• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2008年01月23日

累計走行距離4万キロ目前

累計走行距離4万キロ目前 いや~、この車走行すればするほど、自分のイメージとシンクロし、ますます好きになっていく不思議なものです。新車から1年で4万キロなんて、20年の車歴の中でも初めてです。今までは多くても年間2万キロ強でしたのに。なぜこれほどまで中毒のように運転に嵌るのか、暇(悲しいかな)なので、考えてみたいと思います。

  1)もともと車の運転が好きだった。

今も貧乏ですが、20代の頃はもっと貧乏だったので、車を買いたくともお金がなく、少ないローンさえも苦しかったので、購入できたのは中古のランサー(ミラージュだったかな?)4ドアセダン。買ったときは4万キロで壊れまくって廃車にしたのは12~3万キロ。

20台半ばに結婚して、更に金欠状態に。給料支給日の10日ぐらい前から500円以上の昼ごはんを食べるお金がなく、同僚に誘われても「ダイエット中」とうそをつかざるを得ない毎月。そのときの嫁さんが左ハンドルのメルセデスベンツ信者で、金もないのに3年落ちの子ベンツをローンで買う羽目に。見栄えはいいかもしれないが、運転して楽しくない。直列6気筒エンジンのであれば楽しそうだったが、高すぎて手も足も出なかった。

20代後半から趣味がオフロードバイクに傾倒し、40チョイ過ぎまでオフ一色に。転倒して複雑骨折して2年ほどブランクが空いたけど、懲りずにトランポまで買って、のめり込んだ30代でした。トランポの用途が主だったので、運転が楽しいはずはありません。まあ、2400cc四駆のステップワゴンは意外にも雪道走行が楽しかったですが。しかし、この雪道走行の楽しさを知ってしまったのが運のつき、これから車に嵌っていきます。

  2)MSアテンザは何か自分の感性に訴えかけてくるものがある

ユーザレポートでも書きましたが、すべてが洗練されているわけではないのですが、車を操作し、走行させる喜びみたいなものがあるようです。おそらく、作り手の考え方や気持ちが、「儲かる儲からない」という企業であるためのもっと重要な価値を越えたところにある「熱い思い」がほとばしっているのかも知れません。私にとってこの車が初めてのマツダ車だったのですが、この車のおかげでマツダという企業が好きになりました。その反対の意味で、ステップワゴンを乗り続けたおかげで、運転の楽しさから自然と目を背けるようになり、本田という会社が嫌いになりました。今までホンダ車はバイクで3台、自動車で3台も購入していたのですが。米国での大成功、フィットの成功、ロボットや航空機の開発など、企業としてはすばらしいと思わないでもないですが、何か心に響かないんですよ。

 3)車としてのハードウェアーがしっかりしている

まずは何よりシートです。100km以下の短距離ならいざ知らず、長距離を走行すると、一番体に接触しているシートの質は「もっと乗りたいか、乗りたくないか」を決める最も大切な要素だと思っています。この車のシートは横Gに対するホールド感はあまりないのですが、大ぶりで、座面や背面に適度な反発があり、腰痛になりにくい良いシートです。一日300~400km(一般道)、500~700km(高速道路)は平気で移動できます。マツダはこの車に限らず、昔から結構シートは良かったというイメージがあります。20~30年前のファミリアを親が所有していましたが、シートだけは良かった。義理の兄弟が所有していたホンダシビックSIRのバケットタイプシートはよかった。今のタイプRもいいと思う。アウディ、ボルボ、ワーゲンも良いシートを採用している車種が多いと思う。私が所有したメルセデスはなぜか、シートが良いとは感じられなく、自己評価の中ではメルセデスは日本における価格と反比例して、低い。スカイラインのシートは、短時間の試乗だけだが、よさそう。トヨタはタクシーやレンタカーを含めて、良いシートと感じたことがない。専門メーカーのレカロはいいです。

ボディーの強さ、サスペンションの味付けもあらゆる路面状況に高いレベルでバランスよく設計されていて、不愉快に思う速度域が極めて少ない。ゆっくり走行しても、渋滞に嵌って、高速走行しても疲れにくいのだと思います。とくにビルシュタインの設定は最高ではないでしょうか。

トルクが低速から十分に出ていて、淀みなく7000回転近くまでふける。いろいろなインプレッションを見るとMSアテンザの場合、6000回転近くから上は積極的に使いたいというのが見当たらないのですが、M'zTuneの場合、5000回転後半~6000回転に一番高いパワーが出ている感じがするので、7000回転はあっという間です。それでも、一般道を流れに沿って走行する上では、2000回転も回っていれば十分。直墳エンジンのおかげか、イリジウムプラグのおかげか、1000回転を下回るときでもノッキングは一切起こらず、低速域が扱いやすい。2500回転からトルクがぐっぐっと盛り上がり始め、3000回転以降はいっちゃった~状態の加速が穏やかに?6000回転ぐらいまで長く続くので、公道では十二分。

燃費が良い。購入当初は、7~9km/Lでしたが、走行距離が伸びれば伸びるほど燃費は良くなり、最近は悪くて8km/l台前半、燃費を意識すると11km/L台、気軽に3000~4000回転踏んでも平均9.5-10.5km/Lです。ハイオクというネガはありますが、動力性能とのバランスで悪くない点は、助かります。給油警告ランプ点滅は520~530km走行後あたりです。
ブログ一覧 | Milestone | クルマ
Posted at 2008/01/23 10:37:33

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

この記事へのコメント

2008/01/23 11:41:59
あーーこのエントリ読んでたらまた「M's Tune欲しい病」がうずいてしまいました、、、(最後の新車だったしなあ)
もうすぐ引越しなのですが駐車場が確保デキてまだ新車があったら買っちゃおうかなあああ???<なんちて
#雪道は走らないと思いますが(^^;
コメントへの返答
2008/01/23 21:01:29
エンジン回転の質感はワーゲンの直噴ターボのほうが洗練されていますよ。MSアテンザはフルに加給し始めるまで正直質感低いです。また、加給が2000回転以下の1500回転ぐらい?から始まるワーゲンのほうが普通のユーザには分かりやすいですよね。でも、四駆システムの味付けやズームズーム感覚はマツダの良さもあるし、どちらもいい車ですよ。是非2台所有して比較インプレを。
2008/01/23 20:05:50
読んでいて、私もM's Tuneが欲しくなってきました。
コメントへの返答
2008/01/23 21:27:48
いい車ですよ。MSアテンザでさえ少ないところ、さらに数が少ないので所有者にしか分からないところが良いのか悪いのか。数多く売るつもりがなかったのか、あまり宣伝しなかったですよね。「分かる人だけが買ってくれれば良い」って感じでしょうか。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「まだ生きているぞ。4ヶ月ぶりにパソコンでネット接続しただ」
何シテル?   05/04 09:34
マニュアルミッションにしてから運転好きに 直噴ターボ、ちょい刺激的でリーズナブル 毎日のジョグが習慣なのか趣味なのか、 走らないと調子悪い体に ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お友達

去る者追わず、来るもの拒まず
22 人のお友達がいます
タッちゃんのパパタッちゃんのパパ カズーイカズーイ
ケントマンケントマン 静爾 優静爾 優
モイストシルバーモイストシルバー たかPたかP

ファン

9 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック) マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック)
マツダスピードアテンザからの乗換です まだ納車前ですが、 4WD → FF 動きが軽 ...
その他 その他 その他 その他
山のトレッキング仕様(ツーリング性能&快適性排除)。最近は車の利用が多く、月に1回ぐらい ...
その他 その他 その他 その他
公道走行可能なトライアル車。 残念なことに、今は、倉庫で再活躍の日を待っている。トラン ...
マツダ アテンザ マツダ アテンザ
(18 July 2008 時点のレビュー) MSアテで気に入っている点(あまり知られ ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.