• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

貴公子のブログ一覧

2012年04月05日 イイね!

【28mm風】雑記【50mm風】

【28mm風】雑記【50mm風】








R6まぁ~だぁ~~~?マチクタビレタ~(・∀・ )。↑しかし勘算35mmって便利です。GRの28mmは寄り過ぎてて「1歩踏み込む」を常とした撮影スタイルでしたが、X100の場合は「2歩引いて28mm風」「2歩踏み込んで50mm風」といった具合に、レンズ固定式でも構図に制限が少ないんです。ぢつは最近コケの美しさに気付いてしまいました。盆栽でも始めようかな?

っという事で結局X100買ったのですが、信じられないくらいの使いにくさに驚いてます。やはりGRシリーズの操作性は突出している。X100・GRともに右手親指にコマンドダイアルがあるわけですが、GRは撮影時にもメニュー時にも再生時にも必ず操作が割り振られており、フロントのダイアルと合わせて変幻自在のインターフェースを実現しています。しかしX100の場合、基本的には再生時にExifを表示する際にしかコマンドダイアルが割り当てられていません。撮影時・メニュー時には一番使いやすい位置にありながら何の役にも立たないのです。もぅ登場して1年が経過し、ファームアップも数回行われている事や、Xpro1のインターフェースもあまり変わっていない点からも、富士フィルムのソフトウェアインターフェース開発部門はお荷物さんなんじゃないかと思ってます。

あと、シャッターフィーリングがまるでコンデジです。いや、コンデジなんですがw。GRはAFからシャッターまでの抵抗が少なく「しぼるようなレリーズ」が可能なのですが、X100はカチッと音が聞こえるくらいシャッターボタンが固いです。手ぶれ補正が搭載されていないのでレリーズ時には人間側に「対ぶれスキル」が要求される機種なのに、ソレを許されていないのですね。ちなみにGRはシャッターのバネの強さを変えるサービスまで用意されています。

少し前にカラオケに行ったのですが、今では大抵の機種にボカロ曲が入ってます。しかし、どこに行っても「Aria」や「モノクロ∞ブルースカイ」は無いんですよね。個人的には「メルト」に次ぐ神曲だと思っているんですが…。

Posted at 2012/04/05 22:01:16 | コメント(1) | トラックバック(0) | Other Story | 日記
2012年02月14日 イイね!

【アップデート】DP☆めりる【Android4.02】

【アップデート】DP☆めりる【Android4.02】









↑長かった。信じられないくらい安定してるよ。見た目は何一つ変わって無いけど、安心して携帯を使えるって素晴らしい事なんだなと改めて実感しています。っていうか、内臓カメラのAFが爆速になっててワラタ。E-P3とかGX1のAF見てると、コントラスト方式のアルゴリズムってここ数年ですごい進化しましたよね~。

シグマがSD1に搭載していた新型センサーの提供価格を大幅値下げしましたね。その名も「Merrill」。70万のカメラが20万になるんだからずいぶん効率悪かったのでしょう。それと同じセンサーを搭載したDPシリーズの新型も発表されました。おそらくこっちが本命。それにしてもいかにも萌えそうなセンサー名ですが、平仮名で書くとそれに拍車がかかりますw。
Posted at 2012/02/14 22:48:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | Other Story | 日記
2012年01月26日 イイね!

【トップ】おwおwゆwき!!【ブリッジ】

【トップ】おwおwゆwき!!【ブリッジ】









そこらじゅうで事故ってますね。板金屋も警察もJAFも書き入れ時でしょう。っていうか今朝玄関開けたら真っ白な壁が出来ててワロタw。



フロントフォークOHは純正部品到着待ちなので、一緒に外したスイッチ類を分解して楽しんでます。とはいえ、灯火類のLED化は全て完了しているので地味な作業だけです。クラッチ側スイッチにチョークケーブルを引く機構があるんですが、ソイツの清掃・グリスアップでビックリするくらいスムーズにレバーが引けるようになりました。もともと付いてたグリスは硬化してたくらいなので当たり前ですよね。使ったグリスはNUTECのマルチパーパスグリス。ベタ付かないのでお気に入りです♪

写真のトップブリッジのハンドルポストをぶった切って均してくれる親切なLED氏募集中です。去年の夏にWMのアルミトップブリッジが最終ロット+α分だけ再販されたらしいのですが、それに気付いたのは10月でしたorz。ところで「トップブリッジ」とか「エキゾーストマニホールド」ってなんでこうも必殺技みたいに聞こえるんでしょうね?↓3:20秒あたりに「カムシャフト」がありますw



夏まち3話、旧軽井沢と駅の真ん前にあるガーデンモールは見覚えがあった。特におねティ最終話EDに出てた聖パウロカトリック教会も映ってるあたり、スタッフが楽しんで制作してんだろうなと思います。柑菜がプラチナ可愛い!中の人が新人声優ってのもあるんですが初々しい雰囲気がすごいナチュラルです。声優といえばAnotherの見崎鳴の中の人、なんか絶望的に滑舌悪そうで放送内容とは別の意味でビクビクして見てますw。長い事オタクやってますが「眼帯萌え」だけは未だによくわかりません。

Posted at 2012/01/26 19:47:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | Other Story | 日記
2012年01月19日 イイね!

【あの場所】フロント全バラし【木崎湖】

【あの場所】フロント全バラし【木崎湖】












HyerXを友人に見せたら、

「MS乗るときのヘルメットみたい。」

って言われました。そう言われれば確かに。MSに限らずVFシリーズやアニメに出てくる「かぶりモノ」は顔が隠れないよう、表情が見えるようにデザインされてます。「だから剣道やフェンシング系は見栄えしない。」とか言ってたアニメーターがいましたねw。

GBのフロント周りはものすっごくヤワいです。タイヤもブレーキもサスもどれもこれも不満なのですが、このクラスのレトロ風バイクです。多くを求めてはいけませんよね。速く・しっかり走りたかったらリッターやSSを買えばいいだけの話です。

とはいえ一旦事故ってるうえ、付いてるパーツの品番を追いかけると2コイチ3コイチになっているのは明白。冬眠中の点検がてらフロント周り全部はずしてみました。とりあえず見つけた不具合をメモめも↓

・チョークの幅が狭いと思ったらキャブレターボディとの連結部品が摩耗して外れてる。

・ブレーキが効かないと思ったらキャリパーブラケットとキャリパー間のブーツが2個とも破れて固着していた。ピストンは信じられないくらい綺麗。パッドまだ使える。

・フォークブーツ破れあり。インナーはブーツのおかげで錆なし。素人目なので曲がりとか分かんないけど、車体番号とは違う年式のフォークが付いている。フロントは盛大に事故ってるのでゴッソリ入れ替わってると考えると問題は無いかな。ただ、減衰力はちっとも働いていないのでOH汁。

・事故でハンドルストッパーとハンドルロックがひん曲がっている。ハンドルストッパーは三又にネジ穴開けて応急処置してあるけど、これからハンドル角度を狭めようとするとまた新しく対策が必要。金属の板か何かを溶接したいけど、溶接機も技術も無いorz

まだまだ具合の悪い場所が出てきそうですね。車体から取り外しただけなのでこれから各パーツを分解していこうと思います。なんか久しぶりにwktkしてきた。

イチカ先輩の言う「あの場所」って、やっぱり木崎湖なんでしょうね。行ったことある人ならOP冒頭や2話の回想シーンに見覚えがあるハズ。

Posted at 2012/01/19 22:19:38 | コメント(1) | トラックバック(0) | Other Story | 日記
2012年01月12日 イイね!

【ヘルメット】X-PRO1レンズロードマップ【スピーカー】

【ヘルメット】X-PRO1レンズロードマップ【スピーカー】









HyeprXにはオプションとしてBluetooth通信ユニットが併売されています。まぁB-COMが安くなったとはいえ、いまだにトンでも価格で売られている現状を考えると、HyperXと同じ価格で買える、しかも専用品でフィッティングばっちり!なので一緒に輸入しても良かったのです。しかし、

「ツーリング中に通話なんてそうそうしねぇよ。」

って気持ちが拭いきれずに買いませんでした。

とはいえ、音楽くらいは聞くのでスピーカーだけは欲しい。HyperXの内装をはがしてみると左右両耳の発泡スチロールに直径40mmのくぼみがありました。ネックパッドを外すと後部発泡スチロールに配線用の溝までご丁寧に用意されているじゃありませんか。ついでにチンガードにはマイク用のガイドまで設けられています。HyperXの左耳下にはBluetooth本体を固定するスペースが設けられており、正直ここまで至れり尽くせりな作りなら通信ユニットを一緒に輸入しても良いんじゃないか?という気にさえなりました。

外形が40mmのスピーカーは検索するといっぱい出てきます。多分、通信ユニット付属のスピーカーも写真のデイトナのスピーカーも同じモノなのでしょう。ビックリするくらいピッタリでしたw。くぼみの深さといい、配線の長さも専用品か??と思えるくらいジャストな長さです。正真正銘ボルトオン。笑いが止まりません。

↓スズキって織物メーカーだったんですね。



X-PRO1はCESで大人気の様子ですね。1年前のX100発表を思い出します。そのX100で不評だった背面のローリングダイアルはX-PRO1では廃止になってます。あれは回し易くても押し難いシロモノでした。あと再生ボタンが右側に来ているのもいいですね。左側が悪いのではなく、アイピースに近い位置に使用頻度の高いボタンを置くのはマズイと分かったのでしょう。っていうか背面画像見てGRシリーズのインターフェースに似ていると感じました。それだけGRD1は最初から完成されたインターフェースを備えていたという事なのでしょう。

レンズの絞り環はX100では1.0EVずつしか動かせませんでしたが、X-PRO1では0.3EVずつ動かせるらしいです。気になっているのはSSダイアルにロックが設けられているのと0.3EVずつ動かせるのか否か?って部分ですね。絞り環の重要性をカタチにしたのはいいとして、もしかしてSS優先の操作性を犠牲にされているようにも見えます。正直、私の持ってるGRD2にもSS優先モードは搭載されていないのですが、ここのところ続いている結婚式での撮影ではSS優先モードは必須だなと感じています。ましてや、X-PRO1はフラッシュも手ぶれ補正も搭載されていません。PROを名乗るのならSS優先モードの操作性は切り捨ててほしくなかったです。

レンズは最初に出るのが、

XF 18mm F2 R(27mm相当)
XF 35mm F1.4 R(53mm相当)
XF 60mm F2.4 R Macro(90mm相当)

その後、年内には、

14mm F2.8(21mm相当)
18-72mm F4(手振れ補正)(27-108mm相当)

来年には、

28mm F2.8(パンケーキ)(42mm相当)
23mm F2.0(35mm相当)
72-200mm F4.0(手振れ補正)(108-300mm相当)
12-24mm F4.0(手振れ補正)(18-36mm相当)

っというロードマップらしいです。年内のレンズは確定だとしても、来年のレンズは本体の売上によって左右されるカンジですね。明らかに23mm F2.0とかX100と被るから出したくないでしょうに…。それにしてもズームレンズは全てF4通しで手ぶれ補正付きとはまた妥協しませんね。キットレンズに安いズームレンズを付けないどころか出す気すら無いのですから、富士のこの機種にかける意気込みが伝わってきます。

私が注目しているのは28mm F2.8のパンケですね。ミラーレス機でまともに写って言葉通りの小型レンズなんて今のところ存在しませんから、ぜひともペンタックスのDA40mmF2.8のようなパンケーキを出してほしいところです。そうすればボディは大柄でもシステムとしてコンパクトという本来ミラーレスに求められる部分の訴求力は十分につくと思います。

写真は引き算・カメラは足し算と言いますが、今回の発表で「カメラは足し算」のさじ加減を完全に把握しているのが富士フィルムなんだなと実感しました。
Posted at 2012/01/12 20:39:25 | コメント(1) | トラックバック(0) | とあるGRの写真家 | 日記

プロフィール

「ちぇりおぅ☆」
何シテル?   02/13 22:54
前オーナーのヒドイ仕打ちから開放され、私の所へ流れてきたカプチとの奮闘記です。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

お友達

ぜひ!お友達になってください。
57 人のお友達がいます
いけ♪いけ♪ * green_openmindgreen_openmind *
NYANKICHINYANKICHI * ピズモピズモ *
MR-S2007MR-S2007 きょう@きょう@

ファン

6 人のファンがいます

愛車一覧

ジャガー その他 ジャガー その他
左の猫は、近くの学習塾に飼っていた「ひろし」の子供なんじゃないか?って事で安易に「ひろ」 ...
スズキ カプチーノ スズキ カプチーノ
2006年3月、馴染みの車屋で「廃車にする。」と聞かされて考え無しに引き取りました。前オ ...
ホンダ その他 ホンダ その他
2008年9月から私もライダーです♪
トヨタ カローラレビン トヨタ カローラレビン
初めて自分で買った車です。購入までにはイロイロと親ともめましたね。ずっと雪の降る場所に住 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる