車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年05月19日 イイね!
【趣味人病?】結局自己満足なんですが・・・遂にCDアルバムの原点を入手!時々ブログで紹介していますが、私は80年代アイドルのCDを集めるのを趣味としています。
若い頃の80年代は、贔屓のアイドルの曲しか聴かなかった事に後悔しまして、当時は全くスルーしていた他のアーティストや、アイドル達はどんな唄を唄っていたのか、今更ながら興味を持ったのが始まりです。







最近、ネットやBOOK・OFFなどで当時のアイドルCDや、古い当時物を買い集めていると、色々と不思議な事に興味を持ちます。





以前、

『レコードからCDにいつ頃変わったのか?』

・・・なんてテーマのブログを挙げました。
(原因不明の写真消去のために既にブログは削除)



日本では、1982年10月1日初めてCDアルバムが市販されました。
以降、1986年にはCDアルバムがLPレコードの販売数を越え、
1990年に殆どのアルバムがCDでの発売に変わりました。
その流れは、データ販売が主流になりつつある今でも、手に取るフォーマットは変わりありません。



・・・まっ、こんな事書いてました。

それで、私がその時紹介したもうひとつの雑学ネタはと言いますと・・・、


80年代アイドルで、初めてCDのアルバムを出したのが、1982年10月1日発売の

~松田聖子『パイナップル』~

と言うアルバムなんです。


・・・なんて事でした。







その記事をアップしてから自分自身、松田聖子パイナップルを持っていない事に腹をたて、そのアルバムがどうしても欲しくなり、それから真剣に探しましたよ。

80年代アイドルCD収集家としては、いつかはクリアしなければいけないハードル??!
・・・まっ、勝手に言わせて下さい。




購入するには、まずCDの型番を調査から。

1982年10月1日、CBSソニーから日本初発売されたCDの型番は全て、

35DH1~

の数字が記載されています。
こいつが当時物の目印になります。
(歌謡曲に限る)


因に記念すべき『35DH1』はと言いますと、

大瀧詠一のロングバケーション
(同10月1日発売)




でした。


で、松田聖子のパイナップルはと言いますと、



そう、『35DH3』でした。




その後、amazonやらヤフオク、BOOK・OFFネットなどを隅々まで検索。

結論は、幾つかの『パイナップル』のCDは存在していました。
流石当時大ヒットしたアルバムだけあって残存数も多いのか?
・・・と思いましたが、なぜか価格がバラバラ。

原因は再版、デジタルリマスター版などの復刻版が出回っていることでした。
型番さえ解ればすぐにでも当時物と判別できますが、流石になかなか型式まて書いてある紹介文も見当たらず、ですので市場価格も不明なまま。


流石に1982年、今から35年近く前に発売されたCDはないのか?
確かに、その年に発売されたCD全体がLPレコードの
1/ 1000以下であった訳で、松田聖子に限らず他のアーティストの82年物自体も激レアには違いありません。



・・・と暫く探しているうちに、ネットで売りに出ていた1枚のCDの解説に、

型番『35DH3』1982年

の文字を見つけ、やっとの思いで漸く、念願の購入となりました。




そいつがこれです。









復刻版、所謂レプリカではなく正しく82年当時物です。
残念ながら中古品(当たり前)で、帯はありませんでしたが、ケースCD本盤とも傷はなく、35年前の物とは思えないくらい美品でした。

今回運良く、かなり安く購入出来ましたが、実際の価格はと言うとヤフオクでは、



・・・とかなり高いですね。

因に復刻版は、


この程度です。
でも音はこちらの方が良いかも。


更にはこんなブットビ価格が付いているものまで。


これは美音処理されているマスター音源のデジタル版です。
(SACDとか、DSDとか呼ばれているみたい)
ただ勿論新しいのですし、あくまで参考。
こいつは現実的な価格ではありませんね。








皆さんも色々な趣味をお持ちと思いますが、ヤッパリ突き詰めていくと、誰もが行くところまで行きたくなりますよね。
レプリカや再版では我慢できず、モノホンや初盤などを探すのは趣味人の一種の病気ですね(笑)


柔らかく言えば、『自己満足』になるわけですが、このブログの面白さが判る方には、きっと判って戴けると思います。







因に、当時から私は決して松田聖子ファンではありませんでした。(今でもそうです(笑))
勿論、嫌いではありませんし、80年代アイドルの中では群を抜くキャラクター性と歌唱力の持ち主、正にキングオブアイドルと認めています・・・





・・・でも私は、生粋の中森明菜ファンです(笑)
所謂明菜派と言う奴らでしたm(_ _)m












とは言え、これで正しくCDの原点をゲットしました!!!

さあ、次は何を突き詰めようか・・・。







今日はここまで。








めでたし、めでたし(о´∀`о)
Posted at 2017/05/19 16:23:33 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月10日 イイね!
ご近所さんツーリング第三弾は、上手くいかなかったけど、色々勉強になったナァ。今日は、みんともさんのmaritime944さんと、

『ご近所さんツーリング第三弾』

で奥三河の新緑の中を走って来ました。





昨日の雨は止んでいましたが、終日鈍よりとした天気で、結果的にそれが最後まで上手くいかなかった最大の原因だった様な気がします。


東名赤塚PAで、maritime944さんとおち会って、空いていた道をスイスイと東栄町に。

小休止を挟んで茶臼山高原道路を一気に掛け上がります。
・・・のはずでしたが、標高が上がる度に霧がどんどん濃くなりまして、



標高1400m付近の茶臼山第二駐車場に着いたときは、辺り一面真っ白の雲の中!



本来、3日後に控えた『茶臼山芝桜祭』の主役、山頂の芝桜を見に来ましたが、今年春先の寒さで開花が遅く、殆ど咲いていませんでした。
・・・というより。真っ白で何にも見えませんでした(笑)







やはり天候には勝てません!
とっとと下山して、今度は国道153号線、愛知県と長野県の県境付近にある自然薯料理の美味しいお店に行きました。








・・・ところが、




このお店はネットでは殆ど年中無休って書いてあったのに・・・まさかまさかの休み。
・・・運が悪すぎ(涙)


仕方なく更に南下して、道の駅どんぐりの里近くの和食屋さんで軽い昼食を済ませ、そそくさと次の目的地、

『田峯城跡』

に向かいました。


国道257田峯トンネル北を西へそれて山道へ。
・・・この道がとにかく狭し!
3ナンバーギリギリの状態!

言い訳ですが、ナビでは道の幅までは判りません(汗)

この狭~い山道を約5分程入った空き地の様な駐車場に、何とか車を停めました。
この先の小山の頂が田峯城跡になります。






オジサン二人で、ハイキング気分でエッチオッチラら登ると・・・えっ休城日?
今日は看板に書いてある定休曜日と違うのに・・・何故なんだ?
○○○お前もかぁ~っ!!


しかし、休みと言っても本丸の建物の中が見えないだけです。
しかもしっかり登って着た訳なので、このまま帰る訳にはいきません。
本丸の周辺だけ拝見させて戴きました。



頂は、木製の柵、本丸、物見櫓など、しっかり復元されてました。



山並みからして、結構高所です。








ここで、1分でだいたい判る、田峯城跡講座です。

○文明2年( 1470年)
菅沼定信が築城して本城にする。

○天正3年(1575年)  5月21日
当時の城主菅沼定忠は、長篠の戦いで大敗した武田勝頼を伴い田峯城で慰労しようとしたが、留守居役の菅沼定直が入城を拒絶。
更に勝頼一行は敵に身柄を拘束されそうになった為、入城を諦め北方の武節城まで命からがらの逃避することになった。

○天正4年(1576年)7月14日
入城拒絶という辱め受けた怨みを抱いていた菅沼定忠は、田峯城を早朝に急襲。老若男女を問わず、城に居た96人総てを惨殺した。
菅沼定直や家老は、生け捕りにした後で鋸挽きの刑により報復したとされる。



こんなとこです、ハイ!

でもこんな山城でも、あの有名な長篠の戦いに所縁があるとは、ヤッパリ奥三河(愛知県東部)は、歴史的にかなり貴重な地域だと改めて感じました。
ん~っ、歴史ロマンであります。








前半は霧で見えない、休みで食べれない、休みで入れないと、あまり良いとこがなかったからと言う訳ではありませんが、後半は敢えてゆったりまったりとフラフラツーリングに徹っしました。



途中立ち寄った、道の駅モックル新城で五平餅を食べて、



時間が早ければ見学しようと一応予定していた豊川市内の史跡を見学しました。

JR飯田線牛久保近くの大聖寺内に奉られたいる、あの『桶狭間の戦い』で敗北した

『今川義元公』


の胴塚をお参り。











思いついた様に、すぐ近くの長谷寺に奉られている、あのNHKの大河ドラマで一躍有名になった武田方の名将




『山本勘助』



の髪塚をお参りしました。











ここで、今日のツーリングのメニューは全て終了、maritime944さんともここでお別れしました。









しかし、今日はついてない一日でした。
霧や雨、路面もセミウェットで帰りには愛車は泥だらけ。
勿論、事前の確認不足もありますが、どう足掻いても天候には勝てません。
ヤッパリツーリングは天気が良い日に限ります。
当たり前ですが、勉強になりました、ハイ!


・・・っと、天候のせいにして自分を慰めているわけで・・・maritime944さん、お付き合いありがとうございましたm(_ _)m







結果的に、色々勉強になったのは本当の事で、ツーリングの内容にしても歴史の勉強にしても、奥が深いですね。







今日はここまで。










一応めでたし、めでたしにしておきます。

ご近所ツーリング第四弾は頑張るゾォ!



追伸
茶臼山の芝桜は、5/20. 21辺りが見頃だそうです。
Posted at 2017/05/10 20:43:25 | コメント(3) | トラックバック(0) | クルマ
2017年05月02日 イイね!
激安タイヤの性能は如何に?ゴルフ6のリフレッシュで全貌が明らかに!我が善き足車のゴルフ6が先日100000キロ走破をしたのを記念して、おおよそ1ヶ月かけて車のリフレッシュをしています。



まず、大台近くで、弱っていたバッテリーを交換。



達成直前に、いつものインターバルで、エンジンオイルとエレメントを交換。






最近、エアコンフィルターを交換。


助手席ダッシュボード下を開けた途端、バサバサっと埃と何故か木の実みたいのが降ってきました。



色も色でしたが、蛇腹の中に大量の木の実らしきゴミが堪ってました。



それからエアクリーナーも交換。



それまではK&Nを付けてましたが、クリーナーキットを切らしていて、一度ノーマルに戻す事にしました。


色目も綺麗です。
(どうせ蓋を閉めるのですが・・・(笑))




これでGW明けには、ディーラーで一年点検とまさかの10万キロもってしまった、フロントブレーキバッドの交換して一応の完了です。
(リアはまだまだあるのでこのまま行きます)

 


・・・が、






・・・が、もう1つ交換しました。






・・・タイヤです。







現在ゴルフ6は、70000万キロ付近でサスをテインの車高調に替えたと同時期に、GT-IのOPサイズ、225-40/18のタイヤに替えており、銘柄はピレリチュンチュラートP1でした。



コンフォート性が高いこのタイヤ、こいつが良かったぁ!
性格もファミリー要素の高いTSIハイラインにはピッタリ!
そもそもグリップもなかなか、静寂性もまずまず、
挙動が穏やかで限界は低いですが、滑り出しが素直で解りやすい。
ウエット時の排水性も問題なし。
しかも、これだけの性能で、国産コンフォートタイヤの約半額で買えました。


しかし、残念な事に、最近山が4分程度に減って来たところで、急にかなりロードノイズが大きくなりました。
美味しい次期はやや短めなのか?



更に、致命的に私がトチって、リアタイヤのサイドを縁石の角に引っかけ、穴を開けてしまいました。



幸い、パンクは間逃れましたが、流石にこのまま長いこと乗るのは心配。
もう少しP1を乗りたかったのですが、思いきって交換することにしました。







次期タイヤは、最初からアジアンタイヤに決めてました。


えっ?ピレリからアジアンタイヤに変更だと、かなりの性能低下では?

・・・いえいえ、実はピレリーチュンチュラートP1は中国生産のれっきとしたアジアンタイヤなんですよ。


実のところ、ボクスターも購入時からナンカンNS-2(新品)を履いており、その実力はある意味予想を裏切る程大満足しております。





今まで数種類のアジアンタイヤを使用した感じでは、全体的にある程度のロードノイズと若干の雨の日のグリップ低下を除けば、十分国産タイヤとの性能と対等出来るまで来ていると実感していました。






そこで今回は購入にあたり、色々ネットでリサーチした結果、最も評判が良くて、とにかく安い! 
そんなタイヤをチョイスして購入しました。






それが・・・ATR Sport2です。



このタイヤ、ドリフトをやる方にはかなり有名で、D1GPなどのレースでも、幾つもタイトルを取るようなドリフター御用達の有名なメーカーです。

御国はインドネシア、ピンソ辺りと一緒です。
また、ナンカンやネクセンは台湾。
ここに韓国、中国、ドバイなどを加えたのが、アジアンタイヤと称する物になります。



ATR Sport 2は、ATR Sportの進化版で、元々評判の良かったグリップに加え、静寂性と雨天時の排水性能を高めたモデルだそうです。







早速、いつもお世話になっている、持ち込みタイヤ専門店で先日はめかえてきました。





ブロックはかなり大きめです。
意外とスポーティ!



サイドウォールのデザインは今風では結構格好よさげ・・・ではありますが、幾分国産より雑?(笑)




はめかえは何の問題もなく、約40分で完了です。




空気圧は、タイヤの企画がXL(エクストラロード)なので、規定値(2.30Kpa)のところ、少し高めの2.45Kpaにセットしました。






この時点で、今回のタイヤ(225/40-18)は4本送料込みで27580円、はめかえバランス、古タイヤ処分で7560円。
しめて35140円でした。
これは国産コンフォートや、エコタイヤの半分程度、プレミアムスポーツタイヤにあっては1/3以下の価格です。

アジアンタイヤ恐るべし!








さてさて、肝心のインプレッションです。
5/1、GW中の平日という中途半端な休みを利用して、タイヤの皮剥きとチェックに行ってきました。



・高速道路約90キロ
・一般道約30キロ
・山道約10キロ

の約130キロ程度の極々平凡なステージです。

まず、高速道路ですが、全く問題ありません。
国内の高速道路の規定速度+α程度なら、心配は皆無です。
直進安定性もまずまず、癖のあるピッチングもなし。
レーンチェンジの際に、僅かに反応の遅れを感じますが、他のユーザーさんが俗に言う『撓み』ではないと思います。
決してサイドウォールが柔らかい様な感覚はありません、むしろ硬い・・・かもです。


一般道は、やや硬めに感じました。
轍や段差のギャップは拾うほうですが、決して嫌な振動はありません。
恐らくデカいブロックが影響していると思います。
このあたりは、今の転がり抵抗の低いエコタイヤと比べるのは可哀想ですね。
但し、ハンドリングに癖はなく、落ち着いた挙動でした。


山道は、正直皮が剥けきっていないにもかかわらず、飛び抜けたグリップ力を見せました。
ブレーキングにもブロックの型崩れもなく、グイグイとノーズを押し込めます。
ドライのグリップに関しては、P1の30%以上の性能アップかそれ以上です。

ハッキリ言って、165馬力程度のゴルフハイラインには、こんなグリップはいりません。
確実にタイヤがボディに勝っている感じで、この車では限界を見極められないかも。

流石にドリフターに愛用されるだけのグリップ力とタフな一面を持っています。
ネットでは、このタイヤのグリップ力はかなりの評判でしたが、嘘偽りはありません。




総じて価格以上の大大満足感です。

とりたて今のところ、弱点は見当たりません。
アジアンタイヤと最初に言わなければ殆どの方は解らないと思います。
インドネシアは天然ゴムの採出量世界一なので、一般的に考えているより、アジアンタイヤはゴムの素材が良いのかも知れませんね。


また、どのステージでも、ロードノイズは少なめで比較的静かですね。
静かと言っても、あのブロックならある程度のザワツキはありますが、問題になるほどではないという事で理解してください。
でも、確実にP1の4分山より、かなり静かになりましたね。

しかし、山が減ってきてからはP1と同じ様にロードノイズが増す可能性はあります。
これば、暫く使ってみないと解りません。


また、不安な撓みやロール、ふらつきは全くありません。
むりろ剛性感高い印象でした。



タイヤは、一昔前のブリジ○トンのPl○ysのグリップを格段に高めた感じに似ているのが、一番的確なフィーリングでしょうか。

簡単には、コンフォートとスポーツタイヤの中間位が適当ですね。









今回のインプレッションは、短期間であり、はめたばかりの新しいタイヤの時期でしたので、まだまだ暫く乗ってみないと解りませんが、確実に言える事は、



『コストパフォーマンス最高!』



だと言うことです。







確かに、国産のプレミアムタイヤ等の方が更に良いのかも知れませんが、それなりの価格帯。
アジアンタイヤの価格を考えたら、文句なく合格ラインです。
いやっ、それ以上です!



何てったって、225/40-18が、税込み送料込みで、はめかえバランス廃タイヤ処理代も込みで 1本8800円以下ならば、ハッキリ言って、このタイヤのパフォーマンスに笑えますよ!マヂで!!







アジアンタイヤ恐るべし!!!!!









近々にかみさんと長距離旅行を控えていますので、シッカリと乗り比べて、ロングディスタンスレポートもしようと思います。

また、肝心のウエットのインプレッションもお楽しみに!







もう一度・・・アジアンタイヤ恐るべし!!!







今日はここまで










めでたし、めでたし(^o^)/
Posted at 2017/05/02 17:10:27 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2017年04月23日 イイね!
ご近所さんツーリング第二弾は、新しきを学び、古きを知る・・・でした。土曜日、Z32Boxster987さんと、『ご近所さんツーリング第二弾』に行って来ました。




午前9時、浜松西インター近くのマックで落ち合ってしばらく談義。
一時間後、最初の目的地に出発しました。
Z32Boxster987さんのボクスターは当日点検中と言うことで、真紅のZ32での参加でした。
初めて拝見しましたが、流石決まってましたね。







車で概ね30分、最初の目的地はココ・・・


スズキ自動車歴史館を見学です。



建物は工場の向にある三階建ての立派な館です。
一階フロアには・・・




などが展示。
中には、シュワンツのサイン入りバイクも展示。




二階は、工場ライン様子や、


なっ、何と浜松空軍基地が近くにあるためか、フライトシュミレーターがありました。


勿論、チャレンジしましたが、機体を水平に保つのが意外と難しかったですね。






三階は、スズキ自動車の展示コーナーでした。



今は殆ど見ないセルボ
(この型は、金魚のシッポと呼ばれてました。)



初代アルト・・・47万円!



フロンテクーペ




空冷のジムニー



不思議車、X-90




勿論、バイクも充実のラインアップ!




大人が、結構楽しめました。







スズキから歩いて5分、本日のお昼ご飯は浜松餃子の人気店『木慕里』で餃子を頂きました。



開店前からこの行列!


中も超満員!



私は大定食(餃子20個、ライス味噌汁付き)を頂きました。


アッサリ系の食べやすい餃子で、かなり美味しかったです。







満腹になったところで、本日メインの目的地
『アンティークカフェ Road 』
に向かいました。


良く判らない地図(笑)



場所は、道の駅掛川の北側にあります。
東海道53次第25番目『日坂宿』の本陣跡から北に歩いて約10分の、正しく山奥の人里離れた場所です。

近くに駐車場がありますが、道中道が細く3ナンバーはかなり厳しい事から、その本陣跡に車を止めて歩いて向かいました。





これからハイキングって感じ!



暫く行くと、やっと看板が。
ここからは一気に道が細くなります。



昼間でも薄暗い竹藪を登ります。
マヂに『追い剥ぎ』や『山姥』が出てきそうでした(笑)



竹藪を抜けると、正に昭和の山合の村辺りにタイムスリップしたかの様です。




脇の民間に(実はバイク屋)に超きまってたクラウンがありました。






その集落?の一角の創庫が『アンティークカフェRoad 』です。


辺りは・・・、




オブジェの様に見えるから不思議です。





中はこんな感じ。
正にアンティークで、良い雰囲気です。








所謂お釜(パーマネント)です。






ポルシェを発見!



暫く寛ぎの空間と飲み物を頂き、マッタリさせてもらいました。








ここで夕方近くまでマッタリした後、最終予定の袋井市内のBOOK・OFFで、それぞれお気に入りの懐かしいCDをゲットして解散と相成りました。








本日は天気も良く、近代的な自動車産業にふれ、レトロなカフェでマッタリするなど、時代の流れと昭和の善き雰囲気を存分に味わう事が出来ました。

また、こんな懐古を楽しめる、現在のしあわせにも感謝です。



少数でゆっくりと、近くをブラブラの『ご近所さんツーリング』またやりたいと思います。








今日はここまで。







めでたし、めでたし(^-^)v
Posted at 2017/04/23 12:38:16 | コメント(5) | トラックバック(0) | クルマ
2017年04月16日 イイね!
ログハウスのお掃除のついでにマイナー城跡廻りの大人ドライブ。今日はとりたて予定がなく、更に絶好の晴天だったので、長野県平谷村のログハウスに行って来ました。

目的は、GWに向けて冬装備のままのログハウスの換気とお掃除。
もうひとつは、ログハウスに行く道中の北設楽郡東栄町に、2つのマイナーな山城があります。
いつも気になっていたので、この際天気も気候も良いので、帰りに立ち寄ってみる事にしました。







最近よく使うのルートは、東名高速を東へ。
三ヶ日ジャンクションから新東名に。
途中、三遠南信自動車道(無料)に入り、終点(名号)まで、そこから国道151号線で北上。
東栄町を越えたところで県道428号線に乗り西進。
津具村を抜けて長野県根羽村に入り、国道153を北上して平谷村に入ります。


ログハウスは、平谷湖フイッシングセンター近くにあります。
自宅から、今のルートで約125km2時間30分の丁度よいドライブコースです。

道中の桜ですが、東栄町は既に散り始めですが、以北(津具村、根羽村)はまだ咲いていません。
勿論、標高1000m余りの平谷村は今だ桜は愚か、木蓮も咲いていませんでした。
皆さんのドライブの参考にして下さい。







到着は9時過ぎ、平谷村でも気温は既に14度もありました。





周辺の雪は当然既に溶けていて、唐松の若葉が芽生え始めていました。








取りあえず、外周の掃除と冬の雪掻き機を片付け、大切な水道をチェックします。




ここで、豆知識。
標高の高い平谷村は、真冬にはマイナス16度に達する事もあり、汲み上げた水の水道管には凍結防止でヒーターが巻いてあります。
それでも蛇口付近では凍結するので、使わない時は水の元栓を締めておきます。
また、蛇口付近に残っている水もしっかり出しきります。



写真が普通の蛇口にはない水を抜くドレンボルトです。(温・冷2ヶ所)
この作業をして帰らないと水道管が破裂して、室内が水浸しになることがあります。
4月になっても、山あいはマイナスになることもあり、まだ安心は出来ません。







水回りの点検を終えて、室内の換気をします。
台所の入口は、こんな時にしか開けないナァ。



換気をしながら、楽しみなお昼寝をします。
皆さんご察知でしょうが、この季節の昼寝は至極の時間です!





ここでの居眠りは、無茶苦茶気持ちいい!
気がついたら12時30分、寝過ぎたぁ~っ!
次の目的があったので、慌てて後片付けをしてそそくさと下山しました。(笑)









さて、行きと同じ道を下り、約一時間で北設楽郡東栄町に到着。
1ヶ所目は、中設楽の駐在所を越えた辺りにあります。





『設楽城址』

です。


少しだけクソ細い山道を上ると、駐車場らしき広場、車はここまで。



ここからは徒歩で急な坂を登ります。
慢性的に痛く、壊れた膝を庇いながら登りましたよ・・・ハァ。



山頂は土塁に囲まれたすり鉢状の広場になってます。






ここが本丸跡になります。



設楽城址は、平安末期から鎌倉時代の山城で、土塁が残る愛知県最古の山城のひとつとされています。
城主は地名の元になったとされる『設楽氏』。

この山城は、大千瀬川が大きく湾曲している内側に建てられており(釜淵)、三方が川に囲まれています。
きっと当時は難攻不落の城だったんでしょう。
因みに戦国時代には城は既に無くなっていたようです。




眼下には山里の街並みが見下ろせます。


今では土塁跡と記念碑しかありませんが、雄大なロマンを感じました。







もう1ヶ所は、東栄トンネルを抜けて国道151号線を5分位南下した脇道を西に入った所にあります。




長峰神社と言う、山あいの小さなお社の境内が目的の、

『亀ヶ城址』

です。



ここは、戦国時代の地元の土豪『伊藤小右京』が城主だったとされていますが、詳細は不明。

高い山に囲まれた、低山上にあったことから、戦場からの避難所に使われたのではないかとされています。
今は、雑草で隠れた低い石垣が少しあるだけで、城の面影は殆どないようです。



時代が時代、場所が場所なので、もしかして長篠の合戦にも関わりがあったのかも知れませんね。







帰り道、亀ヶ城跡近くの山桜の下でバチリ!




オープンカーは、車に乗ったまま桜を真下から見えますよ。
こう見上げると、もの凄い生命力を感じます。








今日はオープンカーにとっては、間違いなく気持ちいいドライブでした。
勿論、私も終日屋根を開けてました。


改めて、オープンカー万歳\(^-^)/です!







但し、この時期なのに気温が上がりすぎ~っ!
気持ちいいを通り越して暑いゼェ~(笑)








今日はここまで。








めでたし、めでたし(^-^)v
Posted at 2017/04/16 19:41:09 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「名車再会、ジャガーEtype。
オフ会帰り、イギリス貴婦人のセクシーすぎるお尻を暫く見つめながらウットリ。」
何シテル?   05/28 17:42
極々平凡な勤め人です。 ですから見栄はりしません、背伸びも出来ません、金も無いから贅沢もしません。 ただのデブだからお腹と舌しかでません(笑) ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
リンク・クリップ
EPMの996を応援するただ1つのブログ! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/20 14:56:02
ポルシェライフ始まりの一枚❗️ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/01/27 08:17:22
【閲覧注意】ラーメンまとめ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/01/14 09:56:44
お友達
お友達は随時募集してます。
特に県内で一緒にツーリング等楽しめる方は、車種を問わず大歓迎です。


尚、長期ノーコメ、放置プレイ、足跡の無いお友達については、独断でお友達を解消させて頂きますので、あらかじめ御了承下さい。

♪砂の上 光るステップ 今あなたと共に・・・♪
148 人のお友達がいます
姫 神姫 神 * Hiro.sHiro.s *
ぱすてる911ぱすてる911 * 楽農家楽農家 *
ジネッタ男ジネッタ男 * かがっちかがっち *
ファン
121 人のファンがいます
愛車一覧
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) 黒ひげ (フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック))
通勤快速車。朝から晩まで大活躍。早い、強い、燃費が良いの牛丼仕様。 この頃、やけに愛着 ...
ポルシェ ボクスター (オープン) 小娘 (ポルシェ ボクスター (オープン))
私の車歴の中で、3台目のポルシェです。 駆動型式がRR(厳密に言えば4WD)➡FR➡MR ...
日産 ノート 赤ひげノート (日産 ノート)
3月27日、無事に納車しました。 購入までに紆余曲折がありましたが、結果的にご縁があった ...
ポルシェ 968 お嬢 (ポルシェ 968)
本当に好きだったFRポルシェに手を出しました。 前のオーナーが車検取得後に、乗らずにシ ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.