• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

yoshiやんのブログ一覧

2017年12月30日 イイね!

下北半島周回ドライブ

下北半島周回ドライブボーッとしていたら今年もあと二日(@_@)
今年の出来事をさすがに越年させるわけにはいかないので、焦ってブログを書くことに(笑)
10月下旬のドライブネタにお付き合いくださいm(__)m

丸々2ヶ月前の10月最終の土曜日。
週末には天気が崩れてしまう天気パターンが続いていましたが、その日は晴れ予報。
以前から一度訪れてみたいと思っていた下北半島に行くことに。
彼の地は11月に入ると降雪の恐れがあるので、今年最後のチャンスとばかり気合を入れて朝4時過ぎに出発。
まだ暗い東北道を北上します。


岩手県内の速度規制表示板。
ご覧のように塞がれています。12月からの最高速度110km/hテストのための準備だったのかも知れません。

安代JCT.でまた霧が出てきました。
天気は良いはずなのですが、所々で霧が発生していました。
秋田県に入り、標高が下がると霧も晴れてきました。高速からも紅葉を楽しみながら先を急ぎます。


せっかく来たので、十和田湖に寄ります。
少しばかり、紅葉を期待していましたが、残念ながら終わっていました(-_-;)
紫明亭展望台からの1枚。雲一つない晴天。

発荷峠展望台を通って和井内の交差点で湖畔に出ます。
この桟橋が良い雰囲気を出していて、十和田湖に来ると必ず寄ってしまいます(^^;

国道103号で湖を周回して宇樽部トンネルの先で旧道を戻ります。
何とか紅葉が残ってくれていました。足元は落ち葉の絨毯でした。

奥入瀬渓流を通るつもりでしたが、おいらせラインは一般車通行止め(T_T)
やむを得ず、奥入瀬バイパス経由で十和田市方面に。
途中、小川原湖の大きさにビックリしながら北上します。


国道338号に入り、六ケ所村、東通村あたりまで来るとこんな感じの原野の中を走ります。
ちょっと独特の雰囲気でした。


尻屋崎に到着です(^^)
時々日も差しますが、雲が多くなってしまいました。ダートがいい味出してます。

寒立馬が道路の真ん中にお出ましでした(^^)/
数は多くありませんでしたが、全く人を恐れないどころか近づいてくるのに驚きでした。

灯台の真ん前に86を停めて1枚。灯台のすぐ近くまでクルマで行くことは叶いませんでした(>_<)

かなりのんびりした時間を過ごしました。
出入り口に設置されているゲートをくぐって次の目的地に。


大間崎に来ました。
皆さんのブログでもよく拝見するまぐろのオブジェ(^_^;)
灯台が島にあるのは現地を訪れて初めて気づきました(笑)

本州最北端の地碑。
よく考えたら「最○の地」に訪れたのは初めてでした(^^)/


海沿いに国道338号を南下していると、‘願掛岩’の案内表示を見つけたので寄ってみました。
巨大な岩の上に登ることが出来るようでしたが、時間もないので、先を急ぎます。

この辺りの国道338号は海峡ラインと別名がついていますが、ほとんど山の中を走ります。
かなり小さなRのヘアピンなんかもあってトリッキーです。イン側のタイヤが浮くぐらいきつい箇所があります。

仏ヶ浦展望台からの眺め。
夕方になったからか、波飛沫のせいかちょっと霞んでいます。

仏ヶ浦は展望台から見て終わりにする予定でしたが、既に夕方になっていたことと、せっかくここまで来たので、浜まで降りてみることに。
独特の岩の形が幻想的でした。

ちょうど夕日が沈むタイミングで何だか違う星の風景に見えてきます(笑)
階段を延々と下ってきたかいがあるってもんです(^^)v
大満足で引き返しますが、帰りがひどかった(^^ゞ
下りは7分ほどしかかからなかった階段が、上りは15分(爆)
しかも、一気には登り切れず、休み休み…体力低下を実感しました。

ココで、日が暮れてタイムアップ。帰途につきました。
何年も前から訪れたいと思っていた場所を巡ることが出来て、大満足のドライブでした。
日帰りではさすがに時間が足りませんね。内陸部は全く回ることが出来ませんでした(^_^;)
また訪れたいと思います。
走行距離1,297km


今年一年、実際にお会いして遊んで頂いた皆さん、ブログに足を運んで頂いた皆さん、お世話になりありがとうございましたm(__)m
来年もよろしくお願いいたします。
皆様、良いお年をお迎えください。
Posted at 2017/12/31 00:27:58 | コメント(2) | トラックバック(0) | ドライブ | クルマ
2017年12月13日 イイね!

紅葉ドライブ2017

紅葉ドライブ2017またまたタイムリーでないブログを…(爆)
毎年恒例の紅葉ドライブの模様を記録しておこうと思います。自分でも‘毎年よく飽きずに…’と自覚していますが、条件反射の一つと諦めています(^^ゞ

10月上旬の週末。裏磐梯の標高の高い所は紅葉の見ごろに。磐梯吾妻スカイラインの様子をチェックしに行きました。なんてことない景色なんですが、ボクにはスカイラインの紅葉はこんなイメージなんです。

良い感じに色付いていたので、つばくろ谷に向かおうとしましたが、霧で何も見えず断念(T_T)

西吾妻スカイバレーに行き先変更です。
錦平駐車場からの景色。天気は回復せず、光がない(@_@)
紅葉はほぼピークだと思いますが、日の光がないと色が出ませんねぇ。。。

下りながら86と紅葉を(^^)


翌週リベンジにつばくろ谷へ(笑)
残念ながらピークは過ぎてしまっていましたが、なかなかの状態(^^)/
ココの紅葉が結果的に今年のハイライトでした(^^;

せっかく山を登ってきたので、スカイバレーにも行ってみます。
雨が降ってきた上に錦平の紅葉は終盤。スカイバレー頂上付近の駐車場からの紅葉が見頃でした。


10月最後の週は母成グリーンラインへ。
ZなMの会に向けてタイヤ交換をするので、古いタイヤを使い切るつもりで向かいましたが…雨。
終わりかけの紅葉とZ4Mを(^^)


11月に入り、最初の週末にはZなMの会の集合場所になっているあづま総合運動公園の銀杏並木が見ごろに。ライトアップを見に行きました。コンデジで撮った上に三脚は持っていないので、手すりの上に置いて撮影(爆)
夜景を撮るのは難しい(^_^;)

こちらはベンチの上に置いて銀杏の落ち葉を狙ってみたら、思ったよりうまく雰囲気が出てくれました。


同じ週に南会津にも行きました。
国道118号沿いの名前も知らない滝が目に留まったので撮ってみました。

そのまま足を延ばして、柳津町のツムジクラ滝へ。
滝に向かって上って行く林道が落ち葉と前日の雨のおかげでズルズル。雪道に近い滑り具合でちょっと焦りました(笑)
紅葉は残念ながらほぼ終わってました(-_-;)


11月中旬には茨城県の花貫渓谷へ。
結構な観光地みたいで夕方を狙って行ったにも関わらず、けっこな人(^^;
象徴的なつり橋からの景色。

渓流ともみじを狙ってみたが、広葉樹の葉は落ちているのにもみじの色付きはまだという微妙なタイミングだったみたい。

竜神大吊橋にも行きましたが、日暮れが早く暗くなってしまった上に紅葉はまだ(^-^;
なかなかいい時期に合わせるのが難しい。


11月最終週には夏井川渓谷にダメ元で向かいました。
思っていた通り、ほとんど落葉していてもうすぐ冬といった雰囲気。
夏井川第二発電所付近のもみじの巨木が見頃でした。この木だけでなくもみじはちょうど見頃でした。


今年の紅葉ドライブは以上でした。
とにかく天候に恵まれず、ボク自身のテンションも上がらず足を運ぶ場所も少なかったです(^^ゞ
例年より時期も早く、少しくすんだ感じで、色付きも今一つでした。
それでも、つばくろ谷やあづま総合運動のイチョウなど素晴らしい紅葉(黄葉)を見ることが出来て満足でした(^^)/
Posted at 2017/12/13 22:00:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブ | クルマ
2017年12月09日 イイね!

9月の近場ドライブ

9月の近場ドライブ年の瀬も押し迫っているというのに、9月のドライブを…(爆)
ブログにするのはやめとこうと思っていましたが、備忘録として書くことにしました(^_^;)
時事ネタではありませんので、お暇な方のみお付き合いください(笑)

8月下旬にはそばの花が満開になりますので、9月頭に猿楽台地に見に行きました。
天気も良く、高原の空はもう秋の雰囲気が出ていました。

広大なそば畑が広がります。確か約40ha。記憶が正しければ…ですが(笑)
ほぼ満開のそばの花のおかげて、真っ白な絨毯のようです(^^)/
一足早い秋を満喫しました。


9月中旬には猪苗代湖をぐるっと走りました。
もうこの時期には黄金色の田園風景が広がっていました。

猪苗代湖はクルマで一周できますが、湖のすぐ近くを走ることが出来る場所は限られています。
小石ヶ浜の先にあるこの場所は交通量が少ないので、お気に入りです(^^)

青松浜にも寄りましたが、写真は割愛です(笑)

これも9月中旬だったと思います。国道112号を走ってとん吉さんの地元に。
久しぶりに由良海岸に寄りました。白山島です。
雲が多く今一つの天気でしたが、薄日が差していて夕方だったこともあり、長閑な感じが良かったです。日が暮れそうだったので、島には上陸しませんでした(^^;

白山島を見下ろす県道50号にも寄りましたが、雑木が育っていて見通しが今一つでした。
帰りは笹川流れで夕日を眺める事にしました。塩俵岩でのひとコマ。
夕日よりも残照の方が印象的でした(^^)v


9月最終週は国道459号を走りました。
裏磐梯から喜多方を抜けて山中に。そばで有名な山都町だったと思いますが、飯豊山の展望所を発見。飯豊連峰って意外と近くから眺める場所が少ないので貴重かも(笑)

新潟県に入るとコンクリート吹付のトンネルと橋が連続します。そのそれぞれに旧暦の月名がつけられています。少々道幅は狭いですが、好きな道路です。

トンネルと橋の連続を終えると鹿瀬ダムに到着です。
このダムの所で阿賀野川はUターンしています。まるで大蛇のような流れですね。


今振り返ると9月は比較的天気には恵まれていました。まだまだ暖かい日が多かったですが、景色は確実に秋になっていました。スケジュールに恵まれずに長距離ドライブに出かける事は叶いませんでしたが、秋を感じることが出来た9月のドライブでした。
Posted at 2017/12/09 17:36:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブ | クルマ
2017年09月21日 イイね!

ZなMの会 in 裏磐梯2017 に参加してきました。

ZなMの会 in 裏磐梯2017 に参加してきました。今年も恒例の「ZなMの会 in 裏磐梯2017」に参加してきました(^^)v
あづま総合運動公園で集合のはずが、僕たちの集合場所は……

道の駅ばんだい(笑)
Fisherさん、とん吉さんが集合。ガレ///Mさんからは「遅れるから先に行っていて」と連絡が入ってました。
7時15分頃、出発です。
走り出してすぐにガレ///MさんからLINEが入っていることに気づいたのですが、すぐ近くまで来ていたみたい。待っていれば良かった(^^;)
ゴールドラインを親分先頭に気持ちいいペースで走り切り。

桧原湖畔を通り、スカイバレーに向かいます。
天気も良く、快調なペースでヒルクライム。
白布峠の駐車場に到着する頃には、後ろから「ガオン、ガオン!!!」と迫りくるエグゾーストノートが。
ガレ///Mさんが追い付いてきたのでした(@_@)
4台で山形県側に少し下った錦平駐車場に移動します。

こんな写真を…

こんな感じで撮ってますw

スカイバレーのダウンヒルを楽しんで、桧原湖まで下ってきました。
後ろには親分号。いつもと順番が違う(^^ゞ

レークラインを駆け抜け、中津川渓谷の駐車場で休憩です。
アニキは今回、なぜか自撮りに励んでいます(笑)
関係各位に証拠写真でも見せるつもりか!?

ガレ///M号のリアタイヤ。
なんと295幅!!!のA052。このタイヤを履くために18インチに変更してきた(@_@)
タイヤが‘ポンポン’してます。

実はボクが選択したクムホのタイヤは大失敗で、そのタイヤでZなMの会の皆さんと一緒に走るのは嫌だなぁ~と。裏磐梯に向けてタイヤを交換してしまおうかどうしようか悩んでいました。
それを見透かしていたかのように、ガレ///Mさんから「良かったらボクのアドバンGT19譲りますよ。3分山のネオバ付きで♪」とLINEが入りました。
思わず飛びついたのは言うまでもありません(爆)
軽いホイールと強力なグリップのタイヤは最高♪
やっぱりタイヤは重要だと思い知ることになりました(^^;

休憩後は磐梯吾妻スカイラインへ。

今度はアニキが後ろにいます。ライトを点灯して圧をかけてきます。
タイヤのグリップは上がっても運転の腕前は変わりませんから、いじめないでくださいょ(笑)

遥か前を走るガレ///M号。浄土平の雄大な景色を背に快走です(^^)
集合時間にギリギリなので、先を急ぎます。。。

何とか集合時間5分前に到着して、簡単なドラミ。

Mカメさんからのお土産。いつも気を使って頂き、ありがとうございますm(__)m
朝練終わりで小腹が空いていたボクはその場で頂きました。ごちそうさまでした♪

今度は全員で磐梯吾妻スカイラインを上ります。
さすがに11時を過ぎると交通量が多く、思うようなペースでは走れません(T_T)
すると親分が停車します。

朝練の時は時間がなくて止まることが出来なかった‘親分お気に入りの’撮影スポット。
反対側は荒涼とした山の風景。ボクはこの高度感が結構好きだったりします。
3班だけのオプションでした(笑)
レークラインを走り抜け、一気に昼食会場の休暇村裏磐梯に到着。

昨年はステーキ定食を食べたので、今年はソースカツ丼でお腹を満たしました(^^)

食後はスカイバレーのヒルクライムからスタートです。
一気に朝にも寄った錦平駐車場まで走って休憩です。タイトル写真はその時のものです。
休憩後は来た道を戻って、ダウンヒルです。

ボクの前を走るpekochanさんとFisherさんのイモラコンビ。磐梯山に向かって下ります。

今回もスピード感のある走行写真を目指しましたが、やっぱりうまくいかず(>_<)
スピード感が出るとピントがボケボケ、ピントが合うとスピード感が出せません(爆)

桧原湖の西岸を通って、道の駅裏磐梯へ。

ここではMカメさんが携行缶で給油してます。携行缶給油のベテラン、(峠)さんが手伝っています。
最近、携行缶持参のメンバーが急増中です(笑)
皆でソフトクリームを食べてクールダウンします。

休憩後はゴールドラインを走ってホテルに向かいます。

恒例の撮影場所でのひとコマ。Fisherさん指示のもときれいにクルマを並べて撮影です。
磐梯山と猪苗代湖とZなM。良い感じです(^^)/

夜の宴会はガレ///Mさんが予約してくれた‘ばんげや’にて。
いつも通り、クルマ馬鹿のおもしろおかしい会話で盛り上がり、アルコールの消費もはかどり3杯までの約束もどこへやら…親分も酔っぱらう始末(笑)
‘南京’でラーメンと餃子を食し、楽しい夜も〆です。
(ガレ///Mさん、今年はボクお金払いましたっけwww)


2日目の朝は朝4時起床です(^^ゞ
朝練は5時出発予定です。いつもは白布峠とホテルの往復ですが、今年は親分の意向もあり浄土平とホテルの往復になったため、例年より早い出発になりました。
希望者だけの朝練ですがほとんどが全員参加…しかし、前日夜、会津若松の街に消えていったチネさんとmasa996さんは予想通り、欠席でした(笑)

ホテルの駐車場。まだ暗いw
(峠)さんのZ3M。今回は足回りのオーバーホールやアームの調整などメンテナンス万全での参加。
しかも、フロントスポイラーを削って、フロントの車高を落としてきた(@_@)
元々平べったいクルマが更にワイド&ローに♪

朝練は今回初参加の“Aic”さんの後ろでスタートです。
親分より年上の貴重な御仁です。なんせ親分は自分より年上がいると機嫌が良い(笑)
このAicさん、サーキットも走られているだけあって、とにかく走りが鋭い(@_@)
朝練の最後には、ガレ///Mさんの後ろを走っていました。凄過ぎる!!!

ボクの後ろにはpekochanさんと親分のイモラコンビ。
女性でマニュアルを自在に操り、あのペースで走るなんてカッコ良過ぎます♪

レークラインでのひとコマ。雲の感じが幻想的でした。

あっという間に浄土平到着。
親分がみんなに味わわせたかった特別な空気感がそこにはありました。
早起きした甲斐があるってもんです(笑)

いつもは2番目を走っているとん吉さんがボクの前に。
トラブル発生かと心配しましたが、後で聞いたらフロントタイヤが終わってしまったとの事。
ともあれ、無事にホテルに帰還。朝食を食べてチェックアウトです。

会津若松市内から背あぶり山を通って、猪苗代湖南岸の青松浜へ。

磐梯山と猪苗代湖を背景に記念撮影。こんな写真を…

こんなことして撮ってますw

親分と(峠)さん、バトンタッチの図。

Mカメさん号。
今回つけてきた追加メーターについて聞きたかったのですが、聞けずじまい(笑)

ご本人登場のpekochanさん号。モデルさんみたい♪

チネさんの小力号。1台だけピカピカ。実は朝練サボって洗車していたらしい…。

Fisher号。今回ダンパー交換、タイヤ新調、アライメント調整と万全のメンテナンスを行っての参加です。

ガレ///M号。何度見てもタイヤがポンポンです(笑)
しばらく青松浜で撮影と駄弁りを楽しんだ後はレジーナの森に向かいます。今年から改名して‘エンゼルフォレスト那須白河’になったらしい。

masaさん号と羽鳥湖。インテルラゴスブルーの車体が映えます(^^)v

こんな景色を見ながらのランチバイキングを皆で楽しんで解散です。
何だか名残惜しかったボクはガレ///Mさん、とん吉さんを付き合わせてしばらく雑談。タイヤの相談などにのってもらい帰途につきます。
とん吉さんを郡山ICまで案内してお別れしました。

Fisherさんはじめ、ご参加の皆様、今回も色々とお世話になりありがとうございましたm(__)m
また、お会いできるのを楽しみにしたいと思います。
Posted at 2017/09/22 00:51:43 | コメント(2) | トラックバック(0) | オフ会 | クルマ
2017年08月31日 イイね!

86が帰ってきました(^^)

86が帰ってきました(^^)残念なことに納車早々、入院していた86がようやく帰ってきました(^^)/
実際に帰ってきたのは、7月の下旬でしたが…。結局、丸々5週間修理にかかった事になります(>_<)
約1,500km走った時点での入院だったので、慣らし運転の再開です。

はじめに連れ出したのは、個人的にお気に入りの笹川流れに。

ホントは早い時間に出て、笹川流れ経由で岩牡蠣を食べに鳥海山の麓に行きたかったのですが…。
暇なボクにしては珍しく仕事やら所用やらで時間が自由にならず、午後の出発に(T_T)
それでもこの日は天気に恵まれ夕日を拝むことに成功しました(^^)/

蓬莱山で86と夕日。残念ながら、夕日は雲に隠れてしまいました(^^ゞ
笹川流れに来ると、ココには必ず止まりますが、海水浴シーズンのためここにしか止まれなかった状況でした。
写真では分かりませんが、何故かアブが大発生していて乗降の際に2~3匹車内に入ってしまったので、窓を開けて追い出そうとしたら…反ってドツボに(笑)
10匹以上車内に入ってきて大変なことに(-_-;)
帰りはずっと窓を開け放してアブと格闘しながら帰る羽目に(爆)


那須高原にも出かけました。
8月に入って梅雨明けが発表されてから、かえって天気が悪く…毎日雨模様。

ご覧の通り、雨やら霧やらで真っ白(>_<)
景色を期待できないので、久しぶりに塩那道路に行きました。

板室側の終点はこんな感じ。
結局開通することは叶いませんでしたが、「塩那スカイライン」開通していたら凄い観光道路になっていたと思います。

下りながらのひとコマ。センターラインからも雑草が生える始末。
所々、木の枝や砂利が放置されていて行き止まりの道路であることが伺えます(笑)


ホントに今年の夏は何処へ行ったのか???
8月だというのに全く日の光がありません(T_T)
久しぶりに猪苗代湖を一回りしてみました。一回りと言っても常に湖沿いを走れるわけではありません。

猪苗代湖西岸の小石ヶ浜を過ぎた辺りの集落。何となく好きな場所でたまに訪れます。
晴れていれば、もう少し写真映えするのですがねぇ(^^;)
青松浜にも寄りましたが、磐梯山は見えず。

青松浜の先の湖のすぐそばを走れる県道での一枚。
ごくわずかですが、青空がのぞいています。久しぶりに青空を見た気がしました。

この時点で86の走行距離は5,000kmを超えました。
慣らしは無事終了です。追突された影響は鈍感なボクには今のところ分かりません(爆)
正常な状態を把握できていないうちに入院してしまったので、異常があっても確認するのが難しいです。
高回転回したときにシフトノブからビビり音が出る事以外特に気になるところはありません。もっとも、これは追突されたことと関係ないと思いますが…。

これから、通勤にドライブにと本格的に86を楽しみたいと思います。
Posted at 2017/08/31 02:18:58 | コメント(2) | トラックバック(0) | ドライブ | クルマ

プロフィール

「晴れ予報の志賀高原へ http://cvw.jp/b/2097674/38238911/
何シテル?   07/18 16:08
yoshiやん(ヨシヤン)です。よろしくお願いします。 人生初の左ハンドルオープンカーです。車好き!以上に運転好き!で当てもなく車で移動しています。 几帳面...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/1 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

新緑を楽しむ旅へ 1日目 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/09 05:41:53
Z4M、4回目の車検です!。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/12/21 01:03:27
ハイパフォーマンスタイヤで耐摩耗性の高い、つまり長寿命なタイヤってどれ? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/07/21 14:38:28

お友達

正直どのようにお付き合いしたら良いのかよく分かっておりません(笑)。
人見知りな上にあまりマメな方でありませんので、失礼な対応をしてしまうかもしれません。
できれば何度かコメント等のやり取りをさせていただいた方からお願いできればと思います。
よろしくお願いします。
25 人のお友達がいます
mikan@yosimikan@yosi * みんカラスマホアプリ開発チームみんカラスマホアプリ開発チーム *
FisherFisher みんカラスタッフチームみんカラスタッフチームみんカラ公認
Studio-AoStudio-Ao (峠)(峠)

ファン

30 人のファンがいます

愛車一覧

BMW Z4 M ロードスター BMW Z4 M ロードスター
2006年式38,100km走行の車を中古で購入。 2013年7月納車。 発売時から興味 ...
トヨタ 86 トヨタ 86
86を購入しました。 使途は主に通勤で、ロングドライブにも活躍してもらうつもりです。 初 ...
ホンダ インテグラタイプR ホンダ インテグラタイプR
DC5最終型を2006年に購入。 DC2に続き2台目のホンダタイプRです。 2017年 ...
トヨタ MR2 トヨタ MR2
SW20Ⅱ型 走行74,000kmの車を購入。 確か15万キロ弱まで走って廃車に。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.