• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
オーテックジャパン公式facebook Page も見てね!

すて☆るび夫のブログ一覧

2007年08月27日 イイね!

加速度っていうか減速G

加速度を示す単位は m/s2(2乗・・・書けない(爆))。一般的に地球上の(場所によってちょっと違うので)自然落下の加速度は9.806m/s2で、これを1Gと表現する。

市販車の加速Gはどれくらいかというと、普通のクルマが0.6Gくらいで、超高性能なスポーツカーでも1Gでるか出ないか。一方減速Gは普通のクルマでも0.8Gくらい出せて、ちょっと高性能なクルマだと1Gくらいは出ちゃう。旋回Gも似たようなもの。これがF1だと、加速が1.5G、減速はエンブレだけで1G、ブレーキングで4G以上出ちゃうらしい。ちなみにギネス級のジェットコースターで最大6Gというが、戦闘機の場合は9Gくらい平気で出るそうです。

パイロットには、体に対して上下のGが発生する。上方向の宙返りで高Gが発生すると血が下がり視界が真っ暗になり、下方向の宙返りでは血が上がって視界が真っ赤になるそうです(何Gくらいでそうなるかとか、そこから先どうなるかは晩御飯の時間も近いので自粛・・・)。

こないだテレビで、人間の限界Gがどれくらいなのかを人体実験で証明した(最終的に46G(たしか46だったと記憶)まで実験してまだ生きていたので、限界はもっと高いという結論)人の話をやってました。たしかアメリカの軍医で、戦闘機の安全性限界をどれくらいにするかに情熱をかけていた・・・とかいう話だった。

というのも、当時の常識で考えられていた限界Gというのは、その人が考えているよりもカナリ低かった。当時の戦闘機の破壊限界はそれに合わせられて設計されていたわけだけど、もしも人間の限界Gがもっと高いとしたら、本来救えた命も、戦闘機が破壊してしまったことで失っている可能性がある・・・という問題意識から、自らの体をもって人間の限界Gを証明した(そして戦闘機の破壊限界をもっと高くするべきだと知らしめた)という話。一時は軍から実験をストップさせられたり、体がボロボロになりながらも実験を続けたとのこと。なんか胸をうたれました。

クルマの安全性もどんどん進化しており、クルマの自爆事故で亡くなる方は減ってきているものの、まだまだ悲しい話は後を絶ちませんね。自動車メーカーがやるべきこと、ユーザーにやってもらうこと・・・いろいろあると思うんだけど、クルマは楽しい乗り物でありつづけて欲しいなぁ~。


ちなみに、46Gの減速Gを計測する方法は、線路の上にのせた台車に人間が座りロケットエンジンで発射させ、時速1000キロ以上から急激(1秒ちょっとで)に停車させるというものでした。体に対して前後方向のGを測ってるわけですね。46Gで停車すると、目の玉がとびだす直前くらいになるそうです。
Posted at 2007/08/27 19:14:43 | コメント(6) | トラックバック(0) | 日産 | クルマ
2007年08月21日 イイね!

鈴鹿1000km 応援ありがとうございました!

ねぶ太です。
現地では携帯から画像無しでの投稿だったのでイマイチ現場の雰囲気をお伝えできませんでしたが、遅ればせながら現地の模様をご報告します。

決勝日朝はホテルからサーキットへの途中、晴れているんですが時折雨がぱらつく変な天気でした。それにしても暑いっ!車の中はねぶ太の願いでエアコン全開です。
そしてドライバー全員集合です。ウエイトも軽くなり決勝に向けてやる気十分!松田選手もちょっと緊張気味かも?


実ちゃん、酒本ちゃんをはじめとしたニスモチームのレースクイーンの皆さんも元気全開です。最近うちの会社の某W君が自称公式カメラマンとして写真を撮ってくれるんですが、これがうまい。お客様の隙間からいつも頑張って撮ってくれています。ありがとうW君!(もっとねぶ太が仕事してるとこも撮ってね!)
それにしてもスタートドライバーのクルム選手は暑そう。おでこをしっかりと冷やしてました。松田選手も気合十分。





そして気温34度、路面温度50度オーバーの元でレースがスタート!長い1000km先のゴールを目指します。



そして悲劇はおこりました。最初のドライバー交代の直後の周回で、ピットアウトした松田選手が、な、なんと23号車と接触してグラベルへ・・・空回りするタイヤを見て悲鳴が!なんとかグラベルから脱出したものの大きくタイムロス。
今回の鈴鹿1000kmではZ勢に悲劇が降りかかりました。カルソニックZはピットで炎を上げ一瞬ヒヤッとしました。ウッドワンZはホームストレートエンドでの攻防の末ウォールにヒット、こちらもかなりヒヤッとしました。ホントZ勢には厳しい展開でした。

いろんな意味で目が離せない中でもプチオフは予定通り実施です。
昨年同様真夏の鈴鹿は応援するほうも暑さとの戦いです。そんな暑さの中今回もたくさんのお客様に来ていただきました。




汗びっしょりのねぶ太はお渡しする豪華粗品にも汗がぽたぽた・・・ごめんなさい!
皆様からの「ねぶちゃん頑張ってね!」「応援してるよ、オーテック!」の激励が元気の元です!そして、な、なんと差し入れまでいただいちゃいました。うなぎパイ・・・ムフッ、これで元気でまくりです。早速みんなでいただきました。美味かった~ホントごちそうさまでした!(夜のお菓子なんだけど夜まで持ちましぇ~ん)


レースもいよいよ終盤というところで実況のピエールさんの悲鳴がっ!
「お客さ~ん、西の空が怪しいで~す」
「落雷があるようで~す」「気をつけてくださ~い」
「おーっと西コースでは既に土砂降りで~す」
そうです。雨が一気に降ってきました。各チームが一斉にレインタイヤへチェンジするためピットインでばたばたしているうちに23号車のザナヴィZは的確なピットワークで3位へ浮上!
コース上は混乱しておりスピンあり、コースオフありと大変です。しかしそんな中でメチャクチャ激走しているクルマが1台ありました。クルム選手のドライブする我らがモチュール オーテックZです!飛びぬけたタイムでラップを重ねます。あれよあれよという間に6位まで浮上です。すげー、カッコいいぞー!


いろんなことがあった1000kmもいよいよゴールです。
雨を味方につけたタイヤチョイスで勝負に出て最後に逆転勝利した宝山トムスチーム、おめでとうございます!敵ながらお見事です。
そして雨の中の混乱にも冷静に対応し、抜群のピットワークで3位をゲットしたザナヴィZ 23号車も素晴らしかったです。チームスタッフのガッツポーズにも自信がみなぎってました。表彰式では本山選手がチームスタッフと応援団のおかげ、と言ってました。日産応援団は今回も気合十分、どこよりも大きな5mオーバーの旗が1000kmのゴールまで途切れることなくたなびいていました。最高ですね!


戦いを終えた22号車が帰ってきました。1000kmを最後まで戦い抜いた姿はどこのサーキットで見るよりもカッコよかったです。松田選手、不運もありましたがお疲れ様でした!(交代後かつぎ込まれてましたが大丈夫でしたか?)
最後まで攻めて見せ場を作ってくれたクルム選手、ホントお疲れ様でした。カッコよかったです!
そしてドライバーとマシンを支えてくれたニスモチームの皆さん、本当にお疲れ様でした。やる気満々で臨んだ鈴鹿でありましたが、いろんな混乱の中ということを考えると、素晴らしい仕事だったと思いました。(ホントはちょっと悔しいけどね)


次回は場所を関東に移して第7戦のもてぎです。
もてぎを入れて残すところ今シーズンも残り3戦です。やっぱり22号車の優勝見たいよ~。表彰台のてっぺんに上るクルム選手と松田選手を見たいよ~。
そのときに備え大事にとってあるねぶ太の嬉し涙はもう満タンです。準備オッケー、いつでもこいって感じです。
頑張れモチュール オーテックZ!
Posted at 2007/08/21 20:37:52 | コメント(8) | トラックバック(1) | モータースポーツ | 日記
2007年08月19日 イイね!

1000kmお疲れさん!

ねぶ太です。
暑い長い鈴鹿も宝山トムスの優勝、ARTAの2位、そしてXANAVI 23号車は3位表彰台ゲットで幕を閉じました。トムスチームおめでとう!
我らがモチュールオーテック22号車は粘りの6位をゲットしました!序盤のトラブルが最後まで響きました。でも1台を表彰台に上らせたニスモチーム素晴らしいです。みなさん、ホントにお疲れ様でした。
暑い中鈴鹿で応援してくれた皆さん、テレビ&パソコンの前で応援してくれた皆さん、ホントにありがとうございました。!

Posted at 2007/08/19 19:20:08 | コメント(6) | トラックバック(0) | モータースポーツ | モブログ
2007年08月19日 イイね!

雨キター!

ねぶ太です。
きたよ~。そしてライトオン!
Posted at 2007/08/19 17:42:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | モータースポーツ | モブログ
2007年08月19日 イイね!

雷もキター!

ねぶ太です。
いゆいよ終盤戦です。苦戦してます。
この雷が吉とでるか凶とでるか?
Posted at 2007/08/19 17:27:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | モータースポーツ | モブログ
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「日産セレナに新たな個性、AUTECH登場。 http://cvw.jp/b/210503/40985767/
何シテル?   01/16 18:59
(株)オーテックジャパンの すて☆るび夫 です。 オーテック? そう、日産直系のカスタムカーメーカーのオーテックです。 メルマガでは新商品情報や、オフ会...

ユーザー内検索

<< 2007/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

試乗車・展示車検索 
カテゴリ:日産自動車HP
2006/07/05 15:40:58
 
商品の情報はこちらから 
カテゴリ:オーテックジャパンHP
2006/07/05 15:31:52
 
オーテックって何? 
カテゴリ:オーテックジャパンHP
2006/07/05 15:29:54
 

お友達

オーテック車オーナーの方に限らず、どなたでも大歓迎です。

私からお誘いするのは控えていますが、こんな私でよかったらお友達になってくださいね~♪
1146 人のお友達がいます
♪河童~(札幌)♪河童~(札幌) * 心咲パパ心咲パパ *
キリン@伊丹キリン@伊丹 * まなはやまなはや *
NISMOキッドNISMOキッド * 鉄仮面鉄仮面 *

ファン

969 人のファンがいます

愛車一覧

日産 ノート eパワー ノート シーギア (日産 ノート eパワー)
ノート シーギアです。 オーテック扱いディーラーオプションのデカールキット(ドアミラー ...
日産 ノート eパワー ノート モード・プレミア (日産 ノート eパワー)
ノート モード・プレミアです。 カラーバリエーションはこちら 関連URL:ノート モ ...
日産 エクストレイル エクストレイル モード・プレミア (日産 エクストレイル)
エクストレイル モード・プレミアです。 関連情報:エクストレイル・モードプレミアWE ...
日産 エクストレイル エクストレイル エクストリーマーX (日産 エクストレイル)
エクストレイル エクストリーマーXです。 関連情報:エクストレイル エクストリーマー ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.