車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年10月10日
【 70's J-car selection 】vol.20 サバンナGT
【 70's J-car selection 】vol.20 サバンナGT サバンナGT S124A(1972)

1970年代の日本ツーリングカー・レース史上に「連勝記録」を刻んだスカイラインGT-Rだったが、もちろん、ライバルはいた。その最強のコンテンダーは、軽量にして強力なロータリー・パワー。ストリートで、そしてサーキットで、ロータリー搭載車はスカイラインに果敢に挑んだ。そのロータリー軍団を代表するモデル、それがサバンナだった。

サバンナは、こうした実績と歴史から“ロータリー・スポーツ・スペシャルティ”といったイメージがあるが、デビュー当初は、エンジンこそロータリーだけだったものの、クーペ・ボディ以外にもセダン・バージョンがそのラインナップにあった。そして、このセダン・ボディのレシプロエンジン版が、グランド・ファミリアという名で売られていたというのは、もはや記憶の彼方か。

そして、高性能車としてのサバンナの名を不動のものにしたのが、1972年に登場したこの「GT」である。これは、搭載するロータリーエンジンを、それまで上級車用であった「12A」に換装したモデルで、つまり、小さなガタイに一回り大きなパワーユニットを組み合わせるという手法のスポーツ車だった。そのパフォーマンスは、120psのパワーで、ゼロヨンは16.0秒、最高速は190㎞/h。これは掛け値なしに当時の最高レベルで、ちなみに、GC10“ハコスカ”GT-RのS20ユニットは160ps、最高時速200㎞/hというデータが発表されていた。そして、GT-Rのゼロヨンのタイムは16.1秒だった。

これでわかるように、このサバンナGTは、性能的にはGT-Rに勝るとも劣らず、そしてコンパクトさとパワーウェイトレシオを生かして、こと運動性においては、スカイラインGT-Rすら凌いでいたと見ることができる。

また注目すべきは、当時の排ガス規制で、他の高性能車が撤退を余儀なくされた中で、このロータリー・サバンナはしたたかにサバイバルした。「GT-AP」として、AP=アンチ・ポルーション(低公害)仕様に脱皮し、排ガス規制とオイルショックに見舞われた1970年代“クルマ冬の時代”を、スポーティな高性能車として生きつづけた。こうした実績があって、70年代後半の1978年には、今度はセダンと共用などではない「純スポーツカー」としてのサバンナ(RX-7)が華やかにデビューできた。こうした歴史にもつながっていく。

○フォトは1971年デビューの基準車。

(ホリデーオートBG 2000年3月より加筆修整)
ブログ一覧 | 00年代こんなコラムを | 日記
Posted at 2016/10/10 11:41:28

イイね!0件



タグ
この記事へのコメント
コメントはありません。

おすすめアイテム

 
 
スペシャルブログ 自動車評論家&著名人の本音
プロフィール
「映画『コクリコ坂から』~1963年的「細部」とクルマが気になる 《6》 http://cvw.jp/b/2106389/38943263/
何シテル?   12/02 13:43
家村浩明です、どうぞよろしく。 クルマとその世界への関心から、いろいろ文章を書いてきました。 「クルマは多面体の鏡である」なんて、最初の本の前書きに...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ファン
85 人のファンがいます
愛車一覧
スバル R1 スバル R1
スバル R1に乗っています。デビュー時から、これは21世紀の“テントウムシ”だと思ってい ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.