• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

雅楽頭のブログ一覧

2017年07月18日 イイね!

真夏の最新兵器

パジャマとTシャツとパンツを買いに出掛けました。





最近は下着代わりのTシャツは最新素材のメッシュタイプの冷感繊維が使われていて綿のTシャツより触り心地が冷たくて気持ちいいです。

炎暑対策として、3着も買っちゃいました。
パジャマも夏用の涼し気なものを買って・・・

パンツコーナーで唖然としました。
いくら探してもブリーフが無いんです。(白しか・・・)
ほとんどがトランクス、あとはボクサータイプのみです。

まさか白いパンツ穿いて温泉にも行けないし。。。
今度、やっぱ「パンツならしまむらでしょ?」を実践しないとダメかねぇ。。。







更に、出掛ける前にTVで観て気になってたコレ買って帰りました。
実は嫁もそのTVを観てて気になってたそうです。(笑)

こりゃ、真夏の最強兵器となりそうです。







更に、更に・・・ こんなものまで・・・

これはね、タコ焼き機なんだけど、フラットプレートと波型プレートも付いた3枚鉄板仕様だ。
これだと、一人焼肉の時にも使えそう! って事でお買い上げ。。。







さぁ、もう早速組み立てて使ってみます。
氷もザックリ叩き込んで・・・

早々と氷は溶けてしまいますが、キンキンに冷えました。
モーターの音が少し聞こえますが、まぁ、こりゃこれで回してるよ!っていう感じがしていいかな。

独り暮らし用の更に小さいのもありました。
我が家のコレは一応、4人用という事になってますが・・・
精々、二人で食べないと流せるソーメンの量が足りませんねぇ。。







夏場にちょこちょこソーメンや冷麦を食べる家庭にはこりゃ必須アイテムだと思います。
水流の中を回ってるソーメンを眺めてるだけで「涼」を感じます。

そうそう、分解も簡単で3個くらいのパーツで構成されてるので、清掃・洗浄も簡単だから、ジューサーミキサーや、コーヒーメーカーみたいに使わなくなる恐れはほとんど無いと思います。
Posted at 2017/07/18 20:35:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年07月17日 イイね!

遠州遠征!

遠州遠征!今日は二人で少し遠くまで遠征しました。

独りも気楽でいいけど、二人だと尚楽しくていいですね。







左近、許してくれ。
今日はお母さんも連れ出して出掛けるよ。

お外は眩暈がしそうな炎暑だ。
お前は脚の肉球を火傷するからお家で留守番しといてくれ。
クーラーは入れとくから・・・







新旧兵器揃い踏みです。
旧兵器の方が発売リリースは新しいですが・・・

大きさも重さも全然違いますねぇ。。
この重さは自分にとってかなりの負担になるかと思いましたが、全然そんな事はなかったです。
ただ、大きさだけは気にしないつもりでも存在感が強過ぎて・・・(焦)

手前のAPS-Cは嫁に委ねて、今日は一緒に撮影三昧してみたいと思います。







東名日本平SAにて。

トイレ休憩してあまりに暑いので、ソフト買ってすぐに駆け戻りましたが・・・
もう、こんな感じでトロけちゃってます。







さて、目的地に到着して街の市営駐車場に停めました。

子供は元気に走ってるけど・・・(汗)







この橋の先の重厚な建物は図書館だそうです。
メッチャ豪華な図書館ですね。







ちょっと遠い場所ですが、遠州掛川の街まで足を延ばしてみました。
行けるとこまで国1で西に走りましたが、清水の街中から急激に混んで来たので清水ICから東名に乗りました。

掛川の市営駐車場から散策に出た途端、12時の鐘が鳴りました。







掛川って結構な田舎で、掛川城くらいしか見るべきものは・・・







娘が小さい時に家族3人で来たきりです。

雅楽頭は第二の故郷、高知のお城に瓜二つのこの城を見ると嬉しくなります。
天守はとてもコンパクトだけど、気品があって凛としています。







何でこんなにまでよく似た城なのか・・・
それはね、築城者が同じ殿様だからです。

雅楽頭はあまり好きな武将ではありませんが、上手に世渡り出来た大将の城です。
山内一豊という人です。
そう、あの嫁さんの内助の功で有名な人ですね。







これが掛川城の大手門です。







まずは御殿に・・・
御殿の拝観と、天守への料金セットで410円です。







館内は和の空間が広がります。
我が家にこんな空間があればさぞかし癒されるだろうなぁ・・・って思います。







この中庭に向かって座禅を組んで・・・ ビールを飲む・・・(焦)



















井伊の赤備え?
赤備えは武田の専売特許だ。
徳川家中の井伊家に赤備えがあんのは武田滅亡後の軍団をそのまま吸収しただけの事。







このお屋敷は黒澤組の映画で僕の大好きな「雨あがる」の舞台です。
寺尾聡がお殿様とこの庭で剣の試合をして生垣から叩き出したシーンが・・・

さて、そろそろ登城しようか。







お母さんが今までの相棒、D5500 MarkⅣを構えて僕を撮ってくれてます。

さすがに雅楽頭の嫁さんだけあって、カメラの構えもバシッと決まってますね。







そのカメラはもう、君の武器にしてくれてもいいよ。

僕にはこのズッシリ重たい新鋭機、D750 MarkⅡがあるし・・・
D810が最後まで気になってたんだけど、やっぱ、コレにして良かったと思います。
D5のスペックには驚きます。
僕の新鋭機よりも画素数が低いんだから・・・

画質、階調、発色、ボケ、高感度性・・・
色々加味して最適解を探せばカメラは2000万画素近辺に落ち着くんだろう。
(あくまでフルサイズならね。)

ニコン史上、最高画質・・・ の3600万画素のD810はそもそも僕が撮ると、歩留まりが悪過ぎて話にならないだろう。
ほんのちょっとした手振れも決して許してくれないだろうし、手持ちは論外で三脚は必須となろう。
それに写真1枚、50MBのデータサイズを覚悟しなければ・・・
かく云うワシの新鋭機も30MB/枚くらいの容量を喰うんだけどね。。。(焦)







彼女は元々、一眼レフでの撮影が嫌いではないハズ。
このD5500 MarkⅣの爽やかに抜けるパシャッっていうシャッター音の気持ち良さに気付いているハズなんだ。

このカメラは本当に最高のコストパフォーマンスを発揮する魔法の道具です。
とにかく徹底的に軽くてコンパクトです。
でも、日中の風景写真ならNikonのフラッグシップのD500と何も変わらない作品まで残せます。
決して嘘じゃないですよ。

D5500 MarkⅣで僕を撮ってくれてる嫁を僕がD750 MarkⅡで撮る。(笑)
撮り合いっこ・・・ 夢みたいな時間ですね。







この城は復興天守です。
明治の廃城令で壊されたそうです。

ここだけでなく、明治維新で潰された城が日本上に数多あります。
その失われた宝の価値を考えるとゾッとするほどの損失ですよね。







僕は身長175cmくらいはあります。
その僕が右手に掴んでる物の大きさと重さは察してください。







なんか、戦国時代を思わせるような演出のそっけない天守門ですね。
この城の天守は名古屋城や大阪城なんぞよりは何倍も見る価値のある天守です。

この天守は大阪や名古屋の大手ゼネコンによるコンクリート製のと違って、大工さんが純粋に木造で再建した天守なんですよ。
宮大工の方達も各地から多数動員されたそうです。

400年の昔から残る城はとても貴重ですが、現代の大工さんの技を見るだけでもこの城に来る価値があると思います。







国内に木造で復元した城はここ掛川以外は、愛媛県の大洲城だけだそうである。
木造となるとかなり巨額のお金が掛かるという事情もあるけど、お金の事情を置いといてももう今後は木造復興天守は無理かもって・・・

宮大工さんの技術の伝承が絶たれているんだ。(焦)
こういう日本ならではの技術は未来永劫残して欲しいなぁ・・・

よぉ~しっ、ワシが!
って、今更遅いし・・・(泣)







おおっ、結婚式でしょうかねぇ。。。
し~っかしとんでもなく美しいお嫁さんですねぇ。

お婿さんも「ショーエイ」に似た感じのイケメンでした。
ホントに腹が立ちますねぇ・・・
乱入してぶん殴ってやりたくな・・・・(焦)







クソぉ~っ、覚えてろよお前等・・・
いい気になってんじゃないぞ!

って・・・ ワシは一体、何に怒ってるんじゃ?(笑)
振り返ったら、僕にもメッチャ美しいお嫁さんが居る事に気付きました。

このカップルは単純に若いだけの事。
いつ別れるかも知れたもんじゃない。
こんな歳こいてデジイチ提げて撮り合いっこしてる僕等が夫婦の究極の姿だろう。







天守に登りましたけどねぇ・・・
とにかく1段が高くて、腿が上がりません。(焦)
それにね、下足場で靴下も脱げばよかったと思うくらいに滑ります。

カメラ掴んで登るのはメッチャ大変でした。







城下を見降ろします。







掛川はこんな感じのコンパクトな街です。
しかし、こんだけショボい街がよくこんな立派なお城を復元出来たもんですね。







ここ掛川は、新幹線も止まるんですよ。

僕はいつもこの車窓からこの城を眺めてました。
久々に来れてよかった。













こんな質素な天守門はあまり知らんですなぁ。。

さて、下城しましょうかねぇ・・・







ここんとこメッチャ暑いけど、箱根や富士五湖とか巡ってて、全然本当の暑さを味わってませんでしたが、今回は本当にクラクラ眩暈がするほどの暑さを味わいました。

背中はもう、汗びっしょりです。







木造天守・・・
何とかいつまでも保存して欲しいものです。







場内の花壇で・・・







また忘れた頃に来ると思います。

今日はありがとう、掛川。







明日も祭日で休みなので余裕をかましてこの先、御前崎まで足を延ばしてみようという事になりました。

僕は熱中症になりかけてたのか、助手席でスッカリ落ちてました。(焦)
気付いたら彼女は結構、頑張ってくれてました。







ああ~っ、あれは静岡の負の遺産、浜岡原発ですねぇ。。。(鬱)
何でこんなクソみたいなものを造ってしまったんだ。

人類は放射能をコントロールする事は出来ない。(出来なかったんだ。)
人類は放射能と同居する事も出来ないんだ。

フクイチの惨状を見た我が国民のほとんどは、原発なんていうくだらないものは有り得ないと思ったハズなんだ。
でもいまや、綺麗に皆忘れちゃってる。(泣)

幸い、我が静岡県の川勝平太知事は開明的な人で再選された。
自民党は出る幕無しだったね。
彼の許では原発再稼働などと言う馬鹿馬鹿しい事象は起こらないハズだ。







ずっと来てみたいと思ってた「御前崎灯台」に来てみました。
でもね・・・ 予想に反して、駐車場もとんでもなくショボかったです。







遠州灘を見降ろします。







この先は浜松名古屋方向です。







御前崎灯台って、灯台の横綱だと思ってたんだけど、結構ショボいんだね。
「おいら岬の~♪」で有名な「喜びも悲しみも幾歳月」はこの灯台が舞台だった気がするんだけど・・・(焦)

ちょっとガッカリな感じですねぇ。。。







さて、ず~っと気になってたけど来れずにいた場所に来てみました。







御前崎でメッチャ有名な「なぶら市場」です。

ワクワクしますね。







でもね、何と・・・ こんな感じで・・・

我々夫婦は唖然としてしまう感じでした。
こんじゃ、潰れた沼津お魚センターの方が何倍も立派だった。
焼津のお魚センターなら、ここの10倍の規模と説得力がある。
こんなとこわざわざ来る価値は無い。。。

総括すると御前崎って、何も自慢出来るものはありませんね。
かなり期待してたのでその落差は結構、激しいものがありました。
もっと頑張って欲しいですよねぇ、今は全然やる気が見えません。







さて、帰途に着こう。

吉田の街あたりで何とお城の姿が見えています。
アレッ、静岡に浜松城と掛川城意外に天守のある城があったっけ???

急遽タブレットで調べたら、「小山城」というものでした。
武田の出城で馬場信春の築城だそうです。
勿論、武田の時代ですので、こんな立派な天守なんて存在してませんでした。







由比の街まで帰って来ましたが・・・
目障りな車が後ろを走ってますねぇ。。

僕はパイロットを信頼して助手席でリラックスだ。







今度の題材はコレで行きたいとこだけど・・・
最近は夜が遅いからなぁ・・・

いくら理解のある嫁さんとは言えど、夜の工場夜景なんかには付き合ってくんないだろうなぁ・・・

左近ただいま。
ゴメンね、一人にして・・・







今日はねぇ、お父さん達は西に走って掛川と云う・・・ うわっ、ちょっと待て!
おいっ、ヤメレ。
興奮すんな。

お父さんもお前に逢いたかったんだ。。。
ヤメてくれぇ・・・ お父さんが悪かった・・・ うえ~っ。(焦)
Posted at 2017/07/17 21:12:20 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年07月15日 イイね!

夏の日の2017

朝9時頃に我が家を出発しました。

もう既に日差しは厳しい感じです。

なんか最近、エンジンの調子がおかしな感じがするんですよね。。。
信号待ちでもバイブレーションが多いんだけど、青になってアクセル踏んでも全然出ない・・・

焦って、更に踏み込めば出る・・・ って感じです。
エアコンの影響かも知れません。







出掛けに、冷蔵庫にあった「ラムネ」を持って出ました。

でも、車でラムネはあんまし向いてませんね。
美味しいんだけど、面倒臭いです。







我が家からほんの30分程北上した場所です。
御殿場から見る富士山です。

有難いですねぇ。。。
この季節にも係わらず、富士子ちゃんが顔を見せてくれてます。







車走らせてたら、ヒマワリが咲いてる富士見スポット発見しました。







ヒマワリからは元気が貰える気がします。







富士子ちゃんがスッピンの素顔を見せてくれるのは珍しいんですよ。

結構、肌荒れしてます。(笑)







スゲェ光景に目が留まり、停車・・・

先客も。。。
白いバイクで、ひょっとして坊愚さんかと思ったけど・・・

黒FITと僕の姿に何のリアクションも無かったので違ったようです。







実はここにはお馬さんが居ました。







気が付いたら、もう富士子ちゃんは残念な事になってました。







この子達は家族なのかも知れませんね。
仲が良過ぎます。

人間の家族もこうでなければなりませんね。







また逢いに来たいと思うんだけど・・・
君達の都合を聞かせて。。。







ここが本日の目的地でした。

やはり富士子ちゃんは依然として残念な状態です。(焦)







駐車料金300円。







ここは僕のお気に入りスポット。

山中湖、花の都公園です。
季節に応じて色んな花が見れるのでとても素晴らしい施設です。







百日草です。













Nikon D750 MarkⅡの描画です。

如何でしょうか?







返す返すも富士子ちゃんの部屋ごもりが残念です。







ならば直撮りすればヨシ。







これらの花は「ポピー」と云います。



















ダイナミックに。







何故か、沢山のポピーの中で1本だけヒマワリが咲いていました。







富士方向に降りて来たら、富士子ちゃんが少し・・・







作品造りがとても楽勝です。

現像耐性がとても強いので、今までのAPS-Cとは比較出来ません。







こんじゃ、困るね・・・

これがメインになっちゃいそうだ。(焦)
こんなにまで溶けるんかい?

普通に見えてるかも知れないけど、真夏の日中写真は結構、難しいんだよ。
Posted at 2017/07/15 22:19:23 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年07月14日 イイね!

沼津港の風景

会社帰りの撮影なので、新鋭フルサイズでの写真ではありません。

全て僕の主力戦闘機、パナのm4/3ミラーレス(DMC-GM1S)によるものです。
ミラーレスでもこのくらいの暗さでも高感度勝負だって出来ます。







遠くに赤い光が見えてる水門・・・
あそこに向かってみます。







これは沼津港の水門です。
観光施設としても機能していて、上の回廊が展望施設になっています。

こんな写真見てしまうと、フルサイズなんて必要ないじゃろと思ってしまいますよね。(実際、必要ありません。)
ミラーレスで必要にして充分です。

でもね・・・
これはこのくらい暗いシチュエーションではあるけど、その先にシッカリした明かりがあるからこそなんですよねぇ・・・







要するに夜景はミラーレスでも綺麗に撮れる簡単な題材です。

但し、このくらいの暗さでその先に明確な明かりも無いシチュエーションでこそ、フルサイズ一眼の真価が発揮されると思います。

現在の真夏の屋外日中写真も、かなり厳しいですが、フルサイズなら何とか現像出来なくもない感じに切り取れていると思います。

明日もフルサイズ持って撮影に出かけたいと思います。
Posted at 2017/07/14 22:09:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年07月13日 イイね!

ゲリラ豪雨と・・・ 何故か左近。。。

ゲリラ豪雨と・・・ 何故か左近。。。今日はここ沼津は午前10時頃から昼の2時過ぎまでとんでもない豪雨に見舞われました。

たまたま今日は午後休取ってたんだけど、一番最悪の時に出る事となりました。







これは沼津市中心部の模様です。(m4/3ミラーレスにて)
車線左側には10cm以上の水溜まりになってるので、皆右側に寄って走っています。

写真じゃ危機感が伝わらないけど、ホント鬼気迫る感じの豪雨でした。

幸い、4時間程度で収まったからいいけど、これが2日間続くと北九州のような参事を生む事になってしまうんでしょう。







ワイパーが効きません。
ボンネットとルーフを叩く雨音でオーディオの音が聴こえないので普段よりボリュームを5段階くらい上げてます。

日本にはもう、安全地帯なんか無いと思って宜しいかと。。。
と言うか、そう思って備えないとダメだ。


-------------------------------




以下、僕の・・・ と言うか、我々夫婦の長男、左近の写真集になりますのでワンコ好きな方以外はここでさようなら・・・







この子は今日でちょうど2歳と1カ月になります。
もう彼自身、自分は完全に我が家の家族のつもりで居て、お母さんをもっとも愛していますが、お母さんは自分のお手伝いさんくらいに思っているように見えます。

犬は上下関係を意識して生活すると思われていましたが最近、全くそんな事はないという学説が出て来ました。

ほんじゃ、左近は僕の事をどう思って過ごしてんでしょうねぇ。。。(焦)













フルサイズ新鋭機で・・・
決して動体に弱いカメラじゃないんですけど、狭くて暗い室内では・・・
と言い訳しておきます。

単なるフォトジェニックな犬ではなくて、とんでもない暴れハッチャクなんですよ。







高感度性能もAFのスピードも今までのAPS-Cカメラとは全然違う・・・
ハズなんだけど・・・(焦)

でも、こんくらいボケてると逆にダイナミックで面白い写真かも知れない。







人間のポートレートを撮りたいなぁ・・・

残念ながら、お母さんじゃこんなキラキラ・フレッシュな作品にはならないだろう。
娘ならまだまだ全然イケてるだろうが、被写体になってくれないだろうし・・・







左近は犬なのでお互いの云いたい事、意思の疎通は大まかには出来ています。

でも、もっと深い部分・・・
例えばお母さんや僕をどんな存在だと思っているのかは不明です。
そこは知らない方がいいのかも知れませんね。(笑)

恐らく、ムツゴロウさんだってわかりゃしないんだ。。。
ただ一方的にでも愛情を注いでその反応を見て察するしかない。







猫と違って犬はその点、気持ちが汲み取りやすい。

もし明日、愛犬と話が出来るソフトが販売されたとしても僕は買わない。

余命1週間となったら、是非購入して話をしてみたい。
例え残酷な言葉を浴びせられても・・・
Posted at 2017/07/13 18:45:26 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「観てきました。 http://cvw.jp/b/2121348/38493836/
何シテル?   09/04 19:51
雅楽頭です。よろしくお願いします。 5/24に納車され、最終(?)リコール後はとても快適にドライブしています。 この場所(みんカラ)では年寄り度合いは5...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

志賀草津道路へ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/06 17:55:39

お友達

特にFIT3-HVだけでなく、どの車のオーナーの方でもお友達になりたいと思っています。
是非、よろしくお願いします。
47 人のお友達がいます
mukupapamukupapa * TOSIHIROTOSIHIRO *
左近(Sakon)左近(Sakon) * みんカラスマホアプリ開発チームみんカラスマホアプリ開発チーム *
Z31Z31 ヨッシー9071ヨッシー9071

ファン

9 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ フィット3 ハイブリッド ホンダ フィット3 ハイブリッド
1月に契約したのに、納車は6月28日予定とのことです。(焦) あまりに多くのリコール(3 ...
ホンダ N-WGN カスタム ホンダ N-WGN カスタム
娘の免許取得を機に今月、嫁と娘用としてのセカンドカーを購入しました。 今更、更新しても仕 ...
トヨタ エスティマ トヨタ エスティマ
トヨタ エスティマは10年、11万キロ走りました。 まだまだ元気一杯でしたが、娘も大学生 ...
トヨタ エスティマルシーダ トヨタ エスティマルシーダ
使い勝手の良い満足な車でした。 この車が私のミニバンデビューの車でした。 前車R32スカ ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.