• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年08月16日

雨 ☂ アメ 🌂 異常だね なので模型談義 (^^)v



どうも今日も雨の音で目が覚めたね。

先週から・・・・・ずぅ~~~~~っと雨なのである。

今日で連続16日だそうだ。

何でも、東京で40年振りになるらしい。

日本列島はいったい?どうなってるんだろう。

「ズボラなおじさん」でも心配になる。

屋久島みたいになっちゃうんだろうか。。。。。(^-^;



昨日は終戦記念日だった。

毎年、祝日の日や何かの記念日には日本の国旗を掲げているお家がある。

きっと戦争を体験されている家主が居るんだと想像していた。

だが・・・・・今年は掲げられていない。

「ズボラなおじさん」でも気になるのである。

これも時代の流れなのか?・・・・・(--〆)



西の方の北のミサイル騒ぎ。

打ち込むと言っていた太平洋の島の手前へ。

この連休中にその島へ旅行に行った方もいるだろう。

島の学校では、発射されたことを想定し避難訓練をやっていた。

危機管理のためと思っても迷惑なことだ。

騒がしている当の国からは、「相手の出方を見る」だって?

武力対立ではなく、話し合いと言っているが・・・・・・。

「ズボラなおじさん」的には、けん制しあっている国同士ハッキリ話し合いをしようと言って欲しい。



さて、模型談義である。

今回は後部座席の作り込みなのである。

その前に今回の模型のサイズについてご紹介しておこう。



前にもお伝えしたがスケールは1/32(サンニー)である。

機体の寸法は、スケールと比較してもらえば想像できるであろ。

「ズボラなおじさん」はこのサイズはめったに手を出さない。

だって、デッカイのよ。

模型を組み立てるにはパーツインデックス(AとかB、Cであったり)がキーになる。



これね。

また、パーツにはそれぞれナンバーが表示されていんだな。

組立説明書には「A-4」とか「B-9」と言ったパーツナンバーが指定されている。

こんな感じ。



これを頼りに組み立てていく訳けだが。。。。

今回、模型の部品構成が良くない。

普通、エンジンを組み立てる時は、エンジンの構成パーツをまとめて成型するのだが。

今回のキットは、派生型(元の金型に手を加える)方式のよだ。 ← 勝手に想像している

なので、同じコクピットのパーツが、「A」へ行ったり「C」へ行ったり。

パーツを探すのが大変なのである。



こんな小さいパーツも分かれていた。

こちらは「C-11」であった。

今回の機体はタンデムなので、同じパーツは「A-8」と指定されていた。

探すのが大変なのである。



大きさも小さいし。

老眼には堪える。



こんなにもあるパーツの中からパーツインデックスとパーツナンバーを頼りに探すのである。

おまけにスケールが1/32(サンニー)なので。

「ズボラなおじさん」の狭い部屋の狭い作業台での取り回しが大変なのである。



作業を開始。

後部座席のパーツを探す。



前部座席と同じようなパーツである。

例によって、計器類を色分けするが、後部座席は前部座席に比較してスイッチ類が少ない。

老眼には少しは優しいか?



サイドの防弾版である。

形状は前部座席によく似ているが、若干違う。

こんなに小さい防弾版で搭乗員の致命傷を防げるのか疑問だが。

敵機も弾丸を当てるだけでも大変だろうから機銃ぐらいは大丈夫なのかもしれない。

ロケットをロックオンされたらそれだけでOUTだろうから。

脱出したら生身になってしまうね。





背後の防弾版兼コクピットの隔壁をとりつけてみた。

高高度で飛行する場合、気圧を一定に保つには相当な技術が必要と思われるが。

こんな板1枚で大丈夫なのだろうか?





操縦桿やその他のパーツを付け加えていく。

この時代のジェット戦闘機はまだ操縦桿なんだな。

今の戦闘機はジョイスティックになっていると聞く。

高速で飛行する機体をこの棒1本でコントロールするには大変だろう。





ヘッドレストを取り付けて一応大まかな組み立ては終了である。

これを、先に組み立てておいた前部座席と合体させる。

トレーナー機なので、前後両方で機体をコントロールできるのだが。

1機で2機分相当の計器類やコントロール系統が必要なのは複雑すぎる。





合体させた。

なかなかカッコええ。 ← 自己満足であるが

支える指と比較してみて欲しい。

かなり大きいと思う。

パイロットを載せるとこんな感じになる。



どうやら、訓練に入る前か?

それとも、訓練を終わったところか?

後部座席のパイロットはヘルメットを着けていない。

「ズボラなおじさん」的には、ヘルメットを装着している方が好みなのだが。

パイロットの髪の毛を塗り分けるのが面倒である。



最初の方で紹介したヘッドの緊急脱出用レバーを取り付けた。

これで、コクピット本体は完成である。

このあと、計器盤とパイロットの色分けを行う予定だ。

計器盤も2種類あるので、色分けが面倒だ。



パイロットも塗装してアクセントを付けたい。

だが、人の表情が一番面倒だ。

出来れば、シールドを落とした状態にしたいが。

頑張ってみる。


今回は、ここまで。

次回は、計器盤とコクピットを胴体へ搭載する工程へ入る予定。

なのだが・・・・・ジェットの目玉であるエアインテークの加工が必要のようだ。

その辺も紹介しながら進めていく予定である。




<おまけ>

奴は良く寝る。

1日の内20時間は寝ていると思う。



起きている時は、食事をしている時と水を飲んだり、おトイレぐらいだ。

ゲージを掃除している時に部屋の中での運動も30分ぐらいだから。

起きているのはそんなに長い時間ではないと思う。

だがしかし、奴は夜行性なので「ズボラなおじさん」が寝ている時に活動をしているかもしれない。

こいつとは、もうしばらくお付き合いをさせてもらう。



どうも、模型談義へご訪問ありがとうございました。

ではまた。











































ブログ一覧 | 模型 | 趣味
Posted at 2017/08/16 08:29:18

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

暑中見舞い申し上げます
成田のオッサンさん

航空科学博物館へ。。。
赤BORAさん

この記事へのコメント

2017/08/18 22:29:25
脱出時には、後ろの席から射出されるんですよね。
前が先に射出されると、後ろの席に火薬が行ってしまうからだそうです。
キャノピーが吹っ飛んでから、後席が射出されますが、まれに乱気流などでキャノピーが吹き飛びきれなかった場合、後席のパイロットが頭を打ち付けて危ないそうです。トップガンでもありました。
コメントへの返答
2017/08/19 08:07:11
「チェッチェッチェロー」さんおはようございます。
なるほど!そうなんですね。
緊急時だからでしょうが、キャノピーを吹っ飛ばすなんてデンジャラスですね。
トップガンの事故の原因が今わかりました(笑)
訓練もそれに近い状況でやるんでしょうね。
実機でやる訳に行きませんからね。
何時も、勉強になります。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「模型談義からの 地味な業務と地味な副業なんだけど (''◇'')ゞ http://cvw.jp/b/2076100/40602602/
何シテル?   10/21 09:14
momo太です。1958年型です。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

ファン

4 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ XR400R ホンダ XR400R
ホンダ XR400Rに乗っています。こいつとは付き合いが長い。もうかれこれ12~3年かな ...
ホンダ XR400R ホンダ XR400R
未だに、XR400Rに乗ってます。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.