車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月15日 イイね!
強烈な寒波が来ているとのことで、ここ仙台も寒さが増しています。
雪も断続的に降っていて、急に冬が本格化した感じがします。


さて、今回はちょっと珍しい(?)純正OPが入手できましたので紹介します。

パジェロには車両に取付ける以外のOPも多数ありましたが、その中の一つであるルーフタラップ(折り畳みハシゴ)が格安ジャンクで入手できました。


「パジェロにて使用」とのことで、何となく見覚えがあったのでOPカタログを見ると…ありました。


ルーフタラップ MZ534525
雨樋に引っ掛けるタイプなので、パジェロ以外にも高さが合えば使えそうです。
入手時は残念ながら、畳んだ際のロック部が割れていましたが…


「インシュロック(タイラップでも可)を通してね」と言わんばかりの穴がありましたので、無事修理できました。


なぜかとても気に入る仕上がりになりました。経年劣化はありますが、他に不調はないようです。
では、実際に掛けてみたところを。


せっかくなので、カタログと同じアングルで。ちょっと傾きが大きいような? ただ、登ってみた感じは問題なさそうです。
せっかくリアラダーもあることだし、次はルーフキャリアでしょうか。そうするとますます洗車がしずらく…うーん。


そして、昨年末に交換して部屋に置いた純正シートの再利用について。
とりあえずあわせてみましたが…


座面まで約60cm。やっぱり高すぎになりました。
カラーアングルを使ってオフィスチェアの足とのステーを組みましたが、足も自作したほうがいいかも。

さて…こう寒くて雪も降っては屋外作業は厳しいです。コルトプラスのほうも部品が揃いつつあるので、早く気温が上がって欲しいところです(杉花粉は嫌ですが…)。
春はいつ来る、まだ遠かろう。デコトラ伝説ですね。
Posted at 2017/01/15 23:35:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | | クルマ
2017年01月01日 イイね!
新年となりました。
無事迎える事が出来、嬉しくまたありがたく思います。
皆様、今年もよろしくお願い致します。

昨年の年越しですが、例年通り掃除の時間が押してしまい、PCとキーボードの分解清掃やら、棚の拭き掃除やらが終わったのがなんと23:50頃。そこから年越しとなるわけですが、私はテレビを見ないので、せっかくの機会と思い真空管ラジオをつけてみました。


今回のラジオは昭和13年製の「満洲電信電話 標準型四号受信機」です。
その名の通り満洲向けに製造されたもので、他の機種と共に国産機をベースにMCしたものです。
当時FMなんてありませんので、AMでの受信になります。あえて中波帯とかBC帯なんて書いたりして。


…というわけで、元日ですが車いじりです。
私の場合、元日は特にする事が無い(初詣は大体2日か3日に行きます)ので、いつもどおりに過ごすのが通例となっております(笑)

では、近所の神社から聞こえてくる雅楽をBGMに作業した記録です。

昨年終わり頃の更新で一言書いた事ですが、テール・ブレーキランプのLED化について判っていた事があります。それは、「素直にバルブを差し替えただけだと、アイドリング状態でライトONした際、ブレーキ状態で点きっぱなしになる」という症状。

上記の症状、回路的な誤動作か、警告灯代わりの動作かな…という予想でしたが、ゴースト点灯以外にそれらしい情報も無かったため、購入店へメールしてみました。
翌日にすぐご返信頂き、やはり警告系の動作ではないでしょうかとのことで、アドバイス通り片側のみLED(もう片方を純正バルブ)としたところ無事動作しましたので、その後警告灯キャンセラ抵抗を追加購入しています。

ではいつも通り写真です。
点灯状態の写真はしばらく前に撮ったもので、上記トラブルの発覚直前のものです。
見た目は変わりませんのでそのまま使います…

まずは純正バルブ状態での点灯。
リバースへ入れてブレーキを踏んでいます。


普通です。

ここからはLED化の準備作業になります。
まずはリアコンビランプを外し、抵抗の設置から。


いつものようにアルミ板でステーを自作して、抵抗から距離を置いたところで耐熱両面テープでボディに付けています。
ウェザストリップの横で付近を水が通りそうな事と、バンパとランプハウジングが近いため樹脂部と距離を置きずらいことに悩んだ末、この場所と形になりました。ステーを下からの立ち上げ式にして水から逃げると共に、出来るだけバンパから離すよう作ったつもりです。

次は配線加工です。
今回、ライト点灯時にブレーキの方が点いてしまうということで、ブレーキランプの+線とアースの間をバイパスします。ブレーキランプとの並列です。…が、何を勘違いしたのか、最初にテール側を分岐してしまい、写真はその時のものとなります(注釈は入れましたが…全くお恥ずかしい)。


3本の線の内、テールは緑に白帯、ブレーキは緑の線になります。抵抗を入れる場合、緑線と黒線をそれぞれ分岐させて接続します。


抵抗にはエレクトロタップが付いてきましたが、私はギボシやスリーブ派なので分岐タイプのギボシで配線しました。


抵抗の引き出し線にもギボシを付けて、差し込めば完成。
もし元に戻したくなっても、抵抗への線を抜いてバルブを交換するだけでOKです。
なお、間違ってテール側にも分岐ギボシを付けてしまったので、そちらはハーネステープで絶縁処理です。

では点灯。


ブレーキの違いは写真では微妙ですが、リバースはしっかり白くなっているのが判ります。

今回のテールLED化には抵抗を使いました。気温の上がる季節になったらウインカーもLED化します(材料は揃ってます)が、そちらも抵抗でハイフラ対策となります。
抵抗を使ってしまうと省電力化という意味では効果は疑問符が付いてしまいますが、球切れの心配が減る利点は残りますし、何より見た目の効果が大きいので十分ありだと思います。
また、ハイフラ対策については本当はリレー交換が一番なのですが、コルトはETACSのECU一体リレーなのでNGです。レギュレータという手もあるようですが、それなりに金額がかかりますので抵抗で進めるつもりです。
Posted at 2017/01/01 18:36:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車(コルトプラス) | クルマ
2016年12月30日 イイね!
コルトプラスの作業も今年最後となりました。
記事も今年はこれで最後となりそうです。

今回は同時にやりたかった2つの作業、インパネトレイとETC。
インパネトレイはご存知の方も多そうな、コルト初期からの純正OPですが、なぜETC交換も同時なのかというと…


今までのETC車載器がアンテナ一体だから。

以前知り合いが買ってくれたもので、私(車を持っていなかった頃)が付けたのですが、申し訳なくも「一体の方かよ」…なんて思ってまして。
位置や角度を説明書に倣って付けてみると、まぁなんというか…うん。
私のパジェロとか、実用車なら似合うし使い勝手も良いのですが、コルトだとどうも…レンタカー風というか営業車っぽいというか。
あと、当時の私がなんとも言えない線の這わせ方をしているのも気になり。

ということで、今回はアンテナ別体のものに交換します。
中古ですが、年式も新しくなります。


三菱電機のEP-9U714VB、EP-7314B/BRKがセット型名とのこと。
以前は大型トラックに付けていたとのことで、アンテナのオンダッシュ用ブラケットも付いてきました。
今回、車載器は運転席側のインパネ下部小物入れ、アンテナはフロントウインドウ上部に取付けます。


では作業の様子を。

まずはインパネトレイ交換ということで、カバーを外します。
定番(?)の、グローブボックス裏から手を入れて、カバーのピンを押し上げる方法です。
ナビ(MMES)裏の配線から分岐するため、センタパネル周辺も分解します。


センタパネルは、両側のアクセントパネル(シルバーとか赤とか木目とかの)を外した後、アクセントパネル裏にあるビスを外すと取れます。

当時の私は、ナビユニットに配線分岐カプラを噛ませてETCの電源を取っていましたので、それはそのまま継続利用です。今回の機種はACC電源のみで動作するタイプですので、単純にプラスとアースのみの接続となります。


ナビも外して、分岐カプラからの線に繋ぎました。
そこから通線ワイヤを使って、ステアコラム下の小物入れへ通しました…写真忘れ失礼。

なお、インパネトレイはMMES装着車不可となっていますが…どうもGPSアンテナの位置が理由らしい。



数cm横に移動しても影響は無いでしょう。
但し、いつも通りマネは自己責任で。
ETCアンテナも同居を考えましたが、こちらは安全上の不安があることと、せっかくアンテナにLEDの状態表示ランプが付いているので、素直にウインドウ取付けにしました。


鉄板製のステーを外して、引き出す穴も横へ移動しました。
これでトレイの隙間に収まります。


無事付きました。
トレイ自体は情報が多いのですが、MMESとの同居についてはほぼゼロでした…一応、可能ってことでご報告です。

今回使用のトレイは、MZ520626になります。
トレイにもいくつか品番があり、こちらはコルト・コルトプラスのウォーム内装用です。
コルトだと中期なんでしょうか。プラスだと前期?

次にアンテナを取付けますので、まずはAピラーのカバーを外します。


写真の通り、はじめにウェザストリップを引っ張って外し、カバーは上部から内側へ引っ張って外します。結構硬くはまっているので、割らないよう注意…家周辺の本日の気温は5℃らしいですが、素手でも大丈夫でした。一応。

アンテナ線はラジオアンテナに沿って設置して、アンテナ本体はルームミラー横辺りに付けました。


日よけのデカール(車検対応品)を貼っているので、その横に付けました。車両中央から左右30cm以内が推奨位置とのことで、その範囲内です。

また、電源線と同様に小物入れまでアンテナ線を引き込みます。


変な写真ですが、ステア下に少し見えている黄色線が、手前でボケている通線ワイヤの先です。

最後に車載器に電源線とアンテナ線を繋ぎ、両面テープで小物入れ上部に貼付け。
純正ステーが付いてきましたので、両面テープの貼り替えでOKでした。

外しておいたバッテリを繋いでキーをACCに。
「カードヲイレテクダサイ」が聞こえましたので、後は元に戻すだけ。


完成です。

目に付くところから端末が居なくなり、すっきりしました。
あとは出来るだけ早く再セットアップしてもらうだけです。同タイプの車種で移設した場合でも、「別個体に移したら再セットアップしてね」という決まりだそうですので、サボらないよう注意です。
ディーラの初売りには行くので、その時に予約しよう。そうしよう。


そして今回の「など」ですが、日付的にはしばらく前、数年間放置していたエアコンフィルタを交換しました。
少々臭くなってきていたのですが、自分のパジェロはフィルタが存在しないのですっかり忘れていました。


上が交換前の純正フィルタ、下が交換するデンソーの抗菌フィルタです。
説明書には「車体側を一部切取ります」とありましたが、既に切られていました(?)のでただ差し替えるだけでした。
結果、風量が増して臭いもなくなりました。

急遽始まったリフレッシュ企画ですが、来年もやって行きたいと思います。
パジェロの記事共々、お読み頂いている皆様、今年もありがとうございました。
来年もまた、よろしくお願い致します。
Posted at 2016/12/30 19:23:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | | クルマ
2016年12月30日 イイね!
パジェロの今年最後の作業です。

今年の茄子消費第一弾は、シート購入です。
いつかは替えたいな、と思ってはいましたが、とあるきっかけがありまして…

先月中ごろのタイヤ交換時、保管サービス共々お世話になっているショップさんは、待合いの椅子やソファが車のシートになっています。そのカウンターの椅子がブリッドの蝉化け、いやいやセミバケでした。
代金支払いのときは当然そこへ座るわけですが、「やっぱりいいなぁ」なんて思ってしまったのが上記のきっかけでした。

調べるとブリッドのベイシスらしく、探すものの出てこない。代わりに、同じ感じのものでもレカロだと結構出てきます。
レカロは車好きなら知ってるはずの有名どころ…私も小中学生辺りで知ってたっけ。プラモにもなってるし。てことで、色々と調べて狙いを付けたのは…


こちら。
レカロのいわゆる旧Lシリーズ、LSのL座面でLS-Lです。
形状も予習しまして、これはどうやらドイツ本国仕様の並行輸入品っぽい。
私の体格からすると、並行でも問題なさそう(決して細い方ではないのでw)ってことで、あえて狙ってみました。
激安とは行きませんでしたが、かなり状態の良いものを入手できました。
で、いつもの「後から資料が欲しくなる病」で当時の価格表なんかを入手してみると、こちらは301カラーだそうです。90年当時のお値段で、確か160k円ほど。

そして、この休み中に仕上げたかったのでレールも買いました。


これを使います。
強度計算書も出して頂けるそうで、年賀状の時期が過ぎた辺りでお願いしようかと思います。

更に、座面下のマット(ピレリマットと言うそうですが…P5とかのピレリなのかな?)が裂けてくるというのを知って見てみると、確かに劣化の兆候が。
せっかく取付け前なので、ここも(代用品ですが)交換しました。


外したところ。左が純正マットで、右が代用です。
代用の方が数mm幅が狭く、結構な力と工夫の末に取付けました。

そしてシートの交換です。
まずは純正状態から。



座面を横から見ると、

これ、スライドを一番後ろに下げているのですが、私の場合はこれでもあと少し下がって欲しいところでした。
シート交換でこれも改善できるかも…? なんて期待もありました。

私のパジェロの場合、シートのサスペンション以外は特に機能は無いので、単純にボルト4本で外す事ができます。


はい。外れました。
ついでにさっと拭き掃除をしましたが…

衝撃の事実。


ボルトが1本無いw

サス部とフロアの締結ボルトが1本足りませんでした。
付いていた跡はあるので、どこかで外したままだたのでしょう…恐らくは私のところへ来る前に。でもそこを外す作業って何よ…
ですが、以前にPC車載ホルダを付けた際に外した1本があったので、ちょうど足りました。

あとはレールと合体したレカロを載せるだけ。


出来ました。
純正シートのデザインも同じ系統だったので、あまり違和感は無い…かな?

で、座面の位置を比較。



サスの反発調整ダイヤルを基準に見ると、少し後ろに行っているのがわかります。
実際に座ってみても、以前より足が伸ばせるようになりました。
今までは結構膝が立っていたので、ペダル操作もしやすくなりそうです。
現在はよりしっくり来るポジションの模索中。

そして、外した純正シートですが…



ちょうど使っていないオフィスチェアがありましたので、これを使ってPC用の椅子にリメイク仕様かと思います。

さて、来年はどんな風に進化(迷走)していくのでしょうか。
駄文ながらお読み頂いている皆様、今年もありがとうございました。
来年もよろしくお願い致します。
Posted at 2016/12/30 18:25:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | | クルマ
2016年12月18日 イイね!
細かいネタが少し溜まったので。

コルトプラスはこれからLED化しようかという所ですが、自分のパジェロはもう2年以上前に完了していました。ですが不満もあるわけでして…

そもそもこのパジェロは、メータもエアコンパネルも電球そのままの色でした。珍しい気がしますが、当時のほかの車はどうだったのでしょうか。それをLEDにしていったわけですが、メータは間接照明式で文字盤は黒地に黄色文字…白LED以外は合わせずらい。
ということで、素直に白LEDに替えて今まで過ごしてきましたが、やっぱり黄色文字があまり好きになれず。コルト分のついでに、試しに緑を注文してみました。以前からスターワゴンやY31のような緑照明のメータが好きだったので。
そういえば白LEDに替えるときのこと。試しに別の箇所へ使う青を入れてみましたが、暗かったのでパスした事がありました。

これが今までの白LED。


14年2月の写真でした。電球との比較になっています。
くっきりしていて見やすいのは見やすいですが、色が好みでない…

で、緑LEDではどうかというと…


みどい。そして結構明るい。
実際に見るともう少し暗いですが、更に暗くても良さそうです。
しばらくはこのままでいいかなと。

あと、夏用ホイールナット磨きがようやく終わったので載せておきますね。


ロックナット共に。六角の20個を磨きました。


100均のタッパにぴったり。
上のスペースが余ったので、ソケットを一緒に入れておけます。


さて、コルトのほうが面白くなってきてしまいましたが、まだまだいじりたい所はあります。
次はシートか、ブレーキ系か、またまたマフラーか。マフラーならオーダーになりそう。
Posted at 2016/12/18 20:36:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | | クルマ
プロフィール
「純正ルーフタラップ入手、他シートの再利用など http://cvw.jp/b/2115746/39184023/
何シテル?   01/15 23:35
菊菱工廠と申します。 工廠なんて言いましても、車いじりは素人でございます。 電装系なら少しは… ナンバープレートでひらがなと数字を覚えたと(親から...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
お友達
歴代パジェロ乗りの方のみならず、お気軽にお声掛けください。
許可しないこともありますが悪しからず…
6 人のお友達がいます
クラッチクラッチクラッチクラッチ * ヨッシー?ヨッシー? *
白パジェロ白パジェロ みんカラスタッフチームみんカラスタッフチームみんカラ公認
みんカラスマホアプリ開発チームみんカラスマホアプリ開発チーム ブリザードのノンナブリザードのノンナ
ファン
5 人のファンがいます
愛車一覧
三菱 パジェロ 三菱 パジェロ
88年9月MC版、4D56 I/CターボのMTです。 ワントーンのボディにストライプも無 ...
三菱 コルトプラス 三菱 コルトプラス
家族の車です。ようやく写真と撮れたので登録。 私が免許を取った際の練習にも活躍しました。 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.