車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年10月11日
【 70's J-car selection 】vol.21 プレリュード
【 70's J-car selection 】vol.21 プレリュード プレリュード SN(1978)

1970年代にホンダが送り出したシビックやアコード。これらは「ファミリー・カー」としては異様に“スポーティ”だったともいえるが、しかし、ジャンルとしてはあくまでも乗用車系。かつて「S」シリーズを作ったホンダはどうしている?……という声が聞こえた──というかメディア側が騒ぎ始めた(?)1970年代の後半。ついにホンダからスペシャルティ・クーペが登場した。

その車名が「前奏曲」という意味だったために、いったいこれは何の“前触れ”なのか。この後に、どんな“ホンモノ”が登場してくるのかといった期待で、一部メディアはさらにヒートアップしたが、その通りにこれ以後、インテグラ、バラード・スポーツCR-X、さらにはNSXと、1980年代のホンダは「スポーツ路線」を拓いていく。

プレリュードのこの初代は、エンジンはパワフルではなかったが「足」や挙動を楽しむといった“まとめ”のクルマだった。しかし、その室内の「狭さ」は、クーペといえどもちょっと許容範囲外であり、このモデルは不発に終わる。ただし二代目以降、少なくとも前席においてその種の不満は解消され、さらに「2+2」のシート構成を逆手にとった「デート・カー」という巧みなアピールも功を奏して、スペシャリティ・カーとしては異例の(二代続けての)ヒット作となった。

(ホリデーオートBG 2000年3月より加筆修整)
ブログ一覧 | 00年代こんなコラムを | 日記
Posted at 2016/10/11 22:28:56

イイね!0件



タグ
この記事へのコメント
コメントはありません。

おすすめアイテム

 
 
スペシャルブログ 自動車評論家&著名人の本音
プロフィール
「映画『コクリコ坂から』~1963年的「細部」とクルマが気になる 《8》 http://cvw.jp/b/2106389/38975067/
何シテル?   12/08 18:07
家村浩明です、どうぞよろしく。 クルマとその世界への関心から、いろいろ文章を書いてきました。 「クルマは多面体の鏡である」なんて、最初の本の前書きに...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ファン
85 人のファンがいます
愛車一覧
スバル R1 スバル R1
スバル R1に乗っています。デビュー時から、これは21世紀の“テントウムシ”だと思ってい ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.