車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月12日 イイね!
日産 新型 リーフ 2017年9月フランクフルト・モーターショー発表

TwitterでOfficial Nissan EVは「新リーフは2017年9月に発表。生産および配達は今年後半に開始。」と通知した。
おそらくフランクフルトモーターショーで公開されるのだろう。

日産が公式に新型リーフの発売時期に言及したのは初めてだと思う。
日本での発売は来年早々になるのだろうか。

60kWのバッテリーを搭載していれば現行の30kWバッテリーを搭載しているリーフの二倍の距離を走れるはず。
実用で400km走れるEVが登場すれば、ガソリン車に乗る必要はなくなる。

軽量化プラットフォーム、半自動運転のプロパイロットシステムに加え非接触型充電技術と新技術も盛りだくさん。
プリウスPHVの存在意義が薄れてしまうだろう。

夜間の寝ている間に充電できるからPHEVマニアが言うところの「家庭用の200vで丸一日」は非現実だし、400kmも走れれば出先で急速充電するのは休憩や食事の合間で十分なので「急速充電でも1時間以上」も机上の空論。

課題は価格だ。
現状維持だとありがたいのだが。
Posted at 2017/03/12 10:45:51 | コメント(1) | トラックバック(0) | リーフ | クルマ
2017年02月13日 イイね!


ネタ元⇒2018 Nissan Leaf spy shots

リーフの2018年モデルがスクープされました。
外観はNissan IDS Conceptと現行リーフを足して二で割ったような感じ。

搭載されるバッテリーは60kWhが標準で40kWhのオプションも設定されるのではないかと推測されている。
今年の末までには発表されるようだから楽しみにしていよう。
Posted at 2017/02/13 07:19:21 | コメント(3) | トラックバック(0) | リーフ | クルマ
2017年02月05日 イイね!


充電カードの更新(ZESP2に切り替え)に日産の販売店に出かけたついでに急速充電器を使ってみた。
30分経過して充電完了メールが届いたのだが、その内容にビックリ!

なんと航続可能距離が45kmしかない。
雪が降りしきる寒さの中でエアコンを使わずにという過酷な条件に甘んじてもだ。

バッテリーが劣化した真冬のリーフの実力に愕然とする。
遠出の経路充電以外で急速充電を利用することはほとんどないので気が付いていなかった。
遠出の際はバッテリーウォーマーで加温しているので、これほど充電に苦しまされることは無い。
バッテリーウォーマーを使えない一般ユーザーの劣化リーフは無駄な充電時間を強いられているのだ。

気温やバッテリー残量が同じ条件ならバッテリーウォーマーを使っていれば半分の時間で同じくらい充電できる。
バッテリーウォーマーはバッテリーが劣化したリーフだからこそ効果を発揮するのだと再認識した。
Posted at 2017/02/05 20:18:16 | コメント(2) | トラックバック(0) | リーフ | クルマ
2017年01月21日 イイね!



日産公式プロトラベラー募集


日産が公式プロトラベラーという短期アルバイトを募集している。
一カ月間の契約で報酬は30万円。
仕事内容は、日本全国を旅してその模様を情報発信するというもの。

ここ、My日産リーフが得意とするドライブ記録情報がそのまんま使えるんじゃないかと思った。
2/14~の一カ月なら都合もつくし。
でも、リーフを褒めるだけじゃないから誘われないだろうな・・・。

プロトラベラーの応募要項には、自己所有のリーフで行っても良いとある。
日産レンタカーから借りる方法もある。
ただし、レンタカーだとEVITが使えるのか疑問。

日産のリーフモニターで借りる試乗車はEVITが使えないから、リーフが得意とするドライブの技が欠けてしまう。
充電施設の更新はできないからスマホで最新の充電スポットを探さなければならない。
エマージェンシーサポートもないから電欠したら大変だ。
走行記録も得られないから30日間の軌跡を後追いするのは困難を極める。

プロトラベラーに選ばれるわけでもないので杞憂なのだが、このあたりの課題をしっかりと解決してプロトラベラーを委嘱して欲しいと思う。
Posted at 2017/01/21 09:00:07 | コメント(1) | トラックバック(0) | リーフ | クルマ
2017年01月17日 イイね!
VW、EVの「ゴルフ」今夏に日本投入 国内販売巻き返し







独フォルクスワーゲン(VW)が6~7月をめどに日本で発売すると発表した「eゴルフ」は現行リーフよりも若干だが性能が上回ると思われる。

バッテリー容量はリーフよりも5.8kWh多い。
リーフが旧型から増量したバッテリー容量が6kWhだから、eゴルフで得られる航続距離の伸びは新旧リーフで生じた差が現行リーフに上乗せされると考えて良さそうだ。

リーフが24kWhから6kWh増量したことによる航続距離の伸びは、228kmから280kmへの52kmという数字以上に安心感が増している。
リーフとeゴルフの電費はほぼ同水準と考えられるから、30kWhリーフに5.8kWhを加えたら、その安心感の増え方は◎(二重丸)になるだろう、

問題は価格だ。
もし、現行リーフと同価格帯で発売されば30kWhリーフの売れ行きに大打撃を与えるだろう。
新型リーフの発売時期が「近い将来」とされる今、型遅れが目前で、さらに他メーカーの新型EVにも性能で負けてしまえば魅力はなくなってしまう。

2017年から18年は、EVが激動を迎えそうな予感がする。
Posted at 2017/01/17 22:33:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | リーフ | クルマ
プロフィール
「[パーツ] #リーフ LEDヘッドライト用バルブ H8/H11/H16 / LEH102 http://minkara.carview.co.jp/userid/2063701/car/1565974/8003679/parts.aspx
何シテル?   10/04 19:14
《ディープリンク禁止》 日産リーフ初期型のGグレードに乗っています。 電力消費シミュレーションを独自開発して未知の道路でもリーフの電力消費を予測できるの...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
お友達
有意義な情報交換をしましょう!
34 人のお友達がいます
KAKUKAKU * ルドルフ ブデルルドルフ ブデル *
黒猫り~ふ黒猫り~ふ c.c.19c.c.19
pan-daapan-daa なもみはげなもみはげ
ファン
48 人のファンがいます
愛車一覧
日産 リーフ 日産 リーフ
MC前Gグレードに乗っています。 リーフの走行データ、カーウィングス、leaf spyを ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.