• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ゆたのすけのブログ一覧

2018年01月01日 イイね!

2018

2018明けましておめでとうございます。
もう2018年だなんて実感ないですが…
昨年は、楽しみにしていた、スバル2大イベントが中止と残念な事がありました。今年は無事開催される事を願っています。
そして今年も各地に旅出て、まだ愛車で未達の長崎県、宮崎県、鹿児島県、熊本県、佐賀県にも行きたいです。
愛車で47都道府県を踏み入れる目標は、現在41都道府県を達成。残りは上記に加え、沖縄県。一番時間とお金が掛かるので、いつになるか…。
皆さま今年もよろしくお願いします。
Posted at 2018/01/01 09:09:36 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記
2017年12月30日 イイね!

三江線巡り

三江線巡り廃止まで100日を切った三江線へ。
全線往復は、私にとって最後になるかもしれないので、しっかり目に焼き付ける気持ちで訪れました。
前半は沿線を巡り撮影。後半は江津から全区間往復乗車しました。


425D 浜原行 石見川本〜木路原


429D 三次行 鹿賀〜因原


浜原駅発の最終列車となる、折り返し433D 三次行 と434D 江津行
駅前には、迎えの車が数台。地元の方と見られる学生さんや、年配の方が下車。
どの列車も乗り納めに来たファンや観光客で、連日いっぱいのようですが、純粋な利用者の姿も見受けられました。



三江線の、ほとんどの駅に駅ノート置かれおり、訪れた人々のメッセージが書き込まれています。
沖縄、九州、四国、関東、東北、北海道、台湾と遠方からも。
徒歩や自転車で全駅巡ったり、列車だけで全駅乗降している方の書き込みも。
それらを読んでいると、驚かされると同時に心温まりました。



三次発の三江線始発列車 422D 浜田行 宇都井〜石見都賀
朝早い便ですが、単行のキハ120の座席がほぼ埋まるぐらいの乗車率でした。
民家の赤褐色の瓦は、石州瓦と呼ばれる島根県産の瓦。山陰地方や日本海側の地域で多く見られる光景です。



江津発の三江線始発列車 423D 三次行 宇都井〜石見都賀
最後に開通した口羽〜浜原の区間は高規格で作られ、高架にPC枕木が並び、一見すると智頭急行のような振り子式気動車特急が走って来ても違和感無いように感じ、廃線になる路線の光景に見えないです。
三次で折り返し424D及び426Dで多くの乗車が見込まれるため、普段は多くても2両編成ですが、増結の3両編成。



424D 石見川本行 粕淵〜明塚 第一江川橋梁
人が歩ける部分が併設されています。
列車が来るまで待っていると、地元の方が2人程渡って来られました。おはようございます。と挨拶を交わします。何気ない言葉ですが、いいですね。



424D 石見川本行 乙原〜竹
追いかけて、先客が多数のこの場所で。レンズを交換する暇もなく標準ズーム・・・



424D 石見川本行 竹〜木路原


424D 石見川本行 木路原〜石見川本
終着までもう少し。



そして石見川本に到着。お客さんは全員降ろされ、そのまま留置後、626D 江津行になります。
大勢の人が降り、街に散らばりつかの間の静けさ。



先ほどの石見川本で626Dと交換する対向の425D 浜原行 浜原〜鹿賀 井原川橋梁
誰も使っていなさそうな高台の公園から。真新しい橋脚は災害から復旧した証。その数年で役目を終えようとしています。



626D 江津行 浜原〜鹿賀 井原川橋梁
更新車のLED前照灯とフォグランプが鋭く光ります。



撮影の次の日は、江津から全線往復します。
前回は乗車した時は、三次側から往復でした。
今回は、江津5:53発 423Dで。三次発424Dと428Dで江津に戻るプラン。
朝早いので早めに寝ようと近場で、いい雰囲気の温泉と探し見つけたのが、温泉津温泉(ゆのつおんせん)薬師湯です。


古くからの温泉街で、歴史的な旅館や土産物屋が立ち並ぶ中で、この建物が最古らしい。
中央の番台の出窓。中に入ると木の扉に木の階段や、こじんまりとした湯船にレトロな雰囲気が広がります。
源泉掛け流しの湯は、少し熱めでしょうか。体の芯まで温まります。
これだけのもので入浴料が350円とは驚きです。もっとお金出しても良いぐらいです。


翌日、まだ暗い朝の江津駅に5時30分頃に行くと既に乗りに来た人達が多くいました。
三江線も他のローカル線などのように、通常はワンマン運転ですが、多客に対応するため車掌さんが、中間の2両目後部に乗務。
当初は、運転扱いをしない要員かと思いましたが、前面にあるワンマン表示器は、3両中全て跳ねあげられ、料金表示のLCDなど、ワンマン機器は全てオフで。扉扱い、肉声放送と完全にツーマン運転です。
キハ130は、運転台側だけの半室構造。反対側は監視用の小窓と車掌スイッチ、ブザースイッチ、非常スイッチが、設けらています。


江津駅窓口は、まだ開いておらず、車掌さんから片道の乗車券を購入しました。
当初は、青春18きっぷで乗車を考えていたのですが、三江線の文字が入る乗車券を残したくなり、購入を決めました。
携帯端末のロール紙の味気ない切符と思われがちですが、紙面に米子車掌区423Dと印字され、貴重ではないでしょうか。


天空の駅と呼ばれる宇都井駅に到着した際。駅から見下ろす位置にある空き民家を借りオープンした「民宿うづい通信部」の人々が、さよなら三江線の旗を降っておられ、乗客一同手を振り返すシーン。グッと来ますね。。。


三次に到着後、改札で無効印を押してもらい、江津行の乗車券を購入しました。
ホームは、即席で作られた乗車位置票に順番の列ができ、424Dは、3両の座席がほぼ埋まる乗車率で出発。先頭部分は、かぶりつきをする人々でいっぱい。



石見川本駅に到着。出迎える川本町の職員の方々と降りる人々で賑わうホーム。全盛期の三江線は、普段でもこんな光景があったとか。 


駅前の三江線おもてなしサロンで、名産のえごま茶を頂き、美味しいので購入したいと言うと、近くのお店を教えて頂きました。

こちらの店のご主人と、お母様にお聞きしたのですが、昔は4両編成が普通で、ラッシュ時は7両編成もあり、現在も駅横に残る保線区の建物があるように、かつて多くの鉄道員が常駐していた。
街は飲み屋、商店が多く、活気があったのに、今は子供や人が減り店を畳んでしまったところが多い。
鉄道、駅が消えるのは寂しいけど、使いたくても、あの本数じゃ使えないし、今は道路ができ、車やバスがあるから・・・と仰っておられました。


次の426Dの発車まで1時間30分近くですが、あっと言う間ですね。
発車直前、町長と町の職員の方が1両ずつ乗り込み挨拶がありました。


島根県、そして川本町に来て頂き、ご飯を食べて頂きありがとうございます。三江線は無くなりますが、町は無くなりません。廃線までにもう一度訪れて下さい。廃線後も町に遊びに来て下さい。三江線と川本町の事を忘れないで下さい。


挨拶後、自然と拍手が出ていました。
発車の時、町長と職員皆さんがホームからお見送り。
また来ます。と言って別れました。
三江線で繰り広がられる一つ一つの光景も、あとわずか。
最終日は、スケジュールの都合で行くことが無理なので、心の中で見送るつもりです。


Posted at 2017/12/30 17:52:04 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年12月17日 イイね!

余部クルスタルタワー

余部クルスタルタワー山陰本線 余部鉄橋。
2010年にコンクリーの橋に架け替えられ、今となったら鉄橋ではないですが、余部鉄橋と呼ばれる方が多いのではと思います。
旧鉄橋の一部が残され展望台になっており、雄大な日本海と余部の集落を見下ろす事ができます。
今年その展望台にエレベーターが新設されました。
ガラス張りの塔のようなもので、余部クルスタルタワーと名付けられました。



従来、餘部駅と展望台に行くには、細い坂道を歩く必要がありましたが、エレベーターのお陰で、あっと言うまに上がれるようになりました。
木の温もりのあるエレベーターのエンントランス部分は、歴史や観光案内のパネルが設置されていました。


餘部駅ホームから見た展望台とエレベーター部分です。
雪で隠れていますが、旧鉄橋までのレールが一部残され通路となり、展望台に向かっています。


ちなみに夏の時は・・・


散策していたら列車がやって来ました。
1176D 快速豊岡行 後ろの1両はキハ47-1
栄光のキハ47トップナンバー車でした。改造こそされていますが、現役なのが嬉しいですね。



撮影スポットで有名な余部のお立ち台へ。
ここからだと列車、橋、日本海を合わせ収める事ができます。


1D 特急はまかぜ1号 浜坂行 キハ189


174D 普通 豊岡行 キハ47

待っている間に雪あられ、かと思えば晴れ間が出たり。
本当の吹雪の時は撮影どころではなくなりますが・・・


ふもとにある、道の駅あまるべ
一角に余部鉄橋のコーナーが設けられています。
HOゲージで作られた余部鉄橋とキハ181。
どちらも過去のものですが、良くできており在りし日を思い出します。
列車転落事故や鉄橋についての資料等があり、見て読んでと勉強になります。



昼食は、この道の駅で、ワカメうどんを食べました。
元々うどん大好きですが、寒い日に食べるうどんは格別です。
この日は平日でしたが、余部クリスタルタワーが完成もあってか、多くの観光客が来ているように感じました。
Posted at 2017/12/17 20:34:29 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年12月10日 イイね!

LED化が進む

LED化が進む最後まで蛍光灯だった、リビング食卓側の照明をLEDに買い替えました。
通常の半値以下で、売られていたので、飛び付きました。
今回のモデルは、蛍光色から暖色に調色出来る優れものです。

従来LEDは、コストが高い、あまり拡散しない、暗いなど欠点がありましたが、今や問題ないレベルで、更に従来の照明を超える明るさ。そして、省エネ、長寿命、発熱が少ないなど、利点が多いです。
一番は省エネでしょう。電気代だけでも元を取れるぐらいですし。
この数年で、鉄道や車、バイク、街の照明もLEDが増えたなと感じます。

乗り物の場合での欠点になりますが、発熱が少ない故に、雪の日に溶けない事でしょうか。
愛車サンバーの灯火類を、フォグランプ以外全てLED化をしていますが、特に気になるのがLEDヘッドライト。雪の日は溜まって溶けずに凍り、光を遮ってしまい、随時降りて除去する事も。
HIDは、まだ若干の発熱で解けてくれますが…。
フォグランプをLED化しないのは、冬場のそれを考えハロゲンのまま、高効率イエローバルブを入れています。
雪や何もない時は、HIDやLEDの白さと明るさに勝るものはないと感じましたが、雪の日に強いのは、ハロゲンバルブと言う答えが分かりました。




Posted at 2017/12/10 20:14:54 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2017年12月03日 イイね!

片上鉄道ぽっぽまつり

片上鉄道ぽっぽまつり11月26日(日)は片上鉄道 吉ヶ原駅へ。
平成3年6月30日に廃線になった片上鉄道の吉ヶ原駅を中心に、動態保存されている車両があり、毎月第一日曜日が運転日ですが、この日美咲町ぽっぽまつりのイメントと合わせ特別運転です。
先日、死去した駅長猫コトラの辞任式が、本日12月3日にあり、当初は連続で岡山入りを予定していましたが、都合が悪なり今日は断念しました・・・


ここは、一言でノスタルジック。
現役時代を知らないのが悔やまれますが、ここに行くと、現役時代を想像できる雰囲気があり、もう何度も足を運んでいます。

通常の運転日は、走る機会が少ない客車。
この日は、お昼から客車便がピストン運行されました。
客車列車自体が珍しくなった現代。自動連結器の隙間から生じる、あの音と揺れ。
吉ヶ原駅と新設された幸福柵原駅の短い区間とはいえ、タブレット閉塞機が使用され、タブレットの受け渡しシーン。
油引きの床、網棚は正に網で、温もりのある木造の車内。
どれを見ても、日本の鉄道の原風景で絶品ものです。





Posted at 2017/12/03 14:58:16 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

TW2-KサンバーディアスワゴンとJF56PCXに乗っているゆたのすけです。 何年、何台もスバルを乗り継いでいます。 一番好きなのはスバル車ですが、好き...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

リンク・クリップ

八甲田丸の巻 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/15 12:28:41
2016 6/26 宇治三室戸寺 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/06/27 00:15:23
PCX君にフォグランプを着けてみた 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/05/30 12:30:54

お友達

スバル車やホンダPCXに乗っている皆さんお友達になりましょう。
鉄道ファンや長距離ドライブが好きって方も大歓迎です。
人数稼ぎの方、痛車の方、暴走行為をする方はお断りします。
71 人のお友達がいます
hagurenekohagureneko * 555swrt555swrt *
シュピーゲルシュピーゲル *みんカラ公認 ラスト サンバーラスト サンバー
小清水小清水 6MT改め5MT6MT改め5MT

ファン

22 人のファンがいます

愛車一覧

スバル サンバー スバル サンバー
アプライドK型のタフパッケージリミテッド。 ボディーカラーは シャンパンメタリックです。 ...
ホンダ PCX ホンダ PCX
初代PCXから新型PCXに乗り換えました。 灯火類全てが標準でLEDなのが気に入りました。
スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
アプライドB型のスペックCがベースです。 かつての車はカリカリな弄り方をしていましたが ...
スバル ステラ スバル ステラ
5.1chシステム搭載で目指すは走る映画館。 そして快適ツーリング仕様です。 スーパー ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.