車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月17日 イイね!
やっぱり ライダー!!私のオートバイ『ホンダ FTR/HOPPER』の燃料タンクに貼っていたステッカーを変更することにしました。
それで新たに作っていただいたのが画像のステッカーで、大きい方はオートバイの燃料タンクに貼るもので、小さい方は愛用のヘルメットに貼るためのものです。

超軽量スポーツカーのチューニング&カスタマイズをサポートし始めたことから【 HE゛AT DRIVER 】という名前を使っていたのですが、少し前からオートバイ「ホンダ FTR」のパーツも手がけていますから、新たに【 HE゛AT RIDER 】という名前も使っていこうと思います。

「フォーミュラ1」のドライバーは“パイロット”なんて呼ばれることがありますが、峠やサーキットでハードなドライビングを楽しんでいる“スポーツカー乗り”の方たちには“ドライバー”よりも“ライダー”の方が合っているんじゃないのかなと思っていて、そんな意味合いも含めてこのステッカーを作りました。
それに「ナイトライダー」だってクルマに乗っているんですから、普通のクルマではなくスポーツカー等に乗っている方のことは“ライダー”と呼ぶのも悪くないと思っているんです。

ちなみに、オートバイに乗る方たちのことを“バイカー”と呼ぶことがありますが、ライダーとはやはり印象が違っていて、いかにも“オートバイ乗り”っていう感じがして私は好きですね。
逆に言えば“ライダー”というと少し幅広い意味になるような気がしますから、ぜひともオートバイだけでなくスポーツカーに乗る方たちのことも“ライダー”と呼びたいと思います♪
Posted at 2017/01/17 01:48:13 | 日記
2017年01月07日 イイね!
自立するオートバイ!!米国で開催されている家電見本市【CES2017】のことをニュースでやっているのを見ていたら、なんと“倒れない自立するオートバイ”が紹介されていました。
なんと世界初公開なんだそうです。

これは『ホンダ』が作った実験車「Honda Riding Assist」と呼ばれているものなのですが、ライダーが乗っていても、ライダーが乗っていなくても自立するという不思議なオートバイです。
「ASIMO」に代表されるヒューマノイドロボット研究で培ったホンダ独自のバランス制御技術を2輪車に応用しているそうで、ライダーが少しバランスを崩してもオートバイ自体がバランスを保ってくれて、低速走行時や停止時のふらつき・取り回しの際の転倒リスクを軽減してくれるんだとか・・・。

通常の走行時には普通のオートバイと同じ様に乗れるようですから、街乗りからツーリングはもちろんのこと、オートバイのある日常をより楽しいものにするという提案だそうです。
その様子はこちらからご覧いただきたいと思いますが、人と一緒に行動することができるオートバイなんて素敵です。(笑)

とっても面白いアイデアだなと心から思っていますが、私は“オートバイはクルマと違って自立することもできない!!”ところも魅力に感じていますので、ちょっと複雑な気がしています。
確かに“転んで怪我をすることがなくなる”のは良いことだとは思いますが、なにか大切なものを失ってしまうような気がして・・・。

オートバイは人が乗らなければ自立できないことや走らないことも魅力だと思っていますから、メカニズム的にはとても惹かれるのですが、
私は“自立できない普通のオートバイ”の方が好きです♪
Posted at 2017/01/07 01:43:46 | 日記
2017年01月01日 イイね!
2017年1月1日あけまして、おめでとうございます。
本年も、どうぞ、よろしくお願い申し上げます。
Posted at 2017/01/01 01:43:03 | 日記
2016年11月01日 イイね!
今回もありました!!今日/11月1日からラスベガスで開催される“カスタムカーの祭典”【SEMAショー2016】に、今回も「マツダ MX-5(日本名:ロードスター)」のカスタムカーが出品されます。
そのうちの1台は昨年の「MX-5 スピードスター」の改良版であり、もう1台はリトラクタブル・ハードトップ仕様の魅力的な新型「MX-5 RF」ベースのコンセプトカーです。

「MX-5 スピードスター」は進化して「MX-5 スピードスター エボリューション」となり、昨年モデルよりさらに軽量化されていて、ソフトトップの市販モデルより何と約160kgも軽いんだとか・・・。
昨年の“ブルー・エーテル”に塗られたモデルでも110kg以上軽量化してあったのですが、それ以上に軽くなっているのは驚きであり、また“ホワイト・エーテル”に塗られたボディは私にはとてもお洒落に感じられます。

それから昨年はビキニトップの「MX-5 スパイダー」というモデルがありましたが、今年はそれに代わって?!リトラクタブル・ハードトップ仕様をベースにしてきたのが目新しいところでしょうか。
こちらは「MX-5 RF クロ」と名付けられていて、日本語の“クロ”が名前に入っているようにボディはマットなチャコールで塗装されていて、足元には17インチのレイズ製鍛造ホイールとカップレースカー用のサスペンションを装着しているということです。

どちらのクルマも走りを楽しめそうな仕様に仕上がっているようですが、毎度のことながら市販化されるようなことはないようです。
とはいうものの“チューニング&カスタマイズのお手本”として、じっくりと眺めてみたいですね♪
Posted at 2016/11/01 04:57:18 | 日記
2016年10月27日 イイね!
やっと作りました!!『ホンダ ビート』用のパーツ「クールフロントシュラウドTL」を製作しました。
画像がそれで、うちの赤いビート『HE゛AT SPORT』に取り付けるために、「マッスルフレームF1」の機能を持たせるべくΦ22mmのパイプも溶接してあります。

“スペアタイヤを搭載できる「クールフロントシュラウド」”はこれまで板厚3mmのステンレスプレートを使用した頑丈なものしかありませんでしたが、もう少し軽く作って欲しいという要望にお応えして、今回は板厚を半分とした1.5mmとしています。
とはいうもののプレス補強等のない1.5mmのプレートでは走行時の振動等によるダメージが心配ですから、裏側にはちゃんと補強を施してあります。
これならば安心して使っていただけると思います。

先にお話しましたように画像の製品では「マッスルフレームF1」の機能をもたせるためにパイプを溶接してあり、こちらはオプションにて対応させていただこうと考えています。
その溶接方法はいつも?!とは異なりまして、製品にΦ22mmの穴を開けて、そこにΦ22mmのパイプを通して溶接してありますから、左右方向にΦ18mmのトンネルが出来ています。
この穴については特に使い道を決めているわけではありませんが、配線などを通したりすることが出来ますから、何かの役に立つかも知れません。(笑)

画像の製品は今週末にでも取り付けようと思っていますが、その後にはホームページにてあらためて紹介させていただきます。
この製品「クールフロントシュラウドTL」の販売価格については36,000円(Φ22mmパイプが溶接していない標準仕様)としていますので、気に入っていただけましたならば幸いです♪
Posted at 2016/10/27 08:59:11 | 日記
プロフィール
「朱に交われば?! http://cvw.jp/b/207747/38362747/
何シテル?   08/11 06:34
フロントガラスのないホンダビート「HE゛AT SPRINT」でお馴染みの【HE゛AT DRIVER】です。 名古屋で「ホンダ ビート」&「マツダ AZ-1...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
リンク・クリップ
HE゙AT DRIVER 
カテゴリ:お気に入り
2006/07/23 18:51:36
 
お友達
ホンダビート&マツダAZ-1に乗っている人、これから乗ってみようと思っている人、超軽量スポーツカーの大好きな人、スポーツドライビングを好まれる人・・・一緒に楽しみましょう♪
もちろん“猫好き”も大歓迎ですよ~♪
52 人のお友達がいます
いぬいぬ改いぬいぬ改 * きみどレンジャーきみどレンジャー *
fastbeatfastbeat * 赤い~のん!?赤い~のん!? *
ろぼこんろぼこん * はやとはやと *
ファン
49 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ ビート HE゛AT SPRINT (ホンダ ビート)
“4輪のオートバイ”のようなスポーツカーです。 「ホンダ ビート」に間違いありませんが、 ...
ホンダ FTR HOPPER (ホンダ FTR)
こちらは2輪のオートバイです。 “オフロードモデルらしくないオンロード仕様のオフロードバ ...
ホンダ ビート HE゛AT SPORT (ホンダ ビート)
うちのデモカーでもある、スポーツカーの「ホンダ ビート」です。 女房が乗っても不満なく乗 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.