• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年09月18日

兵庫・伊丹市昆陽池公園と、作品添削の結果について♪

兵庫・伊丹市昆陽池公園と、作品添削の結果について♪ 台風一過のこの日、久しぶりに朝からレガシィを洗車して、伊丹市にある昆陽池(こやいけ)公園にBEBEを連れて行ってきました。

3連休の2日間が台風で色んなイベントが中止になったためか、道路は大渋滞、普段なら30分以内で行けるのに1時間も掛かってしまいました。また当日の昆陽池公園はイベントで、「竹原ピストル」というCMで有名なタレントが来ていて、観客でいっぱい。いつものんびりした雰囲気はまったくありませんでした。



カメラもリュックに入れていったので、とりあえず数枚だけ撮りました。





多分、鳥たちも何だか賑やかだなぁと思っていたことでしょう。









早々に引き上げ、箕面にあるマザームーンカフェへ。ここは初めてです。





ここのガラス張りのテラス席は、ワンコもOK♪








新しいカフェマットも買ってあげたので、BEBEも上機嫌でした。




ここのアイスコーヒーやカフェオレは氷がコーヒーなので、最後まで薄くならないんです。最後は氷までガリガリかじっちゃいました。





先日、色々悩んでマンハッタンポーテージのリュックも買ったんですよね♪
スバルのコラボのリュックも悩んだんですけど、毎日のお出かけにはちょっと大きいかなと思って、EXPOCITYのマンハッタンポーテージの直営店で実際に背負ってみて1220JRという小さめのにしました。






話は変わって、先日受講したEOS学園オンライン講座 EOS6DMark2体験講座での、提出作品の講評がようやくネットにアップされました。

講評をしていただくのは、写真家の三島淳(みしまあつし)先生。
私は、過去に先生の講座を一度だけ、2015年のCANON GRAND PRESENTATION で受講したことがあります。
その時の動画がこちら

「レンズ選びのポイント ~スナップ・花~ (前半)」三島 淳 氏 CANON GRAND PRESENTATION 2015【キヤノン公式】



私がキヤノンからお借りしたEOS6DMark2で撮影し提出した写真がこちらになります。



EF24-105mm F4L IS USM 焦点距離105mm 絞り優先 F4.0 1/100 ISO500 太陽光 露出-2/3
バリアングルモニターを利用し低い位置からタッチシャッターで蝶にピントを合わせました。

三島先生の講評
「こちらの作品は蝶が花に止まっているタイミングにうまく撮られた作品です。タッチフォーカスでピントをうまく合わせていると思います。絞りも開けて柔らかいボケを使った背景の処理もよかったと思います。コメントでは「左側の空間が少し広すぎたかも」とありますが、こちらの作品ではこの広い空間がしっかり主題を引き立てていると思います。もちろん、蝶を画面いっぱいに大きく撮るということもいいですが、周りが広く入ることで、蝶の被写体としての小ささ、小さい蝶が小さい花にとまっているという感じがしっかり表現されています。周りに色んなものが入ってくると、目を周りにとられてしまうのですが、周りはしっかりぼかしていますので、今回はこの空間がしっかり主題を引き立てていると思いますので、いい捉え方だと思います。」


いつも教わっている先生以外のプロの写真家からの評価を受けるのは初めてだったので、果たしてどんな講評になるのか心配だったのですが、いい評価を得られてホッとしました。

みんな褒めてるのかな?と思って他の方への講評も拝見してみましたら、色々指摘されてる方、こうすればよかったとアドバイスを受けておられる方も多かったので、褒めてばっかりではなかったんだなって、後で安心したりもしました。


バリアングルモニターによる撮影アングルの自由度。タッチフォーカス+タッチシャッターで、瞬間を切り取る軽快さ、EOS6DMark2はさらに撮影の幅を与えてくれるいいカメラだと思いました。



ついでに22日夜のいつもの写真教室の結果もご報告します。
7~9月のまとめの教室ということで、先日の大阪・天王寺七坂を含めた写真を3枚提出します。
今回は実習の前に予習でも訪れたので、その2回の中から選びました。


当日は遅れて行ったので、先生からの講評も、全体の後ろから3番目。皆さんと写真が被ってないかなぁと気になりながら、先生の講評を聞いていました。今季まとめの講評のときは、いつも先生は厳し目の講評で、構図、露出、画像の調整など、ベテランの皆さんの作品が次々にダメ出しされていきます。私の前まで、無修正でOKが出たのは、先日6DMark2に買い替えた仲の良いカメラ仲間の写真くらいでした・・・。((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル


私の1枚目は口縄坂のこの写真。




EF16-35mm F4L IS USM 焦点距離16mm 絞り優先 F8.0 1/100 ISO100 露出-1 太陽光 忠実設定 PLフイルター

超広角でカメラを真下近くに向け、レンズを地面に近づけて撮っています。壁と地面にできた影を生かして撮ることを心がけました。絞りを複数変えて撮り、階段まで写っているF8絞りのこちらを選びました。


2枚めも口縄坂のこの写真




EF24-105mm F4L IS USM 焦点距離75mm 絞り優先 F4.0 1/60 ISO125 露出-1・1/3 マニュアルWB 忠実設定 PLフイルター


ネコがちょうどいたので、声をかけながら連続撮影しました。柱の影から出てきたこのタイミングの写真を選びました。


3枚目の写真は愛染さんの多宝塔をかなたに見る真光院のお地蔵さんの写真




EF16-35mm F4L IS USM 焦点距離35mm 絞り優先 F4.0 1/400 ISO100 露出-1/3 太陽光 忠実設定 PLフイルター

大阪でも、京都や奈良のような風情のある古都の風景写真を撮りたいと意識しました。超広角から広角まで焦点距離を変えて複数撮影して、自然なパースと遠近感が表現できたこの写真を選びました。



結果としては・・・、先生からはまるでスルー?かのようにあまりご指摘を受けることはありませんでした。3枚目の写真のみ一つアドバイスされたのみ、構図、露出、絞り値など、問題なしという評価でした♪

1枚目は「超広角で意識して階段の坂を脇役にして、露出をアンダーにして石畳の質感、そして光と影を強調したことがいい作品になりましたね。」

2枚目は「猫がこちらを見るタイミング、2つの柱、そしてその先に見える坂の下の風景、いい写真になりましたね。この作品は写真コンクールに出してもいいんじゃないですか。」

3枚目は「絞りを開放にして、お地蔵さんの後ろの背景をぼかして立体的にしてみた。これもいい作品になりましたね。ハイライトのみ-3にするといいと思います。」


史跡巡りが好きな私にとって、大阪の史跡やまちの風景をキレイに撮りたいというのは、すごく大事にしたいことだったので、先生からの高評価はとってもうれしかったです。2週掛けて撮影に行ったのが報われた気持ちになりました(^^)。先生、有難うございました。



来週は、コスモスの撮影実習があります。
先生からは撮影のコツとポイントを教えていただきました。
皆さんにも参考になればと思います。


・花と後ろのボケの花は重ならないように主題と副題の間に空間は開ける。
・花が開いた方向には空間を開ける。
・花の色と背景の色は違うものにする。
・花をボケにして、蕾にピントを合わせた写真を撮ってみる。
・絞りはF2.8とF5.6のように2種類以上撮っておく。
・撮影時の目線を上下に変えて撮っておく。
・花をアップでマクロ撮影などをする時は、左右の花びらを非対称にして撮る。
・花だけでなく、茎の長さなども誇張して撮ってみる。
・もし3本の花のトライアングル位置を撮る時は、そのうちの2本をぼかして撮る。
・一直線に並ぶ花を探して撮ってみる。
・前ぼかしも花びらの一枚一枚を生かして形がわからるように撮ってみる。
ピント位置を花びらの先端と花芯の2箇所、マニュアルフォーカスで変えて撮っておく。


コスモスといえば、昨年は10月末に武庫川コスモス園でこういう写真を撮ってました。



昨年より、よりレベルアップした写真を撮るために、テーマを持って取り組みたいと思います。


ばらばらな内容をひとまとめにした、読みにくいブログになって申し訳ございません。
最後まで、ご覧いただき、有難うございました。

ブログ一覧 | ツーリング&ドライブ | 日記
Posted at 2017/09/23 17:48:45

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

桜淵公園 The さくら・・・。
ミクプリさん

新兵器試し撮り!!
ゆず マンさん

急遽 紫陽花撮り
hi_yukiさん

SONY α7 + FL 58mm ...
!ビアンキ!さん

maziora19さんはA型・・・・
*つらら*さん

メチャ楽しい(*nn*)
ONEコロさん

この記事へのコメント

2017/09/23 20:55:36
こんばんは。
初めましてかなぁ。
予習で撮影に行った甲斐がありましたね。
ただ、予習は猫は難しい。
いいタイミングに恵まれましたね。
コンクールでも良い成績を残せると思います。(^o^)
コメントへの返答
2017/09/23 21:12:51
チョコ父さん、こんばんは♪
コメントありがとうございます。
どうでしたっけ?(^^)

天王寺周辺は学生時代からトラック乗って走り回ってたんで、愛着があるんですよね。

実習の時は大勢だったので、ネコはいなかったんで、予習に1人で行って良かったです。

有難うございます。試しに出してみようかな♪(^^)
2017/09/24 06:12:27
おはようございます。

バリアングルモニターだとローアングルもハイアングルも手軽に出来そうでいいですよね。

初代6Dを買ったとき、モニター固定なのが唯一心残りなところでした。

タッチフォーカスも進歩しているでしょうし、良さそうですね。
コメントへの返答
2017/09/24 09:59:44
mogiteiさん、おはようございます!
コメント有難うございます。

初代6Dより液晶モニターも日中で見やすいですし、AFや露出も早くて正確なので、ライブビュー撮影を使いこなせると、面白そうですよね!

初代6Dもファインダー撮影や高感度性能では新型にもひけをとらないですし、いいカメラなんですけどね(^^)
2017/09/24 12:19:03
お疲れさまです!

三島さんの話、聞きましたね〜。
もう二年もたってたんですね。

チョウチョの写真、やっぱりボケがイィですね。
玉ボケの柔らかい感じが素敵です。
私なら、チョウチョの配置 どうするかな?
って考えながら拝見しました。



ところで、BEBEくん
ネーミングはBEレガシィからですか?
コメントへの返答
2017/09/24 17:55:40
こんにちは♪

そう早いもんですよね。私もまだ学校行きはじめて間がなかった頃でした。

撮影場所は街の中のちっちゃな植栽。撮影時間は30分位となかなか条件が厳しかったです。
このチョウチョ、2㎝くらいでめっちゃ小さいんですよ。有難うございます。

チョウチョのこの向きだと、右側に空間を空けたいんですけど、実はもうそこには植栽が無いんですよね(^^)
2017/09/25 08:05:07
蝶と花の写真の左の空間の大きさはなるほどのアドバイスですね!
自分だったら蝶と花をメインにして、大きく映るようにトリミングしてしまいそうです。
コメントへの返答
2017/09/25 20:42:19
タビトムさん、こんばんは♪
もうちょっと大きい花と大きいチョウチョなら、よかったんですけどね。

丸ボケがイマイチだったら、縦にトリミングするってのも、実際アリだと思うんですよね(^^)
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「投票後、はじめての出口調査!
読売テレビさんでした。
紙に丸をする記入式って集計大変だろうなぁ。
タブレットでタッチしたら、本社に情報が行くようにとかしないのかな?」
何シテル?   10/22 16:01
季節の移り変わりとともに、色んなところにドライブ&歴史探索&写真撮影が楽しみです。 2015年からアフター5に写真の学校で勉強中~♪ 先生から学んだ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

写真家の「感謝の気持ち」 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/26 13:55:17
趣味なら本気で! 一眼レフカメラ撮影テクニック~ステップアップへの道♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/02/11 23:16:36
ブログの写真を大きく表示させる方法 No.2  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/01/21 17:53:15
 

お友達

コメントのやりとりと出会いを楽しむのが「お友だち」、そう思ってます。
気楽にファン登録大歓迎!いいね!の輪で繋がりましょう♪(^^)

※お友達申請、必ず承認します。
ただそのあと、交流がない方はMyファンに変更するので許してね♪
99 人のお友達がいます
happy37happy37 * f2000f2000 *
ひがしかぜひがしかぜ * ブラックピッグブラックピッグ *
あつやまあつやま * やすゆき★やすゆき★ *

ファン

252 人のファンがいます

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
そのスペシャルティは、 グランドツーリングをスポーツへと昇華させる。 レガシィの卓越し ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
スポーツからGTへ 細かなトラブルはたくさんありましたが、 なかなかいい車です。
三菱 ランサーエボリューションV 三菱 ランサーエボリューションV
エボリューションシリーズで究極の車といえば、この「5」でしょう。 WRCにおいてグルー ...
マツダ RX-7 マツダ RX-7
一度は究極のスポーツカーに乗ってみたい。そんな夢がかなった車です。雑誌のスクープ記事が出 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.