• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

◆ゆきぞう◇のブログ一覧

2017年11月12日 イイね!

21000〜ライブ

21000〜ライブRXの走行距離が21,000kmに到達しました
とりあえず、キリ番。

今週末は、ライフワークになっているライブに行ってきました。一年ぶりの“PUFFY”です。

関西6ヶ所を回るライブハウスツアーで、由美ちゃんの凱旋ツアーでもあります。



せっかくだから、滋賀に参戦してきました。




PUFFYの公式ツイッターの画像ですが・・・



これ、自分です(*^^*) 
Posted at 2017/11/13 00:07:46 | コメント(1) | トラックバック(0) | ライブ | クルマ
2017年10月30日 イイね!

20000

20000

20000km到達しました(*^^*)


実際に到達したのはだいぶ前だったのですが、ブログ更新は今日になってしまいました。



納車から約1年7ヶ月での到達ですね。


前車のCクラスステーションワゴンでは



約1年11ヶ月での到達でした。

RXでは約4ヶ月早く到達しましたね。



その間には



こんなことや、




こんなこともありましたが、


今は大きな問題もなく、好調な優等生です。


今のところは神戸製鋼問題や不正検査問題もなさそうですし。




20000km到達記念!
・・・というわけではないのですが、


別件で金沢に行く用事があったので、以前から興味のあった「千里浜なぎさドライブウェイ」に行ってきました。


ご存知のない方もいるかもしれませんので、ホームページを転記しますと



千里浜(ちりはま)なぎさドライブウェイは、車で砂浜を走れる日本でここだけのドライブウェイ(全長約8km)で、ほかにもバスやバイク、自転車でも砂浜を走ることができ、まさしく「なんでも走れる砂浜」です。



  (ホームページから転載)



別件がおもったより長引いてしまったので、到着は夕方になってしまいました。



ただ、逆に夕日を背景にしたRXを撮影できたので、結果オーライでしたね。




近くにいらした時には是非おすすめのスポットです。


ただ自分のように何も準備をせずに行きますと、




室内が砂だらけなりますので(^_^;)、マットのカバー or 別の靴を用意することをおすすめします。

Posted at 2017/10/30 00:58:20 | コメント(4) | トラックバック(0) | RX200t | クルマ
2017年09月25日 イイね!

シルビア復活・・・・か?

シルビア復活・・・・か?

毎日の日課であるネット巡回をしていましたら、ビックリするニュースに遭遇しました。


日産 シルビア 15年振り復活へ



シルビア復活(S16?)だそうです。


自分も最終モデルであるS15を所有していましたので、シルビアにはかなり思い入れがあります。





在りし日のmy Silviaです。


自画自賛になりますが、今見ても格好いいですねぇ。まさにスペシャリティ・クーペです!。




公開されている画像に関しては、ネットの各所で賛否入り乱れていますが(否が多いような気もしますが、ネットはそういうもんですよね(^_^;))、あくまで予想CGですので、出展が予定されている10月の東京モーターショーで正式に発表されるまでは、様子見でいこうと思います。




今回の記事で、個人的に気になったのが、




次期型パワーユニットは、世界初の次世代量産型可変圧縮比エンジン「VC-T」が有力だ。




の部分です。




日産の「可変圧縮比エンジン」が最初に発表されたのは、だいぶ前だったと思いますが、初めて記事を読んだときの感想は
・・・・・・・「難しくてよくわからない。。。
でした(^_^;)





自分の足りない知識では、ミラーサイクル(アトキンソンサイクル)エンジンが吸気バルブの閉じるタイミングで圧縮比(と言うか膨張比)を変化させているのに対し、日産はコンロッドの長さを変化させることにより圧縮比を変化させている、という理解なのですが、合ってますかね。。




「VC-T」の解説記事では




パワー重視の場合は8:1まで圧縮比を下げ、効率重視の場合は14:1まで圧縮比を上げるとされているので、おそらく圧縮比に連動してターボの過給圧制御も行なわれているのだろう。8:1といえば超パワー重視の過給エンジン向け圧縮比で、過給圧の設定によってはすさまじい最高出力を期待できる。




とあります。・・・これは、期待していいのでしょうか♪


最近は燃費重視の高圧縮比/低ブースト圧のターボばかりで、昔の“ドッカンターボ”を懐かしく思っていましたので、新型シルビア、新型エンジンVC-T、非常に楽しみです。

Posted at 2017/09/25 23:06:30 | コメント(1) | トラックバック(0) | 新型車 | ニュース
2017年08月23日 イイね!

REBECCA

REBECCA
自分は日産(BNR34)とトヨタ(RX200t)の車を所有しています

・・・・と前回のブログと同じ入りです。
自分はオッサンですが、みんカラを見ているとBNR34もRXも年寄り(^_^;)だけでなく、若いオーナーさんもたくさんいますね。正直すごいなぁと羨ましく思いますが、昨今の車離れ、スポーツカー離れのご時世に、特にBNR34のような車に興味を持ってくれる若い人がまだまだいてくれるのは心強く、嬉しいことだと感じてます♪。

そんなオッサンの自分ですが、車以外では音楽が大好きで、ライブ参戦が数少ないライフワークの一つになっています。時間的にもコスト的にもなかなか大変ですが、周りの白い眼にも負けずに頑張って参加しています。

そんなオッサンの自分にとって、音楽の原点を考えるとやはり「REBECCA」になります。若い人では知らない人も多いとは思いますが、自分の世代にとってはまさに“”です。

この夏、そんなREBECCAのライブツアーが開催されました。2015年に単発の再結成LIVEはありましたが、ライブツアーになると28年振りだそうです。

ということで、名古屋公演に参戦してきました! 2017.8.18、19の2days公演ですが、「せっかくだから」両方参加してきました。

「REBECCA LIVE TOUR 2017」@愛知県体育館 です。


今回のライブも、メンバーもそれなりの年齢ですし(サポートメンバーも当時のメンバーなのでやはり高齢(^_^;))、パフォーマンスは過度な期待はしないでおこうと思いましたが、いい意味で裏切られました(*^^*)

まだ仙台公演、東京公演が控えていますが、参加される方は期待していいですよ

そういえば、ライブ前にちゃんと予習をしようとCDを買い直したのですが、最近は“Blu-spec CD”というものがあるんですね。

Wikipediaによると

ブルーレイディスクの製造技術と素材を応用したもので、CDで用いられる赤色半導体レーザーよりも短波長な青紫色半導体レーザーをカッティングに用い、記録面には高分子ポリカーボネート樹脂を素材として使っている点である。これによりCD信号を読み取る時点で発生するジッター(揺らぎ)を軽減させている。スーパー・ハイ・マテリアルCDと類似した技術である

だそうです。 全然知りませんでした。

REBECCAもオリジナルアルバムはすべて「Ble-spec CD2」でリリースされていました。


・・・とはいっても、すぐにPCに圧縮データとして取り込んでしまったので音質の差は不明です。・・あったとしても、自分のバカ耳でわかるかは疑問ですが。。。。

Posted at 2017/08/24 00:27:40 | コメント(1) | トラックバック(0) | ライブ | 趣味
2017年08月13日 イイね!

「TRD」vs「nismo」

「TRD」vs「nismo」
自分は日産(BNR34)とトヨタ(RX200t)の車を所有しています。


先日、両メーカーから夏季休暇のお知らせがありまして、日産は8/11〜16、レクサスは8/11〜17まで休業だそうです。

羨ましいです。。。

自分の職場も超ホワイトですので、8/11、13はともにお休みです。間の8/12の昨日は・・・出勤しました(-_-;) 明日の8/14からは・・・週末までずっと当然出勤です(T_T) 連休?、お盆休み? 何それ??



気を取り直して・・・

自分は日産(BNR34)とトヨタ(RX200t)の車を所有しています。

両メーカーには、皆様御存知のように、それぞれnismo、TRDというワークスといいますかメーカー系のブランドがあります。

BNR34の「イイね」200突破を記念して(?)、お盆休みもなく遠出の予定もないので、勝手に「nismo」vs「TRD」対決 at くるまびぼうろく、を開催します。


栄えある、第一回は・・・・



「フューエルキャップ」対決です! パチパチ


何故フューエルキャップ? 数多くのパーツを供給している両メーカーなのに??と思われた方が多いかもしれませんが、ちょうど自分が欲しかったパーツだからです(*^^*)


気にしないで続けます。


まずは外装です。


nismoはしっかりとした箱に入っています。ケースとカバーの間にはちゃんと衝撃、傷防止の緩衝材も備えられています。

一方、TRDは・・・ビニール袋です。製品にはカバーはなく、むき出しです。

これは、nismoにポイントですね。



しかし外装は所詮は飾りです。大事なのは当然製品自体です。


nismoは、写真ではわかりづらいと思いますが、アルミダイキャスト製です。高級感、重厚感があります。

他方、TRDは・・・プラスチック製です。。ちょっと安っぽいです。ただTRDのメタル抜き打ちロゴプレートは格好いいです。

ただ実際使ってみて感じましたが、滅多に外さないオイルフィラーキャップやラジエターキャップ(他にもあるかな?)と異なり、日常的に外したり手にしたりするパーツとしては、重量があるのは、メリットだけではないとは思いますね。。

それでも、やはりアルミダイキャスト製の質感は素晴らしいです。

外装に続いて、nismoにポイントですね。


最後に、無視できないのが価格です。

nismo フューエルフィラーキャップカバー (NISMOロゴ入り) 17251-RN020 
¥5,940

 TRD フューエルキャップカバー(テザー付き) MS360-00001
⇒¥4,104

自分が購入した実売価格です(ア○ゾン)。
nismoのほうが、5割ほど高いですね。品質はnismoのほうが圧倒的に良いのですが、機能パーツではなくてあくまで装飾品であるフューエルキャプに2,000円の差は、小さくないですね(the 小市民)。





ということで、総合的に考えて今回の軍配は・・・

謎の力が働いて引き分け!です。

まあ、日産とトヨタを愛する自分としては、どちらも敵にしたくはありませんので。。。(^_^;)




でも、個人的には


新型セレナで採用されたキャップレス給油口に興味があります。これ、後付できないんですかね?
ただ展示車を見ただけで実際使ったことはないので、使用感はわかりません。
ディーラーに試乗車に給油させて欲しいとお願いしたら、変に思われるでしょうか?


では、第二回(多分ないです)でまたお会いしましょう



おまけ

来週はいよいよこれです。長い間待たされました。。。非常に楽しみです(*^^*)




Posted at 2017/08/13 21:14:42 | コメント(1) | トラックバック(0) | パーツ | クルマ

プロフィール

◆ゆきぞう◇です。よろしくお願いします。

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ファン

20 人のファンがいます

愛車一覧

日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
BNR34に乗っています。13年選手となり、自動車税が増税となりましたが、まだまだ手放す ...
レクサス RX レクサス RX
LEXUS RX200t F SPORTに乗っています。 初めてのSUV、久しぶりのトヨ ...
メルセデス・ベンツ Cクラス ステーションワゴン メルセデス・ベンツ Cクラス ステーションワゴン
S204 C200に乗っています。一度はドイツ車に乗ってみたくて、いろいろな機会が重なっ ...
トヨタ プリウス トヨタ プリウス
一度ハイブリッド車に乗りたくて、中古で購入しました。日常の足としては最高に近い車だったと ...

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.