• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Ashimoのブログ一覧

2015年02月06日 イイね!

水平対向エンジンのメリット

水平対向エンジンのメリット
ネットでおもしろい記事を見かけました
スバリストはスバルのここが好き!?水平対向エンジン3つのメリット
http://car-me.jp/articles/986

文中では
①揺れが少ない
②低重心かつ軽量
③高回転に優れている

の3点がメリットとして挙げられています

これについて自分の思う所を付け加えてみたいと思います。

①揺れが少ない
どちらかというと中~高回転域でのメリットかと思います
低回転域ではピストンが横運動してるんだな、と思う車体の揺れが起きる回転数域があります。
冬場の始動時アイドリング(2000回転ぐらい)で一番顕著です。共鳴現象によるものだろうと思います。最近のFA系エンジンでは感じにくくなっている気がします。オーナーの皆さん如何ですか?

②低重心かつ軽量
確かにその通りなのですが、吸排気のレイアウトが非常に難しく燃焼効率を上げにくい(燃費が稼ぎにくい)一因となっています
特に排気管がエンジンの下方向に伸びざるを得ないこと、
オイルパンの設置のため物理的にエンジンの位置が上方向に上がることが挙げられます。

これに対して大変苦心してエンジン位置及びボンネット位置を下げたのがBRZ(86)のFA20型です。もはやターボなどの補機類を追加するスペースがありません。

ポルシェの水平対向エンジンはドライサンプ化によって重心がガチで低くなっています。スバルがそれをしない(できない)のはコストの問題です。スーパースポーツのポルシェとどちらかと言うとアフォーダブルなスバルの差を感じる部分であります。

往時のインプレッサSTIとランエボの開発競争でもランエボ側がエンジンマウントをギリギリまで押し下げてきたことでほとんど重心高が変わらないという世代もありました。

ただ、愛車のBPレガシィは実際に乗ると物凄い低重心感があります。
今時のスポーツカーに優るとも劣らない低い着座位置がもたらすのかわかりませんがボディの堅牢さも相まってか車に守られている安心感があります。
ちなみにこのメリットを目一杯感じるために着座位置は一番下にしています。

③高回転に優れている
これはEJ20型までの話で、最新世代のFA20DITはレブリミットが6000回転(S4のみ6500回転)まででトルクで走らせる傾向が強いエンジンと化しています。
ちなみにEJ20は最新のWRX STIのエンジンで8000回転、自分のBPレガシィのEJ20Xでも7000回転を許容します。

エンジンの横幅が大きくなるのを防ぐためにショートストローク型になりやすい水平対向エンジンのデメリットをメリットに変えたのがこの③の特徴の本質ですが
最新のエンジンでは燃焼効率を取り、ロングストローク化(86.0mm×86.0mmのスクエアストローク)されています。現代のエンジン開発においては環境性能・燃費性能は避けては通れないんだなと改めて感じます。

ここまでリンク先の3つのメリットについて書いてきましたが
自分の考える水平対向のメリットとは
生まれながらに縦置きエンジンであることによりAWD化との相性が良い
ということです。

 つまりセンターデフを用意して後輪駆動力の方が強いAWDを用意しやすいという特徴があります。VTD-AWD、DCCDの2つがこれに該当します。
FRのような回頭性、アクセルで曲げる気持ち良さと車が前足でも路面を捉えて加速していくAWDのメリットの両方を味わうことができます。
操る楽しみ、という意味では出来の良いFRやMRには一歩譲る部分がありますがその代り前輪でもしっかりトラクションを得られるのは乗り手に絶大な安心感をもたらします。オールロードクワトロ、というアウディの宣伝文句がありますが自分からすればオールロードVTD-AWDもしくはオールロードスバルという感じ。最近雪道を運転していると特にそう感じます。

 スバルは乗り手のフィーリングと車の挙動を出来るだけ一致させるように車を作っておりこれが人馬一体感を生み出しています。それが証拠に今まで運転した車で一番気持ち良かったのは最新のVAB型WRX STI type Sでした。あれはすごくイイ。
最近まで電子制御を極力排して車の基本性能を磨き込んでいたのも車作りへの姿勢が垣間見えます。

 もちろん多板クラッチを用いたアクティブトルクスプリット(ACT-4)でもシンメトリカルAWDの素性の良さが十分に感じられます。前輪駆動力が常に強いのでFR的ハンドリングはありませんがスタビリティの高さが感じられます。ACT-4で一番良かったのは新型レガシィアウトバックでした。次点でレヴォーグ1.6GT。

現行車種でVTD-AWD、DCCDが採用されているのは
WRX STI、WRX S4、レヴォーグ(2Lのみ)、エクシーガ(2Lターボのみ)です。
抜けがあったらすみません。スバルシンメトリカルAWDの極致を味わうことの出来る車種として強くお勧め致します。

他に手の届く価格帯のメーカーで人馬一体感を重視した車作りをしているイメージなのはマツダとBMWです。
特にBMWは質の高いFRを作っていることで名高いので良い意味で乗るのが怖いです。乗ったらどうしても欲しくなってしまいそう・・・。仕事で氷雪のある場所に行く可能性があるので1stカーにFRは選べないんですけどね。
新型ロードスターも気持ちの良い車に仕上がってくるんでしょうね。伝え聞く所によると1000kgで130馬力。使い切る楽しみが味わえそうです。

アウディ(VWも)は技術力で押すのでちょっと違う。なんといっても「技術による先進」ですから。
乗り手に気付かせずに超ハイテクで何事もなかったかのようにこなそうとするイメージ。ちょっと自分の理想とは離れてくるのかなと思っています。現状のような2ndカーとしては最高なのですが。
縦置きクワトロのリアトルクベクタリングには惹かれる部分もありますが複雑な制御を導入するとどうしても自然なドライビングフィールからは遠ざかる傾向にあります。直4を縦置きにするとボディが長くなりすぎるのも欠点。日本には少し大きいDセグメント+αになってしまいます。

もう1つ水平対向のメリットは
前方衝突事故時にエンジンが下側にずれることでキャビンを圧迫しない
ことです。

普通のエンジンであればエンジンがキャビンを圧迫して乗員の生存空間を殺してしまうような場合でも水平対向エンジンであれば助かる可能性がUPします。

最後にメリットかどうかは分かりませんが
水平対向エンジンのエンジン音は直4とは明らかに異なっており所有感を満たしてくれるものだと思います。
低回転時ではシュイイインというモーターのような音、等長エキマニ化しても時折ちらりと聞こえるボロロンというボクサーサウンド。
高回転時ではデケケエエンとボクサーエンジン特有の音を上げて一気にレブまで駆け上がって行きます。さながら航空機のエンジンのようなイメージです。
Posted at 2015/02/07 01:42:19 | コメント(9) | トラックバック(0) | レガシィツーリングワゴン | クルマ
2015年02月02日 イイね!

水平対向ディーゼル国内導入を夢見る

水平対向ディーゼル国内導入を夢見る
欧州専用でのみ販売されるスバルの水平対向ディーゼルエンジンEE20型。
2008年に登場し、レガシィ、フォレスター、インプレッサ、アウトバックに搭載されています。
横幅に制限がある水平対向エンジンでギリギリまでストロークを拡幅したことで86.0mm×86.0mmのスクエアエンジンとなっています。
奇しくもFA20DITと同じプロフィールとなっています。2L水平対向エンジンで効率を追求すればこのプロフィールに収束するということでしょう。

EE20は
出力:110kW(150PS)/3,600rpm
トルク:350N·m(35.7kgf·m)/1,800 - 2,400rpm
の性能を持っています。
燃費は欧州複合で17.6km/L。

FLAT4エンジンは素性が良く、バランサーシャフトが必要ありません。
自分が良く知っているのはEJ20Xですが4気筒エンジンとしては最高レベルの滑らかで気持ちの良い回転特性を持っています。色々と試乗記を読むと水平対向ディーゼルは相当にイイらしい。

そんなエンジンがあるのなら国内では2500ccNAのみとなったレガシィの心臓として最適じゃないかなと思ったわけです。FLAT6エンジンがダメならFLAT4ディーゼルはどうか?と思うのは人情であります。VTD-AWDと組み合わせればかなり気持ちの良い車が出来そうだな~なんて妄想してしまいます。

ガソリン水平対向の最大の泣き所はやはり燃費で、他メーカーに比べて燃費面での訴求が弱いのが現状スバルの唯一の泣き所なんじゃないかと思います。走りを犠牲にせず燃費面でも訴求できる車は水平対向ディーゼルで実現できないかな、と思ったのでありました。

現状馬力とトルクはまだ良いとして燃費はなんとか20km/Lに届かせたい所。
あとはトランスミッションが欧州ではMTのみなので、国内導入に当たってはEE20とハイトルク・リニアトロニックとの相性も気にかかる所。

新しいスバルの飛び道具はこのFLAT4Dに違いない。
いつ日本に導入されるのか期待しています。

次期フォレスターに搭載して発売、されたらいいな。

参照)スバル「レガシィ」試乗記② ディーゼルのスムースさは桁違い!
参照)スバルのクリーンディーゼル「ボクサーディーゼル」を解説



Posted at 2015/02/02 23:10:56 | コメント(6) | トラックバック(0) | レガシィツーリングワゴン | クルマ

プロフィール

「SUBARUだけはそういうことをしてほしくなかった 非常に残念です」
何シテル?   10/27 09:01
Ashimo(アシモ)と申します。BP5後期E型(レガシィツーリングワゴン)に乗っています。妻の車、ゴルフ7ハイラインも運転しています。 家族や世間体もあ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/2 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

リンク・クリップ

抜けの良い排気系だと低回転トルクが落ちる? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/08 20:25:28
引っ張れ! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/02 04:37:39
Dynamic Force EngineのBSFCを「誰も見ていない真実」に重ねてみた。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/12/10 02:29:25

お友達

車種を問わず車が大好きな方を募集致します。レガシィオーナー、スバリスト大歓迎。フォルクスワーゲンゴルフ、ニュービートルオーナーの方も是非よろしくお願いします。お気軽にご申請下さい。
81 人のお友達がいます
みんカラスマホアプリ開発チームみんカラスマホアプリ開発チーム * LEG5728LEG5728 *
シャクレイシャクレイ * ワカトワカト *
OjimarOjimar セラフィム2501セラフィム2501

ファン

38 人のファンがいます

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
スバル レガシィツーリングワゴン GT(2007年10月登録 BP5・E型(後期型)オブ ...
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
2代目妻の車です。2014年式ドイツ本国ヴォルフスブルク工場にて製造。グレードはハイライ ...
輸入車その他 その他 輸入車その他 その他
ハイドラ用登録。 鉄道、試乗車、人の車、レンタカーなど。
フォルクスワーゲン ニュービートル (ハッチバック) フォルクスワーゲン ニュービートル (ハッチバック)
初代、妻の車です。 ゴルフIVのプラットホームを元に往年の名車ビートルを現代に蘇らせた ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.