• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年10月14日

【 70's J-car selection 】vol.23 セドリック430

【 70's J-car selection 】vol.23 セドリック430 セドリック5代目 430(1979)

この「430セドリック」は、「4ドア・ピラーレス・ハードトップ」というボディ形状を拡販に結びつけた高級車として、日本クルマ史に記憶されている。また5代目として、セドリックの歴史で中興のスマッシュヒット作でもある。

セドリックの場合、おもしろいことだが、基本的には“VIP向けの高級車”でありながら、ヒット作になるかどうかは、その「VIP色」の濃淡とサジ加減がけっこう微妙である様子。……というのは、セドリックらしく(?)豪華絢爛にVIP向けとして、また金ぴか&オヤジ風を強調すると、どうもマーケット的にはハズシがち。一方で、かなりヤング・アット・ハートに、もっといえば、ガキっぽさ寸前といった感じにデザインやイメージをまとめると、これが意外に好評を博す。こうしたことの繰り返しなのだ。

下世話には、セドリックを買った年配のカスタマーが周囲から「お若いですねえ!」といわれそうなモデルの場合はヒットし、そうでない“ダンナ仕様”では販売が伸び悩む。このようにまとめることができるのかもしれない。つまり、ことほどさように、オカネモチの中年男は「若い!」という言葉に敏感らしいのである。

そのあたりの“機微”を知ってか知らずか、ニッサンはこの「430」には、「速さ」がウリのスカイラインよりも先に、日本の市販乗用車として初めてターボチャージャーを装着したモデルがラインナップに加えられた。「4ドア・ピラーレス・ハードトップ」の提案だけでなく、「ターボ」もまた、この「430」の新しさだったのだ。

そして後年、セドリックの“ヤング・アット・ハート路線”は、1980年代末から1990年代に「Y31セドリック+グランツーリスモ」~「初代シーマ」という二つのモデルで、もう一度、豪快にサクセスすることになる。

(ホリデーオートBG 2000年3月より加筆修整)
ブログ一覧 | 00年代こんなコラムを | 日記
Posted at 2016/10/14 11:49:27

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

“その後”について ~ 1987年 ...
家村浩明さん

ヤマダ模型、1/25 230セドリ ...
覆面えるさん

トミーテックが怖い…ww
t.yoshiさん

スーパーカスタムからブロアムへ昇格 ...
チャンピオン シロナさん

シャコタンケンメリ。
みみみのミィさん

あぶない刑事 港署のクルマたち( ...
仙台鋭志さん

この記事へのコメント

2016/10/15 20:15:54
こんばんは。
日本初の4ドアピラーレスHTは、230型なのですが。。。
330型など、排ガス対策規制期に発売された車の多くが’70年代のデザインソースをそのまま使った結果、みなジジくさくなっていたように思います。そんな中の角形ボデーですから、さぞかし目新しく映ったことでしょうね。
コメントへの返答
2016/10/15 21:06:22
moto('91)様、こんばんは。コメントありがとうございます。

なるほど、ご指摘の通り、歴史としては「4ドア・ピラーレス・ハードトップ」という形状の提案は「230型」で既に行なわれていましたね。

当時の業界(メディアなど)が「430型」で騒いだのは、「この形状+ヒット作」ではこのクルマだ!いうことだったのでしょう。私の場合、その記憶に囚われすぎていたようです。

ご指摘、ありがとうございます。史実は大切にしたいので、歴史として読んで問題がないように、記事を訂正致します。また、誤った内容をいったん記事化しましたことをお詫びします。

おすすめアイテム

 
 
スペシャルブログ 自動車評論家&著名人の本音

プロフィール

「【 20世紀 J-Car select 】vol.14 スカイラインGT S-54 http://cvw.jp/b/2106389/39179052/
何シテル?   01/15 10:59
家村浩明です、どうぞよろしく。 クルマとその世界への関心から、いろいろ文章を書いてきました。 「クルマは多面体の鏡である」なんて、最初の本の前書きに...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

ファン

92 人のファンがいます

愛車一覧

スバル R1 スバル R1
スバル R1に乗っています。デビュー時から、これは21世紀の“テントウムシ”だと思ってい ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる