• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

雅楽頭のブログ一覧

2017年12月09日 イイね!

初洗車!

初洗車!今日は朝からいい天気でカーテンの隙間から清々しい明かりが入って来て目覚めました。
でも、布団の中は気持ち良過ぎてなかなか起き上がれません。

平日と違って気合一発、布団を蹴り飛ばす必要が無いのがとても自由で開放的気分になります。


寒いけど、また朝から撮影ドライブに出る事にします。

昨夜何も計画立ててないけど、走り出して気が向いた方向に行こう!
気付いたら沼津インター方向に登ってたのでこの際、伊豆の方向へ向かう事に…

沼津インターから伊豆縦貫道にて東へ。。。
空は秋晴れでとても青くて綺麗に晴れ渡っています。
しかし、路上から見えてる富士山は雲が纏わり付いて微妙な感じ。。

とりあえず富士山が見えてるうちにと「塚原出口」で降りて…







左が伊豆縦貫道です。
このすぐ先が箱根登山口になります。

さぁて、伊豆はどういうルートを巡ろうか?







んんっ… マジですか・・・(焦)

ファインダー越しに看過できない絵が眼に飛び込んできます。







富士山はいいんですけどねぇ…
相棒がこの有様です。(汗!)

水垢まみれでとんでもない事になってます。
昨夜の雨は風を伴っていて質の悪い雨だったみたいです。
瞬間的に「別に現像で無かった事にすればイイじゃん。」って悪魔の囁きが・・・

イヤイヤ、そういう問題じゃねぇぞ。。。 と我に返り。







伊豆ドライブはまた次の機会に繰り延べして、Uターンします。

明日の夜は雨の予報だけど、こんくらい日差しのある時の方が洗車のハードルは高くないのでこの際やっちゃいます。







僕の相棒はCPCプレミアムコーティング ダブルGベータなる5年保証のコーティングが施されてるから多少のズボラでも水垢は目立たないんだけど、さすがに積もり積もった微細な埃に水垢が出来てしまう。

コーティングには専用の洗車キットが付属してたんだけど、やはり水の拭き取りクロスは大きいのがいいのでオートバックスに立ち寄りました。

駐車場は満車で空くのを待ちました。
ピットも大忙しでしたね。
こんなの初めてです。
皆さん、冬支度に来てるんでしょうかねぇ?







さて、帰宅しました。
先日12/4のみんカラスタッフチームの記事で洗車機は危なくないという話に眼が鱗の僕は、いつものGSの洗車機を目指したんだけど、列が出来てたのでパス。 

記事の内容はねぇ・・・ 洗車機の回転ブラシは手洗い洗車のスポンジよりも優しいので塗装を痛める危険性は手洗いよりも少ないというものでした。
確かに今まで僕はスポンジでゴシゴシやる時にスポット的に強く擦っていた気がします。

なので、洗車機をイメージしたマイクロファイバーの洗車モップをお買い上げ。
拭き取りクロスは消臭力ならぬ、吸水力(キュウスイリキ)・・・ エステー製です。
コレ、なかなか良かったですね。 オススメです。







おおっ左近、お父さんはこれから洗車するから庭の方で遊んで待っててね!







アレッ、素直に行っちゃった。(焦)

居なきゃ居ないでなんか寂しくてツマんないものが・・・(寂)







10月11日の納車から、今回が初めての手洗い洗車だ。

いや、ちょっと待て、1ヵ月点検でディーラーで洗って貰って以来だから、ほぼ1ヵ月振りの洗車になります。
せっかくのコーティングだからあんましマメに洗車してたら元も子もないもんね。

・・・と自分に言い訳してみる。。。(焦)







コーティング車の洗車は中性洗剤じゃないとダメなんですよ。

元々持ってたシャンプーは中性だったので、洗車キットのは使わずに在庫処理します。
とにかく、ドライな状態でゴシゴシする事無いように細目に水を掛けてはモップします。







やっぱり、洗車にはスポンジは良くないと思います。
アレでゴシゴシやると細かい傷は避けられないと思います。

洗車機の回転ブラシと同じような素材のモップに限ると思います。
それに大事なポイントは手袋式じゃなくて柄付きのモップ。。
何故ならねぇ・・・ 柄付きだと全然力が入らないからボディには優しいと思います。







こういうとこも結構汚れてるので忘れずに・・・
今にして思えば、この部分だけでも「ゼロウォーター」しとけばよかったなぁ。。。

シート奥の網籠は何?? って・・・







実はねぇ・・・
ニトリで買って来た、アームレストです。
細い鉄の棒で出来た骨格に唐編みの素材なので容易にポジション決められて、左肘を預けてもとても具合がいいのであります。

ただ欠点があって、パーキングレバーやシフト操作する時には外さないとダメ。
前進・後退を繰り返すシチュエーションでは全く使い物になりません。
でも、そんな事はほとんどないので、僕はしばらくはコレで行こうと思います。







まだ新車同然なので、チョコっと洗っただけで金ピカになってくれますね。
ウインドもまるで鏡になったかの様です。







こんなに魅惑的に輝くんなら、もう少し洗車も頑張ってみようかな。







燃費メッチャ好成績から、一気に急降下して現在は22Km/L平均の感じ。。
そろそろグリル塞ぎたいんだけど、グリルはこんな感じに化けてて、どう塞ごうか色々と逡巡している今日この頃です。

全て、プラ段とクリップで塞げなくもないんだけど、そんな事したらとんでもなくみっともない事になるし。。。(焦)

さて、せっかく相棒が綺麗になったので明日もどっかに出ようかなぁ・・・
Posted at 2017/12/09 19:12:14 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2017年12月03日 イイね!

連続の甲斐入り

先週、富士山一周した雅楽頭ですが、何と今週も…
今回は嫁を同伴しての旅行きでした。







ハナテラスにて。
娘の大好物の「桔梗信玄餅」です。







これはスペシャル高級バージョン。
武田菱の赤い包み紙がカワイイですね。







信玄餅パン??
嫁がとても興味を示したので注文します。







山中湖エリアは外気温2゜Cです。(寒)







富士五湖エリアはもうとっくに紅葉は終わって、枯葉の樹々ばかりです。







日中の気温が・・・
山中湖エリア、2゜C
河口湖、朝霧エリア、5゜C

沼津、15゜C…
やはり彼の地は雪国並の寒さです。
沼津からわずか1時間半程度の距離なのにね。。。

そうそう、もう冬の足音が聞こえてきてるけど、左近は素っ裸で元気に暮らしてます。(笑)
Posted at 2017/12/03 19:57:42 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年11月27日 イイね!

秋晴れドライブ行 【パート3】

秋晴れドライブ行 【パート3】最終編、【パート3】の封切です。

お待たせしました! って・・・ 誰も待ってないか・・・(焦)

これからUPする写真は全てこの土日(ほとんどが土曜日)に撮影したものです。
この土日はホント、最高の秋晴れで富士五湖エリアも寒くなくとても快適でした。







さぁ、【パート2】はこの場所で終わりましたね。

解説しましょう。
ここはね、「母の白滝」という場所です。

実際に滝も存在してて隣に母の白滝神社もあります。
そこから更に少し徒歩で登ると今度は「父の白滝」があります。

でもここからの眺望からイメージするほど立派な滝ではありません。
なので僕は徒歩で5分程度なのに行きませんでしたが後で後悔しました。
だって、神社が存在してる事を忘れていて罰が当たりそうで・・・(焦)







私の記事に感化されてここに登った皆さんは必ず白滝まで歩いて、神社にも参拝してくださいね。
恐らくこの山一帯が御神域になってるハズですので・・・

そうそう、大事な注意点を!

この眺望からわかる通り、相当山道を登ってきてます。
いいじゃん、ヒルクライムのワインディング!
なんて思ったら、とんでもなく心細い事になる事必定です。

道は終始、すれ違いも困難なほど細い山道で心細くなって引き返す事も不可能です。(Uターンするスペースはありません。)
目的地寸前の道は未舗装路の上、ガードレールさえも無く、ここで対向車と出くわしたら泣きたくなるハズです。(僕もドキドキでした。)

なので細い山道を延々とバック出来る自信のある人以外は上らない方がいいかと思います。
目的地が道の終点になってるので、対向車との遭遇は覚悟の上でネ!
ここ「みんカラ」の住人の方なら全然問題ないかも知れませんが・・・ 念のため。

苦労した分だけの溜め息が漏れそうな眺望が楽しめます。







私は河口湖も数えきれないほど来てますが、この場所も初めてでした。

富士五湖エリアは知り尽くしてるつもりの僕でしたが、まだまだ知らないとこだらけである事を思い知りました。
まだまだ開拓すべき場所がある事を知って、なんか嬉しくもなります。







ほら、湖の左端に河口湖大橋が掛かってるのがわかりますか?
物好きな雅楽頭はあの橋の中ほどまでテクテク歩いて撮影しました。

今回はフルサイズと24~120mm標準レンズ、それとAPS-Cと10~20mmの超広角レンズ&55~300mmの望遠をカバンに入れて歩き回りました。
メッチャ重いけど、好きなんだ・・・ 撮影が。。

例えばこの写真なら、河口湖大橋を望遠で狙えばよさそうなものを・・・
でもね、美しい風景に心弾んだ人間には望遠レンズは全く無用の長物です。
何をするにも望遠よりも広角レンズの方が圧倒的に潰しが利く事を知って欲しい。







さぁ、ちょっと道が混んでましたが、河口湖からここ山中湖に来ました。

ここは富士山が観れる確率が一番高い場所でもあります。(一番近くだから。)
日本で3番目に高い場所にある湖で、僕が若い頃は真冬には氷結する湖でした。







湖の水深はもっとも浅く、13.3メートル前後です。湖面の標高がそろって900メートルである本栖湖・西湖・精進湖の水面よりも山中湖の湖底の方が高いところにあることがわかります。
富士山の噴火とともに誕生した富士五湖、中でも西湖・精進湖・本栖湖は、大雨が降ると同時に水位が上昇するなど、地底ではつながっていると考えられています。

この場所は「みんカラ」のオフ会でよく利用されてる公園です。
沢山の車が湖岸の砂浜に並んでましたがどうやってあそこまで・・・
何と、歩道の段差を乗り越えて行ってたんですね。(焦)







山中湖湖岸道路から外れて、小山方面への山道を登ると・・・

こういう景色が広がって来ます。
とてものどかで落ち着いた写真に見えるかも知れませんが、ハアハアの息を切らしてのダッシュの写真です。

ここは途中に20台くらいは停められる駐車場がありますが、そこに停めたら愛車と風景の写真は撮れません。
なので極力、通行の妨げにならない場所を見付けて・・・ ダッシュで・・・







ホレイっ、スンゴい眺望でしょ?

ここからの景色はホテルや観光施設が全く写らないのもいいですよね。
裏を返せば夜景は無理。。。







なんかワシも段々、写真の腕が上がって来たような気分になります。(恥)

それもこれもNikonのフルサイズ、D750のお陰ですが・・・







段々、陽が落ちて来ましたね。

なんか、北海道の阿寒湖かどっかの写真みたいに幻想的です。
こんなスゴい写真家はなかなか日本には居ませんよねぇ・・・(焦)







急ぎ車走らせて、何とか夕暮れ時に沼津に帰り着きました。

ここは沼津港です。
あんなに近くに居た富士子ちゃんがもうこんなに遠くに・・・







定番スポット、びゅうおの夕焼けです。







ホレイっ、暗くなってライトアップされるまで待ちました。
アンタも好きねぇ・・・

でも、お気に入りの写真残したかったら、シャッターチャンスを待つ心のゆとりが大切なんだ。。。







うん、よっしゃ。
もうここらへんで満足する事にしよう。
早くビール飲みながら今日の写真の現像したいし・・・







いいネ、沼津!







この先は昨日、26日(日)のものです。

富士山の現在の積雪の模様がよくわかると思います。
私はヘッポコカメラマンですが、写真歴だけは長いのでつくづく思いますが、フルサイズの表現力はやはりスゴいと思います。

それと最後に撮影行の今後の考え方も・・・
今後は撮影場所に応じて、望遠レンズの要否を考えたいと思います。
僕には広角レンズが無いと話にもならないので、広角はいつでも肌身離さず持って歩きますが、望遠は必要な時が多くないので毎回持って出るのはヤメようと思います。
望遠を担がないだけで肩の疲れが全然違いますので・・・









今日も気持ちのいい小春日和だけど、昨日歩き疲れたし明日から仕事なので左近と庭遊びしただけでずっと書斎で現像してすごしました。







左近が嬉しそうに変な方向に微笑んでいます。







お母さんが大好きな甘えん坊の左近です。
今日、病院に行きました。

重症度4段階の3番目、最悪のひとつ手前の段階だそうです。
何でそんな事になっちゃったんだ。。。(涙)

お前のためなら、お父さんもお母さんも何でもするから一人で苦しむなよ。


さて、【パート3】まで読んで頂いた方。
「イイね!」だけじゃなくてコメント一言でもいいので待ってます。


今回はこれにておしまいです。
Posted at 2017/11/27 21:31:37 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2017年11月26日 イイね!

秋晴れドライブ行 【パート2】

秋晴れドライブ行 【パート2】「西湖いやしの里根場」はとても素晴らしい場所ですので是非行ってみてくださいね。







さて、湖岸の途は狭くて、車線逸脱で何回も車に怒られます。。

湖岸は素晴らしい景観があるんですが、なかなか車停められる場所がありません。
何とかいい場所見付けて飛び込んだら、どぶ水溜りでタイヤが悲しい状態に・・・







ここはねぇ・・・ 大石公園横の施設で「ハナテラス」と云います。







前回来た時には工事中でしたが、もう綺麗に完成しています。







東京の人混みが好きな人には全く受け入れられない場所かも。
渋谷や原宿のショップがお洒落だと思う人はまぁ、それはそれでいいんじゃない。。

写真見てもらえばわかると思うけど、人混みはありません。
と云うか、このテラスには僕一人しか居ません。

何と云う贅沢なショップでしょう。
僕はスカイツリーなんぞより断然、富士山の方が好きです。 (娘に届け!)







個々の建物は工芸品や食材のショップになってます。
軽食も取れますよ。







定番の大石公園に来ました。
と云うか、ハナテラスを通り過ぎたら嫌でも大石公園です。







中国人は何故か同じ場所から動こうとはしません。
他にも色んなアングルがあるだろうに・・・







三脚据えた本格的米国人(?)も居ましたが、苦笑してました。
スマホごときで撮影スポットをずっと侵食するのはどういう了見だろう。

米国人(?)は写真中央に写っています。
僕は英語は完璧なので話しかけようかと思いましたが、ヤメときました。







大石公園は今は花がありませんが、ラベンダーやコキアの時期には最高です。
是非、一度足を運んでみてください。

この公園のいいとこは駐車場が巨大で混む時期でも何とか停められる事です。
(全て無料です。)







次はここに来ました。







そう、河口湖大橋です。







勿論、橋の上に駐車出来ないので、この奥の公園の駐車場に車停めて一生懸命歩いて来ました。

写真趣味は日頃の運動不足解消にとてもいいホビーかも知れない。







富士山もここまで化粧したら今後頻繁に顔を見せてくれる事だろう。







河口湖近辺はそんなに混んでる感じはなかったが、遊覧船はこんなに・・・
恐らく、大陸人が半分くらい居るんだろうなぁ。。。







次は知る人ぞ知る場所に。。。







河口湖を見降ろしながら、富士の姿も望めます。







スゴイでしょ?







この場所の解説も含めて・・・

【パート3】に続きます。
Posted at 2017/11/26 22:03:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年11月26日 イイね!

秋晴れドライブ行 【パート1】

この土日はとても素晴らしく気持ちのいい秋晴れです。

朝起き出して庭から富士子ちゃんに「おはよう」の挨拶して彼女の許へ向かいます。
昨夜、大体のドライブコースはネットでプラン立てての出発です。

今回は雅楽頭一人のドライブなので道中の写真はありません。







目的地(その1)

こんな場所があるとはつゆ知らず、あまり期待もしていませんでしたが・・・







こ~れはスゴい施設ですねぇ。。

茅葺き屋根の集落は白川郷をイメージさせる感じです。
世界遺産の白川郷とは言え、富士山を背景にする事は出来ない事を考えればここはとても贅沢な場所である。

ワシみたいに撮影目的の人間にも垂涎もののスポットだ。







ここにはもっと多くの茅葺きの集落があったんだ。







でも、昭和41年の台風で土石流に襲われ壊滅したんだとか。。
海に生まれ育った雅楽頭はこんな山間部で生活した事は無いが、とても懐かしい気分にさせてくれる。







ほや~んとした時間が流れる・・・
でもね、ここも真冬は白川郷のように茅葺きの屋根は真っ白な雪を被るんだよ。







縁側から撮影。







葺民家はそれぞれ土産物店やそば処などの店、工芸品等の展示、体験コーナー、根場集落の災害について記録した砂防資料館などになっています。







集落は緩い斜面に沿って広がってますので、ちょっとした運動には最適かな。







この施設全体は野外博物館としての扱いです。







風林火山・・・ そうだよなぁ。。

ここは信玄公の治める甲斐の国なんだ。
我が家からほんの1時間半くらいで来れるから隣県である事を忘れてしまう。







とんでもない山間部だけど、海の国沼津に住んでると富士五湖ルートは忘れた頃に訪れたくなります。







この季節に富士五湖側から富士山を望むと、どうしてもモロに逆光になるのは避けられません。(焦)







太陽を避けた構図も色々試しましたが、全部下向きの写真で詰まらなかったので、もう構わず太陽も入れた構図で撮りまくりました。

よく考えてみたら僕がいま掴んでるカメラのレンズはナノクリだ。<イケイケ>







ここが集落の最上部になります。







ここは「ごろ寝館」と云って横になる場所です。
畳敷きの10畳ほどの部屋が5室ほどあるのですが、誰も居ません。(ワシ一人)

座布団が大量に置いてあるので、敷いて横になろうかとも思いましたが僕の場合は本寝になってしまう危険性があるのでヤメときました。(笑)







さて、緩々と下って次の目的地へ向かいましょうかねぇ。。。







どうですか?
来てみたいと思いましたか?







「渡辺住宅」
これは国の登録有形文化財に指定されています。







全ての建物は何かしらの役割があって、眺めるだけでなくて中に入って様々な見分が出来ます。

こんな「ほうとう」や奥の「そば」の店もあったりします。
飲食施設はこれだけではなくてもう少し下ると色々ありますよ。

ホントは蕎麦を食べたかったんだけど、僕は今回一人なのでヤメときます。







茅葺き家屋の屋根裏に登って撮影しました。

しくじった・・・ もっと引いて撮ればよかった。。
景色に気を取られ過ぎて、屋根裏の感じが全然伝わらないですね。(焦)







ここはねぇ・・・

「西湖いやしの里根場」と云います。
根場って、「ねんば」と読みます。

河口湖の隣の小さな湖、西湖の近辺にあります。(湖岸ではありませんので注意)







西湖ってスルッと流してしまい勝ちですが、こんな素晴らしい施設も存在します。







施設内の何処からでも富士子ちゃんが微笑んでる姿を見れます。







富士五湖方面に来られる事のある方には絶大にお勧めしたい場所です。

但し、有料です。(350円)
でも、維持・保存のためのお金としてここには払っても全然納得です。
千円くらい取ってもいいくらいだと思います。







唯一の難点は・・・
来場客の半数が大陸人である事。。(焦)
何でお前らは日本に来るんだ、日本が嫌いなんだろ?
と思いつつ・・・

飛び交う中国語も控えめで、振る舞いも目に余るものはありませんでした。
年々、大陸人もマナーというものを学んできているのかも知れませんね。
適う事なら、彼らが居ない場所が有り難いですが・・・


【パート2】に続きます。
Posted at 2017/11/26 13:29:40 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「観てきました。 http://cvw.jp/b/2121348/38493836/
何シテル?   09/04 19:51
雅楽頭です。よろしくお願いします。 5/24に納車され、最終(?)リコール後はとても快適にドライブしています。 この場所(みんカラ)では年寄り度合いは5...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

志賀草津道路へ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/06 17:55:39

お友達

特にFIT3-HVだけでなく、どの車のオーナーの方でもお友達になりたいと思っています。
是非、よろしくお願いします。
54 人のお友達がいます
王子のひつじ王子のひつじ * grender C43sCgrender C43sC *
kei_kei_ * 左近(Sakon)左近(Sakon) *
Z31Z31 * 坊愚坊愚 *

ファン

11 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ フィット3 ハイブリッド ホンダ フィット3 ハイブリッド
WEB設計が全くのタコでちゃんと車の情報が登録出来ませんのでここで紹介します。 グレー ...
ホンダ N-WGN カスタム ホンダ N-WGN カスタム
娘の免許取得を機に今月、嫁と娘用としてのセカンドカーを購入しました。 今更、更新しても仕 ...
トヨタ エスティマ トヨタ エスティマ
トヨタ エスティマは10年、11万キロ走りました。 まだまだ元気一杯でしたが、娘も大学生 ...
トヨタ エスティマルシーダ トヨタ エスティマルシーダ
使い勝手の良い満足な車でした。 この車が私のミニバンデビューの車でした。 前車R32スカ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる