車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年04月09日 イイね!
ぶらかつです。



3月26日に行われたpomu-tan専務車掌主催による
流山電鉄&関東鉄道竜ケ崎線ミネラルオフに参加して来たっぺ~!
今回はいつもより乗車区間が非常に短い&非常に歴史のある鉄道会社!
そして地元なのに一度も乗車したことが無いって。。!(大汗...)
という事で地元の歴史ある名鉄を楽しもう!と張り切って乗車して来たっぺぇ~(*^^)v

集合場所は「新松戸駅」周辺のコインパーキング。
車で20分程の距離。今だかつて無い程の近さだがら楽ちん。。
皆さん早々に集合~~。
朝から小雨が降り続く寒~い日だったげんど。
でも常磐線を目の前に、朝からそりゃテンションもUpだべぇ~。



ここから歩いて流鉄へと向うべぇ~。
そして流鉄が目の前を通過して行き~~。。
駅のホームも目の前にあるのに~~。。
駅の入り口がまったく分からねぇべ!地元なのに~。。。



「だって初めて乗るんだぁ~!」もちろん知りません~~(滝汗)
ぐるっと駅があるマンションを1周して漸く駅へと辿り着き~~。
そして駅の名前は「新松戸」かと思いきや「幸谷(こうや)」だって!
地元なのに~~。。
「だって初めて乗るんだぁ~!」。。許してね~~(>_<)




さぁ出発するよ~~。
来るよ~~。青いのが!



乗るよ~~。ほぼ貸し切りで!



いつもの様に栞で行程を確認して~♪



さぁ~ここですれ違いをして~~♪



運転台だぜ~~(*'▽')



そうココ、ココ。何なに?~~(笑)



あっという間に着いちゃったよ!
自販機だって、ほら「流鉄」仕様だべ!



ベンチなんてお手製座布団だもん!
お尻が冷たくなるもんね。ナイっス~~(*^^)v




因みに乗って来たのは「流馬」号だぜぇ。




こっちは「流星」号。かわいいべ!




あっちにもあっから行ってみっぺ!いぐいぐ~~。




100周年って!( ゚Д゚)すごぐね!




これが「流山駅」~~。こじんまりしてっぺ。




ここで写真を撮ったりしていたら、危なく乗り遅れるとこだったべ~~。
慌てて乗り込んで。。「あぶねぇ~から気をつけっぺ」(冷汗)



ランチタイムだぁ。
野田市に来たからにはやっぱ醤油だべ。
すげぇ~風船食べてる~~(運)さん~~。
膨らみ過ぎだべ。それ!




こっちのテーブルは皆でシェアすっぺ~~!




醤油に因んだ、すぱげってぃ~~とぴざ!







いやいや「大人のなぽりたん」が絶品だったのはナイショだべ!




締めはやっぱ野田だもん「もろみかけアイス」でさっぱりすっぺ~~(^^♪






次は「関鉄・竜ケ崎線!」




なんてったて「3駅」だもん。文句あっか!
ほんとにあっという間に着いちゃうからビックリすんなよ~~。




歴史が違うべ。「明治」だもんね~~。すげぇなぁ~!




「スイカ」?? おぅ何でもコイや~~。タッチOKだぜェ~!




さぁ乗るべ乗るべ!




傘忘れたけどぉ~~。ちゃんと持って来てくれるなんて優しい店員さんだなぁ~~。





いつものポジションで~~。



ご満悦~~♪




無言のプレッシャーを掛けて~~。じっくり拝見すっぺ!
あんまり見んなよ~~。
照れっぺ!




中間駅の「入地驛」
何てったって、どっちから来ても隣だがらなぁ~。




車掌から~~。長閑だべ~~。




よし座った!と思ったら終点~~。はえーなぁ~~。




終点「竜ケ崎」
2個先だからホント直ぐ着いちゃうんだな。




「車両の入れ替えすっから一旦ホームから出てねぇ~」
「ほ~~い」




駅周辺情報。ふむふむ。シダレザクラが有名なのね!
日曜に行っちゃたもんね~~(*^^)v






次は牛久へ!
やっぱ牛久大仏とのコラボだべぇ~~。




ここはさらっと見学してSOAに行ぐべぇ~~。




SOAなのに本格ビーフシチュ~~??。
でもホント旨そうだな~! 食べたがった~~。




「黒蜜きな粉かけソフトのっけトースト」(名前忘れちゃった...)




みんなで美味しく頂きこの日のミネラル完結~~♪







pomu-tanさん。いつも楽しいミネラルありがとうございます。
そしてご参加の皆様お疲れ様でした~!
今回は雨の中のミネラルショートバージョンでしたが楽しく過ごせました~♪
次回の乗車も楽しみだっぺぇ~~~♪(^O^)/



Posted at 2017/04/11 00:24:52 | コメント(5) | トラックバック(0) | Off Meeting | クルマ
2017年03月19日 イイね!
ぶらかつです。










3月10日(金)
代休を取得し夕暮れ時のマジックアワーを狙って
晴海ふ頭にある「風のオブジェ」を撮影しました。
































この日は朝から天気も良く、平日休みの優越感に浸りながら(フフン。。)
昼頃から三浦海岸へと行き、完全に見頃を終えた河津桜を見て...。(分かっちゃいたけど残念)
夕方から晴海ふ頭へと向かいました。
































夕方も天気はバッチリでしたが、ただ陽が落ちた時間帯は気温も低下し
昼の温かな陽気から一気に真冬の気温(*_*)
ちょっと薄着で外出したので結構体に堪えましたね~...。





















晴海ふ頭公園内の広場の池に「風のオブジェ」はあります。
風が吹くとクルクルと回る様ですが、この日はそれほど風もなく(ただ時折吹く風が冷たい!)
鏡の様に池に写る様子がバッチリでした(^-^)




























人気の撮影ポイントかと思いましたが誰も居らず、ちょっと拍子抜け...。
なので独占状態でゆっくりと撮影できました。

















東京湾に面した晴海ふ頭はベイエリアを見渡せる絶景スポット。
レインボーブリッジ。芝浦エリアの高層ビル群。そして東京タワーなど...。
東京湾の絶景夜景を独り占め。
夕暮れ時から空が段々と赤く染まり始め、日が落ちて夜へと移る時間を楽しみました。

















澄み切った空気が、夜空や高層ビル群、レインボーブリッジ
そして「風のオブジェ」を美しく浮かび上がらせ、とっても綺麗な夜景!

















この日は折角持っていった三脚のクイックシューを忘れるというオチで...。(笑)
カメラに付けてたミニ三脚で撮影。
もうちょっと高さを確保したかったのですがショウガナイですね。
次回はクイックシューを忘れずに三脚でチャレンジしようと心に誓い。。


























こんな絶景夜景を満喫した束の間の休日でした。
普段中々休めない平日休みという優越感!にも浸れましたしね(笑)

















Posted at 2017/03/19 08:21:28 | コメント(3) | トラックバック(0) | Life | 趣味
2017年03月12日 イイね!
ちゃらっちゃ~ら、ちゃ~らら、ちゃ~ら~♪
ぶらかつです。



さぁ出発です~。
ベルグレーブ駅を出てシャーブルックの森を走り抜けます。
この森にはオーストラリア原産のマウンテンアッシュが植生していて
花を咲かせる植物としては世界最大のようです。
熱帯雨林な植物が生い茂っていて何かオーストラリアっぽくない感じがしますね。






パッフィンビリー鉄道の最大の見所は出発して間もなく通過する木橋。
事前調査では出発方向の右側に陣取ると右にカーブした木橋を通過する機関車を見れる
という事で当然右側に座ります(笑)


10分程走るとあっという間にそのポイントへ近づき、カメラを構え今か今かと待っていると。。
シャーブルックの森を抜け~。
来ました~!これが噂のトレッスル橋ね~~(*'▽')♪~







開業当時から恐らくあるこの木橋は全長91.4m、高さは12.8mあり
下の駐車場からは蒸気機関車を撮影したりと人気の場所です。
パッフィンビリー鉄道の紹介記事に必ず出てくる場所ですから!
蒸気機関車とトレッスル橋とのコラボがとても絵になります。堪りませんね~~♪







ここぞ!とばかりにパワーを上げて煙をモクモク~~(^◇^)
運転手さんも気合が入るポイントなのでしょうね~!







この橋は有名どころなので皆さんカメラを構えて気合十分です。
通過したカーブを改めて見ると絶妙なカーブ具合で!







途中の踏切では真っ赤なプジョーがお出迎えしてくれてました~~(*^_^*)







ところで何かお気づきな点、ございませんか~~?
皆さん楽しそうにしているのですが、よ~く見ると。。
子供も大人も満面の笑みを浮かべて足をプラプラさせて窓に腰かけてます♪







そう、これがパッフィンビリー鉄道の正しい乗り方!?らしい。。のです!
窓枠に腰掛けて足をぷ~らぷら♪







窓にガラスが無く手摺があるだけなのでこの様な乗り方が流行ったのかも知れません。
確かにスピードもそんなに無いので(10km/ℎくらい?)窓枠に腰掛けて
ゆっくり車窓の景色を楽しめます。ちょっとしたアトラクションっぽいしね。
良い子の皆さんは決して他でこんな乗り方をしてはいけませんよ~!







何故かパッフィンビリー鉄道では公認?なようで、皆さんこれを楽しみに乗車して来ます。
だから車両の真ん中にちゃんとした席はあるのですが、ここは荷物置き場となっちゃいます(爆)
柔らかいお尻の子供達はいいですが、四十を過ぎたおじさんにはちとケツが痛くて...。
でも童心に帰った気分でとっても楽しめます!






30分程乗車してメンジーズ・クリーク駅へと到着します。
ここで沢山の乗客が降車してました。ここからワイナリー等を見学出来るツアーがあるようです。







月曜から金曜の夜の楽しみと言いますと「世〇の車窓から」なんですが
4月から月曜と火曜の週2回になるそうで、ちょっと残念...。
あれを見て次の旅路の妄想をするのが楽しみだったのですが...。(笑)







ちゃ~ら~♪



Posted at 2017/03/13 00:13:40 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2017冬 Melbourne | 旅行/地域
2017年02月26日 イイね!
ちゃらっちゃ~ら、ちゃ~らら、ちゃ~ら~♪
ぶらかつです。






今回はメルボルン滞在中に撮った街角の風景をお届けします♪





ホテルからの眺め~~。
この日は夏らしいすっきりとした青空が!
しかしこの日以外は雨模様が続き実は貴重な青空だった...。
サザンクロス駅の特徴的な白いうねる屋根が見えますね。









サザンクロス駅の内部はこんな感じのとても開放的な駅。
手前が中長距離路線のホーム。
















コンコースも通路がとても広いのでゆったり!

















フェデレーション・スクエアでは大道芸が行われ皆さん楽しく過ごしています。










そしてその広場前にある教会がセント・ポール大聖堂
オーストラリアで最も大きい大聖堂の一つです。
ゴシック様式の建造物としても国際的にも高い評価を得ているそうです。










豪華な装飾、聖書の一部をモチーフにしたステンドガラス、そして素晴らしいパイプオルガン。
毎週日曜日の朝には聖歌隊によるミサが披露されるようですが閉館間際でしたので...。
あのパイプオルガンの奏でる演奏と聖歌隊のミサを一度聞いてみたいですね!











メルボルンではSUVタイプの車がわりと多く、レンジローバーイヴォークは結構走っていました。
フランス車はここでもやはり少数派...。
だからふと見かけると、ニッコリしちゃいますね~。











たまに「おっ!」と思う車もいて、颯爽と乗りこなす姿がとっても素敵でした~♪














メルボルンの街角風景でした~。
ちゃ~ら~♪




Posted at 2017/02/26 21:47:59 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2017冬 Melbourne | 旅行/地域
2017年02月19日 イイね!
ちゃらっちゃ~ら、ちゃ~らら、ちゃ~ら~♪
ぶらかつです。



今回はパッフィンビリー鉄道の出発駅、ベルグレーブ駅の様子を~♪



メルボルンの旅の目的の一つが「パッフィンビリー鉄道に乗る!」事でした。
それは今回の旅の予定を計画していたところ
嫁様がとっても素敵な写真を発見した事に始まります!
とっても楽しそうな、その魅力的な写真は見た瞬間に
「乗りてぇ~~」って心を奪われれてしまい(*'▽')


パッフィンビリー鉄道は1900年代初期にビクトリア州に建設されたオーストラリア最古の鉄道で
とても100年以上前の鉄道とは思えない保存状態がとても素晴しい蒸気機関鉄道です。


運行区間はベルグレーブからジェムブルックまでの24km。
緑の木々が生い茂るダンデノン丘陵の森林地帯や長閑な農園風景を
駆け抜ける雄大な風景を車窓から楽しめます。


パッフィンビリー鉄道は物資や家畜運搬用として建設されましたが
現在はその役目も終わり観光列車として、とっても人気の鉄道です。


そんな、今ではオーストラリアで大人気の鉄道ですが1953年に発生した地滑りにより
線路が塞がれてしまい赤字操業の末、路線廃止となりました。


しかし地元の関心がとても高く「パッフィンビリー鉄道を復活させよう!」と、
保存協会が発足しビクトリア鉄道の好意などにより復興作業が始まりました。
1965年から順次運行が再開し、1998年10月。ついにジェムブルックまでの運行が再開(*^_^*)


路線廃止から約45年の歳月をかけて復活を果たしたパッフィンビリー鉄道。
今でも機関士や整備士を始め、600人以上のスタッフの方達がボランティアとなって
皆で運行を支えてます。
皆さんがパッフィンビリーをどれだけ「愛して止まない!」かが伺えますね!素晴しい~です。







ベルグレーブ駅はパッフィンビリー鉄道の中枢駅で運行運営の本部があり
殆どの蒸気機関車がここから出発します。











今回は終点のジェムブルックまでは買わずに中間地点のレイクサイドまで購入。
記念切符と一緒に硬券の切符が貰えます。なんか嬉しい~♪


客車は色々なタイプがありますが、今回はこんな感じの博物館級のレトロな
窓の無いオープンタイプの客車に乗り込みます。
他には貨物車両を改造したタイプや窓のある上等客車もあります。







蒸気機関車はどれもホントに綺麗に整備されていてピッカピカ!







小さな車体ですがシンプルな姿に品があって蒸気を吹き出す姿もカッコいいですね~。
「機関車トーマス」のイベントもあってどことなく雰囲気が似てます。







オーストラリアにはトータルファイヤーバン(野外火気使用厳禁日)と呼ばれる
火気の使用厳禁の日があります。
火の粉を吐き出す蒸気機関車は、そんな日には走る事が出来ません!
そんな走行禁止の日には機関車の替わりにディーゼル機関の牽引車が走ります。
この日は厳禁日では無かったので良かったぁ~。
でもこっちのディーゼンル機関車もいいなぁ~なんて!







出発時間より早めに駅へ着いていたので駅での作業を色々と見学。
薪の積込や連結の様子など普段あまり見る事の無い作業を愉しみつつ。











こちらは客車内の様子。こちらが通常タイプの客車ですが窓の代わりに鉄格子が2段付いてます。
中央にベンチシートがあって意外とクッション性が有りそんなにお尻は痛くないです。
でもそのシートも出発するとシートの意味を無くすのですが...。
それは次回、真相が判明します。(笑)







いよいよ出発の準備が整ったようですね~!
煙が勢いよく吹き出しゆっくり動き出して行きますよ~。









ところで子供にも、もちろん大人にも大人気の蒸気機関車パッフィンビリー。
「パッフィンビリー」とは「煙を吹き上げるヤカン」という意味
現存するイギリス最古の機関車から名付けられたそうです。。


さぁ、その名の通り豪快な煙をあげて走る蒸気機関車に乗って
ダンデノン丘陵の美しい風景を楽しみましょう♪










次回は、この路線最大の見所を通過してメンジーズ・クリーク駅へと向かいます。

ちゃ~ら~♪


Posted at 2017/02/19 23:26:17 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2017冬 Melbourne | 旅行/地域
プロフィール
「@pomu-tan さん。見事な千年滝桜の車窓~♪スケールが違いました~♪(*^▽^)/★*☆♪」
何シテル?   04/23 15:41
ぶらかつです。よろしくお願いします。 デザインに一目惚れし、初輸入車でシトロエン! 滅多に遭遇する事は無いですが、見つけると嬉しくなります(;´∀`) 手...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/4 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
リンク・クリップ
いけふくろうカフェ(池袋) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/12/06 22:29:29
鹿島神宮蟲成就祈願!鹿島臨海鉄道ミネラルオフ。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/12/06 20:51:21
【ライブレポート】EGOIST showcase*004 "nowhere" 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/23 20:01:19
お友達
いろんな方々と交流をしたいと思います。
いつでも大歓迎です!
お友達になって頂けると嬉しいです。
73 人のお友達がいます
Tknk207Tknk207 * 空.空空.空 *
sato*Csato*C * ミッコグッチャンミッコグッチャン *
=pwp-inakichi==pwp-inakichi= * GentaGenta *
ファン
29 人のファンがいます
愛車一覧
シトロエン DS4 DS4 (シトロエン DS4)
今まで15年程ホンダCR-Vに乗っておりましたが、乗り換えを期にシトロエンDS4に乗って ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.