車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月04日 イイね!
NO.1059 今年最後にしたいナ スピスタ下回り洗浄 今日は夕方からスピスタ号の今年最後かも?の下回り洗浄をしました。
 先週の『みかも山MTG』へ向う時に土手下道で汚しちゃったから。
 その前の『とんとん広場TRG』後にもやってるけど、これは僕のビョーキですから。(笑)


 フロアジャッキで持ち上げて片側二輪を取り外し。(タイトル画像)

 フロント側洗浄

 アルミフレーム/サスペンション/インナーフェンダー全てにブリスXを施工してあるので汚れはこびり付かずササッと落ちます。
 が、油汚れは流石に洗剤使わないと落ちません。
 ドロ汚れの時はナノクリーナー使うけれど、今回は地球にやさしい家庭用食器洗剤を使います。
 それでもアマオールとかシリコン系だと流れ落ちてしまいますが、さすがブリスXは負けません!
 あ、ブレーキパッド/ピストン間のグリスを塗り直さないと又「キーキー」鳴きそう。

 リヤ側拭き取り及び給脂

 上下ウィッシュボーンはクリヤコート塗装の上にブリスしてあるのですぐにピッカピカになります。
 ドライブシャフトブーツにはラバープロテクタントを染み込ませましょう。
 うーむ、ハブリングは何回塗装してもすぐ剥げて錆びる・・・。
 ホイールがカッチリ嵌まる精度の弊害か・・・。
 めげずに塗りますヨ。


 ホイールの裏がキモになります。
 スポーク隙間から丸見えですからネ。
 装着状態の時でも手を突っ込んで洗ってますけど、外した時はみっちりと!


 洗う回数が頻繁なのでブリスXの耐久性が不安になります。
 タイヤWAXはテカテカしないシュアラスター製を使います。
 このRタイヤは走行13000Km、ネガキャンに依る内減りが進行しています。
 もう少し乗ったら表/裏組み替えだな。


 タイヤ空気圧もチェックしておきましょう。
 やはり気温が下がって来ているので圧も落ちていました。
 夏〜冬で大体0.3Kgfくらい変動しますネ。
 “アサヒ・ゲージボタル”で正確に合わせます。
 良く見るのは最大10Kgfが多いけど、ウチのは6.0Kgfなので微調整が楽です。
 トラックじゃ有るまいし! (笑)

 タイヤ/ホイールを装着してジャッキDOWN、近場を一回りして水気を飛ばせば終了です。

※ これで今年最後(ほんとかな?)の下回り洗浄が終りました。
 もうドロで汚したく無いナ。 まだ乗るからホイールは洗うけど。 【^_^;】
Posted at 2016/12/04 21:49:27 | コメント(3) | トラックバック(0) | スピードスター | クルマ
2016年11月27日 イイね!
NO.1058 お楽しみは次回に!? 11月みかも山MTG 11/26土曜日、『みかも山MTG』に参加して来ました。
 雨だったり暑かったりで中々条件が悪く、今年3月以来の2回目となりました。
 午後に所用が有るのでランチまでと限定ですが。



 工場をスタートしていつも立ち寄る“道の駅・きたかわべ”までやってきました。
 途中の堤防下の道は前日の雨がしみ出していて「しまった!」は後の祭り・・・。
 せっかく下回り洗ったばかりなのに〜。 (笑)



 遠くの日光連山等を眺めながら休憩。
 するとハイドラに“bmasa号”が現れて来たので待ち構えましょう。
 同行の“koneka号”と出口付近で合流したら3台で“みかも山”を目指します。


 前を行く“koneka号”は排気音も車体の挙動も重厚です。 ロドスタっていじり方が様々でそのバリエーションが羨ましいです。 今まで沢山見たロドスタとは一味違って見えました。
 スピスタ号もオープントップして快適にクルージング、“みかも山”が正面に見えて来ました。


 すぐに“テクテク号”/“hari:NB8号”も到着しました。
 今日は参加6台位かな?


 “テクテク”さんと6月に御一緒した時はS660だったのでジネッタG12を拝見するのは3月以来です。
 いや〜相変わらず車高が低い! って伸びる訳もなく。(笑)
 スピスタがフツーの乗用車に見えちゃいます。 
 これでも全高1070ミリなんですけどネ。


 すると他のロドスタチームがやって来ました。
 忘年会へ向う途中の立ち寄りだった様です。
 急に台数が増えました。
 スピスタ初見の方が居たので『珍車』を眺めてもらいました。
 「エリーゼに似てますネ」


 自宅町内の所用を済ませてから高速道で駆けつけて来た“ダブルクラッチ号”も並びます。
 今回はお洒落なハット姿でした。 いつもダンディーですね〜。


 全員揃っての記念撮影をするヒトを撮るの図。
 主催の“bmasa”さん、いつもお世話様です。
 忘年会組を見送ったら僕らもランチへ向けてスタートしましょう。


 いつもは最後尾を走る事が多いスピスタですが、今回は流れで前の方になりました。
 後ろには“テクテク号G12”が。
 リヤガラス越しにチャレンジしたら見えるのは屋根上のエアスクープだけ。(笑)
 サイドミラー越しでもこの見え方です。 全高1m以下ってのは凄い!
 中々スピスタより低い(ルーフが)クルマっていませんよネ。


 本来の目的地は路面状況が悪そうなのでお馴染みの“さとかた”さんへやって来ました。
 ここは駐車場がとても広いので毎回悠々と並べられます。
 行く筈だった“いづるや”が楽しみだったけど、今後のお楽しみにしておきましょう!


 毎回変わるお蕎麦、今回は北海道深川産でした。
 

 僕は旬の『さより天ランチ』にしました。
 さよりの天婦羅は初めてです。
 白身のお魚でもキスよりちょっとくさみ(良い意味)があったかな?
 おそば(深川産)はかなり歯応えが有る堅めの食べ応えのある物でした。
 最近アチコチで小盛りづいていたのでついつい注文してしまった「そば大盛り」ギリギリ完食できました。
 ココは割と盛りが良かったの忘れてました。(笑)


 食後は愛車のもとへ戻っておしゃべりタイム。
 僕は次の予定が迫って来ていたのでここで失礼する事に。
 次は来年の1月、「また参加させてください」。

 その後は快調に国道4号バイパスを走行して約1時間で工場に到着。
 無事に予定のVIP送迎が完了出来ました。

※ 主催の“bmasa”さん毎回お世話様で有り難うございます。
 参加の皆さん、今度は“いづるや”へ同行しましょう〜! 【^_^】
Posted at 2016/11/27 23:08:08 | コメント(3) | トラックバック(0) | スピードスター | クルマ
2016年11月20日 イイね!
NO.1057 一人じゃ戻るゾ!(笑) 赤城山+とんとん広場ツー 今日はお友達の“トイプー大好きオッちゃん”さん主催のツーリング(4輪)に参加して来ました。
 ←ルートは赤城山を経由してふもとのお店でランチしてその後はお茶。
 スタート時に路面は前日の雨も乾き出しています。 気温も上がるらしいので安心の発進です。
 参加表明が見当たらないので何台来るのかな?

 早めのスタートで時間に余裕が有ります。 国道4号を北上して春日部辺りまで行くともの凄い霧がっ!
 一番酷いとこでは停止線に停まっても信号色が判別できない程です。
 またしても露払い(霧か)に先導してもらう事にして走行するけど時速は30〜40キロが限界。
 「間に合うか???」
 路面は濡れていないのに霧でボディーに水滴が・・・。


 何とか少し遅刻しながら集合場所のコンビニに到着しました。
 予想したより台数が多いゾ! “もげら”号の横に並べました。


 初対面の参加者さんが大勢います。
 VWチームも合わせて確か13台だったかな?
 数台ハイドラ起動しているので市街地走行でもはぐれる事はないでしょう。


 お山に近づくとともに又もや霧が濃くなります。
 しかし霧でも目立つカラーが殆どなので助かりますネ。


 わたらせ渓谷に近づくと霧が晴れ出しました。
 「いいぞ、いいぞ」


 “道の駅・黒保根やまびこ”隣りのコンビニで小休止して隊列を整えます。
 日も出て来て暖かい!


 僕のスピスタ号を含めて殆どのエリーゼもオープントップしました。
 ヒーターも必要無い位の陽気です。


 スタートしてすぐ国道122号をそれて県道62号を北上します。
 この辺の紅葉はこんな感じでした。
 前を行くエリーゼの快音をBGMに快調に飛ばします。


 ところがどっこい、路面はハーフウエットで枯れ落ち葉も沢山!
 ソロなら引き返しちゃう心理状態だったけど、みんなで走る楽しさが勝れば「もうどうでもいいヤ」と開き直ります。(笑) 


 車列が少し分断されたので退避スペースの所で後続を待ちました。
 この時スピスタ号の下回りを見た僕は軽いめまいが・・・。 (笑)


 VIP同伴で来た林道ツーリングで立ち寄った事が有る“南郷温泉しゃくなげの湯”の交差点を左折。
 上毛三山パノラマ街道に途中から入りました。
 ここから赤城山に向ってグングン標高を上げて行きます。
 去年9月に下った時の「今度は登りで走りたい」が実現。
 しかし、路面ウエット/落ち葉と先行車の巻き上げる飛沫によって条件悪し。
 その状態で逆光になるともう前がまったく見えません!
 あまり楽しめなかった・・・。
 でも可能な時は頑張れましたけど。


 2〜3回ズルッとしながら駆け上がり、大沼を通過して赤城公園Pに到着しました。


 レッド/オレンジ/イエローと紅葉カラーのエリーゼ隊とならぶ地味なスピスタ号の図。


 ヨーロッパSにエスプリにMGFとココまで英国『製』が並びます。
 

 こちらはVWチームの3台、皆さん車高/ホイール共にキマッテます。
 さあ、ランチ場所へ向けて下山しましょう。
 

 南面は比較的路面は良好でした。
 気持ち良く下って行きます。


 しかしペースカーに捕まるとパレード走行になっちゃいますネ。
 そして途中からは本当のペースカー(白/黒)に追従してカルガモ走行。
 さすがに追い越す勇者は居ませんでした。 (笑)


 福豚の里“とんとん広場”でランチ。
 美味しい豚肉が食べられるそうです。


 奇跡的に全車横並びに駐車出来ました。
 エスプリ/ヨーロッパS/スピスタ/エリーゼの後ろ姿は希有な並びですね〜。


 テーブル1列をメンバーで占領。
 そしてこの座り順が仇(あだ)に?


 奥からのオーダーだったのでお薦めの“とろ豚”メニューが手前で品切れ!
 で、海老ひれかつセットにしました。
 評判通りにとても柔らかい肉、揚げ油も良質な様で僕が得意とする『胸焼け/リタイヤ』にもならずに完食出来ましたヨ。
 最近のツーランチでは一番になるかも?
 ここでVWチームとはお別れしました。


 ラストのお茶に向います。
 往路で走行していった国道122号の通過点まで戻って来たのでココからは逆走になります。


 予定していたお店が満席だったので近くのファミレスでお茶。
 ドリンクバーお替わり4杯! (笑)


 そして解散です。
 渋滞情報にアクセス、それぞれの方向に向けてお別れです。
 「また走りましょう〜」


 “トイプー号”/“もげら号”と一緒に3台で北関東道・太田薮塚ICに向かい、ETCゲートを通過すると???
 先行2台が前橋方向へ! アラララララ。
 突如ソロ走行になったので次のPAにてソフトトップ装着して本線に戻ると丁度そこにオレンジエリーゼが。
 しかもホワイトストライプ入りだゾ。
 先のICからUターンしてきたのでしょう、“トイプー号”でした。
 そのまま東北道へ流入すると間も無く始まる渋滞です。
 僕は佐野ICから下道を走行する事に。 レーン違いだったのでご挨拶できずでした。


 佐野ICから約2時間(予定どおり)かかって午後6時過ぎに無事工場へ帰着しました。
 同行メンバー様、お世話様とお疲れ様でした。

 本日の走行距離337Kmとちょっと少なめかな?
 給油していないけれど、おそらく12Km/L位の燃費でしょう。
 ペース相応かな。
 そしてこの汚れ様です。
 奥を覗くとインナーフェンダーも全面がドロドロだ・・・。


 そのまま入庫させるわけには行きません、本業に支障が出そうなので。
 下回りは軽く高圧洗浄だけしておいてボディーはしっかりと洗って上げました。
 明日以降、暇を見てバッチリお手入れして上げるから待っとれヨ、下回り!

※ マスツーの楽しさに屈した『下回りフェチ』でした。 【^_^;】
 
Posted at 2016/11/21 01:17:06 | コメント(5) | トラックバック(0) | スピードスター | クルマ
2016年11月14日 イイね!
NO.1056 スピスタで無くても・・・。 ついでツーリング 11月13日は千葉県大網白里へ『お呼ばれ』されていました。
 クルマについての相談とか(主に)雑談とか。(笑)
 そして当日は僕が参加している下道ツーリングGrの予定日です。
 でもバイクに積めない荷物も有るし、参加予定ではありませんでした。

 しかし集合場所が僕が向うルートに近いので顔だけだしてお見送りだけでもしようと思いました。
 フリードHVと迷ったけれどスピスタ号で出動です。


 午前8時半に既に全員が到着していた集合場所コンビニPです。
 今日は台数多そうダ! 女性も増えてます。
 参加出来ない言い訳を聞いてもらったり(笑)、お初の方のバイクを拝見させて貰ったりしています。
 ポカポカ陽気でバイクツーリングには持ってこいのお天気で、実際に来るまでにも沢山のツーリングGrと遭遇しました。 
 で、ここでお別れする筈が・・・。
 「次の休憩場所でメンバーJr.の顔が見れますヨ」との事だったのでそこまで同行する事に。
 ナビに入力すると60km以上もあるゾ。
 でもそこから大網まで戻っても何とかオンタイム出来そうです。


 “道の駅・季楽里あさひ”に到着しました。
 スタート直後からバイク隊とは離れ離れになってしまい、小休止場所を知らずにスルーしてしまった僕は先着となりました。 
 その分、Kカーに乗ってやって来た『未来のメンバーさん』に一足早く御対面できます。
 お母さんメンバーもお元気そうで何より、産後4ヶ月でもう職場復帰しているそうです。
 いやー、生まれたてのベイビーの可愛い事ったら!
 ウチも早く孫が欲しいナ。
 (あ、肝心な撮影忘れた)
 その後到着した本体も交えて暫しの談笑後、銚子のランチ場所へ向かうバイク隊を見送って大急ぎで大網まで戻ります。

 本来の目的地にはお約束の時間に少し遅刻して到着。
 初めてのスピスタ号を見て貰ったり、家主様の愛車へのメカ的アドバイス(偉そうに(笑) )したりして目的達成です。
 さて帰路は同じ道を戻るのではつまらないのでナビにて比較的空いていそうな一般道をルート検索。
 タイトル画像のルートで工場へ帰着、走行距離252Km(G・マップと誤差有り)でした。
 ついでとは言え、立派にツーリングしちゃいましたネ。

 で、またかよっ! (笑)

 まだ午後4時頃、明るい内にお掃除しておきましょう。
 数回水溜まりを通過しちゃっているし、先日分解整備した箇所の増締め/確認も兼ねて。


 ショックアブソーバー及びブレーキキャリパーの取付ボルトの締め付けトルクに異常無し。
 汚れ落としの“ナノクリーナー”が残り僅かになってしまった。
 洗い過ぎ? (笑)

※ この日の様なポカポカ陽気の中、オープントップしたスピスタでトルク走りも良いもんダ。
 フリードで無くて良かったナ。 燃費(15Km/L)もそれ程変わらないし。
 ゆっくり走行でも楽しいスピスタでした。 【^_^】
Posted at 2016/11/14 14:21:49 | コメント(4) | トラックバック(0) | スピードスター | クルマ
2016年11月09日 イイね!
NO.1055 グリグリ/モミモミ ブレーキ/足メンテ これは11/7月曜日のスピスタ号作業ブログになります。
 土曜日のグリーンライン走行時に側壁等が有る状況で聞こえた「キッキッッキ」音を解消する作業です。
 それにサスアームが小刻みに動く時の「カチャカチャ」音にも思い当たるふしが有るので合わせてやってしまいましょう。

 まず1G状態での車高を確認してみると?

 フロントがフェンダーアーチ頂点まで610ミリになっていました。
 いつの間にか620ミリから下がってますネ。
 バネのヘタリでしょうか? 装着後7000Kmしか走行していないけど。
 アタリって事にしておきましょう。


 リヤ側は617ミリなので625ミリから8ミリ下がっています。
 こちらの方がバネレートが高いので少ない値です。
 フルタップ式ショックではないのでバネのプリロード変更で車高を合わせる事にしました。


 取り外したフロントショック、コイルスプリングのセット長は上側ロックリングから下部シートまで177ミリになっています。


 一度バラしてまずお掃除をば。
 殆ど雨天走行していないので目立った錆/汚れは有りません。
 それでも各部を磨いておきました。


 専用レンチでプリロードを掛けて行きます。 グリグリグリ。
 サスアームとのレバー比を考慮して5ミリ縮めてセットです。
 新規装着時にこの辺のさじ加減には経験値有り。
 続けてリヤ側も4ミリ縮めてセットしたけど撮影忘れてしまった!


 続けて今度はブレーキの引き摺り音を対処します。
 まずブレーキパッドを取り外してみると?
 スリットがパッド粉で埋まってしまっていました。
 引き摺りには関係ないけどガリガリしてお掃除して置きます。


 キャリパー内側を清掃してからカップ部にメタルラバーを吹きかけて
 カップが飛び出してしまわない様に注意しながらブレーキペダルを軽く踏んで突出させます。


 もう一度メタルラバーを吹き付けてからキャリパーピストンツールでモミモミモミ。
 『ピストン揉み出し』って作業です。
 ツールがそもそもがバイク用なのでちょっと力が入り難く苦労しました。
 本格的な四輪用を用意せねば。
 最初は回転すら硬かったけど、出し/戻しが軽く動ける様になったので終了です。
 この作業(車高調整含む)を4輪共やったので合計4時間以上掛かっています。


 マーキング(しておいた)通りにパッドを元の位置に組み立てます。
 ローターとの相性もあるでしょうから。
 カップとの接触面にモリブデングリスをハケ塗りして置きました。
 丸いバッドピンが貫通する穴が楕円の様な四角になっていて、ブレーキリリース状態で遊びがある時に回転方向に動く音が「カタカタ」音の犯人と見た。
 フェロードDS3000、早く減ってくれ!
 今度はもっとダストの少ない物に変えたい。


 ショック及びキャリパーの装着完了。
 勿論、その他足回りを磨いたのはお約束作業です。
 こうしてフラッシュ撮影した画像を見ると色剥げが目立ちます。
 次回本格的にオーバーホールする時に塗装しようと思います。

 タイヤ/ホイールを装着後に着地して車高を測ってみます。
 ただ1G掛けただけでは落ち着かないのでちょっと周辺を一回りして来ます。
 そして採寸するとフロント620ミリ、リヤ625ミリとバッチリの値になっていました。
 この時点でブレーキの引き摺り音とカタカタ音は消えていました。
 車高を上げる為に高くしたプリロードに依る乗り味の変化は「気のせい」位だと思います。

 ※この作業の翌日に前ブログの『平日happyTRG』に参加した訳ですが、全ての異音が解消されている事が確認できました。【^_^)v
Posted at 2016/11/10 00:53:40 | コメント(4) | トラックバック(0) | スピードスター | クルマ
プロフィール
埼玉県三郷市で建築金物製作工場を営んでいるバイク乗りです。 2012年にリターンライダーとなり、家族には年寄りの冷や水と言われています。 GSX-R750R...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
お友達
若返りの為に117人から新陳代謝してます
そもそも”お友達”とは何ぞや? 【^_^】
117 人のお友達がいます
7013WORKS7013WORKS * バイナル<img src="/images/emoji/i13x12-F8A3.gif" style="vertical-align:text-top;border:none;margin:0 2px;" alt="雷" />ACEバイナルACE *
yagi911yagi911 carholiccarholic
くらちくらち ダブルクラッチダブルクラッチ
ファン
67 人のファンがいます
愛車一覧
オペル スピードスター オペル スピードスター
歳を取ったらスポーツカーでしょう!【^_^;】 やっと手に入れた老後のオモチャ? 20 ...
ホンダ フリードハイブリッド ホンダ フリードハイブリッド
少し我慢するとその分だけ用途が広がる便利なクルマです。【^_^】 2013年2月初年度 ...
スズキ GSX-R750R スズキ GSX-R750R
新車購入から30年も経ってしまいました。 2012年12月に復活させるまでの走行距離が9 ...
ホンダ CRF230F ホンダ CRF230F
ブラジルホンダ製の逆輸入車です 軽量コンパクトな車体に使い易いパワー ストリート仕様とし ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.