• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

D3_plusのブログ一覧

2017年11月01日 イイね!

水中撮影:160505-05 海の美術館/三浦半島・荒井浜シュノーケリング行 の事

<タツノオトシゴ/荒井浜海岸>

騙し絵。
NIKON 1 J4 + 1 NIKKOR 18.5mm f/1.8 + WP-N3



20160505
GWの三浦半島・荒井浜海岸シュノーケリング行の第5回、最終です。

15時過ぎでシュノーケリングを切り上げて、黄昏の海を楽しんで撤収です。



電車とバスで三浦半島の荒井浜海岸へシュノーケリングへ。
GWとあって道中はかなり混んでいましたけど、海はのんびり。
荒井浜は通年リゾート風の海の家が三軒もオープンしているナイスなビーチです。
水質も三浦屈指!
この日はお目当てのタツノオトシゴも見れて素晴らしい一日になりました。


場 所:三浦半島・荒井浜海岸
日 時:160505 10:30〜15:30
天 候:晴れ
気 温:26℃
水 温:19℃
波 高:なし
 風 :東北
透明度:5m前後
撮 影:水中:NIKON 1 J4 + 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM + WP-N3
    陸上:NIKON D700


水中撮影:160505-04 イクメン/三浦半島・荒井浜シュノーケリング行 の事
水中撮影:160505-03 DNA Analyses/三浦半島・荒井浜シュノーケリング行 の事
水中撮影:160505-02 Goby/三浦半島・荒井浜シュノーケリング行 の事
水中撮影:160505-01 KQB/三浦半島・荒井浜シュノーケリング行 の事


flickrアルバム:160505 Snorkeling @ Beach ARAIHAMA, MIURA Peninsula


撮影:NIKON D700 レンズ色々



<マダコ/荒井浜海岸>

マダコ多し。


<海の美術館/荒井浜海岸>

わかめラーメンでランチタイム。
NIKON D700 with Ai AF Nikkor 50mm


<ニシキベラ/荒井浜海岸>

午後の海へ。
切れて水中に残った仕掛けに引っかかったベラをレスキュー。
NIKON 1 J4 + 1 NIKKOR 18.5mm f/1.8 + WP-N3


<ニシキベラ/荒井浜海岸>

針を外したら元気に泳いでいきました。


<サンゴイソギンチャク/荒井浜海岸>

綺麗なイソギンチャク。


<サンゴイソギンチャク/荒井浜海岸>

夏になるとミツボシクロスズメダイygが付きます。


<ケヤリ/荒井浜海岸>

砂地のケヤリ。


<ネズミゴチ/荒井浜海岸>

完全に溶け込んでいます。


<ソラスズメダイyg/荒井浜海岸>

輝くソラスズメ。


<アナハゼyg/荒井浜海岸>

珍しくホバリングしているアナハゼ先輩。


<荒井浜海岸>

漂着ボトル。
いい感じに石灰藻がついてます。


<海の美術館/荒井浜海岸>

ということでシュノーケリング終了〜
海の美術館さんでラムベースのキューバン・スクリューで一息。
NIKON D700 with Ai AF Nikkor 50mm


<海の美術館/荒井浜海岸>

絵になりますが…海の美術館さんは先日の台風21号で大変な被害を受けられたそうです。
お早いご回復を…


<海の美術館/荒井浜海岸>

水温は18℃ぐらいでしたけど、気温は26℃の夏日。
我々以外にも泳ぐ方が。


<海の美術館/荒井浜海岸>

磯遊びのご家族連れも多いです。


<海の美術館/荒井浜海岸>

油壺マリーナの隣なのでヨットの往来もあります。


<海の美術館/荒井浜海岸>

夕暮れ前に撤収しました。




と言うことで終了です。
次回は20160515の静華堂美術館他をちょこっと。



水中撮影:160505-04 イクメン/三浦半島・荒井浜シュノーケリング行 の事
水中撮影:160505-03 DNA Analyses/三浦半島・荒井浜シュノーケリング行 の事
水中撮影:160505-02 Goby/三浦半島・荒井浜シュノーケリング行 の事
水中撮影:160505-01 KQB/三浦半島・荒井浜シュノーケリング行 の事


flickrアルバム:160505 Snorkeling @ Beach ARAIHAMA, MIURA Peninsula


撮影:NIKON D700 レンズ色々




2017年08月08日 イイね!

水中撮影:160505-04 イクメン/三浦半島・荒井浜シュノーケリング行 の事

<荒井浜海岸/三浦半島>

マダコ一杯。
NIKON 1 J4 + 1 NIKKOR 18.5mm f/1.8 + WP-N3



20160505
GWの三浦半島・荒井浜海岸シュノーケリング行の第4回です。

右手の岩場と砂地の境界あたりのホンダワラ群生地をうろうろしています。
お目当てはタツノオトシゴ…いました!
ペアをなんとか発見できました。



電車とバスで三浦半島の荒井浜海岸へシュノーケリングへ。
GWとあって道中はかなり混んでいましたけど、海はのんびり。
荒井浜は通年リゾート風の海の家が三軒もオープンしているナイスなビーチです。
水質も三浦屈指!
この日はお目当てのタツノオトシゴも見れて素晴らしい一日になりました。


水中撮影:160505-03 DNA Analyses/三浦半島・荒井浜シュノーケリング行 の事
水中撮影:160505-02 Goby/三浦半島・荒井浜シュノーケリング行 の事
水中撮影:160505-01 KQB/三浦半島・荒井浜シュノーケリング行 の事


flickrアルバム:160505 Snorkeling @ Beach ARAIHAMA, MIURA Peninsula


撮影:NIKON D700 レンズ色々



<荒井浜海岸/三浦半島>

イイ目。


<荒井浜海岸/三浦半島>

未知との遭遇。


<荒井浜海岸/三浦半島>

ネズミゴチ。


<荒井浜海岸/三浦半島>

アオリイカの卵のうもかなりありました。


<荒井浜海岸/三浦半島>

揺れるケヤリムシ。


<荒井浜海岸/三浦半島>

これが虫の触手というか鰓冠とは思えないですね…


<荒井浜海岸/三浦半島>

メバルの目にはコズミック。


<荒井浜海岸/三浦半島>

イターッ!!


<荒井浜海岸/三浦半島>

今回のお目当てのタツノオトシゴのペアに遭遇。


<荒井浜海岸/三浦半島>

お腹の大きい方がオスです。
メスがオスの腹部にある育児嚢に産卵。孵化までオスが育てるシステムです。


<荒井浜海岸/三浦半島>

見合っていると鏡のようですね。


<荒井浜海岸/三浦半島>

分身!


<荒井浜海岸/三浦半島>

メスの腰が赤いのは産卵待ちの卵かな?


<荒井浜海岸/三浦半島>

しかし魚にはとても見えません。


<荒井浜海岸/三浦半島>

よく見ると胸ビレ、背ビレがあるのがわかります。


<荒井浜海岸/三浦半島>

移動を始めるとまあまあのスピードが出ます。


<荒井浜海岸/三浦半島>

そしてちょっと目を離すとすぐ周りに紛れてわからなくなります。



続きます。



水中撮影:160505-03 DNA Analyses/三浦半島・荒井浜シュノーケリング行 の事
水中撮影:160505-02 Goby/三浦半島・荒井浜シュノーケリング行 の事
水中撮影:160505-01 KQB/三浦半島・荒井浜シュノーケリング行 の事


flickrアルバム:160505 Snorkeling @ Beach ARAIHAMA, MIURA Peninsula


撮影:NIKON D700 レンズ色々




2017年07月26日 イイね!

水中撮影:160505-03 DNA Analyses/三浦半島・荒井浜シュノーケリング行 の事

<荒井浜海岸/三浦半島>

ソラスズメダイyg。
NIKON 1 J4 + 1 NIKKOR 18.5mm f/1.8 + WP-N3



20160505
GWの三浦半島・荒井浜海岸シュノーケリング行の第3回です。

沖に向かって右手の岩場に移動してきました。
シュノーケリングはこちらがメインですね。

ソラスズメダイやメバルのyg。
キヌバリ、チャガラのygも実に綺麗です。
ちなみに、平成天皇陛下が両者のDNAを研究され、親戚関係を発見されたのです!
天皇陛下のご研究のご著書などについて - 宮内庁


葉山の御用邸付近の海岸は研究のゆかりの地でもあるんですよね〜
やんごとないです。



電車とバスで三浦半島の荒井浜海岸へシュノーケリングへ。
GWとあって道中はかなり混んでいましたけど、海はのんびり。
荒井浜は通年リゾート風の海の家が三軒もオープンしているナイスなビーチです。
水質も三浦屈指!
この日はお目当てのタツノオトシゴも見れて素晴らしい一日になりました。


水中撮影:160505-02 Goby/三浦半島・荒井浜シュノーケリング行 の事
水中撮影:160505-01 KQB/三浦半島・荒井浜シュノーケリング行 の事


flickrアルバム:160505 Snorkeling @ Beach ARAIHAMA, MIURA Peninsula


撮影:NIKON D700 レンズ色々



<荒井浜海岸/三浦半島>

まだ尻尾が黄色いので、去年生まれのygさんですかね。


<荒井浜海岸/三浦半島>

青い三連星。


<荒井浜海岸/三浦半島>

キヌバリyg。


<荒井浜海岸/三浦半島>

綺麗に透けてます。


<荒井浜海岸/三浦半島>

こちらは親戚のチャガラyg。


<荒井浜海岸/三浦半島>

キヌバリの繁殖期は晩秋、チャガラは少し遅れて新春。
ygのサイズ差が出ています。

ちなみに、キヌバリとチャガラの親戚関係をDNA調査されたのは、ハゼ類の分類研究で知られる天皇陛下であらせられます。
まずチャガラがいて、太平洋型と日本海型に分岐。日本海型のチャガラから日本海型キヌバリが分岐。日本海型から太平洋型のキヌバリが分岐して現在に至るそうです。
天皇陛下のご研究のご著書などについて - 宮内庁


<荒井浜海岸/三浦半島>

親戚ツーショット。
それくらい親しい種なので、交雑することもあるそうです。
ちなみに、日本海型キヌバリは黒線が7本、太平洋型は6本だとか…


<荒井浜海岸/三浦半島>

メバルygの季節でもあります。


<荒井浜海岸/三浦半島>

透き通った金色で綺麗なんですよね。


<荒井浜海岸/三浦半島>

波打ち際のムラソイ氏。


<荒井浜海岸/三浦半島>

ビーチグラス。


<荒井浜海岸/三浦半島>

立ててみました。


<荒井浜海岸/三浦半島>

イソバナとカイメン。


<荒井浜海岸/三浦半島>

大きなシロウミウシ氏。


<荒井浜海岸/三浦半島>

ちなみにこちらはお尻側です。


<荒井浜海岸/三浦半島>

珍しいカニがいる!


<荒井浜海岸/三浦半島>

でなくてタコ釣りのテンヤでしたw



続きます。



水中撮影:160505-02 Goby/三浦半島・荒井浜シュノーケリング行 の事
水中撮影:160505-01 KQB/三浦半島・荒井浜シュノーケリング行 の事


flickrアルバム:160505 Snorkeling @ Beach ARAIHAMA, MIURA Peninsula


撮影:NIKON D700 レンズ色々




2017年07月22日 イイね!

水中撮影:160505-02 Goby/三浦半島・荒井浜シュノーケリング行 の事

<荒井浜海岸/三浦半島>

Rusty Pier
NIKON 1 J4 + 1 NIKKOR 18.5mm f/1.8 + WP-N3



20160505
GWの三浦半島・荒井浜海岸シュノーケリング行の第2回です。

まずは沖に向かって左手にある古い桟橋の近辺へ。
かつては城ヶ島への遊覧船が出ていたそうです。



電車とバスで三浦半島の荒井浜海岸へシュノーケリングへ。
GWとあって道中はかなり混んでいましたけど、海はのんびり。
荒井浜は通年リゾート風の海の家が三軒もオープンしているナイスなビーチです。
水質も三浦屈指!
この日はお目当てのタツノオトシゴも見れて素晴らしい一日になりました。


水中撮影:160505-01 KQB/三浦半島・荒井浜シュノーケリング行 の事


flickrアルバム:160505 Snorkeling @ Beach ARAIHAMA, MIURA Peninsula


撮影:NIKON D700 レンズ色々



<荒井浜海岸/三浦半島>

荒井浜と言えばこの朽ちた桟橋。
風情あります。


<荒井浜海岸/三浦半島>

風情あります。


<荒井浜海岸/三浦半島>

砂地の横手なので若干砂が舞っています。


<荒井浜海岸/三浦半島>

メバルなどの良い魚礁。


<荒井浜海岸/三浦半島>

立派なニシキハゼ。20cmはあります。


<荒井浜海岸/三浦半島>

こちらもハゼ科のキヌバリyg。


<荒井浜海岸/三浦半島>

図鑑を見ると、地味な感じの所謂ハゼっぽいハゼは逆に少数派で、結構ド派手なカラーリングが多かったりします。


<荒井浜海岸/三浦半島>

こっち見んな!


<荒井浜海岸/三浦半島>

桟橋先端部はちょっと透明度が良くなっています。


<荒井浜海岸/三浦半島>

砂地は厳しい感じ…マダコさんの目が見えますでしょうか?


<荒井浜海岸/三浦半島>

砂地を横断中にムツygの群れ。


<荒井浜海岸/三浦半島>

誰!?


<荒井浜海岸/三浦半島>

崎陽軒のしょうゆ差し「ひょうちゃん」でした。
調べたら昭和30年代のモデルのようです。


<荒井浜海岸/三浦半島>

沖に向かって右手、桟橋の反対側の岩場に到着。
どちらかと言えばこちらがメインになります。


<荒井浜海岸/三浦半島>

綺麗なアミメハギyg。


<荒井浜海岸/三浦半島>

なかなか撮らせてくれないんですよね。


<荒井浜海岸/三浦半島>

フグ系の皆さんは目が綺麗です。



続きます。



水中撮影:160505-01 KQB/三浦半島・荒井浜シュノーケリング行 の事


flickrアルバム:160505 Snorkeling @ Beach ARAIHAMA, MIURA Peninsula


撮影:NIKON D700 レンズ色々




2017年07月07日 イイね!

水中撮影:160505-01 KQB/三浦半島・荒井浜シュノーケリング行 の事

<三崎口駅/三浦半島>

KQB.
NIKON D700 with Ai AF Nikkor 50mm f/1.4S



20160505
電車とバスで三浦半島の荒井浜海岸へシュノーケリングへ。
GWとあって道中はかなり混んでいましたけど、海はのんびり。
荒井浜は通年リゾート風の海の家が三軒もオープンしているナイスなビーチです。
水質も三浦屈指!
この日はお目当てのタツノオトシゴも見れて素晴らしい一日になりました。




葉山の芝崎海岸にシュノーケリングへ。

1/3の荒井浜以来、2016年度2度目のシュノーケリング。
天気予報では晴れて暑くなるということだったのですが…
結構どんよりで肌寒い感じで…
しかし水中は中々のコンディション&魚影だったのでした。


flickrアルバム:160505 Snorkeling @ Beach ARAIHAMA, MIURA Peninsula


水中撮影:160424-03 Shining/葉山・芝崎海岸シュノーケリング行 の事
水中撮影:160424-02 金魚/葉山・芝崎海岸シュノーケリング行 の事
水中撮影:160424-01 曇天/葉山・芝崎海岸シュノーケリング行 の事


flickrアルバム:160424 Snorkeling @ SHIBASAKI Beach, HAYAMA


撮影:NIKON D700 レンズ色々



<油壺/三浦半島>

油壺のバス停からちょっと歩きます。
横道の入り口に大きな看板がでているのですぐわかりますね。


<油壺/三浦半島>

東大の実験施設が点在しています。


<油壺/三浦半島>

木漏れ日。


<荒井浜海岸/三浦半島>

数分歩いて荒井浜海岸到着。


<荒井浜海岸/三浦半島>

南風の影響で湾外はちょっと波立っていますが、北東南が守られている湾内は大丈夫ぽいですね。


<荒井浜海岸/三浦半島>

今日は海の家の「海の美術館」さんにお世話になります。


<荒井浜海岸/三浦半島>

シャワー他完備。
その名の通り、ギャラリーカフェとしても大変素敵です。


<荒井浜海岸/三浦半島>

こちらのスタッフの方はFB上で一年中荒井浜でシュノーケリングされていて、写真をアップしてくださっています。


<荒井浜海岸/三浦半島>

マラミュートさん?


<荒井浜海岸/三浦半島>

お気に入り。


<荒井浜海岸/三浦半島>

予約していたのでこれまたナイスなチェアをご用意していただいています。


<荒井浜海岸/三浦半島>

カエルダイバー氏。


<荒井浜海岸/三浦半島>

ということで出発!
NIKON 1 J4 + 1 NIKKOR 18.5mm f/1.8 + WP-N3


<荒井浜海岸/三浦半島>

砂地に隠れるネズミゴチ。



続きます。


flickrアルバム:160505 Snorkeling @ Beach ARAIHAMA, MIURA Peninsula


水中撮影:160424-03 Shining/葉山・芝崎海岸シュノーケリング行 の事
水中撮影:160424-02 金魚/葉山・芝崎海岸シュノーケリング行 の事
水中撮影:160424-01 曇天/葉山・芝崎海岸シュノーケリング行 の事


flickrアルバム:160424 Snorkeling @ SHIBASAKI Beach, HAYAMA


撮影:NIKON D700 レンズ色々




プロフィール

「('A`) <対酒当歌 人生幾何 譬如朝露 去日苦多 慨当以慷 幽思難忘 何以解憂 唯有杜康」
何シテル?   08/17 11:14
いや、そんな! あの手は何だ! 屋根が! 屋根が!………無い
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

せんべいさんのブログ 
カテゴリ:海関係
2010/12/01 11:19:32
 
中木へ行こうよ!!(南伊豆・ヒリゾ浜)HP 
カテゴリ:海関係
2009/09/30 10:12:18
 
ボディ・ショップ・カミムラさん 
カテゴリ:ビート関係
2008/07/28 09:46:35
 

お友達

あ、そ、その、で、できれば…お友だちから…
102 人のお友達がいます
MDi遠藤MDi遠藤 * HE゛AT DRIVERHE゛AT DRIVER
ようちっようちっ ばるくらいふばるくらいふ
車イジリおじちゃん車イジリおじちゃん sshzesshze

ファン

25 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ビート フジウルクォイグムンズハー号 (ホンダ ビート)
 1991年から1996年にかけて、本田技研工業が生産した、幌型二座の軽自動車。型式はE ...
スズキ その他 デ・ウェルミス・ミステリイス号 (スズキ その他)
ジャイロさん没後、やはり原付がないと何かと不便なのでお迎えしました。 遅いし小さいしで ...
ホンダ ビート アウエボティアバタバイトベウエエ号 (ホンダ ビート)
ボロで遅くて屋根が無くて小さくて黄色くて楽しいです  2011年10月8日に、伊豆の ...
ホンダ その他 ウルムアトタゥイル号 (ホンダ その他)
実質上こちらがメインですね。 リアのトレッドを若干広げて、ミニカー登録になっております ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.