車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年04月13日 イイね!

日産、エンジン並EVを20年頃投入


今年の秋に各地のモーターショーで発表される新型リーフに関する性能情報が漏れ伝わっています。
リンク先の記事にも「2017年に投入する見込みの次期EV「リーフ」で、航続距離を現行の280km(JC08モード)から延ばして、350k~400km(同)にするとみられる。(中略)2020年までに、550km前後に達するEVの投入を検討する。」

2017年が40kWhで2020年が60kWhになるのだろう。
価格もほぼ据え置きになる見込みなのはありがたい。

「現行リーフと同じ外形寸法で、荷室容量を維持したまま550km走れる試作車を開発済み」ということは、現時点でも60kWhリーフを出せないことは無いが、万全の態勢で臨む日本メーカーならではの出し惜しみなのだろう。

日産に求めたいのは、出し惜しみされた車にも意味があるとして、テスラと同様に成長する車にして欲しい。
新型バッテリーが開発されたら既存ユーザーに率先して提供する方針が望まれる。
Posted at 2017/04/13 08:01:32 | コメント(3) | トラックバック(0) | リーフ | クルマ
2017年04月12日 イイね!

テスラ モデル3、完全自動運転に対応するハードウェアを搭載へ


テスラモデル3が自動運転のハードウェアあらかじめ搭載するようだ。
拡張性が魅力になる。

EVの航続距離競争は近く終焉するだろう。
必要にして十分な距離を走れるEVが当たり前になり、次に求められるのは安全性と快適性。
自動運転の出番だ。

テスラと日本車の違いは、出し惜しみをするかしないかにある。
できるかどうか確定していなくてもやるつもりで成長する車を作るテスラ。
確実にできるところまでの車を作って、次の新機能は車を買い替えてもらうつもりの日本車。

テスラに対する不安を払しょくするに十分な魅力となっている。
日産も対抗して欲しい。
こうした競争はユーザーは大歓迎。
Posted at 2017/04/12 09:51:41 | コメント(2) | トラックバック(0) | EV | クルマ
2017年03月31日 イイね!
Renault Leases 100,000th EV Battery, Offers ZOE Upgrades To 41 kWh Packs

ルノーZOEに搭載されているバッテリ―のほとんどはリース契約のようだ。
今年の春から現状でリースされている22kWhバッテリーを41kWhにアップグレードできるようになる。
すなわち、車は同じでバッテリーだけ最新になる。

親会社のルノーがやるのだから子会社の日産がやらない理由はないはず。
劣化したリーフのバッテリーが24kWhから30kWhへの性能向上を期待していたが、こうなれば40kWhへと期待が膨らむ。

問題はいつ始まるかだ。
リースでも買い取りでも、どちらでもいいので早く決断して欲しい。

日産には「できない」と一部のユーザーに伝えていたウソを反省して、いつから「やる」のか先が見える対応を要求しましょう。
EVカスタマーセンターにどんどん電話しましょうよ。
Posted at 2017/03/31 10:34:52 | コメント(3) | トラックバック(0) | EV | クルマ
2017年03月28日 イイね!
EV充電時間3分の1 普及団体が規格改定

電池大容量化で 新仕様充電器、年内に





現在主流の急速充電器は50kWにとどまっているが、CHAdeMO(チャデモ)協議会の標準仕様書が大幅改定されれば状況は一変する。

劣化した旧型バッテリーは受け入る能力がないから時短の恩恵を受けることはできないだろうが、これから開発される新型バッテリーは新規格に対応してガソリン給油に勝るとも劣らないエネルギー補充が可能となる。

今年の後半に発表されるだろう新型リーフは150kW充電に対応し、2020年に刷新される新型EVは350kW充電。
コンビニにある20kW前後の充電器は急速の表示を低速充電器と変えることになるのだろう。

記事では触れられていないが、チャデモの仕様書によってVtoH機器も能力が制限されていた。
無駄な仕様を余儀なくされて高コストの要因になっていた。
そこの辺りも改善されることを期待している。

Posted at 2017/03/28 22:15:50 | コメント(2) | トラックバック(0) | リーフ | クルマ
2017年03月12日 イイね!
日産 新型 リーフ 2017年9月フランクフルト・モーターショー発表

TwitterでOfficial Nissan EVは「新リーフは2017年9月に発表。生産および配達は今年後半に開始。」と通知した。
おそらくフランクフルトモーターショーで公開されるのだろう。

日産が公式に新型リーフの発売時期に言及したのは初めてだと思う。
日本での発売は来年早々になるのだろうか。

60kWのバッテリーを搭載していれば現行の30kWバッテリーを搭載しているリーフの二倍の距離を走れるはず。
実用で400km走れるEVが登場すれば、ガソリン車に乗る必要はなくなる。

軽量化プラットフォーム、半自動運転のプロパイロットシステムに加え非接触型充電技術と新技術も盛りだくさん。
プリウスPHVの存在意義が薄れてしまうだろう。

夜間の寝ている間に充電できるからPHEVマニアが言うところの「家庭用の200vで丸一日」は非現実だし、400kmも走れれば出先で急速充電するのは休憩や食事の合間で十分なので「急速充電でも1時間以上」も机上の空論。

課題は価格だ。
現状維持だとありがたいのだが。
Posted at 2017/03/12 10:45:51 | コメント(1) | トラックバック(0) | リーフ | クルマ
プロフィール
「[パーツ] #リーフ LEDヘッドライト用バルブ H8/H11/H16 / LEH102 http://minkara.carview.co.jp/userid/2063701/car/1565974/8003679/parts.aspx
何シテル?   10/04 19:14
《ディープリンク禁止》 日産リーフ初期型のGグレードに乗っています。 電力消費シミュレーションを独自開発して未知の道路でもリーフの電力消費を予測できるの...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/4 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
お友達
有意義な情報交換をしましょう!
34 人のお友達がいます
まつ~まつ~ * pan-daapan-daa
KAKUKAKU 黒猫り~ふ黒猫り~ふ
なもみはげなもみはげ ルドルフ ブデルルドルフ ブデル
ファン
48 人のファンがいます
愛車一覧
日産 リーフ 日産 リーフ
MC前Gグレードに乗っています。 リーフの走行データ、カーウィングス、leaf spyを ...
過去のブログ
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.