車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月13日 イイね!
NO..1069 お知らせ2件 愛車と出会って1年! 『2月13日で愛車と出会って1年になります!』
 普段僕はブラウザでしかアクセスしない“みんカラ”ですが、これはアプリ版にしか来ないんですよネ。
 日付が変わってしまう前に見てみたらやっぱり来ていました。
 
>>愛車プロフィールはこちら

 ブラウザの方にも欲しいです。 一度アプリの方で下書き保存してから再度ブラウザで書き直ししたら日付が変わってしまった! (笑)
 たいした事やっていないフリードHV号だけど、簡単にまとめておきましょう。


 納車直後にフロントまわりを後期型へチェンジ。


 テールランプも後期型へ。


 フロントスピーカーをハイエースに使っていたカロ17cmに取り替えて、純正は未装備だったリヤへ移設しました。


 ドアミラーをキーレス連動させて開閉する様にし、バック時に助手席側の鏡面を下向きになるようにしました。 これ、とても便利です。


 フロント/リヤのスピーカー作業時についでにやった“レジェトレックス”を使ったデッドニングをスライドドアにも施工。


 サマータイヤ/ホイールを新調。 
 グレイス用純正16インチにヨコマハ・ブルーアース195/55R16に。


 フェンダー内にアンダーコートして、ブレーキ/足回りに耐熱ブラック塗装しています。


 トランポ用にサポートラックを製作しました。
 実はまだ一回しか使っていない・・・。

 と、納車直後は怒濤の様にいじったけれど、一息ついたらもう放置状態? (笑)
 特に何もトラブル無しに普段の足と軽めの出張作業にも役立つ便利車ですネ!
 しいていえば、思った程燃費が良く無いかな? (高速走行時)

 な〜んて褒めてもやっぱり来てます ↓

 エアバッグリコールのお知らせでした。 今頃ですかっ!?

※ 特に「カッコイイ〜」とか「気持ちイイ〜」とか入れ込んでいないけれど、普段の足はこれ位が「ちょうどいい」 【^_^】
Posted at 2017/02/14 00:59:06 | コメント(2) | トラックバック(0) | フリードハイブリッド | クルマ
2017年02月03日 イイね!
NO.1068 どっちが目的だったやら? スピスタトラブルシュート-2 昨日に続いてスピスタのトラブルシュートです。
 いつの頃からかたまに点灯しない事が有り、次第にその頻度が高くなり遂に全く点かなくなってしまったバックランプを修理しました。
 電球切れは無く、配線にも異常が無かったので怪しいのはバックランプスイッチです。

 試しに通電しておいてカプラー部分に力を加えると点灯/消灯するので犯人はコレに間違い有りません。
 これは新品パーツを入手出来ました。


 車体下に潜り込むのでまずはお掃除から。
 先週の土/日曜日の2日で結構汚しちゃってました。


 ホイールの裏だって手は抜きません。
 ピッチクリーナーで綺麗になったらブリスXをコーティング。
 変態は裏側サイドウォールだって黒々していないと気が済みません。 (笑)


 入庫したらジャッキUPしてリジットラックで保険を掛けましょう。
 後側アンダーパネルと左リヤインナーフェンダーを取り外します。


 バックランプスイッチが見えました。
 カプラーを抜けば19㎜メガネレンチで取り外し出来ます。 
 障害物が多くて回転角度が狭いのでチト面倒ですが。


 新旧スイッチ。
 作動しなくなってしまった古い方をいじくってみましたが、内部端子等の異常は目視ではわかりません。
 ちょっと嫌な予感、ハーネス側のカプラーの方が壊れていたりして・・・。
 兎に角、新品スイッチを装着しました。


 やりました! 修理完了です! 
 古い方を壊して確認してみると、カプラーのプラスチック内部にガタつきが生じて接点が不安定になっていた様です。
 費用はパーツ代の¥2,600だけで済みました。
 終ってみればリヤ側アンダーパネルは付けたままでもできたかも?

 インナーフェンダーを外したついでにエアクリーナーエレメントも交換しちゃいましょう。
 
 走行5万キロ手前で2回目の交換です。
 タイヤハウス側から2箇所、エンジンフード側から3箇所のBOX蓋のフックを外します。
 各種センサー線とバキュームホースを外してからインテークホースをどかさないとBOX蓋が取り外せません。
 かなり手間がかかりますネ。


 2万キロ走行でも結構汚れてます。 これは純正品。
 新規エレメントは今回はBOSCH製をオークションにて入手してあります。
 そっちのほうが早く届くので。


 外したついでにBOX蓋に潤いを与えて上げましょう。
 樹脂パーツは年月経ってくると枯れて来ちゃいますからネ。


 この際エンジンルーム内の各部樹脂/ゴムのパーツにアマオール及びラバープロテクタントでひび割れ防止策をとりました。 
 黒い所が黒々すると気持ちがよいですネ!
 少し白い粉(こ)が吹いていたシリンダーヘッドカバーもピカールして光らせます。


 でもカバーしてしまうと殆ど見えなくなってしまう・・・。 (笑)

※ 何の事は無い、トラブルシュートの時間よりエアエレメント交換/エンジンルームお手入れの方に数倍時間を掛けてしまった! 相変わらず重症です。 【^_^;】
Posted at 2017/02/04 04:19:01 | コメント(3) | トラックバック(0) | スピードスター | クルマ
2017年02月02日 イイね!
NO.1067 オペルよお前もか!? スピスタトラブルシュート-1 同時期・同工場で製作された兄弟車に起こるマイナートラブルは良く聞きます。
 しかし一応ドイツ車としてその辺は安心していた我オペル・スピードスターだったのですが。
 (同パーツのラジエターはダメでした)
 やはり出ました、マイナートラブル。 
 GM・オペルお前もか?

 去年夏にヘッドライトスイッチのクリック感に異常を感じ出し、ついに秋になって「カチッ」っと言わなくなりライト不点灯となってしまいました。
 それも帰宅前にはライトON必須の出先での事です。
 試しにスイッチパネルを分解してみると殆ど使用しないバックフォグスイッチが互換性有りです。
 取り敢えず事なきを得て戻ったらすぐに純正部品を発注したのですが、既に廃番で入手不可能です。
 「これは困ったナ」


 分解してみます。
 中央の白いパーツの爪の様な部分が折れていました。
 余りに繊細過ぎるパーツなのでどうやっても補修出来そうに有りません! 
 ライトOFFする時に左の黒いパーツを弾性で戻す部品で、長年蓄積した材質疲労による切断でしょう。

 その内なんとかしようと思っていたら今年になって代用しているスイッチの方も怪しい感触になってきちゃいました。  おそらく後数回の作動で壊れる予感が・・・。
 そこでスピスタ界のパイオニアでいつもお世話になっている“larue”さんに相談してみました。
 すると「海外サイトで他車種品の流用例が有る」とのアドバイスを頂きました。

 ダメ元覚悟でオークションを徘徊してみます。

 オペル・ベクトラXH180用
 各スイッチ単品より格安で程度も良さそう。


 オペル・ベクトラXH200用
 こちらの方がスイッチ数が多く価格も安いけど画像上では程度が悪く見えます。
 どうせ見える部分は使わないのだし、確率に賭けて見る事にしてこちらの方を落札しました。
 両脇のシートヒータースイッチが多いので。


 受け取って早速確認してみます。 右端がスピスタライトスイッチ。
 B0Xの形状/大きさは同じですが、向き決め用?の突起の形が数種類有るでは無いかっ。
 

 その突起が同じECOスイッチを分解した所。
 内部構造が全然違います・・・。
 このスイッチはプッシュしてもクリック感が無く、一度通電させるだけの構造です。
 って事は両脇のシートヒータースイッチ(感有り)しか使えない事に成ります。
 それでも2個は使えそうなのでまずは一安心しましたが、XH180の方にしていたらアウトでしたネ。


 但しそのシートヒータースイッチは裏の突起の向きが違います。
 接点と内部構造はまったく一緒なのに・・・。 
 おそらく差し込み間違いしない為の突起だと思うので削ってしまえば使えるでしょう。


 しかし出来ればスンナリ納めたいので内部パーツを入れ替えする事にしました。
 まったく同部品で良かった〜。
 今回入手した方のが変色度合いが少なくまだ余り疲れていないかも?


 ヘッドライトとバックフォグ用共に移植作業が終りました。
 バックフォグ用の爪も疲労の証拠、白い筋が入り出していてやはり余命僅かだったでしょう。
 BOX本体/内蔵スプリング/インジケーターランプは殆ど流用可能なので他のスイッチ含めて全てストックしておく事にしました。


 通電させて作動及びインジケーターランプ点灯確認。
 全てOKです。


 スイッチBOX本体をはめ込み、パネルを戻せば作業完了です。 
 これでしばらくは安心してスイッチ操作が出来ます。
 それでも用心の為に又同パーツを落札しておく事にしましょう。
 “larue”さん、大変お世話になりました。

※ ナントカクオリティーと言うより老齢化でしたネ!
  そしてもう一つ残された問題が有るので次回に続けます。【^_^】
Posted at 2017/02/02 22:51:12 | コメント(5) | トラックバック(0) | スピードスター | クルマ
2017年01月31日 イイね!
NO.1066 タイムリミット厳守! 房総TRG飛び入り/早退 1/29日曜日、お友達の“トイプー大好きオッちゃん”さん主催のTRGにお誘い受けていましたが、当日は我家の最高司令官様の生誕祭の為に一族が集合する日です。
 残念ながら参加を諦めていた所、僕の顔色に異変を感じ取ったのか「お昼頃に帰って来るならOK」と時間制限付きでお許しが出ました。

 もう走り慣れた房総方面なので帰宅時間の計算は容易、途中離脱の予定で朝6時にスタートしましょう。


 第一集合場所の首都高速川口PAです。 アラ、ピンボケだ。
 僕より先に“躯体調整P”さんのヨーロッパSが到着済み、すぐ後から“hanamomoPAPA”さんのアウディTTクーペと主催の“トイプー”さんご夫婦のエリーゼもやって来ました。
 すぐに次の集合場所へ向けてスタートします。


 第二集合場所の湾岸線大井PAに到着すると既にエリーゼの群れが沢山待ち構えていました。


 今回お初のメンバーさんが多数、一体誰が誰やら・・・。
 この幹事さん、紹介なんてものは一切せず・・・。
 ま、変態車乗り同士ですからすぐに馴染むでしょう。(笑)


 アクアラインのトンネルを出ればカメラカーと並走して撮影してもらいながら房総半島を目指します。
 左車線をカルガモ走行するロータスの群れが目立つのでしょうか?
 追い越して行く一般車両からの興味の視線をチラホラ感じます。


 第三集合場所は木更津東ICおりてすぐのコンビニPです。 
 S1エリーゼ乗りの“ま~san”さんは今回スープラ号での参加です。
 こんな凄いのも持ってるんですネ〜。 とっても綺麗で驚きです。


 奥から“ちはやふる号”/“てつまに号”/“nori-nori号”と並んでいます。
 あら、今回はエリーゼでもS3が多いナ。


 白いエリーゼは初めて見ました“青蛇号”、リヤウイング付の“もげら号”もS3だ。
 実はコンパクトな筈のTTクーペが巨大に見えちゃいますネ。
 首都高速で追走された時はバックミラー越しにプレッシャーをヒシヒシと感じちゃいました。


 今回カメラカーとして同行された“Uzzy(M.Ujihara)”さんのRX-8号。
 お世話様でした、画像の出来上がりが楽しみです!


 国道410号を南下、長狭で小休止した時点で時刻はまだ9時だったのでもう少し同行しましょう。
 県道34号で鴨川まで来ればいよいよ海岸線、V6エキシージの後ろを快走しました。
 いやー、音と言い加速と言い別物ロータスです!
 中間加速でドンッと行かれるとアッと言う間に置き去りにされるスピスタ号でした。


 “鴨川オーシャンパーク”に到着しました。
 ココ、もう何回も通過してばかりだったので初めての立ち寄りです。


 ここまでずうっと魅惑的なオシリを眺めさせてくれた“ケダチク”さんのV6エキシージ。
 “meg725”さんのS3エリーゼはメタリックレッドの車体にホワイト内装がとってもオシャレです。
 あ、結局今回参加のエリーゼは全てS3だったのでした。

 そろそろ時間的に厳しくなっている僕は気もそぞろ。
 追い出す様に皆さんをお見送りします。 「また走りましょう〜」「気を付けて!」
 なんか寂しい・・・けど、今後の為ですから帰路を急ぎましょう。
 時刻は午前10時です、勘を頼りに設定したルートは大多喜まわりで2時間半と言うもの。
 安全運転で急ぎましょう〜。


 国道128を天津でそれて県道81号清澄養老ラインで北上します。
 数十年前にオフロードバイクで数回走行した道を走って見たくなったので。
 途中良い感じのコーナーが続いたかと思うといきなりこの様な林道になり、また整備された舗装路になったりと目まぐるしく状況が変化するルートでした。
 土曜日に続いてまた舗装林道走行しちゃった訳です。 車高上げようかな? (笑)


 大多喜町での信号待ち。
 なんか賑やかなオジサン達がウジャウジャ押し寄せて来ました。
 この後も続々とすれ違う軍団は数百台も居たでしょうか?
 同方向でなくて良かった良かった!


 市原鶴舞ICで圏央道に乗り、高滝湖PAにて小休止しますがココってトイレのみで自販機すらも有りません。
 ここまで1時間半かかって時刻が午前11時半と予定通りに進んでいます。
 後は渋滞が無い事を願いましょう。
 オープントップのまま渋滞無しの館山道〜京葉道路を順調に走行しました。
 巡航中はポカポカと暖かい車内もちょっと速度を上げすぎるとやはり身震いしそうな温度となりますネ。
 まあバイクに比べたら天国ですが。(笑)

 何とかONタイムにて帰宅しての走行距離は320Km、お見送りの筈が立派なTRGとなっちゃいました。
 20.5Lの給油だったので15.6Km/L、結構踏んで回したのに中々の好燃費の記録です。
 幹事の“トイプー”さん、当日ご一緒した参加メンバーさん、お世話様でした。
 飛び入り/早退でお騒がせしましたが、次回はキッチリ最後までお付き合いさせて下さい。

※ 遅刻すればあわや車趣味生活の危機にもなろうかと言う局面でしたが、やっぱり楽しいお仲間とのTRGの誘惑には勝てなかった僕でした。 【^_^;】
Posted at 2017/01/31 02:20:41 | コメント(8) | トラックバック(0) | スピードスター | クルマ
2017年01月30日 イイね!
NO.1065 冬オープンでストレス解消 今年初MTG 恥ずかしながら今年初ブログです。
 毎年1月の事なのですが、本業が暇だからこその忙しさ?に追われていました。
 細かな仕事を沢山こなさねば・・・・
 さしたるブログネタも無かったし。 「生きてますか?」の心配メッセージを沢山頂けるのは老人の特権ですネ!(笑)

 1/28土曜日はお友達の“bmasa”さん主催の『みかも山MTG』に参加して来ました。
 トリクル充電しておいたスピスタ号のバッテリーは元気モリモリ、一発始動で「ボワ〜」とエンジンが目覚めます。
 

 毎回立ち寄る“道の駅・きたかわべ”には4台のロードスターが既着しています。
 遅まきながらの新年のご挨拶をしてからスタートしましょう。
 離れて駐車した我スピスタ号が合流する時に! 皆さんオープントップしてるではないですかっ!
 流石はクイックにオープン出来るロドスタですネ、もう間に合わない屋根付きスピスタ号は最後尾で追走しました。


 “みかも山南駐車場”に到着すると既に何台かが待ち構えていました。
 雲一つ無い青空の下、ポカポカ陽気です。


 ワイワイガヤガヤのMTG中、数台のロドスタがオープンボンネットされていたので覗き込む僕。
 流石に長い歴史と人気の車、沢山のカスタムパーツを興味深く拝見しました。
 弄る楽しみに置いてはまったく太刀打ち出来ないスピスタ乗りはションボリです。(笑)
 さて、お昼ご飯に向けてスタートしましょう。


 9台の最後尾を走行しますが、度々信号待ちで分断されてしまいます。
 目的地はナビにインプット済みだけど、どうやら経路に通行止め箇所が有るらしく正攻法ルートをことごとく外れます。 置いて行かれない様についていかねば! 
 (実際には待機して貰えたので心配無しでした)


 到着しました“いづるや”さんです。
 途中に石灰工場が有る事も有って、路面はホコリまみれでマスクを持参しなかった事を後悔しました。
 成る程、これでは雨上がり状態だったら・・・数回ここでのランチがキャンセルになった訳だ。
 一見小さなお店の様に見えましたが、中へ入ってみると大きな座敷席が有ってかなりの大人数でも対処していました。


 勿論看板に有る“寒晒しそば”と“てんぷら盛り合わせ”を注文。
 なんでも蕎麦の実を浸したり乾かしたりして熟成させて作る蕎麦だそうです。
 ここは蕎麦の量を「合」で頼みます。 全然判らないので皆さんに合わせて2合にしました。
 好きだけど蕎麦通って程詳しくもない僕ですが、このお蕎麦の違いは判りましたヨ。
 僕が良く経験する「蕎麦自体は良いけどつゆがね〜」とはならずに美味しく戴けました。
 できれば天婦羅は暖かい天つゆで食べたかったかも?
 量は2合で丁度良い満腹感を得られました。 (ちなみに僕は多少小食です)


 暫しの談笑後、仲間停めした駐車場で2台とお別れした一行はお茶する為に山越えします。
 なんでも数カ所すれ違いが出来ない舗装林道だそうです。


 本当でした! 下りブラインドコーナーを立ち上がってみると突然の渋滞が・・・対向車と遭遇です。
 久しぶりにABS作動を右足に感じながらの急制動でした。
 最近フロントタイヤのグリップ力低下を体感しだしています。


 一旦下ったかと思ったら又登る林道です。 この辺りではすれ違いは出来ませんネ。
 僕は安心走行だったけど、先導の“bmasa”さんは緊張したのでは?


 鹿沼市内の“ハニービー”さんに到着しました。
 養蜂園直営のカフェで、勿論蜂蜜に拘ったメニューで有名らしい。
 

 店内満席だったのでテラス席へ、オープンカー乗りのオジサン達はお外でのお茶もヘッチャラです。
 が、ガス暖房機に点火してくれました。 (中央の傘付き)
 そして孫の様なオネーサンに膝掛けまでサービスしてもらって老人介護? (笑)


 僕は紅茶(アールグレイ)にレモンハチミツのセットとガトーショコラをオーダー。
 何故かいつもこの組み合わせの様な・・・。(笑) あんまり甘いの苦手です。
 ただただ美味しい!の一言でした。 林道越えの価値有りでしょう。


 ここで解散となりました。 
 同方向4台で国道4号へ向かいましたが、出来れば暗くなる前に帰宅したい僕は途中で離脱して急ぎました。
 その理由は後日にでも。
 それでも暗くなってしまっての帰着は午後6時、走行距離220Kmの今年初のTRGとなりました。
 
 幹事の“bmasa”さん、楽しい企画と美味しいお店の引率有り難うございました。
 参加のメンバーさん各位、色々とお世話様でした。
 次回の3月にもお会いしましょう!

※ 細々した仕事によって蓄積されていたストレス解消に持ってこいの1日です。
 冬のオープン走行は素晴らしい!

PS. 翌日も楽しみましたがそれは又明日にでも
Posted at 2017/01/30 13:24:44 | コメント(3) | トラックバック(0) | スピードスター | クルマ
プロフィール
埼玉県三郷市で建築金物製作工場を営んでいるバイク乗りです。 2012年にリターンライダーとなり、家族には年寄りの冷や水と言われています。 GSX-R750R...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
お友達
若返りの為に117人から新陳代謝してます
そもそも”お友達”とは何ぞや? 【^_^】
117 人のお友達がいます
7013WORKS7013WORKS * やすじろうやすじろう *
cartvalleycartvalley * bmasa (まさ)bmasa (まさ) *
ダブルクラッチダブルクラッチ * ブラちゃん!ブラちゃん! *
ファン
66 人のファンがいます
愛車一覧
オペル スピードスター オペル スピードスター
歳を取ったらスポーツカーでしょう!【^_^;】 やっと手に入れた老後のオモチャ? 20 ...
ホンダ フリードハイブリッド ホンダ フリードハイブリッド
少し我慢するとその分だけ用途が広がる便利なクルマです。【^_^】 2013年2月初年度 ...
スズキ GSX-R750R スズキ GSX-R750R
新車購入から30年も経ってしまいました。 2012年12月に復活させるまでの走行距離が9 ...
ホンダ CRF230F ホンダ CRF230F
ブラジルホンダ製の逆輸入車です 軽量コンパクトな車体に使い易いパワー ストリート仕様とし ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.