• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

yuyutanのブログ一覧

2009年06月19日 イイね!

Newエンジン投入計画発表

スバルの記者発表です。さて・・・XX年とは何年でしょう??答えは下に

1. 製品開発、技術開発を通じての環境への取り組み

(1) 直噴エンジンの開発と市場導入

 平成XX年に、シリンダー内に直接ガソリンを噴射する筒内噴射システムをもつエンジン(直噴エンジン)を市場導入する計画です。

 この直噴エンジンは、排気量2.5L水平対向4気筒で、当社にとりまして初めてであるだけでなく、水平対向エンジンとしても初めてのものとなります。当社では、最初に国内市場向けのSUV「フォレスター」に搭載し、順次展開を拡大していきつつ、排気量の種類も拡充していく予定です。

 当社では、かねてより、直噴エンジンの実用化に向けその研究・開発に努めておりましたが、この直噴エンジンは、従来のエンジンと比較し、部分負荷時での超リーンバーンを可能とする成層燃焼と、高負荷時の均一燃焼を組み合わせることにより、大幅な燃費性能の向上と排出ガス浄化性能向上の両立が図られています。また水平対向エンジンの特徴であるビッグボアを活かした、インジェクターの理想的なレイアウトと、十分なバルブサイズとコンパクトな燃焼室により、高い出力性能を確保しています。

(2) ハイブリッド車の開発と市場導入

 平成XX年に、エンジンと電気モーターを組み合わせて走るハイブリッド車を市場導入する計画です。

 このハイブリッド車は、当社の軽乗用車「プレオ」にそのシステムを塔載するもので、軽自動車としては初めてのものとなります。排気量660cc の直列4気筒エンジンと電気モーターの組み合わせで、通常エンジンを中心に走行しながら、蓄えた電気でも駆動できる「パラレル方式」を採用いたしました。


答 13年です。
かなり過ぎてますね。ちなみにこれは平成11年の発表です。

実現が遅れているというより、好意的に見ると、技術は別の方向で進んでしまったということでしょう。(汗)

しかし、新しい物好きの消費者としては、そろそろ新しいエンジンが欲しいというのが率直な気持ち。欧州車のエンジンはダウンサイジング直噴環境ターボの流れ。ターボの気持ちよい加速は捨てがたいが、別に285馬力もいらないし、現実6000回転以上なんて回さない・・というか回せない。

実用域に絞った2L直噴環境ターボEZ20

出るでしょうか?そろそろ。
Posted at 2009/06/19 01:59:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | 自動車評 | クルマ
2009年06月03日 イイね!

試乗してみたNewレガシィ

2.5LGT B4を試乗。

エンジンはボタン一発セル一発?で掛かりました。。。(スバル車にも時代の流れを感じます。)

インテリジェントモードでの試乗、285PSもありながら、特段扱いづらくもなく、特別レスポンス良くもなく。

合流で急加速を試みましたが、遮音性が格段に上がったせいか、余り「加速感」を感じることなく車速を上げる。ターボ車特有の過給遅れによる後ろから押されるような感じの加速感はなく、新しいターボ吸排気管の配置がきいているようだ。

全車電動パワステポンプだが、試乗の範囲では特段不自然さは感じることなく、ごく普通のナチュラルなハンドリング。18インチのタイヤをはく脚はしなやかで、着座位置の高さもあいまって、これまでのいかにも重心の低い地をはう安定感はやや希薄になり良くも悪くも、高級スポーツセダンっぽい乗り味?に感じた。

Posted at 2009/06/04 00:25:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | 自動車評 | 日記
2009年06月02日 イイね!

写真で見るNewレガシィ その5

写真で見るNewレガシィ その5写真レポートその5 インテリア

全グレードオプションでございます。(展示車くらいなにか付けとこうよ。。。)つまり、何も選ばないと、このような状態、上に2DIN?+小物入れのようです。

ステアリングは、BHのように馬鹿でかくないけど、デザインがセンス無し。(=好みの問題)ダッシュボードの樹脂も質感も高級車のそれとは言えず。

サイズアップし、車格を上げ、それに伴い実質値段もアップしたのなら、インテリアも、もう少しがんばって欲しかったところ。

Posted at 2009/06/02 00:26:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | 自動車評 | クルマ
2009年06月01日 イイね!

写真で見るNewレガシィ その4

写真で見るNewレガシィ その4写真レポートその4 エンジンルーム

2.5L(NA)のエンジンルーム。写真では分かりづらいですが、実際に上から見下ろすと、大型化のお陰?で、結構空いています。これならプラグ交換も多少楽か?

フェンダー部分に注目下さい。フロントフードがかさ上げされているのが見て取れます。これまでのレガシイは、薄い水平対向エンジンの特徴を生かしフロント部も低く抑えられていたが、欧米人の体格に合わせて室内高を確保、それにともないデザイン上フロントフードも上がったというのが本当の理由でしょう。

風通し?が良くなり、夏の熱害が軽減できることと、エアコン外気導入空気が多少低くなりそうな感じです。(ワイパー近くの遮熱された外気導入口に注目。BHでは、外気25℃くらいの爽やかな夏の日でも、エンジンが暖まっていると、ACをONにしないと、熱風しか出てこない。)
Posted at 2009/06/01 02:43:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | 自動車評 | クルマ

プロフィール

勝手気ままな放言、お気に障りましたらお許しくださいませ。 コメントなどお気軽にお書き込みいただけるとうれしいです。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2009/6 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

リンク・クリップ

iDriveをアップデートしてみました 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/10/20 09:17:23
BMW(純正) シートレールキャップ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/10/02 00:54:33
Software update for Bluetooth and USB audio 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/09/04 01:44:05

お友達

ご近所、遠方、お誘いあわせの上。
22 人のお友達がいます
潮目@F56潮目@F56 * KUMAKUMA *
K.RAIKKONEN-F2007K.RAIKKONEN-F2007 JI1VJI1V
けばさくんけばさくん タザ@F36GCタザ@F36GC

ファン

9 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 3シリーズ セダン BMW 3シリーズ セダン
わずか3年でA3を乗り換えてしまいました。 雪国でもないのに、なぜかXdriveにしてみ ...
アウディ A3 アウディ A3
11年乗ったレガシィから初の輸入車に買い換えです。
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
ちょこちょこいじり快走仕様。でも、あまり飛ばしません。

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.