• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

菊菱工廠のブログ一覧

2017年09月18日 イイね!

久々のラジオ修理~昭和12年 シャープ明聴一號

先日、職場関係の方からナショナルマジックスーパーの整備を依頼頂いてから、久々に自分用にもラジオ修理をしてみたくなりました。
そんな折に見つけたのがこちら。




シャープの明聴一號、オリジナル度が高そうで、存在を知っていながらめぐり合わずにいた機種です。
写真は届いた直後のもの。果たして修理できるでしょうか。

まずは分解、シャーシの状況から。




ホコリはまぁいつものことなので気にしないとして、部品構成は狙い通りオリジナル度高し。
回路図の付いてこない機種らしく、ネット上にも回路の情報はほぼ無し。格段ごとにあっちに近い、こっちに合ってる…と見ていきました。

一方キャビネットは…


特徴的なスピーカグリル部のツキ板に剥がれが。


木工ボンドとウエイト(笑)でさくっと接着。


さて、ホコリ取りの後は部品交換ですが、なんだかんだで2ヶ月以上もかかってしまいました。放置期間もそれなりにあったのですが…

今回の明聴一號、"明朗聴取"から明聴とのことで、昭和12年の発売らしい。回路は平滑にチョークコイル使用、段間結合が1箇所トランス式の並四です。
チョークは断線していたので交換したのですが、どうも音が小さいし割れている。再生の不調を疑ってみるも変わらず。
球を替えてもほぼ同様。しばらく悩みましたが…1:3トランスって、そんなに大きい抵抗出ないんじゃ、と先週末にふと思い、1:3トランスの一次にクリスタル(本当はセラミック)イヤホンをつないでみると…なんだ、受かってるじゃないか。
ということでトランスも注文、無事完成となりました。半断線って紛らわしい…




チョークコイル、1:3トランスとも東栄変成器製です。トランス交換後、最初は高音が弱く出続けてしまいましたが、二次側を逆接したところ収まりました。

ラジオ本体が無事動きましたので、次はキャビネットの清掃。いつもシャーシ整備→キャビネット清掃の順に作業するのですが、キャビネット清掃に移れる時はゴールが見えているだけにいい気分です。ダカール海岸って感じで。
こちらはダイヤル窓。セルロイドの窓に真鍮のベゼル。惜しくも傷多し。




磨いて組立てた後がこちら。


そして全体。


ダイヤル窓以外に大きな傷はなく、ツマミも全て揃っていましたので、新品当時の姿により近づく形で整備できたかと思います。
こちらは電源スイッチ。


回転式で、ON/OFFは点/滅で表記されます。点が略字ですね。静かに存在を主張するけものマーク。
次は背面。




失われがちな裏蓋もサランネット共々健在。下は銘板で、こちらも状態良し。アルミ製なので、腐食で原型を留めないものも中にはあります。
シャーシはというと、


配線類もオリジナルらしいので、それをそのまま活かしました。修理する人のポリシーによってそれぞれですが、私は出来るだけ当時モノを活かす派です。
その代わり、電源プラグを挿すのは使う時だけ+動作中にそばを離れないを徹底しています。


こちらはパテント一覧と検査票。剥がれてしまいましたので貼り直しました。


そして電源コードとプラグ。珍しくここまでオリジナルでした。プラグは形こそ松下のポニーキャップ同様ですが、端子部にシャープのエンブレムが刻印されています。
ここからの3枚は動作中の写真。


点灯状態のダイヤル。NHK第一@仙台、891kCを受信中。
単なる針ではなく、上段:選局、下段:再生検波調整の丸いインジケータが動く凝った仕組み。無妨害再生とするため、再生バリコンの可動範囲が制限されています。


PICK UP端子からの外部入力テスト中。使用音源は前回に続いてJapari cafe。レトロなものが似合うのも、けもフレのいいところ。


真空管の真空管らしいところ。動作中に部屋の照明を消して、キャビネット裏から撮影。フィラメント・ヒータの明かり。



一時はどうなるかと思いましたが、無事完結できました。よかったよかった…
もうしばらくラジオはいいかな。場所もないし…まんぞく。
Posted at 2017/09/18 22:31:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | アンティーク家電 | 趣味
2017年09月18日 イイね!

日野純正左折アラームと制御用リレー回路、他HappyくじA賞

以前からバスやトラックのホーンを集めたりなどしていましたが、今度は左折アラームを入手してみました。
現在よく聞く音声タイプではなく、少々前のアラームだけのタイプです。


日野純正の"ピピーン"と鳴るやつ。デンソーの部品注文が出来るところなら買えるかと思います。私もいつものディーラで注文できました。

で、これは定格24Vながら12Vでも一応は動作しました。ですが…どうせなら24Vで動かしたいところ。というか音が小さい。
あと、あまりにも定格以下の電圧ってのも、実は回路にとって良くないのです。

ということで、24V昇圧のついでに制御用リレー回路を組んでみました。
求める条件としては、

・12V→24Vへの昇圧、動作の度に入切ではなく、常時出力
・単純に電源とウインカーの入力をすれば良い仕様
・アラームの機能を制限しない(本来の動作を再現できる)

こんなところです。アラーム側の動作としては、

・左ウインカーの入力でアラーム鳴動
・右ウインカーの入力で無音(ハザード点灯時の対応かと)
・ライト点灯で減音(音量低下)

となるようです。そして不思議なことに、このアラームには3本線と金属のステーが付いていますが、どれも純粋なGNDでは無い…
どうも、本来はどの線も「入力の無い限り、接続先のバルブを通してGND」状態にあるらしく、その辺を考えて回路を組む必要がありそうです。

そして完成品がこちら(笑)




料理番組級の端折り。いい感じにパッケージできました。ケースと基板が偶然にも組合せ用サイズだったという奇跡。

回路の構成としては単純に、24V昇圧は常にさせておき、その先のアラームまでの配線に、左右ウインカーからのリレー接点が割込んでいます。
左ウインカーに合わせてA接点で24Vがアラームへ出力され、右ウインカーに対応するB接点を直列にしているので、右折・ハザード時は鳴動しません。
A、B接点が交互に開閉するので、アラームへ出力される瞬間もあるかと思いきや、鳴動までのタイムラグ内で収まるようです。

また、減音の線は24V入力で減音、GNDで減音無しとなるため、その切替えに3つ目のリレーを使っています。
アラームの緑黒線を常時GNDとしていますが、これは本来右折の入力線です。今回はアラームへ右折入力をする代わりに左折入力の有無をリレー制御していますので、純粋にGNDとして振舞ってもらいます。文字にすると難解だな…

そしておまけってことで、全リレー動作+アラーム鳴動時の電流を測ってみました。


レンジが写っていませんが、およそ140mAといったところです。テスタは学生時代に実習で作ったもの。10年以上経ちましたが、今だ現役です。
後はこれを取付けるだけ。このユニットはエアコンダクトに吊るのを考えて作ったものの、アラームはどこに設置しようか…あとは普段切っておくためのスイッチも。


そして今回の他ですが、先日の池袋に続き、地元でのくじ引きでもA賞を引いてしまいました。


16日より販売開始のHappyくじ。
なんかもう、どこまで運をキャッシングしたのかと不安になるレベル。まぁそれなりの回数引いて、その内の一つではあるのですが…凄く嬉しいのは確かです。


いいサイズ感だったので並べて。座布団を取ると傾いてしまうのでそのまま。

次に狙うはボスですが…ラスト賞のかばんちゃんは無理な気しかしません。残り少なくなった頃にめぐり合えればいいのですが。
というか最初に買った場所のくじ、1日持たずに絶滅するって何なんだ…
Posted at 2017/09/18 22:09:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | | クルマ
2017年09月10日 イイね!

日帰り東京急行~吉崎観音コンセプトデザイン展・hmv行き~、他ガイドブック完結

ネタ抜きの記事は久々なんて言った矢先のこれ。

去る9月6日、休みを取って東京へ行ってきました。目的はタイトルの通り、池袋パルコで開催の「吉崎観音コンセプトデザイン展」と、渋谷のHMV&BOOKS TOKYOで開催の「hmv museum×けものフレンズ」。
本当は新幹線で楽に行きたかったところですが、予算の関係で車となりました。なにせ2人なもんで…倍違うのですよ。

しかしまぁ…まさか自分が池袋と渋谷に用事が出来るとは。最も縁遠い(笑)と思っていた場所の一つでしたから。

ということで早速。早朝に出発して約4時間、11時前に池袋に到着。最初はコンセプトデザイン展です。


入口。右の列には、後ほど自身も加わることに。
会場内は撮影可能エリアと禁止エリアがありましたが、可能エリアの内容はほぼ公式ガイドブックに沿っていました。なので、そうじゃないところをさらっと。
撮影NGの他、録音とメモも同様と口頭説明がありましたので、「各自心に留めておくように」ってことでしょう。




まずは「入園券」。右端に本当の入場チケットが付いており、この写真の状態で半券になります。半券が未使用のチケット風になるデザイン、粋ですねぇ。2人で行って私が2週したため、3種コンプとなりました。
隣は\3k以上のグッズ購入&パルコカード決済で参加できる抽選で入手したカードですが…まさかパルコカードを持つ事になるなんて。当日入会でも対象ってことでしたので。どうしてこんなことに…(棒)

下の写真は入場特典の「バルコアラ」カンバッジ。サーバル+パルコアラでバルコアラ。扱いはUMA。次の広島開催ではパルコアライサンだそうですが…その次があるとすれば、恐らくフェネックでしょう。どう語呂を合わせてくるか楽しみ。仙台だといいな(小声)。
そしてこのカンバッジ、帰り道のSAでネットを見ていたところ配布終了の記事があり、運よく滑り込みに成功したようでした。




入ってすぐの大型タペストリー。「サル目ヒト科ヒト属 ヒト」の通り、こちらは記念撮影セットです。
背景はドラマ&キャラクターソングアルバムCD「Japari cafe」のもの。
下には開発途中のボス。


サーバル各種。最も大きく描かれているのは、確か第一号のイラストだったかと。

順路は撮影禁止エリアが可能エリアに挟まれる配置でしたが、禁止エリアでは個人的に、青い羽根について思っていた事が当たっていたかな、という内容の展示がありました。
ところで…手術台って何だ…見た記憶が無いぞ…


撮影禁止エリアを抜けた直後のメガネカイマンパネル。かっこよさの増したリライト版。
こちらは海洋堂の新企画告知パネルでもあり、振り返ったところにそのサンプルがありました。それは撮影NGでしたので撮っておりません。


これは5種(だったかな?)ありましたLB・ボスことラッキービーストの歴史を振り返るパネルの一つ。応急措置、北、玄武の表記から、アプリ版以降の例の事件後、崩壊した四神の代わりを務めるべくカスタムされたバージョンなのでしょう。
…こういうのを見ると、つい特殊車両で何かモデルを作りたくなるのですが…災害復旧支援車、ゼブラバンパーで総輪駆動で…


そして、売店スペースとの境目にはこのアーチが。入園券といい、終始パークの演出に凝っており、ついにやりと。

次は帰宅後に撮ったものですが…


戦利品一覧。ジャパリパークコンテナは、以前から予約していたものですので今回の入手ではありません(会場でも売っていましたが…)。
で、売店で引いたみんなのくじでA賞(一等)が当たってしまいました。存在感を放つサーバルパペットがそれ。嬉しい反面くじ運の悪さに定評のある自分、何か他の運を消費してしまった気がしてならない(それらしいイベントがこの後発生)。

見終わったところで正午でしたので、下の階で開催のコラボカフェ「サーバルキッチン」で昼食をとりました。




待機列の札がありましたが、さすがに平日午前とあって即入店可能でした。
こういったお店は、池袋GIGOの今は無き太正浪漫堂以来です。もう10年以上前のこと。


こちらはメニューの一つ、「エクストラサーバルのパインジュース」。エクストラサーバルが公式に登場するのは、多分これが初めてじゃないでしょうか。ガイドブックでは背景でしたので。
パインジュースの黄色とタピオカの黒、クリームの白でサーバル柄になっています。


家族の分と並べて。右は「シーサーバルライトのブルースカッシュ」。パインは癖もなくおいしかったのですが、こちらの感想は…


そしてこれ。「サーバルのみようみまねカレー」。Japari cafeのドラマ「じゃぱりまんがり」を聴いた方ならピンとくるはずのこれですが、まさか実際にメニュー化するとは。
で、かばんちゃんのカレーを真似て作ったそうですが…肉入ってます。あっちは野菜カレーだった記憶があるのですが。しかも肉を3種から選べるし。
味のほうですが、あのラストのようにはならず、問題なくおいしかったです。まぁそりゃそうだ。
サーバルが腕を上げたのか、それとも実はこっそりかばんちゃん監修なのか。

その後は渋谷まで移動しましたが…東京って凄いですねぇ。道路そのものが立体的に犇いてるし、トリッキーな線形が多い気がします。田舎者の感想だねこりゃ。
ベンツSクラスやマセラティを複数回(それぞれ別個体)見かけるってのも、仙台じゃなかなかありません。

で、ここからが渋谷の様子ですが、同様にさらっと。声優さん達のサインがありましたので、そのパネル付近を。








平日を狙って良かったところで、ほぼ貸切状態でした。逆に緊張感が(笑)。
そして戦利品。


アクリルキーホルダーはシークレットでしたので、残念ながら一番の狙いは当たらず。この結果も全くOKですが。私としては珍しく、押しキャラが今だ明確には決まっていません。それぞれ魅力があります。
タオルとTシャツは、グッズ展開初期、秋葉原他のアニメイトオンリーショップの頃から販売されていたもの。持っていない色でしたのでこれでコンプです。
エコバッグ風の「フレンズ袋」は入場特典。購入すると入場無料とのことでしたが、つまりは入場料を払うと袋付きが選択可能ってこと。
しかしグッズ展開も爆発的に増えましたね。まるでサンドスター噴火後のフレンズのよう。


そして帰り道。


こちらは久喜白岡JCTから常磐道へ抜ける連絡道路。綺麗な直線でしたので助手席から一枚。この後、工事での通行規制を忘れて常磐道を突き進んでしまい、夜も更けてから福島県内を国道迂回する事に。


常磐道、交通規制エリアまであと少しのところ。
降りた後に気づけばガソリンが少ない…帰りは終始助手席だったものの、これは反省。しばし夜の帰還困難区域を走りました。



そして今回の「他」ですが、先日ようやく公式ガイドブックが6巻そろいました。


カドカワストア購入の各巻特典ポストカードと、連続購入特典のアクリルスタンドです。アクリルスタンドは開封するのが勿体無く、まだそのまま。
実は最初に分散予約して買っているので、この6巻がもう1セットあります。


さて…次は那須の3回目か。追加企画を見にイカナクテハ。今日のトークショーは知っていながらスルーでした。ささやかな選択と集中。サイフスターがもう…
Posted at 2017/09/10 23:18:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | 旅行の記録等 | 趣味
2017年09月10日 イイね!

リモコンポール(電動コーナーポール)の分解整備

今回は電動コーナーポールの修理です。けもフレネタ抜きの記事は久々な気がする…

うちのコルトプラスには、新車時から純正OPでコーナーポール(リモコンポール)をつけているのですが、先日より不調が出てきましたので、入手した中古品と車検時に交換してもらいました。
外してもらった方を整備して…の算段でいましたが、なんと交換した方でも症状が消えない。てことは車体側に原因があるのでしょう。予想外でしたが、とりあえず分解整備しました。
ちなみにさらっと調べたところ、クラウンとかエスティマ用でもメカが同じ物があるみたい。あくまで見た目ですが…


こちらはメカ部のカバーを外したところ。ラック&ピニオン的にワイヤ入りのフレキシブルなラックを送り出し、ポールが伸縮する仕組みです。




ポール部とスプロケット(で合ってるのかしら)を外しました。ポールにはまっているリングは恐らくGND。


こちらは伸びきった位置。ラック部の終端はワイヤがスプリング状になって露出しており、本体ガイド部にある端子に接触します。これでポール先端のLEDが点灯します。伸びきり位置の検出は、この端子でやっているか、もしくはモータの電流検出か何かでしょう。

で、問題と睨んだのはLED点灯端子だったのですが、上記の通り不調が消えないので、そうでもないらしい。このあと清掃し、接点グリスを注して組立て。無事動作確認できました。

動作ですが、このポールには線が3本あり、黒がGND、赤と黄色が+です。
赤に常時12Vをかけておき、黄色にも12V印加すると伸び、それが切れると縮みの動作となります。
車内のSWは恐らくこの黄色線に割り込んでいると予想しますが、本体が正常そうなので、そこかカプラへ至る配線くらいしか疑いようがありません。

本日バンパーを外し、この整備したポールへ交換しましたが、やっぱり不調。今度はスイッチを外してみよう。
Posted at 2017/09/10 22:35:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車(コルトプラス) | クルマ
2017年09月03日 イイね!

バン用(本当はモンテロ用)バンパーへの交換、他けもフレの付録と特典

以前から外装の低グレード化(バン化)を進めている最中ですが、今回はようやくバン用バンパーへの交換が叶いました。
というのも、実はモノ自体は今年初めに入手していたのですが、手直しするまでに半年以上放置してしまい、今までかかりました。


こちらが入手時の写真。日付が2月だよよよ…
更に実はこれ、アメリカから海を越えてやってきたモンテロ用です。なので本体はバン用と同じですが、コーナーがワゴンのナローボデー用です。ちなみにモンテロのリアバンパーは、ワゴン用大型タイプにバックフォグが付き、色が黒になります。
これが国内で出ないからって、何を思ったか恐ろしい送料を払ってまで買ってしまいました。もう後には引けない(笑) しかもセンタ付近が僅かに反っている。
ということで手直しをお願いしましたが、サイズが大きくプレス機に入らないとのことで、急遽塗装のみとなりました。実は意外と目立たない反りだったので結果オーライかしら。

では交換…の前にビス類のサビ落とし。




上がサビ落とし前、下は漬込み中。サビ落としがサビと反応して発泡。


落ちました。実は使わないボルトも入ってたり。

それでは交換ですが、久しぶりの晴れ、しかも気持ちいい秋晴れでしたので、ついでに色々とやってしまいました。


まずは現状から。


恐らく新車時からそのままの、ワゴンナロー用メッキバンパーです。コーナーのみワイド・バン用にしてあります。


こちらは左のコーナー。右は新品を入手できていたので綺麗なのですが、こちらは結構キテます。以前のコーティングも落ちているので、晴れ続きを願いつつ再コーティングです。本当は連休にやるはずだったのだ…梅雨明けも撤回されよってからに。おーらくないのだ。


まずはメラミンスポンジをかけました。


こちらはリア。同様に劣化が。


同じくスポンジがけ。

コーナーの水分が飛ぶ間に、本題のバンパー交換です。まずはグリルガードを外します。


MMCグリルがよく見える。これもまたいい顔なんですよねぇ。
で、バランスパネルにP剥げを見つけてタッチアップしていたところ、何やら気配が。


また君か。相変わらず可愛い。これはパジェロのネコつながりなのか、それともサーバルTシャツの効果なのか。そんなわけあるかい。


はい。バンパー撤去。車体側にサビが出ていたので、とりあえずのシリコンスプレー。


そしてこちらが塗りの仕上がったバン用バンパー。せっかくなので、ワゴン用と比較してみましょう。
メッキがワゴン用、黒がバン用。






サイズと基本形は一緒ですが、2枚目の通り、曲げ部の穴数が違います。ワゴン(とその他一部)はオーバーライダが付きますので、それ用の穴が多く開いています。
オーバーライダには、リーンフォースの留めナットが埋め込んであります。バン用はその代わり、中央の四角穴に丸頭ボルトが入ります。黒の丸頭ボルトは塗りではなくゴムのコーティング仕様で、ワゴン用のオーバーライダ内側の1本と同じ物です。
また3枚目の通り、バンパー上面のナット付きの穴の有無が違います。バン用には、ウインチベース用(かな?)の穴と、ナット溶接がされています。そしてそれを塞ぐプラグが付いてきます。

ということで、コーナーとリーンフォースを移植して取付け。


うーん、いい顔。ここだけ見ればもうバンそのもの。北米コーナーレンズだけど。あとはステンカバー無しの黒ドアノブが手に入れば…


スキッドプレートと比べると、僅かに反っているのが分かるかと。


グリルガードも付きました。…無いほうがすっきりしていいかも。

その後、色々とやっていたら日が暮れてしまい…


コーティングしていたライトベゼル(左)とグリルの戻しが完了。何とか日没に間に合いました。

バンパーが黒くなった事と、オーバーライダが無くなったことから、上に書いた通りグリルガードの主張が強くなった印象です。
前に張り出さない初期タイプのガードとか、思い切って付けないのもいいかもしれません。真剣に。


そして今回のその他…最近はけもフレばっかりですが、どうぞよろしく…。
といいますか、組立て式の付録なんて、恐らく小学生の時分以来です。


いわゆる童心に返るってやつです。きっと。
ポケットティッシュケースとのことで、カット済みのポリ系シートをペパクラ的に組むものでした。
一期完走後仕様で、バストラクタの左フロントホイールは黄色。

続いて、コミックアンソロジーのAmazon限定特典でありますアクリルスタンドも届きました。詳細不明なうちに早々と予約していたので、一次に間に合っていました。


たつき監督描きおろしの表紙と、その切り抜きとなっているアクリルスタンド。


先に届いていた、じおらまんしょん サバンナに合わせてみました。元々はねんどろサーバルと合わせる予定が、発売日が2ヶ月も違うのでひとまずこうなりました。
けもフレといえば前にも書きましたが、はまって以来、行動範囲と遠出に対する意欲ががらりと変わりました。今度もチョイと東京まで行って来る予定ですが、前ならそんな事考えなかったもの。



パジェロの次回は…左折アラームの回路、出来ていたらそのご報告。12V入力で24Vのアラームを動作させるべく、昇圧と制御リレーのボックスを製作中。
Posted at 2017/09/03 22:48:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | | クルマ

プロフィール

「久々のラジオ修理~昭和12年 シャープ明聴一號 http://cvw.jp/b/2115746/40431632/
何シテル?   09/18 22:31
菊菱工廠と申します。 工廠なんて言いましても、車いじりは素人でございます。 電装系なら少しは… ナンバープレートでひらがなと数字を覚えたと(親から...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

お友達

歴代パジェロ乗りの方のみならず、お気軽にどうぞ。
7 人のお友達がいます
白パジェロ白パジェロ * LED・HID販売のfcl.LED・HID販売のfcl. *みんカラ公認
クラッチクラッチクラッチクラッチ みんカラスタッフチームみんカラスタッフチームみんカラ公認
みんカラスマホアプリ開発チームみんカラスマホアプリ開発チーム ヨッシー?ヨッシー?

ファン

5 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 パジェロ 三菱 パジェロ
自動車界のネコ科フレンズ、山猫パジェロの初代でございます。 88年9月MC版、4D56 ...
三菱 コルトプラス 三菱 コルトプラス
家族の車です。 私が免許を取った際の練習にも活躍しました。よって、免許取得以前からの付き ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.