車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年10月13日
「弁護士」という職業について考えてみた。
「弁護士」という職業について考えてみた。
自分の認識の甘さを省みています。

それは、「弁護士」を生業としている方々について抱いていた印象について、です。



あっ、はじめのイラストと下のイラストは、神戸で弁護士をしている中村真(なかむら・まこと)さんのBLOGより拝借しました。




>平成10年改正法で新設された
上告受理申立の現在
について言えばですね、






>私の知的好奇心の到達点は
大体このレベルです。


↑味わいのあるイラストですが、ご本人もきっと、味わい深い方、でいらっしゃる気がします(笑)





ところで。


小さい頃から神童と呼ばれ、記憶力に優れ、試験のテクニックにも長けてる人でさえも、また、正義感が強く、弱者のために働きたいことが動機であっても、なかなか合格できない司法試験。

親戚にもいるのですが、弁護士を目指して法学部から法科大学院、司法浪人、それでも叶わず、現在は公務員上級試験を受けて、中央官庁勤務。


その関門を突破して念願が叶った人の中には、理想を忘れず、正義を貫き、金銭や名誉のために魂を売らない弁護士、裁判官もたくさんいらっしゃることでしょう。


士業バッジまとめ

弁護士記章(バッジ)【正義・自由・公正・平等】

金色のひまわりの花弁の中央に銀色の天秤が彫られている。
ひまわりは、正義に輝く象徴で、自由の羽ばたきを連想させる。
天秤は、公正、平等を表している。





むしろ、そんな人が多いことを信じて、…というより願っていますが、決してそうとは言えない事例も見られます。



「日弁連死刑廃止宣言」なんて、その最たるもの。


ritsukiyo さんのブログ
なぜ殺人犯を被害者より大事にする 日弁連死刑廃止宣言を遺族ら批判
2016年10月11日



Thomas@20G さんのブログ
日弁連が死刑廃止宣言採択
2016年10月11日


う~ん。 もやもやして、いろんなことを考えさせられます。



では、どうして、左翼の弁護士たちはこのような主張をし、公共の福祉に反する、日本をダメにする方向へ舵を切ろうとしているのでしょうか。



【私見・推測】

1、正義感がおかしな方向へ向かっている、現実をみることができない理想主義者。

2.弁護士の人数が増えてしまって仕事がなく食べていけないから、お金になる活動に与してしまった意志薄弱な薄給弁護士。

3.意図的に日本をダメにしたいと思っている反日売国奴、三国人や帰化人。

4.お金になるためなら何でもやる、弁護士の魂を悪魔に売った金銭至上主義者。
← New!

5.3と4のハイブリッド。救いようがない悪徳弁護士。 ← New!




出自、国籍に疑惑がある弁護士は、日本国にとって害にしかなりません。

実は、司法試験の受験資格には、以前から国籍条項はありません。

しかし最高裁は、「公権力の行使や国家意思の形成に携わる公務員には日本国籍が必要」との内閣法制局の見解を準用。
外国籍の合格者には、日本国籍取得を修習生として採用する際の条件としてきました。




ところが!



「司法修習生は日本国籍必要」条項を削除 最高裁
朝日新聞
2009年10月29日

> 最高裁は11月から修習を始める司法修習生の選考要項から日本国籍を必要とする「国籍条項」を削除した。最高裁は外国籍の司法試験合格者には30年以上、特例の形で修習を認めてきたが、在日外国人や日本弁護士連合会などが「差別だ」として条項自体の削除を求めていた

(中略)

>実質的には外国籍の人も司法修習生に採用していたとはいえ、国籍条項は外国籍の人からすれば、差別感を感じることもあっただろう。外国籍の弁護士が増えることは、外国人の権利の救済が進むことにもつながると思う。

(以上、一部 引用)
・・・・・・・・・・・・・・


国会議員、中央官庁の官僚や国家公務員をはじめ、立法と行政機関が二重国籍、在日、気化人に汚鮮されているだけでなく、司法も、「差別ニダー」「人権ニダー」と叫ぶ朝鮮人と同胞の手によって、民主党政権下で改悪されてしまっていました。

>外国人の権利の救済

って、いったいなあに? コラァ!!(。*≧□)ノ

ここは、日本よ。

十分すぎる既得権益がありながら、さらにおかわりを要求する、図々しい民族。
そんなに不満があるなら、この国から出ていってください!


(o ><)o ん、もぉぉぉ~っ!!



……………………・・


弁護士という、資格を得るのが最難関ともいえる職業。

その賢い頭脳と努力できる才能を、日本にために、正義のために、困っている人のために、冤罪から救い出すために、大いに利用していただきたい「弁護士パッジ」をつけている弁護士の先生方。


果たして、司法試験に合格するまでの努力に報いるやりがいのある仕事と報酬を、公共のために尽くしてくださる方々には保障できる環境が整っているのでしょうか。



ネットが発達したせいもあり、困りごと、法律についての調べごともネットから自分で情報を得ることもできるようになり、金銭的に余裕のある個人や法人でなければ、弁護士の先生にお世話になることもあまりありません。

それでもよっぽど困ることがあれば、法テラスで紹介された弁護士さんの元へ、わずかな相談料でお話しをうかがいに行ったこともあります。
分かりやすく、適切な指摘、事例をあげて説明してくださったので、とても役に立ちました。さすが「餅は餅屋」という、亡くなった母の口癖が頭に浮かんだことを思い出します。


日本はアメリカのような裁判王国ではないので、ドライブスルーで熱いコーヒーを受け取りこぼして火傷してしまったことで、裁判を起こして大金をゲットしようなんてことは、普通の人は考えもしません。
自己責任だと思うだけです。

中国の当たり屋、韓国の謝罪と賠償の大合唱などを見ていると、弁護士の先生方が活躍しない世の中が、平和な世界のようにも思えてきます。

弁護士を増やし過ぎた弁護士会、司法界の判断は、間違いだったのではないでしょうか。


・・・・・・

話はちょっと逸れますが、東京都知事選の時、野党の候補として名前が挙がっていた宇都宮健児弁護士。

要領の悪い弁護士で、事務所を2回クビに 宇都宮健児
2016年10月11日


脱原発、九条堅持、特定秘密保護法反対など、”香ばしい”理想主義的左翼の候補者でしたが、2020年東京オリンピック招致の見直しや、漫画・アニメ規制などの表現の自由の保障、正社員の増加とアルバイト・パートの待遇改善などを目指していた、ある意味まっとうな野党候補者であったと思っています。

弁護士費用が払えない人には分割で、時にはラーメン代だけで請け負うような、心優しい正義の味方。

鳥越氏なんかより、よっぽど都知事候補に相応しい人だと思っていました。
実際、都知事になってしまうと困りますがw ヾ(・ω´・*)マテマテ

・・・・・



【正義・自由・公正・平等】という精神を忘れない真っ当な弁護士、そして心ある弁護士の温情に感動して、弁護士と言う仕事を美化しているだけでは、日本の司法や弁護士制度が国益に適う安定した仕組みで機能していくとは思えません。



し~らけ鳥 飛んでゆ~く ○国の空へ~♪ より
2016年09月16日


◆重国籍の人がつくことができない公職
 現在、重国籍かどうか調べ、公職追放するべき職種や業種

①国の中枢に関わる重要人物
(総理大臣をはじめ大臣、閣僚、事務次官などの各省庁最高責任者や高級官僚、最高裁判所長官や判事、自衛隊幕僚長や幹部、警察庁長官や幹部、NHK会長や理事など)

②国会議員(衆議院・参議院)

③地方議員(県・市町村議会)

④司法界(最高・高等・地方・簡易・家庭裁判所判事、職員)

⑤国家公務員・自衛隊・保安庁等

⑥地方公務員・警察等(生活保護受給に関わる職員の身元は厳重にチェック)

⑦教育界(国立大学・大学院・短大、公立小・中・高・高専校、私立各種学校)

⑧マスコミ

⑨公益法人、団体等



以前、 ↑ 拙ブログ ↑ にも書きましたが、日本の国益に適う日本人でなければ就くことにできない「公職」を、いま一度確認し、はっきりと国籍の確認をさせ、公職追放にするべきです。

民主党政権下で奴等に散々改悪されまくり、国益を損なったことを洗いざらいはっきりとさせ、立法化することを望みます。


そのために国会議員さんと官邸に、せっせとメールを送ります o(-ε´・+)b ヵ゛ンバルヮ☆



おまけ。

ココからは、「あの人は今」、のコーナー。




ああ。
弁護士になっていたのね、このフジテレビ元アナウンサー。


私が弁護士になるまで – 2012/1/13
菊間 千乃 (著)

「内容紹介」ではなくて、カスタマーレビューが真実を雄弁に語っているように思えてなりません。


★★★★☆ さわやかな生き方ではありません
投稿者 いせむし 投稿日 2012/1/14

(略)
>フジテレビ退職のいきさつについては、精神的にきつかった告白していますが、
その反省とか事件と弁護士挑戦の関連についてはほとんど書かれていません。
ここは期待はずれ。

強烈な自己肯定と自己主張を感じました。
弁護士という職業を選択するからには、その選択と不祥事との関連の説明は、
手記を発表する上で、避けられないはずだと思います。
そこが多くの読者の一番読みたいところ。
その心境が書かれていないため、生き方に言及した文章が、すべて嘘くさくなってしまいました。
やりがいがある仕事のために安定を捨てる。
本当にそれだけかなと感じました。
本音を読みたかっただけに、残念です。


★★★★☆ 毒にも薬にもなる本。
投稿者 アマゾネス愛子 投稿日 2012/1/17

(略)
>一方で、彼女が辞める遠因とも言える「未成年のアイドルを飲酒に誘い、彼のキャリアを喪失させてしまった」ことに対する懺悔の表記はほとんど無い。
週刊誌の記者に声をかけられたら「もう会社は辞めて公人ではないので」と冷たく言い放つ(彼女はアナウンサー時代に多くの私人に声をかけ、協力して貰って仕事をして来たはずだが。酷い矛盾である。)
 自分に都合の悪い「このままじゃ受からない」と言う主旨を言った教授のことは許さない。
 大宮法科大学院やそこの教授(多くが現役の弁護士)を絶賛しつつも「それだけじゃダメだ」と平気で言い、「予備校」を絶賛する。大宮の主旨を考えれば、教授が予備校を嫌うのは分かり切ってるだろうに。
 JASRAC出と書いて堂々とケミストリーの歌詞を載せているが、最終ページでは「本書の複写、複製を禁ずる」と平気で載せている。法的にどうなのかは知らないが「自分の都合のいいものはマネする。都合の悪いものは一切書かせない」と言う姿勢が強く見えた。ものすごい矛盾だ。
 確かに未成年飲酒問題で叩かれた菊間さんはマスコミやネット掲示板にひどい不信感があるのだろう。
それでこういったスタイルは彼女なりの防御なのだろう。
しかし、明らかに周りを「敵・味方」にはっきりと分けるこのスタイルは好きにはなれない。
そして非常に主観が強く、正誤でなく、菊間さんの「好き/嫌い」「使える/使えない」で決めていると感じた。

酷く冷徹である。そして自身ではそうと気付いてないようだ。
すごく違和感がある。

彼女自身認めるように、負けず嫌いで、また上昇志向も強いと思う。
事実、辛苦の中で夢を叶えたわけで、そういう所は頭が下がる。
なかなか勉強や仕事でうまく行っていない人は本書を読んで心強くなれるはず、と思った。

ただ一方で、無意識か有意識かわからないが、非常に冷徹に計算をして行動しているのが、とても残念だった。
受からない間は、一切交流を経つのに、受かったらすぐに前職のフジテレビで研修を受けてしまうのが彼女である。
ここでは書かれていないが「どうだ、見たか!」と過去の同僚に弁護士バッジを見せびらかしてるようだ。
そういう「負けん気」が彼女のモチベーションになって来たのは分かる。
けれど、アナウンサーだろうが、弁護士だろうが、絶対に失敗はする。
人間だから。
その時にバッシングされるのはどういう人だろうか?
彼女は、もう少し深く考えてもいいのではないだろうか。
今度もどうしようもないぐらいに攻撃されたら菊間さんはどう思うのだろう?
今度こそ勝てると思っているのか?
弁護士を辞めて、次の何かを探すのか?分からない。

そういう軽薄な思考、言動が誰かを辟易させ、嫌な気持ちにさせることも多い。
修習生として、少年刑事事件に多く関わった、と書いてある、感動した、と書いてある。それは事実だろう。
けれど、将来は絶対に関わらないだろうと思う。何故なら少年刑事はカネにならない。
また刑事被告など弱者そのものだ。関わって得など何もない。彼女に弱者の味方はしないと思う。
損だから。
合理的な彼女はなるべく関わらないだろう。

彼女はカネになる、高等な、派手な、仕事を選ぶだろう。
有名弁護士、すごーい、ただそう言われたいと無邪気に思ってる、そんな感じだ。

確かに彼女の闘争心は激しいのに、周囲と大きく揉めたとかそういう雰囲気は無い。むしろ周囲と上手くやっているようだ。そういう高いコミュニケーション力は凄い(だからこそ最難関の女子アナ試験に受かってアナウンサーになったのだろうけれど)。

だけど、これじゃ「すごく嫌な女」じゃないか。
彼女の凄まじい闘争心を感じたので星4つ。
1つ分マイナスは、あまりに自分に都合よく書くなあ、と思ったので
その理不尽さ、矛盾に。

菊間さんは事故の時、不祥事の時に、ロースクール学生時代にたくさんの人に支えてもらったはずだ。
けれど、「自分の助けになった人」「支えてくれた人」以外への『感謝の気持ち』をまったく感じない。
彼女の中では自然なんだと思う。
悪気は無いと思う。

ただ後味は悪い。
それも含めて1人の欠点のある30代女性が、もがきながらも成功した、夢を果たしたわけだから、読んでみるべきだと思う。
世の中「いい人」だけじゃうまくいかないことが多いのだから!

………以上、アマゾン カスタマーレビューから一部転載させていただきました…………



読んだ気になっちゃいました (・ω<) テヘペロ

アナウンサー時代から、好ましく思っていなかったので、(やっぱり…)とも。
ブログ一覧 | 所感・雑感 | 日記
Posted at 2016/10/13 13:54:24

イイね!0件



タグ
この記事へのコメント
2016/10/13 20:22:50
こんばんは、稜線さん。
人権擁護の背景には「国籍条項の廃止」が見えますね。
諸外国では外国籍の人間やその血統を公職採用する事はありませんが。
それが、日本ではまかり通る現実・・・(・_・;)

日本の地方公務員(教職者)や放送局で外国籍採用なんて、これこそテロや機密流出と同義ですヨ・・・。(苦)
「国籍条項撤廃」が、日本を乗っ取る為の手段と改めて実感します。

これらも微力ながらも、「草の根運動」で諸悪の根源は正さねばなりませんねw
コメントへの返答
2016/10/14 10:15:00
ritsukiyoさん、こんにちは♪

こうやって、「在日や帰化人、外国籍の中国朝鮮人たちに都合のいい日本化計画」が着々と進められてしまっていたのですね。
「差別ニダ」「弱者ニダ」と声高に訴えるものだから、あまり深く考えない日本人は善意で「国籍条項の廃止」をすんなりと、というよりむしろ積極的に進めてしまった…。
気づいた時には、あらゆる公的機関、国の基幹部分にさえ入り込んで、彼らに都合のよい改悪をされていた…。

民主党時代に、どさくさまぎれに行った改悪をはっきりさせて、元に戻せるものは元通りに、これ以上汚鮮が進まないように先手を打って「国籍条項」を制定しなくてはいけませんね。

私も微力ながら「草の根運動」の一環として、ブログを書いたりメールを送ったりしますよ~Σd(ゝ∀・)ッ!!
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 
プロフィール
「年末の風物詩。日本の唱。 http://cvw.jp/b/2096003/38908072/
何シテル?   11/26 08:10
青と緑の稜線でございます。 ゴルフⅡ、現在はゴルフワゴン(2台目)に、殊の外長く乗り継いでおります。 47都道府県すべて自動車や電車などで訪れ、各県...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
天空とともに 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/25 06:38:11
2016 GT-R☆MTG に行ってきた♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/25 06:23:44
<日本卓球の至宝、覚悟の告発> 水谷隼 「世界の卓球界を覆う違法行為を僕は決して許さない」 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/18 05:36:47
お友達
お車のことは、恥ずかしながら少しも詳しくありませんが、車の運転は大好きです♪

好きなもの、大切にしていることを同じくされる方、よろしければお友達としてお付き合いください。
18 人のお友達がいます
minicatminicat * BriskenBrisken *
ホワイトコウキホワイトコウキ * 辛口レビン辛口レビン *
ritsukiyoritsukiyo * 利根川の天然水利根川の天然水 *
ファン
69 人のファンがいます
愛車一覧
フォルクスワーゲン ゴルフワゴン フォルクスワーゲン ゴルフワゴン
質実剛健。剛毅木訥。 独特なエンジン音、ドアの開閉時の重厚な響き。飽きのこない鮮やかなグ ...
フォルクスワーゲン ゴルフワゴン フォルクスワーゲン ゴルフワゴン
質実剛健。剛毅木訥。 独特なエンジン音、ドアの開閉時の重厚な響き。 トランクの荷物も、驚 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.