ。
MIGでもいいんですけどこれも現実的にはムリ。どっちもガスが必要。
電源も200Vが必要だし・・・

↓なのでコイツ


家庭でマフラーの修理程度なら充分です。
ていうか結果的に充分でした。

TIGとかMIGを普段使いにしてると変なクセが出るんですね。
この溶接機はアーク溶接ですから、溶接跡には膜ができる。
コレが厄介で、見た目溶けてる感があるのですが、実際はモリモリになる。
まあ、電流の調整が無いですから徐々に送りを速くしていけばいいんでしょうけど
難しいです。
溶接棒も鉄とステン用であきらかに硬さが違くって
ステンのほうは良く溶ける、ていうか早く溶けすぎで難しい。
なるほど、TIGでステンは電流下げる理由ってそれか、と。
ならば溶接棒をφ1.6とかφ2くらいでも良いかもしれない。
でも今回はφ1.4で・・・


溶接→被膜取り→溶接 の繰り返しでようやくクラックが消えて
サビて朽ちた大穴も溶接でふさいで、最初は鉄の溶棒で
うまくいかないのでステンの溶棒で、鉄7本、ステン10本使いました。

会社にもってって昼休みにでもTIGでやれば、こんなモリモリヘタクソにはならなかったでしょうが
自分のことは自宅で解決するっていう意味で言うと有意義であったのではなかろうかと。

ネットでノーマル買えば1万くらいで手に入りますが
一度捨てたノーマルを買うのか?という悔しさと
ここまでガレージ作って、持っていないのは溶接機だったですから
ちょうどよかったのかなと。

で、けっきょくのところ

「クラックは溶接、音量は出口にフタ」に使った金額は
ざっと、2万オーバー・・・



まさかフタが売ってると思ってなかったことから、出口の径を測ってなかった。
ママにLINEで寸法教えてもらうも、それは出口の径で、ピッタリなんですよ、
それじゃあ入りませんね~、、、っていうことで買い直し含めて店を2往復・・・

たかがクラックでしたが、ずいぶんと時間がかかってしまいました。













Posted at 2017/02/26 23:31:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月18日 イイね!
診断機で遊んでみた今日は通勤スペシャルのFITをダシにして、診断機のテストをしてみました。

最近、念願のハンディでありながら機能が充実した診断機を入手しました。
それを使って練習したくても、会社では忙しすぎて使ってる暇がありません。

休みの日、どうせヒマだから自分のクルマでやればいいじゃん、と。
先週これに気づいていれば、GODに何万円も使わなくて済んだ、というハナシです。

試しにタイトルにあります、意図的にセンサーを断線させました。
その時にどうなるのか見てみました。



とりあえずいつも見かける見慣れた光景なんですけど
ワタクシの仕事上、その状況っていうのは当然なのでなんとも思いませんが
いざ自分のクルマで見るとなると、良いもんではない。

しかも意図的に断線を作りましたが、該当するPコードの表示はわかりますが
ブレーキ系、EPSが点いちゃうのはなんとも悩ましいです。
ふだん見慣れていたとしても、ああこうなるのね、と・・・
普通の人が一般道でパカンと点いちゃったとしたらパニックでしょうね。
ブレーキとEPSが強調されてますからね、走ってたらとっさに止まれるの?と思うかと・・・
原因究明は診断機は無くとも、メーターのマルチインフォメーションで見れますけど
SCSショートできれば、のハナシ。

断線を元に戻して、DTC消去してクルマの無事を確認してもブレーキ系の履歴が残る模様・・・
SCSショートで見ても車体系に履歴が無いことから、これは単なる履歴残りであるので
ON-OFFを3回繰り返すと消えます。

さらにDTCコマンドを確認し、SCSショートでDTCが無いことを確認して次・・・


今度はTAセンサーを断線させました。

該当するPコードが出るのは当然なのですが、上記にありますブレーキ系、EPSはやはり点灯。
MIL点灯は2DCでした。面白いですね~
同様の手順で診断を進めて同じように正常に戻すんですけど、
結果的にいうと、量産車ならばSCSショートで済んでしまう、ということがわかりました。
ただ動的に発生する状況っていうのの確認は診断機を使わないとわからないので
この診断機は使える「おもちゃ」っていうことがわかりました。

ここで重要なのは、どのような推移で変化していくか、っていうところを
知ってるか知ってないかが診断作業について苦楽が分かれるかと。
例えばアクセルを踏むとエンジン回転が上がります、っていう当たり前の動作の中で動いてる中身のことと、表示されたPコードが何を示しているのかわかる表など、あとは推測が必要です。

さらに、エンジン系のセンサーを断線させたのにブレーキ系が点灯してしまう理由は
よくよく考えてみると、理に適ってることです。
エンジンのセンサー系がダメだと、アイドルストップをしません。コレが全ての原因。
他所はさせるために動いているけど信号が帰ってこない、これだけのハナシです。
こういったように、車体制御っていうのは経験値が重要です。

そのためには外部診断機もそうですけど、車体でできうる診断機能をどれだけ理解できていて、
且つ車体の動きっていうのは、何をどうするとどうなる、っていう使い方も含めて
内容を整理できてるのかっていうことですね。

診断の目的は今のクルマの状況がどうなっているのか、ですが
今の職場で、車体制御のこと理解できてる人っていうのがどれだけ居るのか疑問ですが、
どっちかっていうと昔ながらの5感で、診断ていうのは苦手なようです。
だいたい人任せでやりたがらない。

これから先のことで、職場ではなにやら難しいことばかりを考えてるようで
自分たちは何がしたいんですっけ?っていうところが定まってないからダメでしょうけど
この先車体制御なんてもっと複雑になりますからね。
必要性は充分言ってるんですけど、具体的に聞きもしてこないので放ってますけど。

ワタクシも診断て苦手だったんですけど、ECUに支配された車体の動きがわからないと
クルマの状態が語れないのが嫌でちょっとだけ勉強した結果、今の仕事に役に立っていますが
苦手苦手ばっか言ってないでまずは必要性を理解して知ろうとしないことには始まりませんね~。

職場には、やりたいって言ってるヤツは居るんですけど
なかなか仕事を組ましてもらえなくて教えることができないのはなんとももどかしい。

市場ではもっと高度なことが行われてますからね。
時代遅れにならないように、常に勉強です。


3回目で、ママに「適当にカプラ外して」っていってもわからないようで、
真の診断はできませんでした。



診断系の仕事してみたいなあ~



でわ~





Posted at 2017/02/19 00:57:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月11日 イイね!
FMラヂオガレージといえばラジオ
時にはUSBで昭和のお気に入りを聴く

音楽は必要です要
時間を忘れながらも時間を気にする、みたいな・・・

たぶん夏なんかは、入口に網戸を付けて蚊取り線香をつけて
中でラジオ聞きながら、ビール飲みまくり・・・

今はというと寒さとの戦いなので、夕方5時が限界なんですけど・・・
でも1日バイクを眺めていても飽きないのは言うまでもありません。

写真にあります、ラジカセです。しかもUSBとSDが入ります。
これで76.4を鳴らしてるんですけど、まあ~~~アンテナが役に立ってない。
ラジオに触れていると感度は良いんですけど、離れるとダメ。
さらに、LEDライトを点けると、ソイツが出すノイズを拾って、ざァァァーーーーーー・・・

と、真夜中の湘南海岸のよう・・・

ダメじゃん

何とかならんものかと、近所のアウトレットで物色。

売り場をウロウロして考え抜いたあげく行きついたのは
普通のハーネスですが、コイツをアンテナに巻きつけて
外に出し、ガレージに引き込んでいる100V線に巻きつける、です。

見事当たり。
多少のノイズはあるものの、許容のレベルです。
LEDも大丈夫。

いやあ、安くできました@300えん。
いちおうアンテナに巻き巻きしてるハーネスはカッチョ悪いので
隠すべくスミチューブで処理。

ていうことでさっそく
ラジオも入るようになったし、バイク眺めながらホットウイスキーならば
寒さはクリアーではないか?なんていうのは今日の冷たい強風では、入口を閉めたところで
何の意味もありません。

母屋のほうで、ガレージの整理ネタでも考えようと思います・・・

明日は、ガレージのシャッターを開けようかなあ・・・
っていうのは想いだけ・・・


でわ~














Posted at 2017/02/11 21:51:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月22日 イイね!
サビ取り以前から気になってることがありました。
シリンダーヘッドの締め付けナットのサビ。

ホームセンターに金魚のエサを買いに行ったついでに
目に入ったのは↓↓↓サビ取り(横かよ)。


こんなのあるんだと。
そういえばママ号もそこらじゅうサビだらけだからちょうどいいかと。

メッキにも使えそうなので、普段読むことのない説明書を読み、塗ってみる。

しかしながら

取れない。

ダメなら何回か繰り返せ、と説明書に書いてある。

やってみる。

しかしながら、取れない。

なのでと登場したのは↓↓↓(横かよ)


サビに付けて放置。
そしてふき取る。
なんと、落ちる。
細かいところは爪でひっかくと取れる。

ていうことで、細いドライバーでカリカリほじっていくと
サビだけがきれいに取れていく。

ていうことで結果↓↓↓


まあ、新品みたい!

ソフト99のサビ落としが効いたのか、ラスペネが効いたのかは
わからなくなりました。
もしかしたら、ラスペネだけで行けたのかなあということは
可能性だけにしといて、ソフト99が頑張った、
にしておきます。

寒かったのでね、
今度じっくりとソフト99の検証でもしようと思いまっす。


でわ~





Posted at 2017/01/22 21:10:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「うーーーーーーん・・・ http://cvw.jp/b/2063113/39507175/
何シテル?   03/25 01:46
もっぱらソロツーです。 ソロツーなのは、誘っても誰も行ってくれる人が居ないからなんだな~ いいんだ~、行きたいときに行きたいところ 誰にも気兼ねするこ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
お友達
愛車一覧
ホンダ CB1000 SUPER FOUR (スーパーフォア) 第一夫人 (ホンダ CB1000 SUPER FOUR (スーパーフォア))
ホンダ CB1000 SUPER FOUR (スーパーフォア)に乗っています。限定解除直 ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.