車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月08日 イイね!
自宅発(6:54)→帰宅(20:46)

所要時間:13:42  走行時間: 8:30  休憩時間: 5:22(入浴時間含)
総行距離:374.8km  平均車速:44.09km/h
燃費:11.1km/h

※うち一般道 走行距離:284.5km 走行時間: 7:27 平均車速:38.1km/h




■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ルーティンワークとしての年末繁忙期に加えて業務システムの移行作業も加わった11月後半から12月。
さらに母の入院も加わり例年に無く慌ただしい日が続いた。
母のリハビリもどうにか単独歩行の練習まで進んできており、Drの見解によれば月末退院の見込み。
幾分身の廻りも落ち着いてきたなか、1日だけの気分転換。
例年、年初の3連休は浅間山界隈で日帰り山行を楽しんでいたが、今回は連休初日のみ晴予報で後半は南岸低気圧の通過に伴い荒れ模様との予報。
かといって、前日23:00に残業帰宅して翌日早朝発の山行はムリ。
左脚の容態や体力的な理由もあるが、そもそもモチベーションが上がらない。いわゆる「山スイッチ」が入らない。
自分にとって登山=非日常。生活感や日常感からの離脱を楽しみとして山を歩いている。
そのためには一旦落ち着いて気持ちをリセットすることが必要。
帰宅後6~7時間で慌ただしく出発、それでは気持ちが切り替えられない。
そもそも睡眠時間4時間足らずでは、行き帰りの運転を含めてリスクが大きい。
その点、ドライブなら気持ちの切り替えも簡単。2時間近く余分に寝て居られる。
そんな理由から、約2か月ぶりの遠出はドライブオンリーで ^ ^

行き先はワンパターン? ビーナスライン界隈。



冬型には程遠いが天気図はドンピシャ! 眺望良好!と判断。




(2年前はこんな感じ)



霧ヶ峰~八島湿原、通年通行可ということはあまり知られていない。




雪少なっ!
風も穏やかなぽかぽか陽気(1℃! この時期のAM、氷点下で無いのは暖か過ぎ)
冬靴始め歩ける装備は持参してきたので、小一時間ハイキングをば、と思うも...
例年になく地味な景観に歩きスイッチ入らず (^_^;)
この季節は、真っ白+真っ青!※じゃないと。
木道も凍っていて危険だし。と、歩きたくない言い訳をあれこれ(笑)
※翌日8日、それなりの降雪があると思われる。この地域、南岸低気圧通過(いわゆる冬型気圧配置で無くても)でも降るから。

うん、それにしても穏やかな日 ^ ^
北八ツ・南八ツ、富士山、南ア、中ア、御嶽、乗鞍と望岳ドライブを楽しめたが、
北っ! 北を拝見していないではないか。

そうだ! あそこに行ってみよう。

R20塩尻峠から旧林道?(現塩尻市道)で標高差700mを駆け上がる。
いえいえ。のんびりと ^ ^
いや、↓暖冬とはいえ、ジムニーが最も苦手とするギミックも所々に出現。気なんか抜いてられない。



↓中にはこんなジムニー向きなところも。
針葉樹でありながら落葉樹! カラマツ林内を登るルートは明るく気落ち良い。



かつてのデートコース?
ビンボー学生向けの夜景スポット。
高ボッチ。





ここ来るの、学生時代以来。

今日は「ぼっち」で (^_^;)



穂高→槍の主脈、前衛の常念・大天井、そして蓮華以北の後立山連峰(=後立)
東面オールスターズ。
雪線の高さは例年では1ヶ月前の水準かしら。
白馬や小谷のスキー場は深刻な雪不足とのこと。
そんな暖冬の北アルプスにあっても後立の白さは他の稜線を凌ぐ。
気候の違い(内陸性気候と日本海側気候)の違いが判る。

大好きな猫耳さんをバックに↓↓



実は猫耳=双耳峰好き。
地域の低山から魔峰「谷川岳」まで2つのピークを持つ双耳峰は多々あれど、
その中でもとびっきりのビジュアルが「鹿島槍」
この山が大好きだ。
また吊尾根を歩ける日が来ることを祈って...



時刻は12:20
お弁当を広げているハイカーさんもいたので、自分も...
冬山では(冷たくなる、サイアク凍るので)お腹を冷やしてしまう「おにぎり」、具材が冷え易い「調理パン」はNG。
そんな登山の常識は周知しているが、今日はドライブだし。
お湯持参は自分の拘り。
ここは植生・気候・地形といい、火気の扱いは特段慎重にならねばいけない山であろう。

展望台のある駐車場で小1時間、陽だまりという言葉がちょうど良い車内でついウトウト。
まぁぁぁっ~たりした時間に浸る。
Fウインドが立っているジムニーは、シートを倒しても直接顔に陽が当たらないので快適。
ほぼ立方体の車内は適度にタイトでほどよい囲まれ感、1時間程度のぼっち昼寝にはサイコーの空間。

先に登山=非日常感に浸ること、と書いたが...
その非日常感を感じる一番の要素が「開放的な視界」である。他に「高山・亜高山植生」「火山地形」「岩峰」「雪山」「池塘」等...
要は樹が無いところを歩きたいということ。
当然、森林限界越えの高山(偽高山帯含む)や火山地形等を目指すことになる。
杉林内を歩く関東の1000m級低山では日常感を脱出することはできず、どうしても行き先は上信越国境から八ヶ岳、アルプスの稜線へ...

ドライブも同様。
やはりオープンビューを楽しみたい。
すると、必然的に行き先も登山と同じエリアの山岳路線となってくる。
グラベルコースについても同様。
林内が明るいカラマツ林や春先や紅葉期の落葉広葉樹林を求めると、ほぼ信州固定に。
(針葉樹といってもアレロパシー感満点なヒノキ林は林床がキレイで欝蒼感が低いので別格。
だから木曽エリアの林道は好きだった)

「んな山のノー書き垂れてるのなら、歩けよ!」とか、怒られそう。

高ボッチ山頂まで10数分歩けば360°のパノラマビューだが...

でも、ゴメンナサイ。
山歩きでも... キホン泥はNGなんです(汗)

南東方向は車窓より (^_^;)
甲斐駒・北岳・仙丈、南ア北部のトップ3。



翌日、雨が降り出す前に実家の片付け、午後は母の病院へ。
そんな予定があるので、深夜帰宅は避けたい。
日帰り温泉でも寄って帰路につくことにする。

↓諏訪湖岸の「片倉館」
あら、残念。外装改修工事中でした。(営業中)



ここのテルマエロマエな千人風呂、陽が高いうちに入ると格別。

「片倉館」



お風呂で温まったし、さて帰ろうか。



通常、ドライブルートは往復で同じ路線を走らないループ線(一筆書き)をキホンとしているが...
八ヶ岳東麓(R142)廻りは退屈なうえ、茅野市通過に時間を要す。
下諏訪からの和田峠(R142)は眺望無くつなんない。
往路同様に長野県道40号(諏訪白樺湖小諸線)で霧ヶ峰へ直登。
K40、厳冬期を除いては諏訪からの帰路に便利に使わせてもらっています。
(※実はビーナスライン白樺湖⇔霧ヶ峰間もこの県道)

霧ヶ峰にて。
既に日没後。日の入りには間に合わなかった。
前方は中央アルプス。



最近、スマホ画像ばかり... 銀塩はおろか、ミラーレスすら持ち出すのが億劫。
今日は持ってきたので、普段滅多に使わないエフェクト使って遊んでみた。
(霧ヶ峰・車山周辺にて)







20:00前には帰宅したかったが、上信越道は混んでいそうなので佐久からR254で下道帰宅。

年末年始、正月料理や醤油味の麺類はさすがに飽きた。
妙に「味噌ラーメン」が食べたくなって、国道沿いのFC店へ立ち寄る。
和田峠(有料料金)カットしたおかげででラーメン代が浮いたぜ(笑)

年初の走り初めドライブ、お天気にも恵まれてとても楽しむことができました。

2月に連続休暇が所得できたら、今年は雪山ハイクをしたいので...
次のロングドライブはGWかな。

今年も舗装・未舗装を問わず、山岳ドライブを楽しんでいきたいと思っています。
Posted at 2017/01/09 10:57:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
2017年01月01日 イイね!


良い年になりますように。
Posted at 2017/01/01 08:08:48 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記 | 日記
2016年12月31日 イイね!
静かな夕刻。

2016年の最後の夕暮れ。

帰宅時間の遅さ、休日の少なさ、脚の痺れ痙攣・腰痛、胃もたれは相変わらずだけど...

まぁ、平穏の範疇ってとこか。

但し、年度後半に入って腸炎やら母の入院やらクレイベ発生。

序盤は運気下降気味...?

母は歩行だけが病前の状態に戻らず、転院しリハビリ入院中...

いつもと違う年の瀬。

2017年。

来年は娘の独り立ちという大きなイベントも...

一攫千金、一挙両得、一石二鳥、

そんなバブルな劇的転換は望んでいない。

マイラッキーナンバー=17!

下降線が緩やかな上昇へ転じますように... ^ ^


本日の夕暮れではありません。あぁー 雪山行きたいな...
Posted at 2016/12/31 17:49:55 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記 | 日記
2016年12月14日 イイね!
母は術後の患部の回復は良好。

血腫は大きかったが、執刀医の「安全圏内」との見解どおり意識や言語に後遺症は無く、

右手も小さな字が書けるまで回復している。

問題は右脚。

ベッドから立ち上がることは出来るが、自立歩行には未だ難がある状態。

「家の中を普通に歩けるまで回復させる」というのが、術後に医師から説明を受けた病院側の治療方針。

昨日時点の医師の所見は、「右足の機能自体は回復しているが、暫く入院リハビリが必要」

但し、救急救命を主体とする国立病院は手術に特化している面があり、リハビリに割ける時間・施設・スタッフが限られているとのこと。

そこで、民間の「回復期リハビリテーション病院」への転院を薦められた。

そんな訳で、今日は病院の医療ソーシャルワーカーと面談。

仕事は早退。

(決断を求められるこのような面談はストレス性の持病を持つ妹には任せられない...)

前述のようなリハビリ専門病院は介護分野ではなく、医療の中のニッチな分野。

病床のパイは少ない。

加えて、12月。

名称どおり回復期患者を収容する救急性の無い病院ゆえ、年末年始は人員も手薄となるらしい。

来週以降になると、受け入れの相談自体も出来ない状態となるらしく、明日隣市も含めた3病院に掛け合ってもらうことになった。

年末には退院できそうだ(新年は家で迎えさせてあげたい)と思っていたが、残念。

外出好きだった母にとって、歩けない!というのは最も酷なこと。

本人が「このまま退院してもヤバい。リハビリを続けないと!」と強く思っているようなので、ポジティブに接してあげたいと思う。



ていうか、今回の病気(症状?)の原因...

絶対、出先で転がったか、頭ぶつけてるハズなんだよな... 

そそっかしいから。

本人は知らぬ存ぜぬだけど。
Posted at 2016/12/15 01:41:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記 | 日記
2016年12月11日 イイね!


実家の母が救急搬送され、開頭手術から6日目。

術後の患部の経過は順調。

血腫により脳が圧迫され、一時的な半身麻痺、失語、意識障害を発症していたので、血腫が除去されれば症状は一気に回復。

但し、身体の麻痺が始まってから何回か転倒しており、手足を打ったり捻ったりしているので、リハビリが必要。もう暫く入院の予定。

発症前は普通に家事をこなし、リフトアップジムニーに乗り降りできるレベルの運動能力は持っていた母。外出も好きだった。

意識は完全に戻ったが、身体のほうも今までどおりチャカチャカ動けるようになるかというと... 難しいかもなぁ。

高齢者は寝込んだり入院したりすると、病気は完治しても運動能力衰えるというし。



ベッドも電動式にしたほうが良いかな。

実家は母と妹の二人暮らし。

妹も20年近く体調が優れない状態が続いているので、動けるとこはうち(私・妻)が動かないと。

妹に負担が掛って、体調を悪化させてしまうと、こちらのほうが重病だ。

ただ、年内には都内に就職が決まった娘の部屋探しもしないとならないので、そちらは妻に任せて、

自分は当面実家のほうに傾注。

つか、この1週間で疲労困憊。

比較的健康だった年寄り(母)が一過性の病気で入院... それだけでこんなに疲れるのに...

認知症だった父を介護した母、それって凄いことだったのだと今改めて思う。

そんな訳でシエラたんに手を加えたいところがあるが、ピットインは来年までお預け。

ていうか、暫くの間妻とクルマを交換かな。

ジムニー、ヴィッツ、フィット... この中で退院後の通院には↓↓が最も適格だし。



Posted at 2016/12/11 02:19:02 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「来月からの工事に備えてバルコニーのロッカーの整理及び解体。これ…最後に使ったのは、マイカー全面規制前の小梨平。通算4・5回しか使ってないが、四半世紀前の代物じゃ劣化も激しいだろう。処分行きだな。」
何シテル?   01/15 15:50
ジムニー シエラに乗っています。 ドライなフラットダートや狭隘山岳舗装路を求めて信州中心にツーリングを楽しんでいます。標準径タイヤ・ノーマルエクステリアが前提...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
リンク・クリップ
シートヒーター個別ON/OFFスイッチ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/05 01:28:16
いすゞ乗用車の復活!?!?!? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/08/25 06:58:17
ファン
14 人のファンがいます
愛車一覧
スズキ ジムニーシエラ スズキ ジムニーシエラ
9型 LAND VENTUREです。2014年11月8日、納車になりました。 前後純正バ ...
ホンダ フィット(RS) ホンダ フィット(RS)
2014年3月1日 納車になりました。 対等関係な家族兼用車のはずだったのに... 軽 ...
いすゞ ジェミニ いすゞ ジェミニ
免許取得後初めての愛車。1985年5月の発表と同時に予約購入した最初期モデル。117クー ...
いすゞ ジェミニ いすゞ ジェミニ
JT191イルムシャーです。JT150、PF60ZZ/Rと乗り継いで購入しました。ジェミ ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.