車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年04月15日 イイね!
こんばんは、夜のニュースです。

史上まれにみる愚策が波紋を呼んでいます。


本日、ロックハンド国において「エアツール減税」なる政策が発表されました。

ロックハンド国 国王「オタクノ・タクマローネ」によりますと、環境問題にそぐわない古い電動工具を一掃し、当国の地球環境配慮の姿勢をより強めることが目的とのこと。


その内容としては、

・電動工具には2年ごとの点検を義務付け、国が所有状況を把握・管理する。

・製造から10年超の電動工具は課税対象とし、電力料金も割り増しするものとする。

・電動工具には発信タグを埋め込み、専用の受信設備によって利用状況を監視する。

・同管理団体の設立。

・電動工具をエアツールに買い替える場合、奨励金としてその半額を支給する。

・ただし、いずれの場合も据え置きの電動工具に関しては適応を除外する。

ということが挙げられています。


記者からの「そのエアツールを駆動するコンプレッサーも電動ではないのか?」との問いに対しては、「この政策の検討に当たっては、某J国のエ〇カー減税を参考にした。燃料から発電された電力を使用しているEVやPHVが優遇されている理論から言えば、問題はない」と回答したとのこと。

これを受けAB総理は賛同の意を表し、「我が国でも導入を考えたい」とコメントしております。

また某A国のスランプ大統領は「是非我が国の製品の使用を指定してほしい。他国製を支持するなら攻撃も辞さない」と、相変わらず過激なコメントをツイッ〇ーに投稿したとの情報も入りました。


国民からは、

「空圧メーカーとの癒着ではないのか」

「その管理態勢をもっとマシなことに利用できないのか」

「結局天下りが目的か」

「これはJ国の優遇制度を恨むしかない」

などの声があがっており、さらに批判は増えるものと予想されます。


そのころ、某国民は・・。

「つまり、最新の電動工具かエアツールなら良いんでしょ。しかたない、政策だもんなー」


<結論>

 物欲まみれのオタクにとっては買い替えの口実でしかない。



(この記事はあくまでフィクションであり、実在の団体、人物等とはまったく関係ありません?)
Posted at 2017/04/15 22:17:59 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2017年04月09日 イイね!
ウチの辺りの桜も、だいぶ蕾が目立つようになってきまして、いよいよか~と楽しみな日々。

見かける機会が多いのはソメイヨシノだと思いますが、病気に弱い品種なのだとかで、寿命が近くなるにあたって代替品種への植え替えも行なわれているという記事を先日見かけました。

某所の歩道に植えられていた桜の木も、恐らく想定より大きくなってしまったのでしょうか、育った根によってアスファルトが激しい凹凸になってしまったため、伐採されてしまったようです。
人間の都合で増やされ、人間の都合で伐採されるというのも複雑なところでありますが、これだけ日本人の心に根付いたですから、種類は変われどあの華麗な姿は残っていって欲しいですね。

と、そんな春の足音が近づく我が地元。

ここの所の天候不順で少々様子をみておりましたが、さすがにもう大丈夫だろうということで、ジムニーのタイヤ交換と、リアの足回り交換を行なうことにしました。

足回り交換をリアのみとした理由は、手際が悪いので(^^;時間的に前後やり切れないだろうということと、フロントのアッパーブッシュが手配中だったため後日にしたという経緯です。
ジムニーの足回りの作業を行なうのは始めてなのですが、構造的にはリジットなので、81スイスポでの経験が通用するだろうという安易すぎる目論見です、ええ(笑)。

なにぶん15年落ちということでボルトの固着が不安でしたが、伝家の宝刀「前田利根守(ロングストレートメガネ)」で一刀両断出来ました。
この辺、年式のわりに錆が少ない個体だったことが幸いしたのだと思いますから、改めて良いクルマを仕入れて下さった中古車店の店長さんに感謝です。

交換作業の詳細はさておき、普通車にはないジムニーらしいポイントといえば、ラダーフレームのうえにマウントを介してボディーが載せられている・・という点でしょうか。

各社のクロカン4WDにも見られた構造ですが、いまはもう珍しくなりましたね。
それゆえ技術のあるショップさんであれば、ボディーの乗せ換えも出来るようです。

こちらがリアのスプリングでして、実はJB23Wのリアスプリングは左右で長さが異なっており、右(運転席側)が長く、左(助手席側)が少し短くなっているのも特徴的ですね。

新旧を並べてみて分かったのは、右側は見た目に同じようなのですが、左側は新しいほう(10型のもの)の巻き数が約一巻き増えているようです。

ショックのほうもブッシュの形状が若干違うようで、、カラーの厚みが少し増しているような気も?。
外観的からはグリルが変わった程度しか伺えない途中のマイナーチェンジも、10型に至るまで各部にこういった変更が随時行われてきたのでしょうか。

今回のもう一つの目玉?は、初売りで買ったエアーコンプレッサーの投入です。

高儀のオイルレスサイレントモデルで、まぁいくら静音といってもソコソコ音はするんだろうと思っていたところ、暖機時のアイドルアップしたエンジン音と変わらない位で驚き(^^;。
従来タイプが「ダダダダダッ」という大き目の打音とすれば、こちらは「タタタタタッ」と音質がやや軽快?なことも静かに感じる要素かもしれません。


よし、これでエアー注入も楽になるな、フフフ。


まずは入れる前に、現状のエアー圧を確認して・・と。


あれっ?。


(全然減ってねぇ・・)


(タイヤが健全なのは喜ばしいが、これじゃあコンプレッサーの必要性が・・)


・・・。


うわー、減ってるなー。これは入れなくちゃー。(←虚偽&棒読み)


プシュー。


よし、これでOK!。(←何が?)


ということで、過剰に入れて抜いただけという初稼働でしたが(笑)、こんな楽を覚えてしまうと、もう無い状態には戻れないような気もしますよねえ(^^;。


<今日の一言>

「苦労よりも楽を買うべき」 たくを
Posted at 2017/04/09 22:57:55 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年04月02日 イイね!
「工具ショップの広告に抗うすべを 私は知らない」 たくを


GWキャンペーンなんてまだまだ先じゃないか・・と思ったら、もう一か月も無いという驚愕の事実に気が付いた琢麻呂です、皆さんこんばんは。

まぁでもですよ、「良かったらご覧になって下さい」なんて広告を入れられても、私がそうホイホイなんでも買うと思ったら大間違・・。


なに、12tプレスが19500円!?。


・・・。


(置き場所あるかな)


あ、いや、買いませんよ、ええ買いませんとも。(←たやすい客)


まぁでもプレスがあると幅が広がりますし、ガレージがあったら欲しいモノの一つですよね~。


ってことで、一か月後に「買っちゃった」なんて言ったら、笑ってやってください(笑)。


と、そんな「琢麻呂ホイホイ」の話しはさておき(^^;。

冬の間スタッドレスタイヤで過ごした地方の方は、そろそろ夏タイヤへの交換を伺う時期になってきたことかと思います。

もっともすでに交換された方もおられるかと思いますが、私のほうはと言いますと、朝から空模様が微妙だったことと、同時に行ないたい作業があるため、今日のところは見送りました。

その作業と言いますのは、ウチのジムニーは足回りも新車時のそれらしく、以前からギャップを越えた時などのドタバタ感が気になっていましたので、今回リフレッシュに踏み切ろうという訳です。

ジムニーで足回りとなれば、いわゆるリフトアップというのも一つの選択肢なのですが、今のところその必要性を感じていないことと、家の人を乗せる都合もありますしね。

そんなこんなを含めてノーマルストロークの社外ショックも考えましたが、今回は純正のほぼ新品を用意しました。

納車時に足回りに手を入れた方(ショップさん?)が、「納車外し」や「新車外し」として放出しているもので、スプリング、ショック、ラテラルロッド、ブレーキホースのセットです。
おおむね一万円以下で販売されていることが多く、純正でリフレッシュを考えている方にとっては、なかなかお買い得かな~と。
同様に、程度の良いバンパーが売っていたりするのもジムニーならではかもしれませんね。

面白いことにショックは、フロントがKYB、リアがTOKICOとそれぞれメーカーが異なり、フロントはオイルのみらしく押しても反発がないタイプで、リアはガス封入タイプのようです。
確か81スイスポは、ショックがSHOWA製だったかなあ(ちょっとあいまい)。やはり同じように、リアのみガス封入式だったような覚えがありますね。

今日は交換手順の予習?をしたりしましたが、なにぶん古い車なのでボルトが緩むかどうかが一番の問題かなあ(^^;。もし無理そうだったら、その時はプロにお願いするとしましょう。

んー、来週末は晴れるといいなあ。(期待)
Posted at 2017/04/02 19:53:21 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月20日 イイね!
天気予報もろくに確認せずに洗車したあげく、自転車で出かけて大雨に降られたバ〇なオッサンがいた初日から打って変わって、ここ二日ほど良い天気でしたね~。

この陽気のなか大船渡では桜が開花したとのことで、八幡平アスピーテラインの除雪が開始されるなど、各地から春らしい便りも各地から聴こえてくるようになりました。
ということで、もう雪も降らないだろうという確信(甘)のもと、庭に鎮座しているロードスターという名の桜(ほぼ枯れ木)のお手入れをすることに。

まぁお手入れといいましても、バッテリーをつないでオイル交換して・・という感じですね。
本当は冬に入る前にオイル交換しておこうと思ったのですが、タイミングを逃して雪に閉ざされてしまったという訳であります(^^;。

バッテリーのほうは端子を切り離しているついでに、掃除中に見つけたカットオフスイッチ(笑)を取り付けしてみることにしたのですが・・。

そう、ウチの車は前のオーナーさんが元の圧着端子を切って、汎用バッテリーが使えるように市販のネジ止め式端子に交換していたのです。そんな訳で、都合こんな形になってしまう訳でして。

んー、これだと接続箇所が増えてしまうよなあ・・ということで、ホースバンドを使用して、ハーネスを直接カットオフスイッチに固定することにしました。

くれぐれも、良い子は真似しないでくださいネ。


もっとも、ここに来るのは悪い(以下規制)。


それはともかく、良い子じゃなくても真似しない方が良いと思いますが(^^;、一応接続部分をテープで巻いてから、バッテリーのステーと干渉しない角度に固定しました。

と、装着しておいて言うのもなんですが、バッテリーを切り離す機会が殆ど無いのであれば、導入においてはトラブルの可能性などメリットとデメリットを十分検討された方が良いかと思います。


あとはオイル交換して・・と。


・・・。


んんっ?。


(童謡「虫のこえ」風に)


あれオイル虫が漏れている


ポタポタポタポタ ポタポタ


あれ琢麻呂が泣き出した


シクシクシクシク シクシク


春の陽気を泣き通す


ああ面白い 琢の声



・・って、面白いんですか?。


皆さん : いや~面白い、面白い。


いやあ、お楽しみいただければ幸い・・


って、面白くねーし!。


そうだ、虫の声だけに無視しよう。なんちて、なんちて。


皆さん :ハァ・・(つまんねー)。


なるほど、ギャグがハイセンスすぎて難しかったかな~。



ってことで、春になると変な人が増えますので、どうぞ皆さまお気を付け下さいませ。(←お前だ)
Posted at 2017/03/20 19:18:54 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月19日 イイね!
昨日は天気予報もろくに確認せずに洗車したあげく、自転車で出かけて大雨に降られたバ〇なオッサンがいたようですが(←お前だ)、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

まぁそれはともかくですが(^^;、打って変わって好天だった今日は、ここの所あまり車で遠出もしていなかったなあということで、ジムニーで東の沿岸地域に向かってみることにしました。

とはいいつつも、実は車に乗り込むまで具体的な目的地は決めておらず、当初は釜石経由で北上しようかと思っていたのですが、走りながら気の向くままに陸前高田へ。

ジムニーで長距離を走ること自体もこれまで殆どありませんでしたが、視点が高いことによって視界が良いおかげか意外と走りやすいですね。
この辺はジムニーの素性の良さもありそうですし、あとは足回りをリフレッシュして、ギャップを越えたときのバタバタ感が抑えられればさらに楽しくなりそうです。^^

まぁ結局のところ、全高がどうとか排気量がどうとかというのはあまり大きな問題ではなくて、私の場合はMTなら車種は問わず・・なのかもしれません(笑)。

と、そんなことを思いながら無事目的地である、奇跡の一本松近くの駐車場に到着。

以前はテントなどの仮設営業だった覚えがありますが、現在は売店や食堂などが新たに建てられたようで、結構な賑わいをみせています。

おや、これは・・。

真ん中に私が収まってしまったら、脇のイケメンも引き立て役にしかならぬな、フフフ。(←大バカ)

と、人に聞かれたら石が飛んできそうな妄想はともかく(^^;、休憩がてら売店でお買い物を。

こちらの「しょうゆ天使のシューアイス」は、地元ヤマニ醤油の「天使のしょうゆ」を使ったアイスで、パッケージに描かれた「しょうゆ天使ちゃん」は、故やなせたかしさんのデザインなのだそうです。
甘納豆が入ったバニラアイスに、ほんのりと感じる醤油の風味がなかなか。^^
道路を挟んだ向かいには「やぎさわカフェ」がありまして、こちらも地元の八木澤商店の醤油を使用した「しょうゆソフト」が名物だそうですよ。

ここから国道45号線沿いに少し北に向かうと、「旧道の駅高田松原タピック45」が震災遺構として残されています。かつては東北随一の敷地面積を誇る道の駅だったのだとか。

震災当時13.7mの津波が直撃し、避難施設としての役割も担っていたという建物こそ残ったものの、その姿からもいかに津波の威力が凄かったのかが伝わってきます・・。

敷地内にある追悼施設に手を合わせ、すぐそばにある「陸前高田復興まちづくり情報館」へ。

入り口の大きな木の看板は、被災した高田松原の松の木を切りだしたもので、文字は地元の学生さんによるものだそうです。

中に入るとすぐ目に飛び込んでくるのは、被災マツの根の展示物です。

かつてこの海岸は「高田松原」と呼ばれた景勝地でもあり、7万本の松林はすべて津波によって折られてしまい、その姿を失ってしまいました。(当施設内は、「撮影可」となっています)

施設内には当時の記録や、現在~将来的な復興計画などを記した資料が展示されています。

以前、IBC岩手放送が発刊している「その時、ラジオだけが聴こえていた」という本を読んだことがありますが、改めて資料を見ていると再び胸に込み上げてくるものを感じてしまいました。

そしてこの松林の中で、唯一残ったのが「奇跡の一本松」という訳なのですが、それも枯れてしまい、今は完全再現された模型がモニュメントとして存在しているのは、ご存知の方も多いでしょう。

当時、模型の作成にあたっては賛否両論あったそうですが、現在これだけの人の流れを生むことになったというのは、結果として良かったのだろうと思います。

私もかつて夜のことではありましたが、友人と松林から覗く海の姿を見た覚えがありまして、あれは恐らくこの高田松原だったのかなという懐かしい記憶も・・。

いずれあの松林が復活することを個人的にも願うところでもありますし、また別な機会に他の沿岸地域にも足を運んでみたいなと思っています。
Posted at 2017/03/19 22:49:36 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「@れいぽんさん こちらは桜が咲き誇り、一年で一番いい時期かもしれません。ちょっと風は強いんですが、各地賑わっていそうな予感です。」
何シテル?   04/23 15:47
手先は器用(自称)、しかし生き方は不器用。 ひとたび車をバラせば何故かネジが余る。 ズレた感性を才能と信じて止まない田舎のオヂさんです。 ブロ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/4 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
お友達
趣味・嗜好が合いそうだと感じた方であれば、車種問わずどうぞ。^^

ただし、あくまで交流を目的としておりますので、単なる数増やしやイイね!の押し返しを期待される方は、申し訳ありませんがご遠慮くださいませ。m(_ _)m
26 人のお友達がいます
.tera.tera * A定食@ゆき君A定食@ゆき君 *
SHIRASUSHIRASU * セリカTA45セリカTA45 *
かわねこかわねこ 吉川慎太郎吉川慎太郎
ファン
19 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
若かりし頃に見た姿への憧れなどから、以前より一度は手にしたいと考えていた車でした。 今 ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
山間を走っていて見かける林道に入ってみたい衝動?が年々勢いを増し、ここにきてついにジムニ ...
その他 その他 サリーちゃん (その他 その他)
ミニベロで落ち着くはずが、つい買ってしまった一台(^^;。 ジャンル的にはシクロクロスと ...
その他 その他 その他 その他
ミニベロと呼ばれるジャンルの自転車です。 クラシカルな雰囲気と小径タイヤから感じる可愛ら ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.